ICO:プロパティーコイン Property Coin


Property Coin 販売スケジュール

販売スケジュール1 ICO  5月1日〜5月31日
販売スケジュール2
販売スケジュール3

Property Coin 概要


不動産投資のプラットフォーム
Property Coinは、Aperture独自のテクノロジープラットフォームを使用して、多様化し専門的に管理された不動産と貸出金のポートフォリオを裏付けとするトークンに参加する独占的な鍵です。
Apertureは、住宅不動産の不動産の取得、リフォームおよび処分、小規模投資家への貸付を同じ戦略で集中させた、カリフォルニアに本拠を置く不動産テクノロジーおよび投資会社です。
彼らのキャリアにおいて、私たちのチームは、150億ドル以上の不動産ファイナンス取引の終了、3,000以上の不動産の売却、10億ドル以上の住宅ローンのオリジネーション、および一部の世界最大の投資銀行です。
現在までに、私たちは投資に対する未IRRの50%以上を生産してきました。
・組織的に管理され資産バックアップされた暗号通貨。
・不動産テック、データサイエンス
・Wall StreetおよびReal Estate投資専門家の投資経験を活用する。
Property Coin is your exclusive key to participate in a token that is backed by a diversified and professionally managed portfolio of real estate and loans uncovered using Aperture’s proprietary technology platform.
Aperture is a California based real estate technology and investment company focused on the acquisition, rehabilitation and disposition of distressed residential real estate and writing loans to smaller investors with the same strategy.
In their careers, our team is estimated to have been involved in the closing of over $150B of real estate financing transactions, the flipping of over 3,000 properties, the origination of over $10B of mortgage loans and the creation of proprietary technology systems for some of the largest investment banks in the world.
To date, we have produced over 50% unlevered IRRs on our investments.
・Institutionally-managed and asset-backed cryptocurrency.
・Real Estate Tech powered by data science.
・Leverage the investment experience of Wall St.and Real Estate investment professionals.

Property Coin について

公式URL https://propertycoin.re/en/
シンボルティッカー PCX
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム
参加出来る通貨 BTC、ETH、USD
総発行枚数
売り出し枚数
為替レート 1 PCX = 50 USD
ハードキャップ
ソフトキャップ
情報提供元 コインスケジュール

ICOマーケットウォッチ:新しいICOBoxはトークンの購入プロセスを簡易にしICOSと仕入れ側のセキュリティを強化


 

新しいICOBoxはトークンの購入プロセスを簡易にしICOSと仕入れ側のセキュリティを強化

 ICOBoxは、ICOの実行を考えている企業のための世界で第一のSaasソリューションであり、革新的な機能ICOSIDを開始しました。これは、潜在的トークンホルダーと、ICOBoxの帳簿作成プラットフォームを使うICOのどちらのためにも、ICOのプロセス全体を非常に簡易にします。いままでは、ICOポートフォリオを構築するトークンホルダーは、対象のICOでトークンを買うたびに、KYC/AMLの手順を経ることが必要でした。潜在的トークンホルダーや、データがリークする可能性という懸念のための膨大な手間に加え、これは当然ながら、ICOプロジェクト自体にとっても時間を消費しコストが高くつく作業でした。スピードとセキュリティというコア・ブロックチェーンの恩恵は、事実上損なわれていました。

 しかしこれはもはや問題ではありません。ICOBoxの帳簿作成プラットフォームへ加えられたさらなる機能のおかげです。この機能とはICOSID-単一ユーザーID認証とツールの公認をおこないます。現在ではトークンのバイヤは一度顧客確認(KYC)と資金洗浄対策(AML)の手順を完了しさえすればよいのです。ユーザーのアイデンティティが認証された後は、ICOBoxの帳簿作成プラットフォームを使えば、ICOプロジェクトの度に、個人が登録する必要はもはやありません。ICOSIDについてホワイトリストに登録したら、異なるICOのトークンを購入するためには、ユーザーは1通のEメールとのログインIDだけが必要です。さらには、それらの新しいステータスにより、順番を飛び越え、即座に新しいICOプロジェクトの順番待ちリストへアクセスできるようになります。

 同時に、ホワイトリストに登録されたユーザーは、セキュリティの問題について安心を確保でき、サイバー攻撃の可能性の心配もありません。機密性の優先化、すべての顧客の安全性というICOBoxが基礎とするコアバリューに従い、ICOSID機能は安全なクラウドで個人データの暗号化を使用し、顧客の明確な承認によってのみアクセスが与えられます。一度登録すれば、顧客のプロファイルは、「認証済み」、「認証確認中」、「未認証」といったタグ付けをされます。さらに、ID認証のリクエストを受け取る度に、何百もの登録済みのデータベースやデータソースから抜粋した情報とICPSIDがリンクすることで、顧客プロファイルのデータは常に更新されます。

 セキュリティの要素もまたICOプロジェクトにおいて重要です。プロジェクトに関心のある認証済みの潜在的トークンバイヤは、すでに132の国で有効にKYC/AMLの手順に適合しています!そうするとICOは、先に述べたコンプライアンスの手順実行に関してもう時間やお金を使う必要はありませんし、そのかわりに、潜在的トークンバイヤへの最良のサービスの提供に集中できるでしょう。一般的な顧客は常にもっとも容易で可能性のある購入プロセスを期待してるので、ICOについてはICOBoxのプラットフォームを使うことが唯一理に適っています。

 ICOSIDについて言及すると、ICOBoxの共同創設者Nick Evdokimovは次のように述べています:「私たちはいつでも顧客ファーストの姿勢で、ICOのプロセス全体を能率化する方法を常に探し続けています。潜在的トークンホルダーとICOプロジェクト両方のための、真のワンストップ・プラットフォームだと自分たちが信じるものを提供でき嬉しく思います。」

 新しいプロセスの完成には時間がかかると考えるのはまったく自然なことでしょうが、もう一度、ICOBoxはその予想を裏切りました。2018年2月下旬に開始し、4月中旬にはICOSIDの大規模な統合の完了が予定されています。そしてサードパーティのサービスとの接続についてすべての問題の解決は5月末になる予定です。

 ICOを計画している企業の皆さん、新しい革命的なプロセスについてのさらに詳細な情報はhttps://icosid.com/をご参照ください。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICO:ピアーアトラス PeerAtlas


PeerAtlas 販売スケジュール

販売スケジュール1 プレ  5月1日〜
販売スケジュール2 ICO  5月14日〜6月4日
販売スケジュール3

PeerAtlas 概要


オープンソースの医療百科事典を援助するデジタルトークン
私たちはオープンソースのオンライン医療百科事典を提唱し、世界中で、無料で利⽤可能なピアレビュー情報を提供しています。ATLASトークンは、NEOブロックチェーンに登録されたNEP-5資産で、医療専⾨家の役に⽴つ記事やアルゴリズムの作成者に報酬を⽀払うために使⽤されます。ATLASトークンは、医師やその他の専⾨家に⽀給された継続医療教育(CME)のクレジット引き換えにも使⽤されます。このような⽅法で、PeerAtlasは広告を販売したり、購読料によってアクセスを制限したりせずに、有給の専⾨家が作成した⾼品質の医療リソースを提供することができます。
We propose an open-source online medical encyclopedia with peer-reviewed information available free of charge worldwide. The ATLAS token will be an NEP-5 asset registered on the NEO blockchain used to reward creators of articles and algorithms useful to medical professionals. ATLAS tokens will also be accepted as payment for the processing of continuing medical education (CME) credits awarded to doctors and other professionals for using the platform. In this manner, PeerAtlas can offer a high-quality medical resource created by paid professionals without selling advertising or limiting access with subscriptions.

PeerAtlas について

公式URL https://www.peeratlas.com/
シンボルティッカー ATLAS
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム NEO(NEP-5)
参加出来る通貨
総発行枚数 100,000,000
売り出し枚数 67,000,000
為替レート
ハードキャップ
ソフトキャップ
情報提供元 コインスケジュール

AD:コニオス Konios


Konios Airdrop情報

エアドロップ詳細はこちら←

Konios 販売スケジュール

販売スケジュール1 ICO  5月1日〜6月30日
販売スケジュール2
販売スケジュール3

Konios 概要


Koniosプラットフォームは、世界中の現金と暗号通貨で最も安全な交換プラットフォームを提供します。すべての関心のある当事者間でFIATとCRYPTOの通貨をローカルおよびデジタルで交換するための当社のソリューションはユニークです。
世界的に均一な交換の原則は、Koniosブロックチェーンによって分散的に保護されています。
世界中で、約7兆7,000億ドルの現金が流通しています。
Koniosプラットフォームは、この膨大な財産の一部を暗号通貨市場に持ち込むのを助けることを目指しています。
The Konios platform offers the safest exchange platform for cash & crypto currencies worldwide. Our solution for locally and digitally exchanging all FIAT and CRYPTO currencies between any interested parties, is unique.
The globally uniform exchange principle is decentrally secured by the Konios Blockchain.
Worldwide, about $ 7.7 trillion in cash is in circulation.
The Konios platform aims to aid bringing some of this vast fortune into the crypto market.

Konios について

公式URL https://konios.com/
シンボルティッカー KON
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム(ERC20)
参加出来る通貨 ETH、BTC、フィアット
総発行枚数 5,000,000,000
売り出し枚数 3,750,000,000
為替レート 1 KON = 0.01 USD
ハードキャップ
ソフトキャップ
情報提供元 コインスケジュール

ICO:クリプトファンダー Cryptfunder


Cryptfunder 販売スケジュール

販売スケジュール1 ICO  5月25日〜7月8日
販売スケジュール2
販売スケジュール3

Cryptfunder 概要


分散型ファンディング
Cryptfunderは、暗号通貨コミュニティ、ICOのスタートアップ、ブロックチェーン企業のための分散型資金調達源です。
Cryptfunderは、最高の潜在性を持つプロジェクトを識別するために専門家のアナリストを配備する最高のフィンテック候補を除外します。これらの破壊的なスタートアップは、潜在的な市場価値、チームのクオリティ、技術の実際の応用に基づいて選択されます。
◇資金提供のためのオンライン申請者のプールから、最も混乱する技術候補者を選びます。Cryptfunderが資金調達を開始するための最良の最良のものをフィルタリングして蒸留します。
◇月間および前年比でディスカウントされた販売開始時のICOトークンを月単位で受け取る。トークンをCryptfundersホールディングスに直接集め、あなたのトークン(シンボル:CFND)とトークンホルダーにバッキングと価値を提供します。
◇Cryptfunder CF30のポートフォリオを確立し、維持します.Cryptfunder CF30のポートフォリオは、今日の市場で最高の30のトークンで構成され、バランスのとれた方法論の安定性と成長を表しています。
Cryptfunder is a Decentralized Funding Source for the Cryptocurrency Community, Startup ICOs and Blockchain Companies.
We’re a decentralized funding source for the cryptocurrency community, startup ICOs and other blockchain companies. Cryptfunder will filter out the best fintech candidates deploying expert analysts to identify the projects with the greatest potential. These disruptive startups will be chosen based on their potential market value, quality of their team and the real world application of their technology.
◇Choose the most disruptive technology candidates from a pool of online applicatans for funding. Filter and distill the best of the best for Cryptfunder to initiate funding.
◇Receive a volume of discounted, pre-sale startup ICO tokens month over month and year over year. Amassing tokens directly into Cryptfunders holdings, offering backing and value to your token (symbol: CFND) and our token holders.
◇Establish and maintain the Cryptfunder CF30 portfolio consisting of 30 of the best tokens on the market today, representing stability and growth in a well balanced methodology.

Cryptfunder について

公式URL https://www.cryptfunder.io/
シンボルティッカー CFND
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム(ERC20)
参加出来る通貨 ETC、BTC
総発行枚数 40,000,000
売り出し枚数 20,000,000
為替レート 1 CFND = 0.003 ETH
ハードキャップ 40,000,000
ソフトキャップ 2,000,000
情報提供元 コインスケジュール

ICO:ヴィトス VTOS


VTOS 販売スケジュール

販売スケジュール1 ICO  5月28日〜8月6日
販売スケジュール2
販売スケジュール3

VTOS 概要


ソーシャルネットワーク
VTOSは、分散型CDN&ソーシャルネットワークであり、ブロックチェーン技術の完全な適用を取り入れたインフラストラクチャで構築されています。VTOSプラットフォームの属性には、分散化、ネイティブブラウザサポート、ANTI ISP、ライブストリーミング暗号通貨、モバイルサポート、CLANT側暗号通貨、SMART P2Pアップロード制御、CROSSプラットフォームP2P、IOS、Android SDKなどがあります。VTOSは、主要なビデオ、ライブストリーミング、およびデータ共有Webサイトを目指しています。私たちは、分散されていないビデオやブログのコンテンツを、クリエイターやコントリビュータに以前にはなかった方法で価値を提供したいと考えています。VTOS技術はマスターノードシステムによって自己設計され、動力を与えられているので、他の人がそれを使ってデータ、ビデオ、ストリームコンテンツを保存することができます。
VTOS is a decentralized CDN & social network built in an infrastructure which embraces the full application of blockchain technology. Some attributes of the VTOS platform are decentralization, has native browser support, ANTI ISP, live streaming encryption, mobile support, CLient-side encryption, SMART P2P upload control and CROSS platform P2P, IOS and Android SDK. VTOS aims to be the leading video, live streaming, and data sharing website. We want to decentralized video and blog content to give value to creators and contributors in a way that has not been done before. VTOS technology is a self-engineered and powered by Masternodes system so others can use it to store data, video, and stream content.

VTOS について

公式URL https://vtos.io/
シンボルティッカー VTOS
ホワイトペーパー HPでダウンロードすると閲覧できます
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム(ERC20)
参加出来る通貨 ETH、BTC
総発行枚数 600,000,000
売り出し枚数 330,000,000
為替レート 1 VTOS = 0.15 USD
ハードキャップ 40,000,000 USD
ソフトキャップ 4,000,000 USD
情報提供元 コインスケジュール

News:マネックスGの完全子会社になったコインチェックの業績が明らかに


2018年初旬にハッキングにより500億円規模のNEM(XEM)の盗難被害にあった仮想通貨取引所コインチェックの業績がマネックスグループの完全子会社化に伴い明らかになりました。

 2017年度売り上げ10億円 営業利益7億円から
2018年度売り上げ626億円(見込み)営業利益537億円(特損473億円)の約60倍近くの大幅上方となりました。

 なお、親会社となったマネックスグループ本体の連結決算内容はこちら↓

[東京 26日 ロイター]
2018年3月期(2017年4月1日-2018年3月31日) 注) カッコ内は前年比、△は赤字
18年3月期実績 17年3月期実績 19年3月期予想 中間期予想
営業収益(百万円) 53,635 45,831
(+17.0 %) (-15.6 %)
営業利益(百万円)
税引き前利益(百万円) 8,631 1,071
(+706.1 %) (-79.0 %)
当期利益(百万円) 6,730 298
(+2162.1 %) (-91.6 %)
基本的なEPS(円) 24.33 1.06
希薄後EPS(円) 24.33 1.05
1株年間配当(円) 10.00 5.20
1株Q2配当 (円) 3.70 2.60
1株Q4配当 (円) 6.30 2.60

 この決算内容とコインチェックの業績の開示によりマネックスG(8698)の株価は4月26日後場東証で寄り付きでは買い気配となっています。

マネックスGの経常利益が完全子会社コインチェックの業績に特損がなかった場合のPERは現在のマネックスGに対し破壊的な値を指しまた昨日までの売りポジションの膨らみに逆日歩も抱えておりポジション解消など驚異的な買いが入っている模様です。

マネックスG決算説明資料

ICOマーケットウォッチ:インフルエンサーマーケティングに革命をもたらすブロックチェーン、AdTechプラットフォームが先導を図る


インフルエンサーマーケティングに革命をもたらすブロックチェーン、AdTechプラットフォームが先導を図る

 「ブロックチェーン」という言葉は、多くの人にとってビットコインや暗号通貨と同義語に聞こえるかもしれません。それは論理的な解釈と言えますが、ブロックチェーン技術はそれ以上のものです。強力な分散型台帳技術をもってすれば、ブロックチェーンは既存ビジネスの多くをポジティブに変革できる可能性を秘めているのです。急成長を見せる同技術の恩恵を最も享受している分野として、広告とマーケティング、特にインフルエンサーマーケティングがあります。Influence Marketing Hubの創設者であるWerner Geyser氏は次のように語ります。「インフルエンサーマーケティングは、さらに幅広いオーディエンスにブランドがメッセージを届けるための膨大なチャンスをもたらしてくれます。同様に、ブロックチェーン技術は、ブランドとインフルエンサー間の取引に必要な規制を提供して透明性を確保し、最終的に利害関係者全員に安全性を提供してくれます」。

13,946 ETH(約650万米ドル)分のSMTトークン販売し、素晴らしい結果でICOを終えたSocialMedia.Market(SM.M)は、主要なインフルエンサーマーケティング活動にブロックチェーンの可能性を導入するパイオニア的な企業になることを目標としています。CEO兼創設者のDmitry Shyshov氏が、オンラインで広く使用される広告ブロッカーの問題に対処する方法を模索していた2016年の後半に、同社の理念は生まれました。調査の中で、同氏はインフルエンサーマーケティング業界におけるチャンスを指摘しました。Shyshov氏自身もインフルエンサーのようなものです。同氏は世界有数のゲーム販売店であるR.Gamesの創設者であり、仮想物品向けのマーケットプレイスCSGO.CASHの裏にある企業のNontitaの創設者でもあります。そのため、同氏はすべてのプレイヤーが必要としているツールを把握していました。

 「インフルエンサー」とは、ソーシャルネットワーク、ブログ、その他インターネットメディアなどにおいて、多くの熱心なファンを持つ人たちのことです。インフルエンサーはよく自分が好きな商品やサービスをおすすめします。彼らのオーディエンスはそれに対し、その製品やサービスを検索したり購入したりなどして、ポジティブに反応します。マーケターが求めているのは、そのポジティブな反応です。正しいインフルエンサーからの支持は、ブランドにとって大きなプラスになります。しかし、マーケターと広告主が抱える問題には、彼らの商品やサービスに適したインフルエンサーを見つけることが難しいという点があります。今日のデジタル広告は非常に侵害的だというShyshov氏の意見に、ほとんどの人は同意することでしょう。「オーディエンスの気分を害したくないと考えるブランドとインフルエンサー両者に向けたソリューションを開発したかったのです」と同氏は言います。「弊社の目的は、マーケターが関連性の高いインフルエンサーを見つけ、効果的な広告キャンペーンを作成および実行できる自動化された空間を提供することです。弊社はまた、マーケターが費やした労力をすべて一か所で効果的に分析できるツールを提供する予定です。私はそれをユーザーの皆様のためにお届けできると信じています」。

 現在、世界中の約30億人が毎日ソーシャルネットワークを使用していると推定されています。それは世界の人口の約40%にのぼる数です。Instagram、Facebook、YouTube、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームが権勢を振るう今日において、確かにインフルエンサーマーケティングは、マーケターがターゲットオーディエンスにリーチする手段として最も強力なツールとなっています。インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディアや動画ブログで新しい商品やブランドを見つける傾向にある、ジェネレーションZやミレニアル世代(16〜34歳)の別名を持つ「デジタルネイティブ」に特に効果的です。インフルエンサーマーケティングデータ企業Activateが2017年に発表したMarketer Surveyによると、67%のマーケターがインフルエンサーマーケティングに割く来年度の予算を増やすと報告されています。一方で、インフルエンサーマーケティングの教育者であるShane Barker氏は、インフルエンサーマーケティングを使用しているマーケターの半数以上(69%)が効果的だと考え、73%はリードジェネレーションの生成、93%はブランドの認知度向上に役立っていると答えたと主張します。この傾向は成長を続けると予想されています。

 インフルエンサーマーケティングは、現在の広告において簡単なソリューションとなり得ますが、デジタルマーケターが直面する課題は未だに多く残っています。複雑かつ透明性の低い支払いシステムはまだその序の口です。一番の問題点は、巨大なサプライチェーンが価格不安定性、価格の大幅な上昇などを引き起こし、またクライアントがインフルエンサーの成果に満足しないことがほとんどの原因で起こる未払いなどが挙げられます。これは、依頼内容や期待される成果は時間とともに変化するため、常にコンテンツクリエイターの過失であるというわけではありません。

ここが、SM.Mのようなプラットフォームが解決するポイントです。同アプリは、サービスの規約や価格を明記した、オープンで透明性のあるスマートコントラクトを採用しています。ブロックチェーンのデータは複数の場所に保存されるため、情報は分散化されるものの変更されることはなく、完全に公開される上に瞬時に検証できます。SM.Mのようなアプリは、すべての当事者間において公正な価値の交換を促進し、また同システムを使用すれば、スマートコントラクトに定められた義務が果たされるまで契約手数料をエスクローに保持することが可能です。その後義務に変更があれば、それはすべてスマートコントラクトに追加されます。プロジェクトが完了すると資金が支払われるため、これにより両当事者の利益を確保することができます。SM.Mは、物議を醸す紛争においてプラットフォームのユーザーが投票で解決を図れる分散型紛争解決コンポーネントも想定しています。

 同市場が直面する課題に対して、実行可能なソリューションを提供するもう一つのプロジェクトはNative Video Box(NVB)です。同プラットフォームは、ライセンスを得た動画コンテンツをウェブサイトに掲載し、コンテンツクリエイターにさらなる視聴者をもたらす分散型動画配信システムです。NVBのウィジェットはウェブサイトに挿入され、同社のAI技術がそのウェブサイトと完璧にマッチするコンテンツを選択します。表示されるコンテンツは気分を害するものとして捉えられることはなく、むしろその動画はウェブサイトのネイティブなコンテンツとして認識されます。つまり、NVBは過密なサプライチェーンを排除するのです。これにより、同社はコンテンツ制作者や代理店と広告収入の最大75%を共有することができ、その60%はパブリッシャー、15%は著作権所有者へ配当され、そして25%は同プラットフォームが保持します。同プロジェクトの創設者は、コンテンツを実際に作成し配信する人たちと収益を共有できるNVBの機能が、同エコシステムに最高のクリエイターとトップレベルのウェブサイトを引き寄せると確信しています。

 ブロックチェーン技術はまた、広告キャンペーンの立ち上げに必要な時間を短縮させ、効果測定における課題を解消し、今日多くのマーケターが業界の最も緊急の問題として挙げる詐欺に対する解決策を提供します。インフルエンサー、広告主、マーケターを一堂に集め、トラッキングおよび分析ツールを提供して、顧客確認(KYC)のプロセスを実施することでそれを実現します。SM.Mは、同社の競争力の高いブロックチェーンプラットフォームに、主なソーシャルネットワーク、ブランド、そしてあらゆる規模のビジネスから大量のブロガーを招集する予定です。すべての価格設定は透明になり、またすべての参加者が同等に扱われます。

 全体としてNVBはこのアプローチをとっていますが、同社は、広告代理店は合意した報酬額を受け取る堅実な保証を獲得できる一方で、各行政区における独自の課題と特性があるグローバルなマーケットプレイスでの支払いにおいて合理化を行えるブロックチェーンを、重要な金融ソリューションとも見なしています。ここが、4月末まで購入可能な同社のユニークな内部通貨であるNVBトークンが、インフルエンサーとコンテンツを掲載するウェブサイトに安心を与える点です。

 「ブロックチェーンはインフルエンサーとファンを繋ぐ架け橋です。直接的なコミュニケーション、公平性、透明性—これこそが真のコミュニケーションです」とSM.MのアドバイザーであるChafik Abdellaoui氏は語ります。同氏はブロックチェーン技術に対するその熱意を、Keith Teare氏、Andrew Playford氏、Gabriel Zanko氏、Peter Zhalov氏、Alex Yastremski氏、小野たつなり氏、Slavik Nenaydokh氏などといった同氏のアドバイザリーボードのメンバーそしてマーケティング、AdTech、そしてブロックチェーン業界における著名なプレイヤーと共有しています。

 小野氏は次のように話します。「ソーシャルメディアのオーディエンスは、日本だけでも巨大で、だからこそこのプロジェクトに惹かれるのです。SocialMedia.Marketは、ブロックチェーン技術がインフルエンサーマーケティングの直面する課題を解決すると考えており、私も彼らに同意します。それが、私が彼らをサポートし、同プラットフォームの早期導入者になる理由です」。 事実、同社はアジア市場において75%のトークンを売り上げる人気を見せ、ICOを終えました。SMTトークンは特に日本で人気を集め、全体の70%が日本で購入されました。SM.MはICOを実施したいと考える企業に向けてSaaSソリューションを提供するICOBoxと協力し、またDaria Generalova氏とDima Zaitsev氏がアドバイスを提供。加えてGeneralova氏はアジアの暗号通貨市場に特化しており、アドバイザリーボードでこの分野において重要な役割を担いました。

SocialMedia.Marketの次なるステップであるトークン配布はすでに開始されており、同社製品のローンチは今秋に控えています。同社はまた、その他ブロックチェーン企業との研究および開発における戦略的パートナーシップの提携に従事してきました。この目標を達成する上で、SM.Mチームは、隣接する市場で稼働し、少し異なる角度から相互補完的なソリューションを提供するNative Video Boxとの関係を自然なパートナーと捉え、両社は、急速な成長を見せるソーシャルメディアマーケティングや動画広告業界を共に改革しようと尽力しています。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICO:ジークス Zeex


Zeex 販売スケジュール

販売スケジュール1 ICO  5月1日〜6月1日
販売スケジュール2
販売スケジュール3

Zeex 概要


仮想ギフトカードに基づくエコノミー
Zeexは、それぞれをシームレスに変換可能にすることで、ギフトカードと暗号通貨の両方の欠点を解決します。一方で、Zeexはデジタルメディアの境界からの暗号通貨を解放し、ギフトカードを通じて商品やサービスに容易に変換できるようにします。一方で、ギフトカードは個々の所有者に結びつけられないので、同じ安全性と透明性を備えた暗号通貨として、所有者間での転送が容易になります。誰もが待っていたのは、製品やサービスに暗号通貨通信を結ぶのは流動性ネットワークです。
Zeexプラットフォームには、エレガントなフロントエンド、ブロックチェーンベースの完全透過型バックエンド、およびすべてのユーザーの取引可能なユニットを簡単に保管および管理するためのデジタルウォレットが含まれています。フロントエンドは、トップブランドのギフトカードの幅広いカタログ、消費可能な暗号通貨ユニット、および2種類の通貨を一緒にしてスムーズかつ簡単にピボットできるZIXトークンへの明確かつ直観的なアクセスを提供します一方から他方へZeexを使うと、ユーザーはギフトカードを購入して販売し、最終的には暗号通貨を使用することができます。
ギフトカードと暗号通貨の相互交換を可能にする流動性ネットワークを開発することは潜在的に革命的な提案ですが、適切な資産を持つ適切なチームが必要です。Zeexの目標が達成可能であるという主張を実証し、Zeexチームがそれらを達成するのに適していることを証明するために、プラットフォームの技術的実装を説明する前に、既存組織と財務および個人資産について説明します。
Zeex solves the deficiencies of both gift cards and cryptocurrency by making each seamlessly convertible to the other. On the one hand, Zeex frees cryptocurrency from the confines of digital media, making it readily convertible into goods and services via gift cards. On the other, it frees gift cards from being tied to individual holders, making them as easy to transfer between holders as cryptocurrency with the same safety and transparency. It is the liquidity network connecting cryptocurrencies to products and services that everyone has been waiting for.
The Zeex platform includes an elegant frontend, a blockchain-based and fully transparent backend, and a digital wallet to effortlessly store and manage all the user’s tradable units. The frontend provides the user clear and intuitive access to the broad catalogue of gift cards from top brands, the cryptocurrency units they have available to spend, and their ZIX tokens, which hinge the two types of currency together and allow users to pivot smoothly and easily from one to the other. Zeex allows users to buy and sell their gift cards and — finally — to spend their cryptocurrency.
Developing a liquidity network to enable the mutual convertibility of gift cards and cryptocurrency is a potentially revolutionary proposition, but it requires the right team with the right assets. To substantiate the claim that Zeex’s goals are achievable, and that the Zeex team is well situated to achieve them, we describe the existing organization as well as its financial and personal assets before describing the platform’s technical implementation.

Zeex について

公式URL https://www.zeex.me/
シンボルティッカー ZIX
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム(ERC20)
参加出来る通貨 ETH、BTC、ZIX、BCH
総発行枚数
売り出し枚数
為替レート 1 ETH = 5,000 ZIX
ハードキャップ 50,000,000 USD
ソフトキャップ 14,000,000 USD
情報提供元 コインスケジュール

ICO:インスペム INSPEM


INSPEM 販売スケジュール

販売スケジュール1 ICO  5月1日〜
販売スケジュール2
販売スケジュール3

INSPEM 概要


監視カメラを使用して顔や物体を認識できるブロックチェーンベースの人工知能
私たちの技術は、個人情報を漏らさずに人を見つけることができるという主な原則に基づいて構築されています。これはほとんどの国で最も重要です。
惑星上にいる誰もが、IPカメラ、スマートフォン、またはドライブレコーダーをソフトウェアレベルで当社のプラットフォームに接続することができます。この接続はDynDNSまたはP2Pサービス手段によって確立され、通常のユーザにとって最もアクセスしやすいものです。カメラは同じ場所にとどまり、いつものように録画します。唯一の要件はインターネット接続です。
ユーザーはINSPEMにログインし、シリアル番号とパスワードを指定してカメラを登録します。その後、サービスはベンダのサーバからカメラのネットワークロケーションを要求し、それを処理のために最も近い(ネットワークに関して)ホストに渡す。私たちが得られるのは、分権化と最小のネットワーク負荷です。ベンダーのサーバーとINSPEMは接続確立段階に参加し、INSPEMは分析業務を追跡し結果を受け取ります。
INSPEMプラットフォームは、ユーザー側のカメラからのビデオを記録しません。第1に、それは当社の機密性の原則に違反します。第2に、膨大な量のデータであり、ストレージはコストがかかり、不要です。
世界中のビデオカメラから大量の分析データが得られているため、マイナーの能力を活用することを余儀なくされています。これにより、すべてのローカルビデオ解析システムが縛られている簡単なスケーリング制限を回避できます。
地方分権化は、それが最も簡単な方法になるので、効果的なネットワークトラフィックの配信を促進するでしょう。
どのユーザも、検索された人物の写真をINSPEMサービスにアップロードすることができます。私たちが得られるのは、人々の写真の大規模なデータベースと、連続した顔の流れをリアルタイムで分析する大量のビデオカメラ(最大100万デバイスの市場潜在力)です。
マッチが見つかると、プラットフォームは両サイドを貴重品と交換します:提供されたリソースのビデオカメラ所有者への報酬と、ビデオカメラの地理的座標による認識された顔のイメージ。これは詳細に起こることです。
Our technology is built around the main principle: being able to find a person without revealing their personal information, which is of utmost importance in most of the countries.
Any person on the planet would be able to connect any IP-camera, smartphone or a driving recorder to our platform on a software level. The connection would be established by the means DynDNS or P2P services, which are the most accessible for the regular user. The camera would remain at the same place and record footage as usual. The only requirement is the Internet connection.
Then the user logs into INSPEM, registers his camera by specifying its serial number and password. After that, the service requests the network location of the camera from the vendor’s server and passes it to the nearest (in terms of the network) host for processing. What we get is the decentralization and the minimal network load. Vendor’s servers together with INSPEM participate in the connection establishment stage, while INSPEM tracks the analytics operations and receive results.
The INSPEM platform does not record videos from the user cameras on its side: firstly, that would violate our confidentiality principle, secondly, that is a colossal amount of data, the storage of which would be costly and unnecessary for us.
Given the large amounts of analyzed data from the video cameras all around the world, we are forced to employ miners’ capacities. This allows bypassing the easy scaling limit, which every local video analytics system is bound by.
Decentralization would also promote effective network traffic distribution, since it would go the briefest way.
Any user would be able to upload the picture of the searched person to the INSPEM service. What we get is the large database of people pictures, on one hand, and the large amount of video cameras (up to 1 million devices market potential), which analyze the continuous face flow in real time.
When a match is found, the platform exchanges both sides with valuables: a reward to a video camera owner for the provided resource, and the image of the recognized face with the video camera’s geographical coordinates. This is what happens in detail.

INSPEM について

公式URL https://ico.inspem.com/
シンボルティッカー INP
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム(ERC20)
参加出来る通貨
総発行枚数
売り出し枚数
為替レート 1 ETH = 5,000 INP
ハードキャップ 30,000 ETH
ソフトキャップ
情報提供元 コインスケジュール
1 2 3 142