News:バイナンスのCZ、流行りの取引マイニングに懐疑的な見方


バイナンスのCZ、流行りの取引マイニングに懐疑的な見方

 

仮想通貨取引所バイナンスのCEOジャオ・チャンポン(通称CZ)は18日、ブログで第4四半期の活動要約を報告した。今月19日までには独自通貨を252万8767BNB(約36億9000万円)バーン(焼失)させる計画に言及したほか、最近流行っている取引マイニングモデルのトークンに対し、懐疑的な見方を示した。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:米最大の取引所コインベース、5つの仮想通貨を上場か?有価証券も取引可に


米最大の取引所コインベース、5つの仮想通貨を上場か?有価証券も取引可に

 

米国最大の仮想通貨取引所であるCoinbaseは14日、プラットフォームに新たに5つの新しいコインを追加することを検討していると自社のブログで発表した。
検討されているコインはCardano(ADA)、Basic Attention Token(BAT)、Stellar(XLM)、Zcash(ZEC)とOx(ZRX)の5つ。

続きはこちら→→→Apptimes

News:ライトコイン創設者:銀行株取得でコメント投稿、銀行を通じた仮想通貨サービス提供を示唆


ライトコイン創設者:銀行株取得でコメント投稿、銀行を通じた仮想通貨サービス提供を示唆

 

ライトコイン財団のチャーリー・リー氏が17日にレディットに投稿し、ライトコイン財団におけるリー氏の役割、そしてドイツのWEG銀行の株式取得後の展望について語った。投稿の中で、リー氏はWEG銀行が仮想通貨サービスを提供する可能性について言及した。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:規制強化にもめげず 生み出される「仮想通貨」の新サービスとは


規制強化にもめげず 生み出される「仮想通貨」の新サービスとは

 

API取引所での売買を仮想通貨で実施
AOSテクノロジ-ズ(東京都港区)が、2018年3月に立ち上げた日本で初めてのAPI取引所である「APIbank.jp」で、有料ソフトの売買に仮想通貨が用いられることになった。APIはアプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、OS(基本ソフト)やアプリケーションソフトなどの機能を、外部のアプリケーションから簡単に利用できるようにする技術。APIを用いれば、独自にプログラムを開発しなくて済むため、ソフトウェア開発が効率的になる。

続きはこちら→→→Maonline

News:イギリスが2022年にブロックチェーン技術と仮想通貨でリーダーに、レポートで予測


イギリスが2022年にブロックチェーン技術と仮想通貨でリーダーに、レポートで予測

 

イギリスが2022年までにブロックチェーン技術と仮想通貨分野でリーダーになる可能性があると予測する新しいレポートが出ている。英ガーディアンが16日に報じている。新しいレポートはビックイノベーションセンター、DAGグローバル、ディープナレッジ・アナリティクスhttp://analytics.dkv.global/によるものだ。レポートの分析によると、イギリスは今後数年後にブロックチェーンの技術開発や仮想通貨エコシステムの先端的なハブになると予測している。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:グーグルに支配された世界、ビットコインが救う?


グーグルに支配された世界、ビットコインが救う?

 

グーグルの中央集権型の構造は、ビットコイン採掘のために規模を拡大しつつある巨大な分散型インフラの攻撃にさらされる可能性もある。たとえビットコインの価格が1000ドル(約11万2000円)を切ったとしても、世界中に大量に存在するブロックチェーンサーバーが「地球規模の仮想並列コンピューターを形成して、たった数百万台のサーバーで構築するグーグルのデータセンターに並んだ中央演算処理装置(CPU)や画像処理半導体(GPU)をはるかに上回る」可能性があるとギルダー氏は言う。

続きはこちら→→→Wsj

News:R3コンソーシアム、カナダの大手信用組合連合が参加


R3コンソーシアム、カナダの大手信用組合連合が参加

 

カナダの大手信用組合16社で構成する、大手信用組合連合(LCUC)は、ブロックチェーンコンソーシアムのR3に加わった。17日にR3が発表した。LCUCは、300万社以上の企業を顧客に抱え、資産額は1250億ドルを超える。R3は200以上の金融機関やフィンテック企業、業界団体のネットワークだ。R3が手掛けるコルダ(Corda)はオープンソースの分散型台帳プラットフォームであり、金融分野での複雑なトランザクションを処理するように設計されている。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:IPA「情報セキュリティ白書2018」発売、仮想通貨やIoTなどをテーマに解説


IPA「情報セキュリティ白書2018」発売、仮想通貨やIoTなどをテーマに解説

 

2017年度の情報セキュリティ分野で起きたインシデントの具体的事例や攻撃の手口、政策や法整備の状況などを解説する。2017年度に注目されたテーマとして、IoT、仮想通貨、スマートフォン、制御システム、中小企業に関する情報セキュリティを掲載している。

続きはこちら→→→Internet.watch

News:ステラ、決済や資産のトークン化でシャリーア適合認証取得、DLTで初


ステラ、決済や資産のトークン化でシャリーア適合認証取得、DLTで初

 

時価総額で第7位の仮想通貨ステラ (XLM)を運営するステラ・デベロップメント・ファンデーションは17日、ステラの技術とネットワークがシャリア適合認証を取得したと発表した。イスラム金融世界におけるステラのエコシステム拡大が期待される。

続きはこちら→→→Cointelegraph

ICO:キリックスプロトコル KIRIX PROTOCOL


ICO情報

KIRIX PROTOCOL

KIRIX PROTOCOL販売スケジュール

販売スケジュール1 9月15日~10月15日
販売スケジュール2
販売スケジュール3

KIRIX PROTOCOL概要

KIRIKは、既存のブロックチェーンを統合するためのオープンソースメタプロトコルです。 異なるブロックチェーンシステム間でデジタル資産を転送するのに役立つトランザクションプロトコルをユーザーが作成できるようにします。 このプロジェクトの中核は、セマンティックスマート契約(Semantic Smart Contract)の概念です。具体的には、数理論理を使って構築された実行可能な仕様、具体的にはセマンティックモデリングの理論です。 セマンティックスマート契約は、特定の対象ドメイン(不動産、レンタカー、その他の契約など)をよく知られた論理的な用語で記述します。 古典的なスマートコントラクトとは異なり、彼らは人間の論理と契約の意味的意味がコンピュータコードに転送されるときには「解消」しないで、むしろ一般人が読みやすく理解できるようにします。 1つの成果は、契約をコードに変換したりスマートな契約を監査するためにプログラマの軍隊を必要としないことです。プログラミングなしでセマンティック契約を構築することができ、KIRIKは自動的にそれを実行します。
KIRIK is an open-source meta-protocol for converging existing blockchains. It empowers users to build transactional protocols that help transfer digital assets between different blockchain systems. The core of the project is the concept of the Semantic Smart Contract – an executable specification built using Mathematical Logic, specifically the Theory of Semantic Modelling. Semantic smart contracts describe specific subject domains (like real estate, car rental and other contracts) in familiar logical terms. Unlike classical smart contracts, they do it in such way that human logic and the semantic meaning of a contract don’t “”dissolve”” when transferred to computer code but rather stay readable and understandable by laymen. One outcome is that we do not need an army of programmers to turn a contract into a code or to audit smart contracts – one can construct a semantic contract without programming, and KIRIK will execute it automatically.

KIRIX PROTOCOLについて

公式URL https://kirik.io/ico/
シンボルティッカー KRK
ホワイトペーパー ホームページよりダウンロードしてください
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム
参加出来る通貨 ETH
総発行枚数 14億KRK
売り出し枚数 7億KRK
為替レート 1 KRK = 0.05USD
ハードキャップ
ソフトキャップ
情報提供元 trackico
1 2 3 243