ビットコインキャッシュ(BITCOINCASH)


ビットコインキャッシュとは
2017年8月1日Bitcoinビットコインブロックチェーンのフォークで、ナカモトコンセンサスに基づいてアップグレードされた暗号通貨です。

2017年初めから仮想通貨元年と騒がれ始め4月日本での仮想通貨法(改正資金決済法)の施行により、ビットコインの需要が急激に伸びトランザクションをこなすための容量が足りなくなりました。

そのおかげでトランザクションのつまりが起こり送金するときにかかる時間がもともと10分くらいで完結していたものが数時間、中には1日、2日の承認時間を有するようになりました。

もともと何年も前から議論されていたビットコインのスケーラビリティの問題については2015年のビットコインXT(BitCoinXT)〔最大8 MBのブロック(2年に1つのサイズが倍増する)までのスケーリングが可能〕

ビットコインクラシック(2MBに倍増する)ビットコインアンリミテッドなどさまざまな議論が交わされてきました。

そして事態が急速に表面化してきた2017年、ビットコインアンリミテッド側〔ブロックサイズを大きくする通称ビッグブロック派〕とビットコイン開発者であるビットコインコア側〔ブロックサイズを大きくせずにデータ自体を圧縮し軽くすることでブロックに入るデータ容量を増やすSegwit支持派〕ブロックサイズを2倍〔2MB〕にしてデータも圧縮するSegWit2X支持派に分かれます。

もともとビットコインは1Mですが、Bitcoin Cashは最大8Mまでブロックの容量を拡大させることでビットコインの持つスケーラビリティの問題をいち早く解決しようとしてフォークが実行されました。そしてSegWitは導入されません。

Bitcoin Cashは、オン・チェーン・スケーリングを用いたナカモトコンセンサスに従います。最初のステップとして、ブロックサイズの制限が調整可能にされ、デフォルトの8MBが増加しました。大規模な将来の増加を可能にするための研究が進められている。

https://www.bitcoincash.org/