ICOソリューションと仮想通貨取引所を提供するテックビューロが新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達


日本初の、銀行からの直接投資を受けた仮想通貨・ブロックチェーン企業に

テックビューロ株式会社

ICOソリューション「COMSA」、ビットコイン取引所「Zaif」、及びブロックチェーン製品「mijin」を提供するテックビューロ株式会社は、この度、株式会社新生銀行及び株式会社オウケイウェイヴを引受先とする、8,750万円の資金調達を実施しました。これにより、創業以来の累積資金調達額は25.2億円となります。

報道関係者各位

ICOソリューション「COMSA」、ビットコイン取引所「Zaif」、及びブロックチェーン製品「mijin」を提供するテックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、この度、株式会社新生銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:工藤 英之、以下「新生銀行」)及び株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任、以下「オウケイウェイヴ」)を引受先とする、8,750万円の資金調達を実施しました。これにより、創業以来の累積資金調達額は25.2億円となります。

背景
テックビューロでは、2015年春からビットコイン取引所「Zaif」(実際には2014年4月から運営していた現存する日本最古のビットコイン取引所を買収・改修)、同年秋からはプライベート・ブロックチェーン製品「mijin」と、業界内でも先駆けて最先端のブロックチェーン関連サービスを提供して参りました。

2016年には企業のトークン発行支援サービス「Zaica」を発表し、「Zaif」をトークンも取引可能な仮想通貨取引所へと進化させたほか、同年秋には世界でも先進的な、テレビ番組と連動したエンターテイメント系のICO「BitGirls(ビットガールズ)」を実施しました。

そして2017年8月3日、本格的な総合ブロックチェーンソリューションとして、企業がブロックチェーン技術の導入とICOとを同時に実施できる「COMSA」を発表し、10月2日から実施されている自社ICOのトークンセールでは、開始から25日間で100億円以上の売上を上げています。

外部には2年以上にわたって共有されていなかったビジョンが、提供中の全てのサービスと製品をまとめた総合ソリューションである「COMSA」構想として公表された中、テックビューロでは企業としての体制拡大及び既存製品の開発販売、そして保有技術・サービスと金融サービスとの融合加速を目的として、今回の銀行を引受先とする資金調達を実施するに至りました。

引受先
テックビューロは、先日の株式会社ジャフコとインフォテリア株式会社からの約16億円の増資に続いて、シリーズBラウンドの一環として、第三者割当により以下の2社を引受先とする総額8,750万円の資金調達を実施いたしました。
新生銀行:5,250万円
オウケイウェイヴ:3,500万円(シリーズAに続いて二度目)
これにより、創業以来の累積資金調達額は25.2億円となります。

資金調達の目的
本件の調達による資金の使途は主に以下の通りです:
経営基盤の拡充と人員の増強
「Zaif」取引所のインフラとサービスの拡充
「mijin」クラウド型BaaSサービス「CloudChain(クラウドチェーン)」の整備
世界における「mijin」ライセンスとクラウドチェーンの販売体制の拡充
米国拠点の拡大と、欧州、アジア拠点の設置
新規事業投資とM&A
既存金融サービスと保有技術・サービスとの融合

なお、10月2日から実施されており、100億円以上を売り上げているICOにおきましては、COMSAのホワイトペーパーに記されております通り、COMSA自体のシステム開発、それに対応するための既存サービスの拡張、及びそれらに関するサービス運営の資金を調達する予定です。

テックビューロ代表の朝山 貴生は、「ICOやブロックチェーン技術は、長年培われてきた既存の金融インフラと相反するものと受け止められがちですが、それらは『既存勢力を破壊する魔物』ではなく、先行利益が甚大である『他を凌駕するためのツール』です。今回、ICOを実施し、仮想通貨関連サービスを提供している我々に銀行が国内でも初となる直接投資をして下さったという事実が、テックビューロのソリューションが『排除すべき競合』ではなく、皆様にとって『併用して活用すべき武器』であることの何よりの証明となるでしょう。」と述べています。

■ICOとは
ICOとは「Initial Coin Offering」の略であり、電子トークンを発行して売り出すことによって資金を調達するための手法を指します。しかし、実質的には株式などのエクイティを譲渡するのではなく、購入型のクラウドファンディングと同様に単にトークン販売を行うものであり、厳密に言えば「資金調達」の手法ではなく「仮想通貨の発行販売手法」となります。購入する側も、実際にはプロジェクトに投資をする「投資家」ではなく、「トークン購入者」となります。これらトークンは、仮想通貨取引所での取り扱いなどを通して一般に流通すると「仮想通貨」となります。

■「テックビューロ株式会社」について( Webサイト http://techbureau.jp/
テックビューロは、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。「mijin」と「Zaif」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

■「COMSA」について( Webサイト http://comsa.io/
「COMSA」は、トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

■「mijin」について( Webサイト http://mijin.io/
「mijin」は、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアです。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境が構築できる他、実質的なゼロダウンタイム環境を実現します。「mijin」は「NEM」のコア開発者がテックビューロに合流して開発した、金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで、幅広くご利用頂ける、「NEMプロトコル」を採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品です。

■「Zaif」について( Webサイト http://zaif.jp/
「Zaif」は、テックビューロが取り扱うビットコイン、暗号通貨関連サービスの総合ブランド名です。皆様の「財布’(財布ダッシュ)」、「第二の財布」となりたいという思いからそう名付けられました。取引所の他、定期積み立てサービスや決済サービスも提供しております。

※ 本文中の商品名は、テックビューロの商標または登録商標です。

テックビューロは、提供する総合ICOソリューション「COMSA」国内初で最大の100億円を超えた事を発表


テックビューロは、提供する総合ICOソリューション「COMSA」の第一弾として実施した自社のトークンセールにおいて、開始から25日後の10月27日付けでその売上が国内初で最大の100億円を超えた事を発表します。

報道関係者各位

 

テックビューログループ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、提供する総合ICOソリューション「COMSA」の第一弾として実施した自社のトークンセールにおいて、開始から25日後の10月27日付けでその売上が国内初で最大の100億円を超えた事を発表します。

「COMSA」は、日本発の総合ICOソリューションとして、国内のみならず、海外からも多くの注目を集めており、10月26日には以下を記録しています。

・ COMSA ICOダッシュボード登録者:220,000人以上
・ COMSA ホワイトペーパー ダウンロード数:130,000件以上
・ COMSA 動画の閲覧数:20,000回以上
・ COMSA Telegram コミュニティメンバー:10,000人以上

日本発のICO総合ソリューション
2017年9月9日から21日まで実施したプレセール期間と併せ、10月2日から開始したトークンセールは11月6日まで開催しており、26日目の10月27日に87,681,549USドル(10月27日時点のドル円換算ベースで100億円)の売上を突破いたしました。

テックビューロ 代表取締役 朝山は以下のようにコメントしています。

「世界に先駆けて仮想通貨交換業者の登録制など先進的な法整備が進む日本において、COMSAが世界でも有数のICOプロジェクトとなれたことは、国内における仮想通貨市場のさらなる成長を占う上での重要な試金石となるばかりか、日本がこの分野で世界をリードする可能性を指し示せたことと思われます。

弊社は仮想通貨やトークンの取引所『Zaif』、発行するトークンの企業内勘定を扱うプライベート・ブロックチェーン『mijin』、これらが実利用で稼働しているからこそ信頼性あるICOプラットフォームとして提供できる『COMSA』の3つが揃っているからこそ、国内外から注目と信頼が寄せられるICOを実施できたと自負しております。これからもICO協議会と共に、日本を発信地としてこの分野の発展に貢献していきたいと考えています。」

今後の展開
「COMSA」が自社ICOとして「CMS」トークンを販売するトークンセールは、2017年11月6日まで実施されます。本トークンセールの売上は、COMSAプラットフォームの開発や関連サービスの拡充、テックビューログループの経営体制の強化など、事業の推進と発展の為に使用されます。

■ ICOとは
ICOとは「Initial Coin Offering」の略であり、電子トークンを発行して売り出すことによって資金を調達するための手法を指します。しかし、実質的には株式などのエクイティを譲渡するのではなく、購入型のクラウドファンディングと同様に単にトークン販売を行うものであり、厳密に言えば「資金調達」の手法ではなく「仮想通貨の発行販売手法」となります。購入する側も、実際にはプロジェクトに投資をする「投資家」ではなく、「トークン購入者」となります。これらトークンは、仮想通貨取引所での取り扱いなどを通して一般に流通すると「仮想通貨」となります。

■「テックビューログループ」について( Webサイト http://techbureau.jp/ )
テックビューログループは日本、北米、欧州に拠点を置き、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。ブロックチェーン製品「mijin」と仮想通貨取引所「Zaif」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービス、そして総合ICOソリューション「COMSA」を提供しております。

詳しくは以下URLをご覧ください。
Zaif 取引所について – https://zaif.jp/
mijinについて – http://mijin.io/ja/

■「COMSA」について( Webサイト http://comsa.io/
「COMSA」は、トークンの発行販売を用いた「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

※ 本文中の商品名は、テックビューロの商標または登録商標です。

 

COMSAICOページはこちら

メタップスの時間取引所『タイムバンク』がテックビューロの『COMSA』でICOの実施を検討開始 


「メタップスの時間取引所『タイムバンク』がテックビューロの『COMSA』でICOの実施を検討開始 – 時間の概念をブロックチェーン技術でトークン化し更なる流動化の実現へ –」

株式会社メタップス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽、以下「メタップス」)は、時間を10秒単位で売買できる時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)が提供するICOソリューション「COMSA」を用いたICOを検討開始いたしました。早ければ年内、遅くとも来年夏までの実施を協議します。

タイムバンクのICO
メタップスはタイムバンクのサービス開始以来、数多くの専門家がその時間を販売し、時間の価値が新たな大きなマーケットを生み出す可能性を証明して参りました。今後は専門家の時間に限らず、物や施設などのあらゆる時間の価値の最大化を図っていく予定です。

タイムバンクのiOSアプリのURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id1253351424/

一方、2017年のICOによる世界の調達額が合計2,500億円を超え、トークンによる新たな経済圏を形成しています。その金額にばかり目が行きますが、ICOによるアセットのトークン化はその流動コストを大幅に下げるとともに、国境を問わずその利用圏を一気に世界に拡げる可能性を持っています。

今回は、世界から既に19万人以上の登録ユーザーを有するテックビューロのCOMSAソリューションを用いて、タイムバンクにてICOを実施することによって、時間の概念をブロックチェーン技術でトークン化することにより、更なる利用マーケットの拡大と時間の流動化を目指します。

タイムバンクで取り扱う全時間の平均価格と連動したトークンや、利用実績に応じて各種の手数料の割引が受けられるトークンなど、サービスの成長と連動して利用者の利便性を向上できるような機能を想定しています。

今後の展開
トークンの機能設計とホワイトペーパー作成を開始し、早ければ2017年内に遅くとも2018年夏を目処に具体的なICOの実施を検討いたします。

本件に関する詳細は、随時発表とさせていただきます。

■「株式会社メタップス」について( Webサイト http://www.metaps.com/

メタップスは、テクノロジーを活用してお金や経済の再発明を目指す企業です。FinTech戦略を重点投資領域として掲げており、「決済・通貨・融資・投資・保険・管理」の6分野での積極的な事業展開を進めています。

【会社概要】
会社名 : 株式会社メタップス(英文名 Metaps Inc.)
設立  : 2007年9月3日
所在地 : 東京都新宿区西新宿6丁目8番地1号
資本金 : 93億43百万円(資本準備金を含む)
事業内容: コンシューマ事業、ファイナンス事業、マーケティング事業

■「タイムバンク」について( Webサイト http://timebank.jp/

タイムバンクは、様々な「時間」を売買できるマーケットプレイスです。ユーザーは、専門家が販売する時間を購入、使用、売却、保有することができ、専門家は隙間時間を収益に変えることができます。タイムバンクは様々な空き時間を有効活用できる「時間市場」の創出を通して、人々の働き方や生き方を変えていくことをミッションとしています。

タイムバンクのiOSアプリのURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id1253351424/

■「テックビューロ株式会社」について( Webサイト http://techbureau.jp/

テックビューロは、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。「mijin」と「Zaif」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

【会社概要】
会社名 : テックビューロ株式会社(英文名 Tech Bureau, Corp.)
設立  : 2014年6月16日
所在地 : 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
資本金 : 24億31百万円(資本準備金を含む)
事業内容: 仮想通貨交換所、ブロックチェーン製品開発、ICOソリューション提供

■「COMSA」について( Webサイト http://comsa.io/

「COMSA」は、トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

【お問い合わせ先(報道機関窓口)】

株式会社メタップス 経営企画部  担当:杉崎 健史 E-mail:pr@metaps.com
テックビューロ株式会社 担当:藤田 TEL:06(6533)2230 / E-mail: pr@techbureau.jp

※ 本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

掲載元 https://comsa.io/ja/54131.html

COMSAがキターーーーー!!


COMSAきましたよーついに!!

COMSAきました。いやあついにきましたね!ICOを叫べる時代がやってきましたよ!

どうも世界の中心でICOを叫びたいゴリラです。

株式市場で初めてのブロックチェーン相場を作った

テックビューロ株式会社の名を

相場を経験した方で知らない人はいないと思います。

ビットコインなどで知られるブロックチェーンの技術を応用したプライベート型ブロックチェーン(管理者の元で動くブロックチェーン)を企業向けに展開する日本有数のブロックチェーン開発会社です。

ビットコイン(パブリックブロックチェーン)とは→ビットコインページ

2年前2015年の暮れから2016年の初頭に株式市場を賑わせたブロックチェーン相場が訪れました。


COMSAの登録はこちら

これは当時急騰を初めた2015年12月4日朝10時に東証マザーズ上場のインフォテリア3853が公式に発表した適時開示です。

インフォテリア開示資料

「インフォテリア」と国内唯一のプライベート・ブロックチェーン技術を有する フィンテック企業「テックビューロ」が事業提携

週末金曜日朝倉慶のがんばっていきまっしょおおおおおおい(正確にはラジオ日経の朝の番組、朝倉慶の株式フライデー)のあと前場がはじまります。

初値は一株254円(前日終値250円)、前日12月3日の出来高は83000株でした。

朝相場が始まるとインフォテリアはいつも通りマザーズの低位株らしく少ない出来高をこなしていました。

しかし相場開始1時間、10時になり適時開示が発表された途端、急騰

終わってみたら3720万株をこなす超商いをこなし330円ストップ高張り付きでこの日は引けました。

前日8万株しかこなさなかった低位株が400倍の出来高をこなし張り付いて引けたので市場はなんだなんだと大騒ぎ、

しかも金曜日なので次の営業日は土日を挟んで月曜日。

その二日間でヤフー掲示板では大騒ぎです。テックビューロってなんだ?アステリアワープってなんだ?ブロックチェーンってなんだ?ビットコインってなんだ?

材料株好きの投資家たちは土日の二日間思惑が勝手に育ち渦巻き、情報が二転三転、そして月曜日寄り付きの朝、

市場は結局材料は悪くないけど2日間もストップ高をこなせるほどではないと判断されたのか、前日比8円高の338円で取引開始しました。

と・こ・ろ・が!!

寄ったところから出来高は急増、終わってみたらストップ高、出来高も2500万株をこなす大商い。(その日のチャートは覚えてませんが、多分午前中前場くらいにはストップ高張り付いてたんじゃないでしょうか)

その後数日で4倍近くに膨れ上がり2月まで上がったり下がったりを繰り返しながら1200円まで上がって行きました。

しかもすごいのはインフォテリアだけじゃないんです。

インフォテリア急騰が始まりだした2015年12月16日さくらインターネットもプレスリリースを発信します。

プレスリリースはこちら→さくらインターネットプレスリリース
さくらインターネットとテックビューロ、ブロックチェーンの実証実験環境「mijinクラウドチェーンβ」を金融機関やITエンジニア向けに無料提供

このプレスリリースを機に前日12月15日一株283円だったさくらインターネットがインフォテリアを追いかけるかのように急騰を始め12月が終わる大納会まで急騰を続け大納会終値では約3倍強にまで急騰しますが大発会からも衰えることなく1月の中旬まで急騰し最高値2000円超えまでいきました。株価が1ヶ月で7倍にまで上がりました。

東証マザーズ上場のインフォテリア3853やマザーズから東証一部に鞍替えしたばかりのさくらインターネット3773、東証マザーズロックオン3690、名証セントレックス上場のオウケイウェイブ3808が2015年12月くらいから2016年2月にかけてテックビューロとの提携を火種に一相場を築き上げたのです。


COMSAの登録はこちら

ロックオン

株式会社ロックオンとテックビューロ株式会社がブロックチェーン技術を 応用した EC 用受注エンジンの実証実験を開始

オウケイウェイブが出した開示情報

 テックビューロと事業提携し、ブロックチェーン技術による知財販売の決済 事業提携し、ブロックチェーン技術による知財販売の決済 やユーザー認証、サポートキューを共同開発

またそれらの提携を皮切りにカイカ(旧SJI)2315

フィスコ3807、マネーパートナーズ8732、などと協業。

その相場を作った張本人がプライベートブロックチェーンmijinを開発するテックビューロです。

どの提携もプライベートブロックチェーンを実用化するため。

そして今回のCOMSAはそれらの下地あってのICOだということになりますね。

思いつきでやったり1週間前や前日にホワイトペーパーを発信するICOとは違うんじゃないかと、

しかもそのプラットフォームで上場するICOはちゃんとした法律に則って行われます。

成功すればICO投資の新しいスタンダードになってくれると思います。

ちなみに過去のインフォテリアのブロックチェーン系の適時開示を集めてみました。


2016年3月4日

ミャンマーのマイクロファイナンス機関「BC Finance」の 融資システムにおけるブロックチェーン技術の実証実験について

2016年4月27日

インフォテリアとテックビューロ、 ASTERIA WARP 専用「mijin アダプタ(バージョン1)」を 5 月 16 日より提供開始 ASTERIA WARP、mijin、mijin アダプタのセットを無償実証実験環境でも提供します。

2016年4月28日

インフォテリア、国内有数のブロックチェーン技術を有する フィンテック企業「テックビューロ株式会社」へ出資

2016年6月16日

インフォテリアとテックビューロ、世界初※1となるマイクロファイナンスの 勘定データ記録におけるプライベート・ブロックチェーンの実証実験に成功 Microsoft Azure 上の「mijin」に「ASTERIA WARP」で接続し業務適用性も確認

そして昨日

2017年8月2日

「 ブロックチェーン・業務適用コンサルティングサービス 」を企業・団体向けに提供開始 電力業界をはじめとする幅広い業界に向けたブロックチェーン技術の普及と啓発を促進

↑COMSAに向けての仕掛けですよね?

インフォテリアとテックビューロがどれだけ強固な関係を築いてきたのか。

そしてそのプライベートブロックチェーンmijinとは

テックビューロがブロックチェーン製品『mijin』の完全資料2017年6月版を公開

今後が楽しみです。

今回COMSAのことは全然話してませんでしたwww

次回はもっと踏み込んでCOMSAの中身を覗いていこうと思います。

COMSAは10月ICOです。

ICO前にトークンが配られることはありません。(プレICOはあるかもしれません)

セミナーや人からの購入は詐欺の危険性があります。必ず公式のアナウンスに従っての購入をよろしくおねがいします。
当WEBサイトでもCOMSAの情報を発信していきます。

ICO事前登録はこちらから↓10月2日にICOが開催されます。


COMSAの登録はこちら

COMSAの方と直接意見交換ができるテレグラムチャットはこちら↓
https://t.me/comsajapan

COMSAのICOページ

ICO:コムサCOMSA


10月2日

COMSAprojectコムサプロジェクト

COMSAは、複数のブロックチェーン間のゲートウェイとなるプラットフォームです。COMSA は同様に、トークンセールを実施したい企業のための「ICOプラットフォーム」としても機能します。COMSAのバリュー・プロポジションは、それら企業がICOのエコシステムを完結するための インフラをワンストップで提供できることであり、そのソリューションには暗号通貨取引所Zaif、 複数暗号通貨によるセール機能、複数プラットフォーム間実装、そしてNEMとEthereumのパブ リックブロックチェーンとmijinのプライベートブロックチェーンとを活用したICOアセットやトー クンの発行管理が含まれる。

 

3つのソリューションの提供

ICOソリューション

ホワイトペーパー(目論見書)の整備から、ブロックチェーン導入プラン、国内外へのPR、トークンセール(売り出し)のツールまでをひとまとめに請け負うことによって、ICOの実施を完全サポートいたします。COMSAで発行するトークンは、今後COMSA COREを通してNEMとEthereumのブロックチェーン間で自由に行き来できるようになります。

 

トークンソリューション

発行するトークンを取り扱うためのZaif取引所や決済ツールを提供します。また、テックビューロが販売するプライベートブロックチェーン製品「mijin」によって、それらトークンを内部勘定で一括管理する環境を提供できます。更に別途、EtheremとNEMのブロックチェーンをまたいで利用可能なUSドルや日本円、Bitcoinとペッグしたトークンの発行と変換をサポートします。

 

ワンタイム・スマート・コントラクト

2018年には、Bitcoin、NEM、Ethereumのパブリックブロックチェーンと、mijinで構成する複数のプライベートブロックチェーンを連動させ、その間でトークンの整合性を保持できるサービスを提供します。また、ネットワークフィーを気にせず、実社会の法定通貨建ての商取引をブロックチェーン上のコントラクトとして第三者の仲介無しに執行できるようになります。

 

 

公式WEB https://comsa.io/ja/

ティッカーCMS

総発行枚数 ICO終了時に購入されたトークン総量の2倍が総発行枚数となります。

レート1CMS=1USD

ブロックチェーン イーサリアムERC20、NEM

 

ホワイトペーパーはHPよりDLしてください。