ICOソリューションと仮想通貨取引所を提供するテックビューロが新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達


日本初の、銀行からの直接投資を受けた仮想通貨・ブロックチェーン企業に

テックビューロ株式会社

ICOソリューション「COMSA」、ビットコイン取引所「Zaif」、及びブロックチェーン製品「mijin」を提供するテックビューロ株式会社は、この度、株式会社新生銀行及び株式会社オウケイウェイヴを引受先とする、8,750万円の資金調達を実施しました。これにより、創業以来の累積資金調達額は25.2億円となります。

報道関係者各位

ICOソリューション「COMSA」、ビットコイン取引所「Zaif」、及びブロックチェーン製品「mijin」を提供するテックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、この度、株式会社新生銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:工藤 英之、以下「新生銀行」)及び株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任、以下「オウケイウェイヴ」)を引受先とする、8,750万円の資金調達を実施しました。これにより、創業以来の累積資金調達額は25.2億円となります。

背景
テックビューロでは、2015年春からビットコイン取引所「Zaif」(実際には2014年4月から運営していた現存する日本最古のビットコイン取引所を買収・改修)、同年秋からはプライベート・ブロックチェーン製品「mijin」と、業界内でも先駆けて最先端のブロックチェーン関連サービスを提供して参りました。

2016年には企業のトークン発行支援サービス「Zaica」を発表し、「Zaif」をトークンも取引可能な仮想通貨取引所へと進化させたほか、同年秋には世界でも先進的な、テレビ番組と連動したエンターテイメント系のICO「BitGirls(ビットガールズ)」を実施しました。

そして2017年8月3日、本格的な総合ブロックチェーンソリューションとして、企業がブロックチェーン技術の導入とICOとを同時に実施できる「COMSA」を発表し、10月2日から実施されている自社ICOのトークンセールでは、開始から25日間で100億円以上の売上を上げています。

外部には2年以上にわたって共有されていなかったビジョンが、提供中の全てのサービスと製品をまとめた総合ソリューションである「COMSA」構想として公表された中、テックビューロでは企業としての体制拡大及び既存製品の開発販売、そして保有技術・サービスと金融サービスとの融合加速を目的として、今回の銀行を引受先とする資金調達を実施するに至りました。

引受先
テックビューロは、先日の株式会社ジャフコとインフォテリア株式会社からの約16億円の増資に続いて、シリーズBラウンドの一環として、第三者割当により以下の2社を引受先とする総額8,750万円の資金調達を実施いたしました。
新生銀行:5,250万円
オウケイウェイヴ:3,500万円(シリーズAに続いて二度目)
これにより、創業以来の累積資金調達額は25.2億円となります。

資金調達の目的
本件の調達による資金の使途は主に以下の通りです:
経営基盤の拡充と人員の増強
「Zaif」取引所のインフラとサービスの拡充
「mijin」クラウド型BaaSサービス「CloudChain(クラウドチェーン)」の整備
世界における「mijin」ライセンスとクラウドチェーンの販売体制の拡充
米国拠点の拡大と、欧州、アジア拠点の設置
新規事業投資とM&A
既存金融サービスと保有技術・サービスとの融合

なお、10月2日から実施されており、100億円以上を売り上げているICOにおきましては、COMSAのホワイトペーパーに記されております通り、COMSA自体のシステム開発、それに対応するための既存サービスの拡張、及びそれらに関するサービス運営の資金を調達する予定です。

テックビューロ代表の朝山 貴生は、「ICOやブロックチェーン技術は、長年培われてきた既存の金融インフラと相反するものと受け止められがちですが、それらは『既存勢力を破壊する魔物』ではなく、先行利益が甚大である『他を凌駕するためのツール』です。今回、ICOを実施し、仮想通貨関連サービスを提供している我々に銀行が国内でも初となる直接投資をして下さったという事実が、テックビューロのソリューションが『排除すべき競合』ではなく、皆様にとって『併用して活用すべき武器』であることの何よりの証明となるでしょう。」と述べています。

■ICOとは
ICOとは「Initial Coin Offering」の略であり、電子トークンを発行して売り出すことによって資金を調達するための手法を指します。しかし、実質的には株式などのエクイティを譲渡するのではなく、購入型のクラウドファンディングと同様に単にトークン販売を行うものであり、厳密に言えば「資金調達」の手法ではなく「仮想通貨の発行販売手法」となります。購入する側も、実際にはプロジェクトに投資をする「投資家」ではなく、「トークン購入者」となります。これらトークンは、仮想通貨取引所での取り扱いなどを通して一般に流通すると「仮想通貨」となります。

■「テックビューロ株式会社」について( Webサイト http://techbureau.jp/
テックビューロは、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。「mijin」と「Zaif」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

■「COMSA」について( Webサイト http://comsa.io/
「COMSA」は、トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

■「mijin」について( Webサイト http://mijin.io/
「mijin」は、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアです。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境が構築できる他、実質的なゼロダウンタイム環境を実現します。「mijin」は「NEM」のコア開発者がテックビューロに合流して開発した、金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで、幅広くご利用頂ける、「NEMプロトコル」を採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品です。

■「Zaif」について( Webサイト http://zaif.jp/
「Zaif」は、テックビューロが取り扱うビットコイン、暗号通貨関連サービスの総合ブランド名です。皆様の「財布’(財布ダッシュ)」、「第二の財布」となりたいという思いからそう名付けられました。取引所の他、定期積み立てサービスや決済サービスも提供しております。

※ 本文中の商品名は、テックビューロの商標または登録商標です。

PR:最初の分散型マルチタスクe-Chatメッセンジャー のpre-ICOの開始!


PR:最初の分散型マルチタスクe-Chatメッセンジャー のpre-ICOの開始!

10月16日、香港の新興企業、分散型のマルチタスクe-Chatメッセンジャーを開発し、プレICOの開始を発表しました!
現時点では、e-Chatは既に実用的なアプリケーションであり、30億人を超える人々の潜在的な視聴者です!市場はすでに多数のインスタントメッセンジャーを持っていますが、e-Chatはそれが本当にユニークな利点を持っています。
メッセンジャーの主な利点は次のとおりです。
・個人データ保護の分散システム。
・内蔵のマルチ通貨ウォレット。
・コンテンツとの相互作用の全く新しい経験
地方分権
現在、私たちは、州当局の要請により、メッセンジャーがどのデータを交換できるかどうかを判断することができます。また、そのようなデータの提供を拒否したとしても、ソーシャルネットワーク上のすべての通信とコンテンツは、特定の国の管理下にある物理的な記憶媒体(サーバー)に保存されているため、常に強制的に受信することができます。
地方分権化がこの問題の解決策である。開発者が言うように、e-Chatはそのユーザーのために独自の保護システムを提供しています。これを実現するために、IPFS、P2P、ブロックチェーンなどの技術を使用しました。 e-Chatは、国や大陸全体がインターネットから切り離されても、システムは引き続き機能するように設計されています。
* e-Chatネットワーク暗号化方式
マルチ通貨財布
われわれ全員が、暗号化市場が今年12億ドルから90億ドルまで7倍以上に増加した一方で、2017年のモバイル決済市場は780,000,000,000ドルに達し、現代のメッセンジャーとの関連性を示しています。 e-Chatのおかげで、友人との即座の取引、オンラインおよびオフラインサービスの支払い、内部メッセンジャーエコシステムのサービスへの支払いが可能になります。
クリプトリック
メッセンジャーが内蔵された暗号財布は、コンテンツとのやりとりを見直す機会を与えます。視聴者から直接資金を受け取る機会を得て、ブロガーはスポンサーシップのコンテンツを作る必要がなくなり、視聴者は見た目だけでなく有用なものを作ることができます。


開発者は、6ヶ月で1日あたり1,000,000件のインストールと100,000,000件のメッセージに達すると主張しています。
これにより、ECHTトークンの価格が大幅に上昇するはずです。

ICO前期間中、トークン価格は0.7のレベルに設定されています。 11月15日までこの割引を利用して急いでください!
プロジェクトの詳細については、
公式ウェブサイト(https://ico.echat.io)をご覧ください。

Unit 25A,

Wing Hing Commercial Building,
139 Wing Lok Street,
Sheung Wan, Hong Kong
+8(528)009-06441 – 香港
https://ico.echat.io

 

※注意※
このリリースは広告です。ここに書いてある内容に限らず、ICOに関しての投資責任等は当HPは負いません。内容に関する質問等は直接ICOの発行会社に問い合わせしていただくようよろしくお願いします。
またICOに参加する際は必ずこちらをお読みいただいた上で寄付等の判断をよろしくお願いいたします。

ICOについて

 

EchatICOページはこちら

 

テックビューロは、提供する総合ICOソリューション「COMSA」国内初で最大の100億円を超えた事を発表


テックビューロは、提供する総合ICOソリューション「COMSA」の第一弾として実施した自社のトークンセールにおいて、開始から25日後の10月27日付けでその売上が国内初で最大の100億円を超えた事を発表します。

報道関係者各位

 

テックビューログループ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、提供する総合ICOソリューション「COMSA」の第一弾として実施した自社のトークンセールにおいて、開始から25日後の10月27日付けでその売上が国内初で最大の100億円を超えた事を発表します。

「COMSA」は、日本発の総合ICOソリューションとして、国内のみならず、海外からも多くの注目を集めており、10月26日には以下を記録しています。

・ COMSA ICOダッシュボード登録者:220,000人以上
・ COMSA ホワイトペーパー ダウンロード数:130,000件以上
・ COMSA 動画の閲覧数:20,000回以上
・ COMSA Telegram コミュニティメンバー:10,000人以上

日本発のICO総合ソリューション
2017年9月9日から21日まで実施したプレセール期間と併せ、10月2日から開始したトークンセールは11月6日まで開催しており、26日目の10月27日に87,681,549USドル(10月27日時点のドル円換算ベースで100億円)の売上を突破いたしました。

テックビューロ 代表取締役 朝山は以下のようにコメントしています。

「世界に先駆けて仮想通貨交換業者の登録制など先進的な法整備が進む日本において、COMSAが世界でも有数のICOプロジェクトとなれたことは、国内における仮想通貨市場のさらなる成長を占う上での重要な試金石となるばかりか、日本がこの分野で世界をリードする可能性を指し示せたことと思われます。

弊社は仮想通貨やトークンの取引所『Zaif』、発行するトークンの企業内勘定を扱うプライベート・ブロックチェーン『mijin』、これらが実利用で稼働しているからこそ信頼性あるICOプラットフォームとして提供できる『COMSA』の3つが揃っているからこそ、国内外から注目と信頼が寄せられるICOを実施できたと自負しております。これからもICO協議会と共に、日本を発信地としてこの分野の発展に貢献していきたいと考えています。」

今後の展開
「COMSA」が自社ICOとして「CMS」トークンを販売するトークンセールは、2017年11月6日まで実施されます。本トークンセールの売上は、COMSAプラットフォームの開発や関連サービスの拡充、テックビューログループの経営体制の強化など、事業の推進と発展の為に使用されます。

■ ICOとは
ICOとは「Initial Coin Offering」の略であり、電子トークンを発行して売り出すことによって資金を調達するための手法を指します。しかし、実質的には株式などのエクイティを譲渡するのではなく、購入型のクラウドファンディングと同様に単にトークン販売を行うものであり、厳密に言えば「資金調達」の手法ではなく「仮想通貨の発行販売手法」となります。購入する側も、実際にはプロジェクトに投資をする「投資家」ではなく、「トークン購入者」となります。これらトークンは、仮想通貨取引所での取り扱いなどを通して一般に流通すると「仮想通貨」となります。

■「テックビューログループ」について( Webサイト http://techbureau.jp/ )
テックビューログループは日本、北米、欧州に拠点を置き、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。ブロックチェーン製品「mijin」と仮想通貨取引所「Zaif」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービス、そして総合ICOソリューション「COMSA」を提供しております。

詳しくは以下URLをご覧ください。
Zaif 取引所について – https://zaif.jp/
mijinについて – http://mijin.io/ja/

■「COMSA」について( Webサイト http://comsa.io/
「COMSA」は、トークンの発行販売を用いた「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

※ 本文中の商品名は、テックビューロの商標または登録商標です。

 

COMSAICOページはこちら

PR:プロシュームエネルギー日本語ニュースリリース


ブロックチェーン技術によるエネルギー革命

プロシューム・エネルギーはピア・ツー・ピアによる分散型エネルギー・コミュニティを促進する、ブロックチェーン・ベースのプラットフォームを発表

エネルギーは相互接続全体の核である。プロシュームは、個人のエネルギー利用方法の選択によって、コミュニティ内に生まれる高効率エネルギーを目標とします。



プレセール:2017年9月27日オフィシャル・リリース
スイス・ツーク、2017年9月25日
ネットワーク・コミュニティーとソース・シェアの新方式を模索し、エネルギー・モデルを再考。」
エネルギー分野での長年の経験者やブロックチェーン・ソフトウェアの専門家により、クリプトバレーと呼ばれるスイス・ツークを本拠地にプロシューム・エネルギー (PROSUME Energy) が設立されました。
再生可能および化石資源からの電力交換が可能な革命的なプラットフォームを開発。
それは独立した電力生産者と消費者を直接結び付けるマルチテナント型エコシステムです。
プロシューム・エネルギーの基礎のなるのはエネルギーの分散化、デジタル化、脱炭素化という3つの要素。
ブロックチェーン技術とピアツーピア・エネルギー交換システムを利用して、分散化によるエネルギーコミュニティの強化という画期的な電力供給モデルの提案です。
この革命はこれまで一部で掌握されていたパワーを、多くの人に還元するものです。
ブロックチェーンはこの使命を達成するための完璧なツールであり、暗号技術を管理方法に取り入れることで、個人がエネルギー供給源を選択するうえで、クリアで安全な環境を提供できます。
その実現のために、プロシューム・エネルギーはデジタル暗号化とスマート契約を発行するための業界標準であるイーサリアム・プラットフォーム上にてトークン配布イベントを開始しています。利便性の面でイーサリアムはトークン・セールに最適といえます。
公正価格、供給バランス、スマート決済とスマート請求など、イーサリアムの高度な機能を活用したそのプラットフォームは、今日のエネルギー供給システムの問題点の多くを解決できます。
プレセール (Pre-ICO) は2017年9月27日に公開されます。

プレセール・ボーナス
1st:10000ETH 47%
2nd 10000 ETH 37%

メイン・トークンセール (ICO) は4週間を予定し、毎週異なるボーナス・レートが一定量用意されます。
またERC20トークン・インターフェイスを使用すると、イーサリアム・エコシステム既存のインフラストラクチャ互換の標準トークンを展開できます。
このプレセールはETH (イーサリアムethereum), BTC (ビットコインbitcoin)andLTC(ライトコインlitecoin)に対応します。
PEFトークンはオプトインの仕組みがあるため、将来的にアップグレード可能です。また、ICO終了まで譲渡はできません。
ICOプロセスを統一されたものにするために、ICO契約はPEFトークン5万の上限を設けており、複数取引が可能です。
共同設立者のアルフレッド・ジャルディーナは次のように述べています。「欧州各地のエネルギー企業数社がすでに、このプロジェクトに強い関心を寄せており、プロシュームは現在8つのパイロットプロジェクトを交渉中です。間もなく実施するプレICOは、この素晴らしい革命的な取り組みにあらゆる人が参加できる理想的な機会となります。エネルギー共有は、自身が力を得て、自立するための最良の方法だと信じています。」

Prosume Energy

公式WEB:https://prosume.io
Official Twitter:

ICO:prosumeエネルギーページ
※注意※
このリリースは広告です。ここに書いてある内容に限らず、ICOに関しての責任等は当HPは負いません。内容に関する質問等は直接ICOの運営会社に問い合わせしていただくようよろしくお願いします。
またICOに参加する際は必ずこちらをお読みいただいた上で投資、寄付等の判断をよろしくお願いいたします。
ICOについて

メタップスの時間取引所『タイムバンク』がテックビューロの『COMSA』でICOの実施を検討開始 


「メタップスの時間取引所『タイムバンク』がテックビューロの『COMSA』でICOの実施を検討開始 – 時間の概念をブロックチェーン技術でトークン化し更なる流動化の実現へ –」

株式会社メタップス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽、以下「メタップス」)は、時間を10秒単位で売買できる時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)が提供するICOソリューション「COMSA」を用いたICOを検討開始いたしました。早ければ年内、遅くとも来年夏までの実施を協議します。

タイムバンクのICO
メタップスはタイムバンクのサービス開始以来、数多くの専門家がその時間を販売し、時間の価値が新たな大きなマーケットを生み出す可能性を証明して参りました。今後は専門家の時間に限らず、物や施設などのあらゆる時間の価値の最大化を図っていく予定です。

タイムバンクのiOSアプリのURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id1253351424/

一方、2017年のICOによる世界の調達額が合計2,500億円を超え、トークンによる新たな経済圏を形成しています。その金額にばかり目が行きますが、ICOによるアセットのトークン化はその流動コストを大幅に下げるとともに、国境を問わずその利用圏を一気に世界に拡げる可能性を持っています。

今回は、世界から既に19万人以上の登録ユーザーを有するテックビューロのCOMSAソリューションを用いて、タイムバンクにてICOを実施することによって、時間の概念をブロックチェーン技術でトークン化することにより、更なる利用マーケットの拡大と時間の流動化を目指します。

タイムバンクで取り扱う全時間の平均価格と連動したトークンや、利用実績に応じて各種の手数料の割引が受けられるトークンなど、サービスの成長と連動して利用者の利便性を向上できるような機能を想定しています。

今後の展開
トークンの機能設計とホワイトペーパー作成を開始し、早ければ2017年内に遅くとも2018年夏を目処に具体的なICOの実施を検討いたします。

本件に関する詳細は、随時発表とさせていただきます。

■「株式会社メタップス」について( Webサイト http://www.metaps.com/

メタップスは、テクノロジーを活用してお金や経済の再発明を目指す企業です。FinTech戦略を重点投資領域として掲げており、「決済・通貨・融資・投資・保険・管理」の6分野での積極的な事業展開を進めています。

【会社概要】
会社名 : 株式会社メタップス(英文名 Metaps Inc.)
設立  : 2007年9月3日
所在地 : 東京都新宿区西新宿6丁目8番地1号
資本金 : 93億43百万円(資本準備金を含む)
事業内容: コンシューマ事業、ファイナンス事業、マーケティング事業

■「タイムバンク」について( Webサイト http://timebank.jp/

タイムバンクは、様々な「時間」を売買できるマーケットプレイスです。ユーザーは、専門家が販売する時間を購入、使用、売却、保有することができ、専門家は隙間時間を収益に変えることができます。タイムバンクは様々な空き時間を有効活用できる「時間市場」の創出を通して、人々の働き方や生き方を変えていくことをミッションとしています。

タイムバンクのiOSアプリのURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id1253351424/

■「テックビューロ株式会社」について( Webサイト http://techbureau.jp/

テックビューロは、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。「mijin」と「Zaif」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

【会社概要】
会社名 : テックビューロ株式会社(英文名 Tech Bureau, Corp.)
設立  : 2014年6月16日
所在地 : 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
資本金 : 24億31百万円(資本準備金を含む)
事業内容: 仮想通貨交換所、ブロックチェーン製品開発、ICOソリューション提供

■「COMSA」について( Webサイト http://comsa.io/

「COMSA」は、トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

【お問い合わせ先(報道機関窓口)】

株式会社メタップス 経営企画部  担当:杉崎 健史 E-mail:pr@metaps.com
テックビューロ株式会社 担当:藤田 TEL:06(6533)2230 / E-mail: pr@techbureau.jp

※ 本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

掲載元 https://comsa.io/ja/54131.html

PR:CAR taxiプレスリリース日本語版


CARTAXI
Call a taxi for your car cartxi.io
CarTaxiのICOはスタートします。プレセールの投資家にすでにボーナスが支払われました。

 

 

 

プレセールを計画通り上限3000ETHを期限内に集めたCarTaxiプロジェクトのICOは9月29日からスタートします。

プレセールでトークンを買った投資家にすでに最初のボーナス(配当金)が支払われました。CarTaxiは他のプロジェクトと違い、現実の経済セクターにおいて、急速に成長して順調に動く既存のビジネスです。ICOはEthereumという仮想通貨を使って行われます。初日に15%の割引が適用されます。

CarTaxiは、不具合・故障回収サービス自動化のための初めての物流プラットホームです。
一つのアプリケーションですべての不具合・故障自動回収サービス会社を集結させています。運転手にとってCarTaxiは自分の住んでいる町の道路でも、旅行中でも、救援を呼ぶのに便利で手っ取り早い方法です。
マスメディアではCarTaxiは不具合・故障自動回収のためのUBERと呼ばれています。その理由としては、UBERに似ているインターフェースが使われていることが挙げられます。
しかし、UBER化されたサービスとの違いは、プラットホームにブロックチェーン技術が導入されていることにあります。
Ethereumの開発者であるビタリック・ブテリン(Buterin Vitalik)によると、現実の経済セクターにおけるブロックチェーンのプロジェクトを過小評価してはいけません。CarTaxiは現実の経済セクターにおいてのICOに参加する主なプロジェクトの一つです。

まず第一に、仮想通貨の投資家にとってCarTaxiは受動的収入源になります。会社の計画に基づき、利益の25%はトークンホルダーに対しての配当金に割り振られ、他の25%は、トークンの市場価格の増加を目的とした取引所からのCTXトークンの再購入に当てられます。
CarTaxiの証券アナリストの予測では、取引所での公開後の初めての月に会社のトークンの成長は最小限2倍で、2021年には30倍になります。
予測される成長の主な要因は、ビジネスの利用と成長及び適時に行われる配当金の支払い並びに、計画的なトークンの再購入です。上記の利益に加えてICO後CTX トークンによってプラットホームのサービス料金を払うこともできます。
ICOで集めた投資をCarTaxiはサービスの規模拡大のためにアメリカと中国の市場にあてます。
世界規模で行われる自動車市場の予測と、お客やパートナーにCarTaxiのアプリケーションの人気が高まっているということは、CarTaxiは市場にとって有望で需要のあるプロジェクトであることを証明しています。
プロジェクトがスタートする地域では利用できる都市の数は40で、毎週増えています。CarTaxiのアナリストのデータによると、世界の自動車市場の規模は2017年にわたって3%以上増えて、その後も増え続けます。
自動車社会は、不具合・故障自動回収サービスの高まる需要も招いた主な要素です。

CarTaxiプロジェクトのCEOであるタラス・セメノフ(Taras Semenov)によると、

「ICOは成長している活発なビジネスのための投資勧誘の効率的かつ革新的な方法です。しかし、大きな可能性を与えるどんな新しい現象でもポジティブとネガティブな応用例が存在します。現在のICO市場は空想の約束によって投資を勧誘させて、結局トークンホルダーにとって無駄に終わる詐欺プロジェクトで満ち溢れています。なので、我々の現在の目的は、CarTaxiは実際のインフラにおいて活動し、すでにボーナスを支払える実際の利益をもたらしていることを投資家に伝えることです。我々はCarTaxiサービス規模をグローバルにすることでお客とパートナーにとってなるべく有益で万能なサービスに変えることを目指しています。UBERはタクシーの市場を変えたように、我々は成長している不具合・故障自動車回収サービスの市場を投資家と一緒に変えていきます。」

 

CarTaxiについて
CarTaxiは、すべての自動車牽引サービス会社を一つのオンライン・ネットワークにまとめたブロックチェーン技術をもとにしている分散型プラットホームです。
その仕組みによって、どんなとき、どんな場所でも、迅速で、安全に、効率的に、自動車を牽引できます。

2017年9月27日
プロジェクトの公式サイト:cartaxi.io
このプレスリリースに関するご質問などはこちらで承っております。
広報  アリナ・マナコワ(Alina Manakova)
Eメール:pr@cartaxi.io
電話番号:+7 911 823-18-06

CARTAXIのICOページはこちら

※注意※

このリリースは広告です。ここに書いてある内容、ICOに関しての責任等は当HPは関与しておりません。直接ICOの運営会社に問い合わせしていただくようよろしくお願いします。

またICOに参加する際は必ずこちらをお読みいただいた上で投資、寄付等の判断をよろしくお願いいたします。

ICOについて

Dragon Chainアーキテクチャ日本語訳(ゴリラ翻訳)ディズニーとの関係性はいかに?


どうもゴリラです。

今回はディズニーで開発されたと言われているドラゴンチェーンのアーキテクチャドキュメントを日本語にゴリラ翻訳してみましたので公開しようと思います。

※注意点

このテキストはゴリラ翻訳でしておりその内容は英語の公式ドキュメントとは大きな違いがある場合があります。その場合は公式ドキュメントを参照してください。またゴリラ翻訳していますので専門的な用語やローカルの独特な言い回しには対応しきれておりません。

またこの原本のドキュメントもホワイトペーパーではありません。

ドラゴンチェーンの設計部分を説明しております。


ドラゴンチェーンアーキテクチャ

このドキュメントの目的は、実際のビジネスアプリケーションの統合を容易にするブロックチェーンプラットフォームのアーキテクチャと設計を概説し、伝えることです。
著者の意見では、ブロックチェーンの統合を簡素化する必要性が高まっています。
ブロックチェーンの実装に対する分散化された単一のアプローチは、情報を保護し、ビジネスプロセスを制御するための実際のビジネスニーズと時には矛盾します。
このドキュメントでは、列挙されたブロックチェーンアーキテクチャ要素の実装を成功に導くための例を提供しています。

目標

1.既存のシステムの統合の容易さ
2.ブロックチェーンに慣れていない伝統的なエンジニアやコーダーの開発が容易
システム、および暗号
3.クライアント・サーバー・スタイルとビジネス統合のための簡単なRESTful統合ポイント
4.シンプルなアーキテクチャー(予期しないアプリケーションに柔軟に対応可能)
5.デフォルトでビジネスデータを保護する
6.ビジネスに焦点を当てたプロセスの制御を可能にする
7.固定長期間ブロック
8.ショート/ファストブロック
9.通貨に依存しないブロックチェーン(複数通貨サポート)
10.基本通貨なし
11.他のブロックチェーンとの相互運用性
12.利用可能になった標準の採用については、W3C Blockchain Community Group
ブロックチェーンの標準化とディズニーブロックチェーンの標準化に関する注意

要素

証拠の要約
Bitcoinや他の大部分の暗号化通信では、「信頼できない」システムのコンセンサスの基礎として、「実証実験」(PoW)アルゴリズムの使用が目撃されています。
このアーキテクチャでは、「証明」は抽象化され、特定のブロックチェーンに対して1つ以上の方法で実装されます。
いくつかの用途では、例えば、完全にプライベートなブロックチェーンシステムにおいて、信頼ベースのシステムを使用することを望む場合がある。
また、Proof of Workに加えて、攻撃に対して追加のセキュリティを追加するために信頼が適用されることが確認されているハイブリッドプルーフ構成の価値があります(潜在的な攻撃者は秘密鍵のセットを妥協または獲得する必要はなく、設定された証明を実行して所定のブロックチェーンを再構成する計算を実行します。

実証済みの実装:
1.信頼(デフォルト)
2.仕事の証明(PoW)
3.ステークの証拠(PoS)
4.まだ決定されている他のアルゴリズム

そのような抽象化が与えられれば、ユーザーはビジネスニーズに合わせて1つ以上の同時プルーフを構成することができますが、システム開発者はブロックチェーン技術の進歩に伴って新しいプルーフ実装を構築できます。

1つまたは複数のプルーフ実装をブロックにまたがって固定長ブロック構造の場合でもPoWを実行することができます(この記事の他の部分ではブロック構造の説明を参照してください)。
たとえば、通常のセキュリティより高いセキュリティを必要とする特定のユースケースがあるとします。
Trustがデフォルトで実装されていると仮定した場合、
信頼できない検証の量を増やすために、私たちはブロックチェーン上にいくつかのレベルの作業証明書を設定したいと思うかもしれません。
設定された難易度に応じて、PoWアルゴリズムの性質を考慮すると、すべてのブロックに対してPoWソリューションが表示されない場合があります。いくつかのブロックはPoWを持たず、PoW応答は時々しか現れない。
そのような場合、2つ以上のレベルのPoWを構成することが合理的であり得る。
難易度の高い証明は約20分ごとに表示され、難易度の低い証明は約2秒ごとに表示されるように調整できます。
同じ方法で、PoSのような他の証明が単一のチェーン内で同時に適用されてもよい。
興味深い哲学的ポイントは、そのような証明が、ブロック報酬のための他の鉱夫との競争ではなく、将来の攻撃者との競争で使用される可能性があることです。

存在のチェックと証拠
証明の抽象化におけるもう一つの要素は、他の(公的な)ブロックチェーンにチェックポインティングすることによってハイブリッド化する能力です。
これは、パブリックまたはプライベートのブロックチェーン間の第1レベルまたは単純な相互運用性として見ることができます。
特定の潜在的な価値のうち、公的なブロックチェーンの属性を測定することによってリスクを確かめる能力があります。
つまり、BitcoinなどのPoWを使用するパブリックブロックチェーンに接続すると、システムはチェックポイント以降に適用されたハッシュパワーの量を見積り、その計算能力を使用したドルに外挿することさえできます。
これにより、どのくらいの計算能力が必要になるかを示すリスクユニットが開発される可能性があります
(例えば、高い価値のある取引)を偽造しようとした場合の成功率を計算するために、そのコスト(およびその費用はいくらか)を計算する。
同じように、PoSに基づいてパブリックブロックチェーンにチェックポイントを割り当てることで、システムは問題のトランザクションを偽造するために保持する必要のある資産の量を測定できます(犠牲になる可能性があります)。
詳細については、下のレベル5検証の説明を参照してください。

トランザクションの定義

トランザクションは、すべてのイベントまたはデータ転送がブロックチェーンプラットフォーム内で記録される基礎となります。
システムは、柔軟で拡張可能な標準化されたトランザクション構造を定義する必要があります。
実装のオプション:
標準化された構造のJSON
JWT(JSON Webトークン)
他のコード化された構造(複数の言語のライブラリをサポート)

ヘッダ
トランザクションのシステムまたはネットワークで定義された標準標準メタデータフィールドが含まれます。
フィールドの例:
Transaction ID
Transaction type
Transaction class
Create timestamp
Transaction timestamp
Origin ID
Business organization and/or organization taxonomy
Actor
Entity

ペイロード
ビジネスレベルで定義され、レベル1の承認コード内で実装または管理される任意の構造およびコンテンツ。
ペイロード内のあるレベルの構造(例えば、フィールドおよび構造)は、ネットワーク全体のテンプレートとして実装され、オプションのトランザクションクラスヘッダフィールドに基づいて利用および注記される。
これにより、ノードは、エンタープライズレベルまたはネットワークレベルで定義されたいくつかの必要な動作を実装し、通貨などの機能を単純化することができます。
トランザクションクラスの例は以下を参照してください。

シグニチャ
トランザクションの部分で、署名の発行元(つまり、改ざんされていること)が原因でソースが証明され、トランザクションの内容が変更されないようにするための暗号署名を保持する部分。
トランザクションソース(例えば、クライアントまたは第三者システム)からのトランザクション内の署名は、暗号化されていないか、ブロックチェーンプラットフォームを認識していないクライアントである必要がありません。
あるいは、クライアントシステムは、例えば、トランザクション提出の前に複数パーティ署名のプロセスを呼び出すことができる。
いずれにしても、ブロックチェーンプラットフォームノードのTransaction Serviceコンポーネントは、(設定されたキーペアを使用して)処理のために受け入れるすべての受信トランザクションに暗号で署名する必要があります。

知覚される要件
構造は、複数のパーティーとネストされた署名を可能にするべきです
署名は、署名自体が改ざんされないように、署名構造自体内のすべてのフィールドをハッシュと署名から除外する必要があります
構造は、検証レコード(ブロック検証)の署名プロセスで再利用されるべきである

クラス
可能なトランザクションクラスの例をいくつか示します。
デフォルト(カスタムレベル1ビジネスペイロード構造)
通貨
プロビジョニング
ネットワーク通信
マーケットプレイス取引
情報の相互運用性(外部ブロックチェーン通貨または情報ペイロード)

ブロック定義

ブロック定義には複数の実装が含まれることがありますが、共通要素が多かれ少なかれ
以下を含む:
ブロックID
タイムスタンプ
トランザクション
前ブロックのハッシュ
証明(例えば、PoW、PoS)アーティファクト
署名
ブロック期間
検証属性

しばしば考慮されないブロック定義設計の興味深い部分は、ブロックがいつ形成されるかという問題です。
Bitcoinまたは他のPoWシステムでは、PoWアルゴリズムが解かれたときにブロックが形成される
現在のネットワークの難しさのために。
これは、30秒または30分後に発生する可能性があります。
それは可変でランダムであるが、ネットワークは平均ブロック時間を10分に調整するために難易度を調整しようとする。

トラストベースのシステムでは、可変時間ベースのブロックを維持する必要は絶対にありません。
実世界の多くのシステムでは、Bitcoinが平均ブロック時間を固定または高速にすることはできません。
このアーキテクチャでは、より適切なブロック時間を望むかもしれません。
固定時間(秒)(例えば、5秒)。
このような高速で固定されたブロック時間の定義は、コンセンサスの問題につながります。つまり、ネットワーク全体が5秒ごとにどのようにコンセンサスになるのでしょうか?
コンテキストベースの検証と「ブロックチェーンのブロックチェーン」(後述)の概念を使用すると、
個々のビジネスユーザーが管理するリスクでシステムは徐々にコンセンサスになります。

検証および合意

ここでは、ブロックチェーンの議論に「コンテキストベースの検証」という概念を導入します。
明らかにするには、Bitcoinや他の既存のブロックチェーン実装を検討してください。
それらは主に、時間の経過とともにブロックを組み立て、どのブロックおよびどの共通の合意された真実であるかについて合意に達するために、セットプルーフアルゴリズム(例えば、PoW)を使用する。

Dragonchainでは、コンテキストベースの承認を得て、そのデザインに別の次元を追加します。
最初のレベルは純粋なビジネスコンテキストで達成されます。つまり、ビジネスロジックを実装してトランザクション承認とシステムロジックを実装し、これらのトランザクションを連鎖するブロックに配置します。
これらのブロックには、PoW、PoS、または信頼などの統合された抽象的な証明があります。
この第1レベルの検証は、他のブロックチェーンと同様に考えることができます。
それは、他の検証コンテキストが追加されて、信頼ベースのシステムでさえも付加価値が見られるときです。
所与のノードは、理想的には、後述する1つまたは複数の検証フェーズをサポートまたは実行する構成を可能にするべきである。

レベル1 – ビジネス(承認)検証
承認機能は、ビジネスインテグレータによって実装および設定されます。
これは「現実世界」価値の統合のための配置です。組織またはブロックチェーンのプラットフォームユーザーによって定義されたビジネスロジックは、ブロックチェーンノードによって実行されるように構成されています。
また、トランザクションペイロードがビジネスによって必要なものであると定義されている場所もここにあります。
トランザクションは整理され、承認または拒否を決定する提供されたビジネスロジックに渡されます。
承認された取引は、「検証記録」と総称される「ブロック」にまとめられる。
各トランザクションのペイロードフィールドは、実際のビジネスデータの配信の制御を維持するために、最終ブロックを組み立てる前または後に取り除くことができる。
つまり、ビジネス・ペイロード・データはコンセンサス・プロセスの一環として提供されず、ビジネス所有者が別のノードにデータを明示的にプッシュしない限り(たとえば、バックアップ/ DRの場合)、データはレベル1ノード上にローカルに残ります。承認されたノードは、サブスクリプションフィードを介してデータをプルする。

レベル2 – エンタープライズ(検証)検証
このコンテキストは、エンタープライズまたはネットワーク全体で定義され、フォーム、署名、および必要なデータ要素でブロックおよび個々のトランザクションの有効性をチェックします。
検証済みの要素:
1.ブロック(検証記録)の構築と署名
2.個々の取引の署名
3.個々のトランザクションヘッダー要素(必要なすべてのヘッダーフィールドが存在する)
レベル2ノードは、次の内容を含む新しい検証レコードをアセンブルします。
1.有効なトランザクションのリストと無効なトランザクションのリスト。この方法で、個々のトランザクションの有効性に投票します。
2.同じ原点(レベル1)ノードに対してこのノードによって作成された以前のレベル2レコードのハッシュ(したがって、レベル2ブロックチェーンを作成する)
3.検証されたレベル1ブロックのハッシュ(したがって、ブロックチェーンに第2の次元を提供する)
ノード所有者識別情報
5.ノードの配置場所(データセンター)
ノードキー管理権限情報

レベル3 – ネットワークの多様性の検証
エンタープライズ全体で定義されたレベル3ノードは、検証(レベル2)検証の多様性を検証します。つまり、レベル3ノードは次の基準をチェックします。
レベル2検証記録の数が受信された
2.これらのレコードは、ユニークな事業単位(設定可能な数)から来たものであること
3.これらのレコードは、固有の展開場所(構成可能な数)から来たものであること
4。
これらのレコードは、固有の鍵管理機関の(構成可能なカウントから)得られたものであること。この検証コンテキストは、トランザクションの検証が十分に多様な分散ソースのセットから行われることを保証する。
また、ネットワーク効果の制御と測定を提供し、既存のデータを改ざんするために複数のシステム、企業、およびデータセンターを攻撃する攻撃者が必要となるため、分散セキュリティを提供します。
レベル3ノードは、以下を含む新しい検証レコードをアセンブルする。
1.基準の残りが満たされている(例えば、レベル2検証レコード数、ビジネスユニットのセット、データセンターのセット)。
2.同じ原点(レベル1)ノードに対してこのノードによって作成された以前のレベル3レコードのハッシュ(したがって、レベル3ブロックチェーンを作成する)
3.基準に合格したレベル2検証レコードのハッシュ
(したがって、第2の次元をブロックチェーンに提供する)

レベル4 – 外部パートナー(公証)検証
定義されたネットワークワイド(エンタープライズ+)では、レベル4ノードがコンセンサスプロセスに公証機能を提供します。
外部パートナーが主催するレベル4ノードは、受け取ったレベル3の検証レコードに暗号で署名します。
この機能により、レベル4ノードはレベル3検証に対する独立した証人として機能することができます。

レベル5 – 公衆チェックポイント
レベル5ノードは、1つまたは複数のパブリックブロックチェーンにブリッジを提供し、クライアントが相互作用できるようにします
(Bitcoin、Ethereum、Litecoinなど)を使用して
これが提供する重要な機能は、チェックポイントを設定すること、またはパブリックブロックチェーン上に「存在の証明」のアーティファクトのハッシュを配置することです。
チェックポイント操作の場合、レベル5ノードはトランザクション、任意のレベルのブロック検証、任意の文字列、または任意のハッシュを受け入れます。
引数はハッシュされ、このハッシュはパブリックブロックチェーンに置かれたトランザクションに追加されます。
このハッシュの存在は、パブリックブロックチェーンデータを使用して、アーティファクトが存在し、特定の状態にあることを証明するために使用できます。
組織は、この証明を使用して、その時間以降に消費されたハッシュパワーの見積もりまたは計算に基づいてリスクを測定し、軽減することができます(作業ブロックチェイン証明の場合)。
たとえば、Bitcoinブロックチェーン上にできるだけ早く配置するために、レベル2のノードに200万ドルのトランザクションを渡すことができます。そして、ある時点で、当事者はその情報をソースとして使用してハッシュパワーの量を測定します攻撃者が特定の割合のグローバルハッシュパワーを与えられたBitcoinブロックを偽造する確率を計算し、そのハッシュパワーを消費するためのコストを推定または推定します(ハードウェアおよび/または通貨の犠牲ネットワークが崩壊したため)。
このプロセスの結果、ビジネスにとって満足のいくリスク評価が得られれば、取引を信頼して受け入れることができます。
パブリックブリッジ機能のもう1つの重要な側面は、プライベート側とパブリック側の間でアセットを追跡する機能です。
つまり、Bitcoinアドレスを使用するために内部通貨が実装されているとします(
このドキュメントの他の箇所の通貨セクションを参照)、パブリックAPIまたはサービスを使用してBitcoin上でトークンを発行することができ、このトークンはプライベートブロックチェーンとBitcoinパブリックブロックチェーンの両方に存在する可能性があります。
キーまたはウォレットの所有者は、公開または非公開のブロックチェーン相互作用を使用してトークンまたはアセットを転送できます。
レベル5ノードを使用して、ブロックチェーン間でこのアセットを追跡することができます。
彼らはお互いに同期しているようにしてください。

レベルX – 固有コンテキスト検証
企業、エンタープライズ、またはネットワーク全体がカスタム検証コンテキストを定義し、ビジネスニーズを満たすためにそれを実行できるようにする必要があります。
ノードは、以下の方法でトリガされる任意の検証コンテキストを実行するように構成することができる。
別のノードからのブロードキャストの受信によって(順次または非順次のフェーズにおいて)
時限または周期的なトリガ(例えば、cron)によって、
3.オブザーバーパターンによる通知

このアーキテクチャは、「ブロックチェーンのブロックチェーン」として最もよく理解できます。
つまり、ビジネス承認機能ノード(下記レベル1を参照)は、1次元レベルの標準的なブロックチェーンとして機能します。
しかし、各ビジネス上の懸念事項には、通常、この作業を行う独自のノードがあり、それぞれに独自のブロックチェーンがあります。
これらのブロック鎖が合体してコンセンサスが達成される場所です。

通貨

このアーキテクチャは複数通貨対応でなければなりません。
すなわち、一般に、通貨ユースケースが定義されている場合、ノードは通貨を定義し、その使用をサポートすることができる。
ネットワーク上で複数の通貨が同時に使用されている可能性があります。
つまり、このアーキテクチャでは、「基本」通貨、またはシステム自体が稼働する通貨を定義するべきではありません。
このようなユースケースが発生した場合(実際に、ノードが検証のためにお金を支払う可能性がある通貨の可用性において価値を見出す可能性が非常に高い)、このアーキテクチャの哲学は、ノードを作成し維持するように構成する必要があります通貨。
これにより、プラットフォームの開発の早期段階でそれを定義しようとする試みよりも、マーケットプレイスのより柔軟な開発が可能になります。
このアーキテクチャの実装では、展開を容易にするために、1つ以上のテンプレート化または構成可能な通貨が提供されるはずです。
そのような実装は、採掘またはミントアルゴリズム、アドレス指定、ウォレット管理などを定義することができる。
さらに、実験やカスタマイズのためにできるだけユーザーが拡張する必要があります。

通貨モデリング
このアーキテクチャにより、ユーザーは通貨をモデル化し、設計の後半で収益を得ることができます。
ブロックチェーン上の多くのソースからの情報を配置し、時間の経過とともにその使用状況を監視し、ビジネスおよび顧客の優先順位に基づいて価値を判断することが可能です。
現時点では、資産や活動を収益化することができ、ビジネスの従業員、チーム、または顧客にインセンティブを与える鉱業または造幣アルゴリズムを開発することができます。
この定量化、収益化、インセンティブ化のプロセスは、無限の調整の1つであるかもしれませんが、透明な経済システムを提供します。
このフレームワークでは、データプロバイダが、通常、トップダウンを必要とするようなデータを表示しないプロジェクトに、研究データ、レポート、その他の情報を即時かつ早期にアクセスできるような組織で、機動性を提供する可能性があります高いコストとリスクで組織の承認を得ることができます。
そのようなデータの使用を追跡し、その価値を決定し、直接的な収益化とボトムアップの資金調達メカニズムにつなげることができます。

ビットコイン・アドレッシング
基本的な実装では、今後増加する外部Bitcoinエコシステムを活用するために、Bitcoinのアドレッシングと暗号化を利用することが予想されます(少なくとも近い将来)。
例えば、Bitcoin暗号を民間通貨で使用すると、内部使用のためにハードウェア署名ウォレット(例えば、KeepKey、Trezor、Ledger)を透過的に使用することができる。
もう1つの例はトークン化の例であり、内部ブロックチェーン(CounterpartyまたはTokenlyなど)で使用するBitcoinトークン化プロバイダテクノロジを直接統合することができます。

相互運用性
トランザクションクラスヘッダーフィールドを使用すると、外部の暗号化トランザクションをラップすることができます
プライベートなブロックチェーントランザクション内で実行されます。

スマート・コントラクト

ブロックチェーンに基づく「スマート契約」に関する多くの疑問が生じます…

完成度を上げる
このリストのトップはチューリング完全性です。 Bitcoinは意図的にチューリングが完了していません。
アプリケーションに必要な機能を提供するために必要なだけ複雑です。
Ethereumなどの一部のブロックチェーン実装では、チューリングが完了しています。
これにより、いくつかの非常に興味深いアプリケーションが可能になりますが、実装にはいくつかのリスクと困難が伴います。
特定の検証済みコンテナまたは仮想マシン内でスマートコントラクトを実行して、ノードが実行されているハードウェアまたはオペレーティングシステムに関係なく、確定的な結果を保証する必要があります。
スマートコントラクトの様々な態様は、失敗または予期しないまたは許可されていないアクションについて監視されなければならない(例えば、ループ)。

取引、アトミック、ロールバック
スマート・コントラクト・システムでは、あるレベルの制御または自動トランザクションおよびロールバック機能を提供して、トランザクション操作全体が正常に完了した場合にのみ所定のアクションが有効になるようにする必要があります。

ディストリビューション実行
スマート契約はどこで実行されていますか?それは分散(呼び出し)ノード上にありますか?

ドラゴンチェンスマートコントラクト
このアーキテクチャーは、レベル1のビジネス・ノードで構成またはデプロイされる「承認コンテキスト」コードの定義を要求します。
この承認コードはスマートな契約と見なすことができます。
デフォルトでは、このスマートコントラクトはそのレベル1のノードでのみ実行され、ビジネスオーナーの直接の管理下に置かれます。
これにより、スマートコントラクトを作成するための使い慣れたクライアント/サーバーインターフェイスが提供され、リスク評価が簡素化されます。
攻撃ベクトルは、より一般的であり、現代のエンジニアに知られている。
チューリングの完全性は、どのWebサービスプラットフォームと同様に提供されます。
スマートな契約はうまく配布され、プレイごとの支払い基準で実行される可能性があります。
この場合、上記のスマート契約のリスクの多くが当てはまりますが、当事者は組織内で信頼関係を結び、コードのプロビジョニングには必要な法的合意が含まれることが想定されます。
同様に、グループはITサポート事業としてスマート契約をホストし、チャージバック/支払いのためのさまざまな計画を提供することができます。
1:スマートコントラクトは、ノード上で以下の方法で使用することができる。
2:フォークされたコードベースでハードコードされる(システムに展開されたスマート契約コードで)
3:ブロックチェーンを介して配信されます(管理者はスマート契約、開始日などのマルチ署名トランザクションを送信します)

サブスクリプションデータフィード

コンセンサスプロセスでのブロードキャストに先立ってトランザクションのペイロードが削除されると、ノードはサブスクリプションデータフィードを介して必要に応じてビジネスデータを共有します。
これは、ノード・トランザクションのいくつかのサブセットが別のノードに連続的に供給されるプッシュまたはプル・メカニズムに相当します。
顧客にサービスするためにノードが別のノードのデータを自身のデータとマッシュアップする必要がある場合、そのノードはそのデータを所有する「起点ノード」からのアクセスを要求するように構成する。
この要求には、認証または認可情報が付属していてもよく、起点ノードは要求を承認または拒否できます。
また、要求ノードは、特定のトランザクションタイプのみ、ネットワーク上の一定レベルの検証を超えたトランザクション、または特定のアイデンティティのみを含むトランザクションなど、データフィードの基準を提供することもできる。
このようにして、要求側ノードは必要なデータだけのローカルキャッシュを持ち、データが変更されていないことを自信を持って顧客に返答することができます。未来。
起点ノードがそのデータを配布することを望む場合(すなわち、バックアップまたは災害復旧のために)、ノードは、そのようなサービスに対して支払いを行い、そのノードにデータを継続的にプッシュすることができる。
バックアップノードは、受信時および定期監査時にデータにエラーがないことを確認できます。

ネットワーク管理

ブロックチェーンネットワークシステムでは、プロビジョニング、発見、利用可能なノードや品質ノードのメンテナンスなど、多くの典型的な要素が必然的に存在します。
しかし、このアーキテクチャーは、ネットワークの構成とメンテナンスに関するいくつかの哲学的立場を取ります。
このアーキテクチャでは、ネットワークと通信の管理に関するすべての考慮事項は、個々のノードのコンテキストから行う必要があります。
接続すべきノードのような決定は、各ノードによって独立して行われる分散決定でなければならない。
エンタープライズ内のヒントや保証された使用可能なノードの開始リストの一元管理の仕組みがあるかもしれませんが、ネットワークの接続要件を集中化する試みは行われません。

データ配信
デフォルトでは、トランザクションペイロード(ビジネス)データは、起点(所有)ノードから離れず、ネットワーク全体に伝播する必要もありません。
コンセンサスおよびネットワーク通信の一環として、すべてのトランザクションペイロードは、ブロードキャストする前に削除されます。
起点ノードによって明示的に認可された場合にのみ、ペイロードと完全なトランザクションが許可されたノードにブロードキャストされる。

ノード発見
ノードの発見は、ピアツーピア要求を介して行われる必要があります。

ネットワークマーケットプレイス
重要:ノードが取引を照合する市場や通貨の概念は、システムインフラストラクチャではなく、ブロックチェーンネットワーク内のノード上のアドオン通貨の実装として実装する必要があります。
このように、アーキテクチャは柔軟性があり、新しいアイデアや予期しない要件に対応しています。

ノード品質評価
ノードは、接続されているか切断された個々のピアの品質を追跡して確認する必要があります。
現在接続されているピアと切断されているピアを別々に考えると、ノードは属性
といった:
接続の平均レイテンシ(定期的に評価)
署名成功率
再放送カウント
平均検証時間
配置場所(多様性基準のため)
所有者(多様性基準のため)
失敗した接続試行
最後の接続試行
コンテキストベースの検証のさらなるレベルを得る際のノードの成功
ノードは、接続ノードの定期的な評価を、切断されたノードよりも頻繁に行うべきであるが、合理的な範囲にわたって、ノードは、接続されたノードの大部分が利用不能になった場合にピア接続の優先順位を決定するために必要な情報を有するため、

確認の受け取り
より高いレベルの検証ノードへの検証レコードのブロードキャストは、成功または失敗を通知するレシートメッセージを提供し、成功した場合には、より高いレベルのノードによって署名された検証レコードを含むべきである。
この同じメカニズムは、起点ノードに到達するためにさらに線を通る必要があります。
それは設計上の考慮事項ですが、別のブロードキャストコールに対する非同期応答のようなものが、そのような機能を提供する適切なメカニズムである可能性があります。

実装オプション
カスタム(Apache Thriftなど)
RESTfulサービスコール
レプリケーションによる分散データベースフレームワーク

相互運用性と推奨規格

他のブロックチェーンシステムとの相互運用性の問題については、考慮すべき多くの手段があります。

チェック&ラッピング
チェックポイントを使用してトランザクションやその他のアーティファクトを接続することもできます
(上のレベル5 – パブリック・チェックポイントを参照)、またはDragonchainトランザクション内で外国トランザクションまたはアーティファクトをラップすることによって
(上記の外貨取引ヘッダを参照)。

SUBCONSENSUS
ビジネスは、検証プロセスのどのレベルでも、別のブロックチェーンを採用することを選択できます。
たとえば、分散型のレベル1承認の実装を提供するには、Bitcoinやその他の作業証明ベースのブロックチェーンを採用して、通貨取引のコンセンサスになることを選択できます。


いかがだったでしょうか?ブロックチェーンに詳しい方にとっては多少参考になると思います。

暗号通貨やブロックチェーンは聞き慣れない言葉や頭が痛くなることが多いですが暗号通貨歴の長い方はブロックチェーンを深く学習しホワイトペーパーや独自の判断材料を元に投資を行い成功を収めています。

日本ではいかんせんインフルエンサーの影響力が強く中身を判断せずに盲目的に参加する方が多いようですが中身を確認しインフルエンサーに惑わされないように投資判断を行なってください。

またドラゴンチェーンの公式?ツイッターには

Opinions are of the author and do not reflect the position of the Walt Disney Company.

意見は著者のものであり、ウォルト・ディズニー・カンパニーの地位を反映していません。

と書いてあります。ウォルトディズニーとどこまでの関係性があるのか紐解いて行く必要はありそうです。

ちなみにディズニーが行なっているオープンソースプロジェクトはこちらです。

 →https://disney.github.io/

(こちらでもちゃんとドラゴンチェーンは掲載されております。)

 →DragonChainICO情報はこちら