ICOマーケットウォッチ:Pavocoin AG 最高幹部、8月9日のドバイブロックチェーンサミットのためにアラブ首長国連邦入り


 Pavocoin AGの最高幹部は、地元農家の知恵と最新のブロックチェーン技術、機械学習、IoT技術を融合させた、彼らの画期的な技術を紹介するために世界各地を訪問しています。最近、幹部メンバーはトルコ、マレーシア、日本などを訪れ、今週は、2018年8月9日に開催されるドバイ国際ブロックチェーンサミットに参加するためアラブ首長国連邦(UAE)に向かいました。このサミットには5000人の参加者が集まり、18か国からスピーカーと企業が出席します。 スイスと米国カリフォルニア州に事務所を持つPavocoin AGは、農家の収穫高、品質、収益を向上させるSaaSプラットフォームを、世界中のブロックチェーン愛好家に紹介するためサミットに向かいました。そのソリューションは、農作業の合理化と最適化を望む世界中の農家や耕作者を対象としています。プラットフォームでは、植え付けや農薬散布の記録から出荷条件や配送に至るまで、すべての耕作作業の遠隔レコーディング、リアルタイムでのレポート作成、分析が可能です。また、耕作地の状態をリアルタイムで追跡・分析するために、IoTやAI技術も採用しています。アプリはモバイルベースでもウェブベースでも利用可能なため、耕作者は世界中どこにいても必要に応じて調整が可能です。このシステムに使用されているブロックチェーンコンポーネントは、安全な取引と支払いを可能にし、スマートコントラクト、キャッシュレス取引をサポートし、産地の確認や食品トレーサビリティ機能を提供することで、食品供給チェーンの管理の改善に貢献します。

 同社は、米国やトルコなど世界中の農場や果樹園でプラットフォームの試行を行っており、現在検討中のその他の管轄区域のプロジェクトについても近日発表されます。先ごろ、異常気象が20億ドルのヘーゼルナッツ産業に壊滅的な打撃を与えたトルコで、この基盤技術は性能を実証しました。それ以来、Pavocoinは、種子を育て収穫して配達するまでの農業と栽培プロセスのすべてのステップを分析するシステムを開発しました。

 ドバイは、一見して明らかな農業中心国ではないかもしれませんが、食糧の安全性を最優先に考えるアラブ首長国連邦政府は、国内の農業の開発を促進するためのイノベーションを支援しています。政府は、地元農業の収穫高を向上させるために、水耕栽培を含む土壌を使用しない栽培方法など、革新的な技術を調査しています。地元の農家は栽培期間が短いことや脱塩灌漑という限られた農業用水の供給に悩んでおり、専門家は、Pavocoinのようなスマートテクノロジーこそが、同国の農家が自国の市場の需要を満たすための鍵となると認識しています。カリフォルニアとトルコでの潅漑規制におけるPavocoinの豊富な経験は、水資源が限られた現代の農家の需要に対し独自の洞察を与えます。Pavocoinアプリは、耕作者による散水のタイミングや水の使用量、個々の作物の状態の最適化を可能にします。

 アラブ首長国連邦は農産物の85%以上を輸入に頼っていますが、政府は持続可能な自給自足の農業を目指す15年計画を実施しています。ただしこの計画には、ナミビア、南アフリカ、スーダンなどの地域への農業投資のような、いわゆるオフショアイニシアチブも含まれます。アラブ首長国連邦の消費者にとってのもう一つの重要な課題は有機農業ですが、国内ではわずか15%しか栽培されていないため、農作物の栽培状況を追跡することは困難です。リモート管理機能が備わるPavocoinのプラットフォームは、複数の管轄区域で作物を管理している耕作者にとって特に優れた効果を発揮します。また、ソリューションのブロックチェーンの側面が、調達プロセスの完全な透明化を実現させ、世界各地で収穫される作物を、その価値とブランド名を損うことなく管理することが可能になります。この地域は、農業目標の達成に挑戦しています。Pavocoinチームは、彼らの技術がこの目標達成を助ける独自のソリューションであることの実証を目指します。

 現在、Pavocoinはパブリックプレセールの第二フェーズ(2018年9月12日まで)にあります。最小購入額である 2501 PAVO トークンの購入者には、33%のボーナスが付与されます。プロジェクトのメインセールは、9月13日に開始され、購入額に関わらず購入者すべてに25%のボーナスが付与されます。このパブリックセールは、10月22日まで行われ、ボーナス額は段階的に減額されます。

 Pavocoinについての詳細は、pavocoin.comをご覧ください。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:患者中心の治療が命を守る


患者、家族、コミュニティを繋ぐテクノロジーによる救命率の向上

 多くの国々の医療従事者は、複雑で効率が悪くストレスのかかる環境下で長時間患者のケアにあたっています。最優先事項である患者のニーズに応えようとする彼らの努力は、多くの場合これらのプレッシャーによって潰されます。

 治療を合理化し、コストを削減し、患者自身とその家族がよりよい治療を受けられるよう患者に権限を持たせ、医療現場を変革するための革新的なデジタル技術が、多くの企業によって開発されています。医療サービスを効果的に改革するためには、国民保健サービス全体に導入可能なイノベーションが不可欠です。これらの画期的な技術は、患者や医療従事者が国内、海外を問わずどこからでも、リアルタイムで自分や患者の健康状態を監視することができるため、患者の権限の向上に大きく貢献します。

Curaizon は、英国を拠点とする医療技術会社で、処方された薬を服用しない患者の問題に取り組むために服薬アドヒアランス技術を開発しました。

 患者が薬を指定されたように服用しない理由は、単に忘れただけというものから、副作用や薬効、または薬効欠如など、より複雑ものまで様々です。

 Curaizonの技術は、薬の服用時間が近づくと患者やその介護者にそれを通知し、 医師とその他の医療従事者には、処方された薬品に関する問題を警告することで、これらのあらゆる側面に対処します。

 治療の観点から、医師は自分の治療計画を見直して、より効果的な薬、または副作用の少ない薬を患者に投与することができます。

 また、患者のためには即効性があり副作用が少なく、国民保健サービスにとっては低コストとなる、より効果的な治療法を開発するために、製薬会社が患者のデータを使用することも可能です。製薬会社、学者、研究者がこのデータにアクセスする唯一の方法は、 Curaizonのイニシャル コイン オファリング (ICO) に参加して、CuraToken (CTKN)を購入することです。

 現在、世界の服薬非アドヒアランス率は50%に達し、年間約7000億ドルの経費損失となっています。より質の高い効果的な治療を患者に提供するためには、服薬アドヒアランス率の向上が国民保健サービスの優先事項であることを、この統計は明確に示しています。治療プロセスに関与し、最適なケアが可能なCuraizonの技術を利用することにより、患者は、個々の病状、ニーズ、希望、状況に沿った適切なケアを医療サービスから受けることが可能になります。

 Curaizonは、ブロックチェーンを使ってその技術を提供し、救命に貢献します。強化・標準化されたデータ分析ツールは、予測医学、患者関係管理、保健管理、特定の治療法の有効性評価などの分野で有効です。また、データの量が増えるにつれ、健康科学の観点から、疾病の性質の正確な把握と各患者に合わせた確実な治療法の開発が可能になります。このような新しい技術の使用は、予防的な健康対策と患者中心のケアをより重視したものとなるでしょう。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:Chipotle、食糧サプライチェーン、そしてLaneAxis


Chipotle、食糧サプライチェーン、そしてLaneAxis

 あなたやご家族が食べる食品は、安全なものがいいですか?もちろん、その答えは明らかですが、食品の安全性確保は、見かけより簡単なことではありません。

 ご家庭の食卓やレストランのテーブルに並ぶ食品は、必ずある時点でトラックによって配達されます。特に、腐敗しやすい食品のトラックによる輸送は、世界の食糧サプライチェーンプロセスにおいて最も重要で複雑な過程です。保管トレーサビリティ、リアルタイムでの追跡の可視性、文書の統合性、食品品質等の一連の課題は、世界の食糧サプライチェーンを悩ます大きな課題のほんの一部にすぎません。

 レストランチェーンのChipotleは、これを苦労して学びました。2015年、このレストランで大腸菌(E. Coli)による50人以上の集団食中毒が発生しました。Chipotleの食材調達モデルは分散型であったことから、 汚染された食材の産地を迅速に突き止められず、感染の早急な阻止や、最低限の汚染の囲い込みが行えませんでした。最終的には、感染源を突き止めるのに数週間を費やすことになりました。Chipotleの株価は、瞬時に42%下落しました。

LaneAxisが開発したブロックチェーンプラットフォームのようなツールを使っていたら、感染の発見直後に、ほぼ数分でその流行を阻止できていたかもしれません。

 食糧サプライチェーンの管理に、LaneAxisプラットフォームのようなブロックチェーン技術を使用することで、企業やサプライヤーは、食品の栽培、取扱い、保管、および検査の詳細を確実に把握することができます。食品が、ある当事者から別の当事者に移送されると、そのアクションはブロックチェーンに記録されます。その内容は、集荷証明、食品の所在地、日付、数量、チェーン内の次の当事者への配達証明など多岐にわたります。このデータはすべてブロックチェーンの改変不能な台帳に保存され、すべての利害関係者は、直ちに食材の産地を追跡できます。

 割り当てられた分散型の台帳のデータは、誰にも改ざんできません。

 危機レベルのサプライチェーンに関する課題の解決に迫られているのは、Chipotleだけではありません。世界保健機構 (WHO) では、汚染された食品による世界の年間死亡者数は40万人を超えると推定しています。

 LaneAxisは、そのソリューションの詳細に関心を寄せる米国最大規模の食品チェーンのいくつかで、すでにパイロットプログラムを運営しています。LaneAxisブロックチェーンは、世界の食糧サプライチェーンをはじめとする複数業界での物流の管理と自動化のために、業界を変革する力を備えた成果の達成を目指しています。LaneAxisプラットフォームにより、荷送り人は、輸送サプライチェーン全体での取引の遂行、管理、追跡と、すべてのプロセスのデジタル化が可能になります。在庫管理が劇的に改善され、すべてのチャネルで時間と費用を節約できます。

Chain Business Insights による最近の研究は、 世界の食糧サプライチェーンを改善するブロックチェーンベースのアプリケーションの大きな可能性を賞賛しています。この研究は、「実装されるかどうかではなく、それはいつなのかが問題なのである」と結んでいます。現在、AXISトークンのパブリックプレセールが行われており、初期の購入者にはディスカウントが提供されます。パブリックセールは、2018年の9月に開始されます。

 LaneAxis ブロックチェーンプロジェクトとトークン購入についての詳細は、laneaxis.io をご覧ください。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:患者の効果的な健康管理で再入院を回避しコスト削減


患者の効果的な健康管理で再入院を回避しコスト削減

 高齢化と人口増加は、世界の医療費高騰の一因となっています。また、慢性疾患の患者数、治療の質と価値に重点を置く医療、多くの情報と権限を与えられた患者、そして新しく革新的な治療法や技術の増加が、医療費の増加に拍車をかけています。

 しかし、GDPに占める医療費のパーセンテージが上昇を続ける中、政府の予算削減が家計や医療費を逼迫するので、コストを削減し、効率を高め、価値を実証することへのプレッシャーはますます高まるばかりです。

 国の健康保健サービスをより効率化し、費用を削減するための方法の1つに、病院への再入院を減らすことがあります。たとえば英国では、非専門系のNHS Trustへの年間再入院件数の総数は、2006/07年の再入院数338,277件から、2015/16年の452,546件へと33.7%増加しています。
さらに、NHSの超過入院日にかかる費用は、非待機入院患者と待機入院患者1週間あたりそれぞれ2,089ポンドと2,532ポンドです。

 英国のHelthwatchによる、2012/13年から2016/17年の間での変化:
● 緊急再入院件数が、372,805件から457,880件へと22.8%増加。
● 退院後24時間以内の緊急再入院の件数が、49,529件から63,964件へと29.2%増加。
● 48時間以内の再入院件数は、77,927人から98,955人へと27%増加。
● 48時間以内の再入院率は全体の5分の1以上(21.61%)。

 研究によると、薬の副作用が高齢者の緊急入院の原因の88%以上を占めており、そのうちの2/3が再入院です。再入院を回避するには、投薬管理の改善を促進する最新テクノロジーの活用が欠かせません。最高のテクノロジーとは、双方向のコミュニケーションと患者のニーズへの迅速な対応を可能にするものです。

Curaizonの服薬アドヒアランス技術を導入することで、世界中の国民医療サービスにおける医薬品問題による再入院を削減することが可能です。

 医師やその他の医療従事者は、この技術を活用して、患者の服薬レベルや薬剤の有効性を確認し、電子カルテをリアルタイムで更新し、入院が必要となる前に先を見越して積極的に患者を治療することができます。

 この技術は、患者への薬の服用時間の通知のためにも使用されます。これは服薬非アドヒアランス率を減らすのに役立ち、医薬品が服用されていない場合には、患者の介護者にもアラート通知が送信されます。

 Curaizonは、医療関係者等にブロックチェーンのイニシャル コイン オファリング(ICO)を通じてこの技術のトークンを購入する機会を提供しています。CuraTokens(CTKN)と呼ばれるトークンの所有者は、CuraDataプラットフォームを介して固有のデータにアクセスできます。このデータセットにアクセスする方法は他になく、すべてがリアルタイムでブロックチェーンに投稿されます。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ<暗号通貨>幸運は常に勇者の味方。IBRC注目の4つの主要暗号通貨都市プロジェクト


<暗号通貨>幸運は常に勇者の味方。IBRC注目の4つの主要暗号通貨都市プロジェクト

今日ますます多くの都市が、ブロックチェーン技術を採用し、資金調達の手段として暗号通貨を視野に入れるようになってきています。このような状況下で行われた、スイスのツーク (Zug) 市でのブロックチェーンに関する初の地方自治体の投票と、マルタ島での3つの暗号通貨規制法の採択が、先週の暗号通貨業界での最も注目すべきイベントとして報じられました。ICOBox ブロックチェーン リサーチ センター (IBRC) の専門家は、この傾向を分析し、暗号通貨都市/国家構築に関連した4つのプロジェクトを選択しました。これらをセンターは、デジタル通貨業界全体に目覚ましい影響を与える可能性がある素晴らしいプロジェクトとなると考えています。

500の「クリプトバレー」スタートアップ

2013年、スイスの小さな街ツーク市とその周辺エリアは、ブロックチェーン技術の最大規模の国際開発センターへとその変貌を始めました。その後数年のうちに、この地は非公式ながらクリプトバレーと呼ばれるようになり、2017年にはクリプトバレー協会が設立されました。この組織は、起業家 (Thomson Reuters、PwC、Luxoft、Bitcoin Suisse、Bussmann Advisoryなどの主要マーケットプレーヤー)、銀行家、教育機関、行政機関などで構成される非営利団体で、最先端の研究とイノベーションの促進を目指しています。 今日、クリプトバレーには500社を超えるスタートアップ、サービスプロバイダー、ICOやブロックチェーンに関連の企業が存在します。ツーク市には暗号通貨と法定通貨を自由に両替できる銀行がいくつかあり、駐車料金をビットコインで支払うことも可能です。

ではなぜツーク市が選ばれたのでしょうか?暗号通貨のアナリストでありICOBoxの共同創設者であるダリア ジェネラロヴァ氏は、これをこの国の金銭やイノベーションに対する型破りなアプローチによるものと考えます。「長年、スイスは世界で最も重要な金融の首都の地位を守ってきました。現在の世界的な経済競争の嵐の中で、スイスへの同レベルの資金流入を維持するために、ブロックチェーンが役立つのです。」

「スイスでは各州の間で、また起業家間で非常に激しい競争があります。地方自治体はイノベーションを歓迎し、新しい経済クラスターの創出をできる限り支援する準備が整えられています。たとえば、スイスでプロジェクトを立ち上げるときは、事前に金融監督当局と税務所で、プロジェクトがすべての要件と立法基準を満たしているかどうか相談することができます。当然このアプローチは投資家や起業家にとって大きな魅力です。」

「ブロックチェーン アイランド」

次は、スイスに追いつこうと努力するヨーロッパの小国、マルタ共和国のお話です。先週、マルタの地方議会は、ブロックチェーン技術の法的枠組みを確立する3つの法律を採択しました。つまり、この国を事業拠点に選んだスタートアップ企業には、透明な規制環境で事業を展開するための法的ツールが用意されているということです。地方自治体は、この国を「ブロックチェーン アイランド」に変革したいという事実を一切隠しておらず、それはこれまで順調に推移しています。たとえば、主要なマーケットプレーヤーである、OKex、Binance、BitBay などの暗号通貨取引所は、すでにこの地に拠点を移しています。また、米国トロンファウンデーションも同国への移動を希望していることを発表しています。

所得税のない暗号通貨国家

様々な国が暗号通貨に優しい環境を整えようと取り組む中、5月中旬、傑出した起業家でありブロックチェーンのグル、そしてCryptonomicsキャピタルファンドの創設者、ニック エヴドキモフ氏は、 直接民主制に基づく経済を備えた彼自身のブロックチェーン国家、Decenturionの建国を発表しました。わずか1ヶ月を過ぎたばかりで、この新しいプロジェクトはすでに120,000人以上のレジデントを獲得しています。

「Decenturionには、国境がなく、サイバースペースでのみこの国の市民は結びついています。つまりこの国は、様々なスタートアップ企業がICOを運営するための、ブロックチェーンの巨大なプラットフォームとマーケットプレイスなのです。Decenturionにプロジェクトが加わると、そのトークンが仮想国家の市民にその関与のレベルに従って無償で配布されます。Decenturionは、市民から税金を徴収しません。このプロジェクトは、スタートアップ企業にとって、直ちに巨大なオーディエンスにアクセスできるのでとても有益です。これは相互に有益な協力関係を構築します。スタートアップ企業の数や市民の数が急速に増加するほど、誰もがその恩恵を享受できる可能性が増します」と、エヴドキモフ氏は説明します。

Decenturionの創設者によると、最初のパスポートがブロックチェーンの「使徒」に渡されたことにより、スタートアップ企業は従来のICOの結果より何倍も高いビジネス指標を達成する可能性があるとのことです。また、Decenturionは慎重にその住民を選びます。単に取引所で扱われているというだけのトークンではなく、実際の製品に裏打ちされたトークンを持つプロジェクトだけを選択します。

ラップは単なる目的達成の手段じゃない


有名なラッパーでありR&BアーティストのAkonは、まだ彼自身のブロックチェーン国家を持っているわけではありませんが、Akon クリプトシティという彼自身の暗号通貨都市で流通させるデジタル通貨の作成に余念がありません。この暗号通貨都市は、このラッパーが子供時代の大半を過ごしたセネガルにあります。クリプトシティでは、快適な生活に必要な全てのインフラが、住宅、店舗、公園、幼稚園、学校などにより構築され、すべてが100%暗号通貨を基に運営されます。

「ブロックチェーンと暗号通貨は、人々を幸福にできない政府に替わり、人々にパワーを蘇らせ、通貨システムにセキュリティをもたらし、人々が自分を向上させるために利用できるので、アフリカの救世主となり得ると思います。」 歌手は6月中旬のカンヌ国際映画祭で、このように発表しました。

IBRCの国際コミュニケーションの専門家、ディマ ザイトセフ博士(Ph.D.)の指摘するように、Akonがこれまでアフリカの人道的プロジェクトに関与してこなかった場合、このような声明は誇大宣伝か、らしからぬ自己宣伝と見なすことができるでしょう。しかしこれまでに彼は、アフリカ大陸を太陽光エネルギーへと徐々にシフトさせていくことを提案する、「ライトニングアフリカ」プロジェクトの開発に貢献しています。

認識への道

暗号通貨が都市や国家全体に根付きつつあることは驚くにはあたりません。とIBRCの専門家ディマ ザイトセフ氏は語ります。「たとえば、スイスとマルタで今日起こっていることは、暗号通貨業界の世界的な認知に向けた第一歩に過ぎません。次のステップは、法的規制です。暗号通貨の後援者も政府も、市場がいわゆる「グレー」ゾーンに留まることを良しとしませんからね。賢明な人々は、暗号通貨市場の可能性を完璧に理解しているので、近い将来起こるこの規制は、暗号通貨市場にとってできるだけ公平なものとなると思います。つまりこれが悪夢のようなものとなることはないということです。当面は、他の国や有名人がデジタル通貨やブロックチェーンにいかに好意的かというニュースがより頻繁に報じられるほど、すべての市場参加者にとって良いことが起こるでしょう。

広告は商業の原動力であり、これらのニュースは業界全体を前方に推し進め、批判者の嫌悪感を押しやり、すべての日和見主義の人々に思考材料を与えるでしょう。」とザイトセフ氏は結びました。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket watch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:Moduleモバイルデバイスストレージの世界を刷新


Moduleモバイルデバイスストレージの世界を刷新

 スマホユーザーが何ギガバイトもの未使用の空きスペースを手に、街を歩く時代は終わりに近づいています。 Module は、個人が未使用のストレージスペースを様々な用途にリースしてそこから報酬を得るという、革新的なブロックチェーンベースの技術を開発しました。有能な日本人プログラマーグループが、クラウドストレージとデータマイニング業界の課題を解消するラジカルで革新的なソリューションを開発しています。

 2018年現在、25億3千万台のスマートフォンが有効に使用され、ユーザー1人当たりの平均的なストレージスペースは、60GBにのぼると推定されています。単純計算だけでも、世界中の人々のポケットやバッグに潜在的な可能性が眠っているということが十分把握できます。Moduleは、ブロックチェーンの世界に分散型マイニング、P2Pクラウドストレージ、分散型アプリケーション (Dapps) 作成の可能性を提供します。

 Moduleは、革新的なPoSTT (プルーフ オブ スペース、タイム、トランザクション) アルゴリズムを採用し、レンタルスペースの使用状況やメンバーのモバイルデバイスでマイ二ングされた暗号通貨を記録します。マイニングプロセスを効果的に分散化させることで、少数の人々に牛耳られてきた「マイニング業界」を、数十億の潜在的な暗号通貨「マイナー」へと手渡すことが可能になります。

 今日まで、ほとんどの商用クラウドベースのストレージサービスは、単一ロケーションでの「信頼ベース」の集中型ストレージでした。この形態のセキュリティ上の不安はよく知られており、大規模なハッキングのニュースを目にすることも少なくありません。ModuleのPCSN (P2P クラウド ストレージ ネットワーク) は、ブロックチェーンベースの分散型ストレージ機能で、クライアント側で暗号化できるのが特徴です。

 またModuleは、ユーザーがDAppsを開発してホストするためのツールとリソースも提供し、新しいトークン作成や様々なブロックチェーンベースのサービスの提供が可能になります。このModuleプラットフォームでは、ツールを使って独自のプロジェクトを立ち上げることが可能です。これがエコシステム全体を作り上げ、ユーザーはここで未来のDAppsを、協力して開発することが可能です。

 FileCoinやSIACoinなど、ストレージのリースという同じ発想を取り入れたスタートアップはすでにいくつか存在します。しかしそれらはデスクトップ上のハードドライブ専用の技術です。これは、暗号通貨のマイニングプロセスで使用されている技術に類似しており、分散型ストレージのみに対応します。長期的な環境の持続可能性の問題にかかわるものは、あらゆる点でエネルギーやインフラに依存します。これらの企業は既存の技術を斬新に採用していますが、未開拓のモバイルストレージリースの可能性は驚異的です。

Moduleのプレセール開始は1週間以内に迫っています。前述のように、このプロジェクトは現代のデジタル世界に多様な革命をもたらすでしょう。ブロックチェーン技術は、クラウドベースのストレージを真に分散化して安全性を確保するとともに、大企業から独立したポジションを維持します。そのうえModuleは、スマートフォンを所有する世界中のあらゆる人々に、暗号通貨マイニングの機会を提供します。暗号通貨市場において、このようにユニークなオプションと機能を提供できるプラットフォームは他にはありません。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:慢性疾患の効果的な管理が世界中の救命に貢献


慢性疾患の効果的な管理が世界中の救命に貢献

服薬アドヒアランス技術は、慢性疾患発生の抑制で英国の国民健康サービス (NHS) に貢献します

 最近の調査によると、心臓病、癌、糖尿病などの慢性疾患による死亡者数は、世界の全死亡者数の70%(4,000万人)を占め、驚くことに英国では90%を占めると報告されています。CuraizonのCEO、ニコラス ランブル氏が、これに影響を及ぼすファクターと、より多くの命を救うために国民保険サービスがこの問題にどのように対処できるかについて語ります。

 最新のBMJリサーチは、 世界中の成人のほぼ50%と5歳から17歳までの子供の約8%が、慢性的な疾患を持つと報告しています。医薬品は症状の緩和をもたらしますが、推定50%の人々がこのような疾病の長期治療にあたり、処方された薬を正しく服薬していないという事実があり、服薬の非アドヒアランスは世界中の多くの医療機関にとって大きな問題となっています。

 このような一般的でコストのかかる長期的な健康問題の大きな原因は、人口の高齢化と社会的行動の大きな変化によるものとみられています。世界保健機関(WHO)は、2020年までに慢性疾患の有病率が57%まで上昇すると予測しています。ただし、悲観的予測はそれだけではありません。インタラクションとパートナーシップの強化、規制上、立法上および財政上のアプローチ、より厳格なアカウンタビリティメカニズムなど、世界および国内では新しいアクションが出現しています。
デジタル化と技術の進歩は、非感染性疾患(NCD)への取り組みに新たな戦略を提供します。グローバルな技術の普及とその影響が、慢性疾患治療の需要増加に対処するための新しいモデルを出現させています。強化・標準化されたデータ分析は、予測医学、患者関係管理、ヘルスケアの管理、特定の治療法の有効性の測定などの分野で有効です。
データの量が増えるほど、健康科学における疾病の性質の正確な把握と、各患者に合わせた治療法の開発に役立ちます。このような新しい技術の使用は、予防的な健康対策と患者中心のケアをより重視したものとなります。

 医療システムに対する世界的なプレッシャーが高まるにつれて、国境を越えた協力も必要になるでしょう。このような協力関係は、政府とその医療機関の財政負担を相殺し、サービスの効率を高め、成果を向上させる機会を提供します。

 服薬アドヒアランス技術のパイオニアであるCuraizonは、世界中の医療システムを向上させる新しい独自のソリューションを開発しました。これらは、CuraServe、CuraView、CuraDataで構成されています。それでは、現場で実際に使用されている技術の一例を見てみましょう。

患者

 ジョンは最近食欲があるにもかかわらず体重が落ち、頻繁に喉が乾くようなので病院を訪れました。血液検査の後、彼は自分が二型糖尿病であり、定期的にインシュリンの投与が必要であることを知りました。 治療の一環として、ジョンはCuraServeに登録しました。
ジョンは、病院を後にするとすぐにCuraServeからサービスへの登録を確認する通知メールを受け取りました。現在ジョンは、投薬の時期を知らせてくれるメールを受信しています。また処方された頻度で投薬が行われているかどうかのモニタリングも行われています。

 CuraServeには、セーフティネットが内蔵されています。ジョンが服薬を忘れると、そのパートナー、または指定された人が通知を受け取ることも可能です。ジョンが指定された通りに服薬するたびに、Curaizonはジョンが選んだ慈善事業に少額の寄付をします。これはジョンが服薬のルールを守り健康を維持するための励みになります。

 このアドヒアランスデータは、ジョンの医療機関とCuraViewを通じて共有され、リアルタイムで彼のアドヒアランス率をモニターすることで、ジョンのアドヒアランス率が危険なレベルに達する前に対処することが可能になります。この迅速なプロバイダーへのフィードバックメカニズムにより、ジョンが最適な健康状態を維持するために、継続した治療の調整が可能になります。また、CuraServeのサポートは、ジョンの健康管理に他の家族を積極的に関与させます。これによりジョンは入院することなく健康状態を維持できる可能性が高まるので、そのパートナーや家族の安心感を高めることもできます。

 ジョンから収集されたデータは、彼と同じ立場の他の何十万人ものデータとともに、Curaizonの人工知能 (AI) とニューラルネットワークシステムによって分析されます。これらのツールは、行動モデリングと早期介入ツールを構築し、ジョンの治療に携わる人々によって使用されます。このデータのモデリングを通じて、Curaizonは最先端技術である患者のライフサイクルの高度な分析も行えるようになります。研究者から医療機関、製薬会社に至るまで、この豊かなデータの恩恵を享受することが可能です。
これらのデータストリームを民主化することにより、Curaizonは、そのユニークなデータを自由に利用可能にして、次世代の薬品と医療に情報を提供し貢献します。協力者は、データに関与する際、トークンで支払われる報酬を得るために各自をエコシステム追加し、コストを削減し、データセット全体の価値を高めながら、価格の上昇を通してトークン所有者に報酬を付与することができます。

研究者

 ニコール(MD/PhD)は、既存の医薬品の薬効を調査する研究者で、特定の患者グループに薬品が処方された場合の効果を研究しています。彼女は、何人の患者が、どのくらいの頻度で服用し、それが短期的および長期的な健康にどのように影響を与えるかがわかるデータを必要としています。
様々なデータオプションを検討した後、彼女はCuraDataを介したCuraizonが唯一求めているデータソースであると判断しました。 ニコールは、「古い」データを頼る必要がなく、患者の反応をリアルタイムで評価できることを知って喜んでいます。彼女は、Curaizonに連絡を取り、Curaトークンを使用してデータベースを検索できることを知りました。

 ニコールのリクエストは、Curaizonによって処理され、データ調査価格アルゴリズムについての説明が行われます。ニコールは、調査モデルを決定し、必要数のトークンを購入するために該当するプラットフォームに誘導されさます。ニコールは事前に合意されたデータアクセスの使用料を、このトークンを使って「清算」します。データの調査と分析を終了すると、ニコールの研究プロジェクトは完了です。この研究から得られた知見やデータは洞察に満ちており、CuraDataレポジトリへの価値ある追加データとなります。このためCuraizonでは、この新しくコンパイルされたデータを合意された数のトークンと交換することが可能になります。このトークンは、今後増加し続けるデータセットに、今後のプロジェクトでアクセスする際に使用できます。この際、CuraDataは、ニコールの研究で記録が使用された患者の選んだ慈善事業に寄付を行います。

医療機関

 数十億ものデータポイントを探り詳細なラーニング分析ツールを構築する一方で、Curaizonは、治療のバリューチェーン内の薬物集団、人口統計、およびその他の特定の問題に存在する、処方プラクティス、治療の最適化、多疾病罹患の効率化、レッドフラッグ問題などの概念をより良く伝えることができます。このデータと情報は、医療に大規模な効率化をもたらし、ケアの質を向上させ、廃棄物を削減する一方で治療効果を大幅に改善します。医療サービスに効果的なツールを提供することにより、Curaizonは患者や医療提供者が求めるサービスを提供することが可能です。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:CryptoAdsは、閲覧する広告をユーザーが選び、そこから報酬を得るシステムの構築を目指します


ICOマーケットウォッチ:CryptoAdsは、閲覧する広告をユーザーが選び、そこから報酬を得るシステムの構築を目指します

 最近私たちは、AIとブロックチェーン技術に基づく分散型の広告配信ハブ、CryptoAdsの創設者でありCEOの、オレクシィ ヴィノグラドフ氏にインタビューする機会を得ました。 このプロジェクトは、さまざまなスポンサーによって支払われる広告費で、ユーザーに無料の通話とテキストサービスを提供する、人気のコールフリーコール(CFC)VOIPアプリの開発者が手掛けています。CryptoAdsは現在ICO期間中で、7月17日に終了します。 ヴィノグラドフ氏は、25年以上にわたる実績を備えた起業家であり投資家で、CFCand Heartln Inc.の共同創設者でもあります。

CryptoAds (https://cryptoads.cfc.io) についてお話をお聞かせください。

 ヴィノグラドフ氏:CryptoAdsは、イーサリウムブロックチェーン上に構築された分散型のマーケティングと広告プラットフォームです。私たちは、ネイティブビデオ、コマーシャル、360動画広告、サーキュラー型や縦型動画広告、アプリ、オファーウォール型広告など幅広いフォーマットでのコンテンツを、ウェブサイトやゲームをはじめとする無数のトラフィックソース上に投稿する機会を広告主に提供します。

プラットフォームの仕組みをご説明いただけますか?

 ヴィノグラドフ氏:このプラットフォーム全体は、ちょうど今行われているICOで購入できる、CRADトークンによって運営されています。広告主は、主要オペレーションの監視、管理、および分析指標をリアルタイムで表示する、パーソナライズされたインターフェースを搭載したダッシュボードにアクセスします。また、ユーザーへのプロモーション、価格設定、社内通貨の購入、広告キャンペーン用オファーなどを投稿することもできます。

 ユーザーは、広告主がシステムに投稿したオファーを閲覧することもできます。ユーザーは、興味のあるオファーを見つけたら、それを受理して実行します。つまりユーザーは、CryptoAdsのダッシュボードを介して表示される広告を見るかわりに、動画コンテンツ、ゲーム内製品、好きなゲームのレベルアップ能力の取得などのサービスにアクセスできるということです。

 私たちは、サードパーティのソフトウェア ディベロップメント キット (SDK) を提供しています。サイト運営者は、それを自分のアプリケーションに統合して、自分の購読者に同様のオファーを行い、広告掲載の報酬を受け取ることができます。

 また、オンラインのトレーディングプラットフォーム、またはマーケットプレイスを追加する予定もあります。近い将来、ここでは収集価値のあるゲームの購入、サービスのサブスクリプション、最終的には CRADトークンを使用した割引価格での商品の購入などをユーザーに提供する予定です。

CryptoAdsの最も素晴らしい点は何だと思いますか?

 ヴィノグラドフ氏:私たちは、完全な透明性を備えたプラットフォームを提供し、ブランド、デジタル広告主、プロのマーケッター、サイト運営者、一般のオンラインユーザーに安全なソリューションを提供します。ここでは、中央集権的なアドエクスチェンジを必要としない直接的な取引が可能になります。仲介業者の数が減り、当然コストも削減できます。現在、広告費用の最大1,000%が、広告主とエンドユーザーの間で失われていると言われています。このシステムはそのような無駄を排除します。また、スマートコントラクト機能が、広告詐欺の防止にも役立ちます。

ブロックチェーン技術は、国際的な広告エコシステムにどのように役立つとお考えですか?

 ヴィノグラドフ氏:ブロックチェーンは、 プラットフォーム上の各ユーザーまたは広告主の取引履歴(良い悪いを問わず)の記録を可能にします。これにより、最も高い格付けのクライアントにより高額な支払いを行う、スマートコントラクトを通した特別なオファーの提供が可能になります。また、広告主とユーザーの間に透明な真の共生関係を提供できるようになります。すべての広告取引と契約をブロックチェーンに転送してしまえば、それを使用して弊社のユーザーと広告主の全取引履歴を保存できるようになります。結果的には、クライアントを評価するための完全に透明なシステムに行きつき、ユーザーには、今後より良質な広告のオファーを受け取るための評価改善の機会が与えられるというわけです。これは、あらゆる詐欺や不正行為を防止し、ユーザーを保護します。広告主にも同じことが言えます。その履歴が疑わしいようなら、 高い格付けのユーザーは、そのオファーを除外することができます。

企業として、どのような目標をお持ちですか?

 ヴィノグラドフ氏:今のところ、私たちは約100件の広告主と契約を結び、そのオファーを活用できる7百万人を超えるユーザ-を抱えています。オファーの質を常に高水準に保てるよう配慮しながら、短期間でその数を2倍に増やしたいと考えています。また、扱うゲームスタジオの数を増やし、できるだけ多くのスタジオと契約を結ぶことで、彼らが各自のシステムで弊社のプラットフォームを使用するようになることを目指しています。ユーザー基盤を約4000万人まで大幅に増加させ、システムを使って活発に相互作用させることで、彼らにより多くの報酬をもたらせるようになることが目標です。これを達成するために、より多くの製品やサービスの提供を計画しています。

最初の3ヶ月と初年度の計画をお聞かせください。

 ヴィノグラドフ氏:今月末のICO完了から直近3ヶ月の計画は、1日当たり2000トランザクションの現在の事業を統合することです。6ヶ月で完全に統合されたプラットフォームのローンチを実現し、月額50万ドルから100万ドルの収益達成を目指しています。初年度末までに買収プロセスを開始し、月あたりの収益を1000万ドルまで増加させたいと考えています。

ハッキングや詐欺からユーザーを保護するためにとどのような対策が講じられていますか?

 ヴィノグラドフ氏:200ドルを超えるトークンをご購入いただいたユーザーには、このトークンばかりでなく他の資産も保護できる特別なハードウェアウォレットを提供いたします。また、詐欺防止の専門家によって開発された、内部セキュリティ機能も搭載されています。システムは、あらゆる不正行為を試みるアクセスを排除するよう設計されています。

現在最終ステージにあるCryptoAdsのICOは、7月17日に終了します。 CRADトークンは、 最小単位100トークン(1米ドル相当)から購入可能です。

CryptoAdsについての詳細は、以下をご覧ください。cryptoads.cfc.io

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:DAppプラットフォーム「Module May」が台頭 — イーサリアム、EOSを代替するか


DAppプラットフォーム「Module May」が台頭 — イーサリアム、EOSを代替するか

 暗号通貨業界に、また新たな興味深いプロジェクトの登場が近日予定されています。日本のDAppプラットフォームであるModule(https://modltoken.io/)は、イーサリアム、EOS、Stellarなどのその他有力な市場プレイヤーに取って代わるほどの潜在力を持ち合わせます。

 同プロジェクトの主な目標の一つは、分散型アプリケーション(DApp)作成用のModuleプラットフォームを使用し、ブロックチェーン上でデータの保管や転送を行うアプリケーションまたはサービスの作成、公開、開発のプロセスをできる限りシンプルにすることです。この目標のため、同プラットフォームを作成した日本人のクリエイターは、同社のスマートコントラクト技術、正直な暗号通貨マイニングの可能性、高速かつ低価格のソリューションを提供し、ユーザーが安全かつ匿名でデータを保管し、そのデータを素早く独立して管理することを可能にします。

 データファイルはすべてブロックチェーン上のクラウドの特別なアドレスに保管され、同データに対するアクセスはユーザーが完全にコントロールできます。さらに、不正利用から保護するため、プロジェクトのクライアントは、データアクセスに関する秘密の共有システムを使用することが可能です(筆者注: 秘密共有とは、参加者のグループ内で商品やサービスにアクセスするための秘密データを配布する手段。各参加者はアクセス鍵の一部を受け取る)。

 イーサリアム、Stellar、EOSなどの業界の「巨人的」な競合とModuleが異なる主な理由の一つは、スマートフォン、タブレット、パソコンなどの、他人のモバイルガジェットを使用して情報を保管できることです。

 ブロックチェーン専門家兼コンサルタントのNick Evdokimov氏は次のように説明します。「今日、人々の端末にある大量のメモリが使用されていないという現状があります。Moduleのコンセプトは、文字どおり、隣人の携帯電話にデータを保管できるようにすることです。これにより、これらの情報に最高速度でアクセスできる方法が確立され、またガジェットの所有者は使用していないメモリを貸し出すことでお金を稼ぐことができます。これは非常におもしろいソリューションであり、今までどのDAppプラットフォームも目をつけていなかった領域です」。

 分散型アプリケーション(DApp)は、ブロックチェーン業界の新しい未来と称されています。DAppは、中央集権的なサーバーのあらゆる検閲から保護され、ブロックチェーンが基盤とするピア・ツー・ピア通信によって、転送される情報の完全な機密性とトランザクションの完璧なセキュリティが確保されます。さらにDAppは、そのサービスを利用する機能を提供するだけではなく、株主、開発者、マイナー、バウンティテスターなどといった、ユーザーがそのネットワーク内でアクティブな参加者となれる機会を創出します。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:日本のModule、世界初の「人々のため」のプラットフォームを目指す


日本のModule、世界初の「人々のため」のプラットフォームを目指す

 世界中で暗号通貨への関心が高まっていることは疑いようがありませんが、現在、日本の先駆的なマイニングとクラウドの共有プラットフォームであるModuleは、本当の意味で「人々のため」に構築されたプロジェクトのリリースを予定しています。実際に、自分のモバイルデバイス(携帯電話、タブレット、ラップトップ)に利用可能な空きメモリ(GB)がある人なら誰でも、余分なストレージスペースを他のユーザーと共有することで恩恵を受けることができます。つまりこれは、データを保存する空きスペースを持つユーザーなら誰でも、Moduleの革新的なブロックチェーンビジネスエコシステムに参加できるということを意味します。

 暗号通貨のエキスパートはすでにこれに気づき、関心を持ち始めています。ブロックチェーン業界の重要人物であり、ICOBoxの創設者、ニック エブドキモフ氏は、Moduleのアドバイザーであり、プロジェクトのコンセプトに高い評価を与えています。エブドキモフ氏は、大企業であろうと個人の愛好家であろうと、その規模を問わず事実上すべてのブロックチェーンユーザーにサービスを提供する、このModuleを、今年の最も革新的なプロジェクトとして打ち出せると考えています。彼は次のように説明します。「このプロジェクトは、ユーザーと支援者の両方を結びつけるきっかけとなるので、Moduleは、世界中のすべてのブロックチェーンユーザーをターゲットにすることができます。」「私の見解では、Moduleはブロックチェーン技術の開発全体に大きく貢献しています。」

 プラットフォームは、世界中の何百万ものモバイルデバイス上で利用できる未使用のストレージを活用することで、暗号通貨のマイニングとクラウドシェアリングを誰もが簡単に利用できるように開発されています。ユーザーは、共有するスペース、 スペースが使用される時間、および確認されたトランザクション数に基づき報酬を受け取ります。またModuleが広く普及するにつれて、暗号通貨業界を悩ませている多くの問題が解決すると考えられています。

 このシステムは、特定のハードウェアの維持を必要とする、環境に良い影響を与えないプルーフ-オブ-ワーク(PoW)アルゴリズムを、同社独自のプルーフ オブ スペース、タイム、トランザクション (PoSTT) アルゴリズムに置き換えます。同プラットフォームはまた、クライアント側の暗号化を特徴とする革新的なクラウドベースのデータストレージを提供し、機密情報を暗号化し、情報を断片に分割し、モバイルデバイス上の別々の場所に分散して保存するという、「シークレットシェアリング」機能を備えます。
このプロジェクトはMODLトークンによって運営され、スマートコントラクトを作成し、従来のクラウドストレージのコストのほんの一部でデータウェアハウスを運営する必要のある市場の専門家のために、両方のソリューションを提供しています。

 Moduleについての詳細は、modltoken.ioをご覧ください。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

1 2 3 6