ICOマーケットウォッチ:新しいICOBoxはトークンの購入プロセスを簡易にしICOSと仕入れ側のセキュリティを強化


 

新しいICOBoxはトークンの購入プロセスを簡易にしICOSと仕入れ側のセキュリティを強化

 ICOBoxは、ICOの実行を考えている企業のための世界で第一のSaasソリューションであり、革新的な機能ICOSIDを開始しました。これは、潜在的トークンホルダーと、ICOBoxの帳簿作成プラットフォームを使うICOのどちらのためにも、ICOのプロセス全体を非常に簡易にします。いままでは、ICOポートフォリオを構築するトークンホルダーは、対象のICOでトークンを買うたびに、KYC/AMLの手順を経ることが必要でした。潜在的トークンホルダーや、データがリークする可能性という懸念のための膨大な手間に加え、これは当然ながら、ICOプロジェクト自体にとっても時間を消費しコストが高くつく作業でした。スピードとセキュリティというコア・ブロックチェーンの恩恵は、事実上損なわれていました。

 しかしこれはもはや問題ではありません。ICOBoxの帳簿作成プラットフォームへ加えられたさらなる機能のおかげです。この機能とはICOSID-単一ユーザーID認証とツールの公認をおこないます。現在ではトークンのバイヤは一度顧客確認(KYC)と資金洗浄対策(AML)の手順を完了しさえすればよいのです。ユーザーのアイデンティティが認証された後は、ICOBoxの帳簿作成プラットフォームを使えば、ICOプロジェクトの度に、個人が登録する必要はもはやありません。ICOSIDについてホワイトリストに登録したら、異なるICOのトークンを購入するためには、ユーザーは1通のEメールとのログインIDだけが必要です。さらには、それらの新しいステータスにより、順番を飛び越え、即座に新しいICOプロジェクトの順番待ちリストへアクセスできるようになります。

 同時に、ホワイトリストに登録されたユーザーは、セキュリティの問題について安心を確保でき、サイバー攻撃の可能性の心配もありません。機密性の優先化、すべての顧客の安全性というICOBoxが基礎とするコアバリューに従い、ICOSID機能は安全なクラウドで個人データの暗号化を使用し、顧客の明確な承認によってのみアクセスが与えられます。一度登録すれば、顧客のプロファイルは、「認証済み」、「認証確認中」、「未認証」といったタグ付けをされます。さらに、ID認証のリクエストを受け取る度に、何百もの登録済みのデータベースやデータソースから抜粋した情報とICPSIDがリンクすることで、顧客プロファイルのデータは常に更新されます。

 セキュリティの要素もまたICOプロジェクトにおいて重要です。プロジェクトに関心のある認証済みの潜在的トークンバイヤは、すでに132の国で有効にKYC/AMLの手順に適合しています!そうするとICOは、先に述べたコンプライアンスの手順実行に関してもう時間やお金を使う必要はありませんし、そのかわりに、潜在的トークンバイヤへの最良のサービスの提供に集中できるでしょう。一般的な顧客は常にもっとも容易で可能性のある購入プロセスを期待してるので、ICOについてはICOBoxのプラットフォームを使うことが唯一理に適っています。

 ICOSIDについて言及すると、ICOBoxの共同創設者Nick Evdokimovは次のように述べています:「私たちはいつでも顧客ファーストの姿勢で、ICOのプロセス全体を能率化する方法を常に探し続けています。潜在的トークンホルダーとICOプロジェクト両方のための、真のワンストップ・プラットフォームだと自分たちが信じるものを提供でき嬉しく思います。」

 新しいプロセスの完成には時間がかかると考えるのはまったく自然なことでしょうが、もう一度、ICOBoxはその予想を裏切りました。2018年2月下旬に開始し、4月中旬にはICOSIDの大規模な統合の完了が予定されています。そしてサードパーティのサービスとの接続についてすべての問題の解決は5月末になる予定です。

 ICOを計画している企業の皆さん、新しい革命的なプロセスについてのさらに詳細な情報はhttps://icosid.com/をご参照ください。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:インフルエンサーマーケティングに革命をもたらすブロックチェーン、AdTechプラットフォームが先導を図る


インフルエンサーマーケティングに革命をもたらすブロックチェーン、AdTechプラットフォームが先導を図る

 「ブロックチェーン」という言葉は、多くの人にとってビットコインや暗号通貨と同義語に聞こえるかもしれません。それは論理的な解釈と言えますが、ブロックチェーン技術はそれ以上のものです。強力な分散型台帳技術をもってすれば、ブロックチェーンは既存ビジネスの多くをポジティブに変革できる可能性を秘めているのです。急成長を見せる同技術の恩恵を最も享受している分野として、広告とマーケティング、特にインフルエンサーマーケティングがあります。Influence Marketing Hubの創設者であるWerner Geyser氏は次のように語ります。「インフルエンサーマーケティングは、さらに幅広いオーディエンスにブランドがメッセージを届けるための膨大なチャンスをもたらしてくれます。同様に、ブロックチェーン技術は、ブランドとインフルエンサー間の取引に必要な規制を提供して透明性を確保し、最終的に利害関係者全員に安全性を提供してくれます」。

13,946 ETH(約650万米ドル)分のSMTトークン販売し、素晴らしい結果でICOを終えたSocialMedia.Market(SM.M)は、主要なインフルエンサーマーケティング活動にブロックチェーンの可能性を導入するパイオニア的な企業になることを目標としています。CEO兼創設者のDmitry Shyshov氏が、オンラインで広く使用される広告ブロッカーの問題に対処する方法を模索していた2016年の後半に、同社の理念は生まれました。調査の中で、同氏はインフルエンサーマーケティング業界におけるチャンスを指摘しました。Shyshov氏自身もインフルエンサーのようなものです。同氏は世界有数のゲーム販売店であるR.Gamesの創設者であり、仮想物品向けのマーケットプレイスCSGO.CASHの裏にある企業のNontitaの創設者でもあります。そのため、同氏はすべてのプレイヤーが必要としているツールを把握していました。

 「インフルエンサー」とは、ソーシャルネットワーク、ブログ、その他インターネットメディアなどにおいて、多くの熱心なファンを持つ人たちのことです。インフルエンサーはよく自分が好きな商品やサービスをおすすめします。彼らのオーディエンスはそれに対し、その製品やサービスを検索したり購入したりなどして、ポジティブに反応します。マーケターが求めているのは、そのポジティブな反応です。正しいインフルエンサーからの支持は、ブランドにとって大きなプラスになります。しかし、マーケターと広告主が抱える問題には、彼らの商品やサービスに適したインフルエンサーを見つけることが難しいという点があります。今日のデジタル広告は非常に侵害的だというShyshov氏の意見に、ほとんどの人は同意することでしょう。「オーディエンスの気分を害したくないと考えるブランドとインフルエンサー両者に向けたソリューションを開発したかったのです」と同氏は言います。「弊社の目的は、マーケターが関連性の高いインフルエンサーを見つけ、効果的な広告キャンペーンを作成および実行できる自動化された空間を提供することです。弊社はまた、マーケターが費やした労力をすべて一か所で効果的に分析できるツールを提供する予定です。私はそれをユーザーの皆様のためにお届けできると信じています」。

 現在、世界中の約30億人が毎日ソーシャルネットワークを使用していると推定されています。それは世界の人口の約40%にのぼる数です。Instagram、Facebook、YouTube、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームが権勢を振るう今日において、確かにインフルエンサーマーケティングは、マーケターがターゲットオーディエンスにリーチする手段として最も強力なツールとなっています。インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディアや動画ブログで新しい商品やブランドを見つける傾向にある、ジェネレーションZやミレニアル世代(16〜34歳)の別名を持つ「デジタルネイティブ」に特に効果的です。インフルエンサーマーケティングデータ企業Activateが2017年に発表したMarketer Surveyによると、67%のマーケターがインフルエンサーマーケティングに割く来年度の予算を増やすと報告されています。一方で、インフルエンサーマーケティングの教育者であるShane Barker氏は、インフルエンサーマーケティングを使用しているマーケターの半数以上(69%)が効果的だと考え、73%はリードジェネレーションの生成、93%はブランドの認知度向上に役立っていると答えたと主張します。この傾向は成長を続けると予想されています。

 インフルエンサーマーケティングは、現在の広告において簡単なソリューションとなり得ますが、デジタルマーケターが直面する課題は未だに多く残っています。複雑かつ透明性の低い支払いシステムはまだその序の口です。一番の問題点は、巨大なサプライチェーンが価格不安定性、価格の大幅な上昇などを引き起こし、またクライアントがインフルエンサーの成果に満足しないことがほとんどの原因で起こる未払いなどが挙げられます。これは、依頼内容や期待される成果は時間とともに変化するため、常にコンテンツクリエイターの過失であるというわけではありません。

ここが、SM.Mのようなプラットフォームが解決するポイントです。同アプリは、サービスの規約や価格を明記した、オープンで透明性のあるスマートコントラクトを採用しています。ブロックチェーンのデータは複数の場所に保存されるため、情報は分散化されるものの変更されることはなく、完全に公開される上に瞬時に検証できます。SM.Mのようなアプリは、すべての当事者間において公正な価値の交換を促進し、また同システムを使用すれば、スマートコントラクトに定められた義務が果たされるまで契約手数料をエスクローに保持することが可能です。その後義務に変更があれば、それはすべてスマートコントラクトに追加されます。プロジェクトが完了すると資金が支払われるため、これにより両当事者の利益を確保することができます。SM.Mは、物議を醸す紛争においてプラットフォームのユーザーが投票で解決を図れる分散型紛争解決コンポーネントも想定しています。

 同市場が直面する課題に対して、実行可能なソリューションを提供するもう一つのプロジェクトはNative Video Box(NVB)です。同プラットフォームは、ライセンスを得た動画コンテンツをウェブサイトに掲載し、コンテンツクリエイターにさらなる視聴者をもたらす分散型動画配信システムです。NVBのウィジェットはウェブサイトに挿入され、同社のAI技術がそのウェブサイトと完璧にマッチするコンテンツを選択します。表示されるコンテンツは気分を害するものとして捉えられることはなく、むしろその動画はウェブサイトのネイティブなコンテンツとして認識されます。つまり、NVBは過密なサプライチェーンを排除するのです。これにより、同社はコンテンツ制作者や代理店と広告収入の最大75%を共有することができ、その60%はパブリッシャー、15%は著作権所有者へ配当され、そして25%は同プラットフォームが保持します。同プロジェクトの創設者は、コンテンツを実際に作成し配信する人たちと収益を共有できるNVBの機能が、同エコシステムに最高のクリエイターとトップレベルのウェブサイトを引き寄せると確信しています。

 ブロックチェーン技術はまた、広告キャンペーンの立ち上げに必要な時間を短縮させ、効果測定における課題を解消し、今日多くのマーケターが業界の最も緊急の問題として挙げる詐欺に対する解決策を提供します。インフルエンサー、広告主、マーケターを一堂に集め、トラッキングおよび分析ツールを提供して、顧客確認(KYC)のプロセスを実施することでそれを実現します。SM.Mは、同社の競争力の高いブロックチェーンプラットフォームに、主なソーシャルネットワーク、ブランド、そしてあらゆる規模のビジネスから大量のブロガーを招集する予定です。すべての価格設定は透明になり、またすべての参加者が同等に扱われます。

 全体としてNVBはこのアプローチをとっていますが、同社は、広告代理店は合意した報酬額を受け取る堅実な保証を獲得できる一方で、各行政区における独自の課題と特性があるグローバルなマーケットプレイスでの支払いにおいて合理化を行えるブロックチェーンを、重要な金融ソリューションとも見なしています。ここが、4月末まで購入可能な同社のユニークな内部通貨であるNVBトークンが、インフルエンサーとコンテンツを掲載するウェブサイトに安心を与える点です。

 「ブロックチェーンはインフルエンサーとファンを繋ぐ架け橋です。直接的なコミュニケーション、公平性、透明性—これこそが真のコミュニケーションです」とSM.MのアドバイザーであるChafik Abdellaoui氏は語ります。同氏はブロックチェーン技術に対するその熱意を、Keith Teare氏、Andrew Playford氏、Gabriel Zanko氏、Peter Zhalov氏、Alex Yastremski氏、小野たつなり氏、Slavik Nenaydokh氏などといった同氏のアドバイザリーボードのメンバーそしてマーケティング、AdTech、そしてブロックチェーン業界における著名なプレイヤーと共有しています。

 小野氏は次のように話します。「ソーシャルメディアのオーディエンスは、日本だけでも巨大で、だからこそこのプロジェクトに惹かれるのです。SocialMedia.Marketは、ブロックチェーン技術がインフルエンサーマーケティングの直面する課題を解決すると考えており、私も彼らに同意します。それが、私が彼らをサポートし、同プラットフォームの早期導入者になる理由です」。 事実、同社はアジア市場において75%のトークンを売り上げる人気を見せ、ICOを終えました。SMTトークンは特に日本で人気を集め、全体の70%が日本で購入されました。SM.MはICOを実施したいと考える企業に向けてSaaSソリューションを提供するICOBoxと協力し、またDaria Generalova氏とDima Zaitsev氏がアドバイスを提供。加えてGeneralova氏はアジアの暗号通貨市場に特化しており、アドバイザリーボードでこの分野において重要な役割を担いました。

SocialMedia.Marketの次なるステップであるトークン配布はすでに開始されており、同社製品のローンチは今秋に控えています。同社はまた、その他ブロックチェーン企業との研究および開発における戦略的パートナーシップの提携に従事してきました。この目標を達成する上で、SM.Mチームは、隣接する市場で稼働し、少し異なる角度から相互補完的なソリューションを提供するNative Video Boxとの関係を自然なパートナーと捉え、両社は、急速な成長を見せるソーシャルメディアマーケティングや動画広告業界を共に改革しようと尽力しています。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:Taklimakan Network、 ICO期間 第1週目でプラットフォームのデモを開始


Taklimakan Network、 ICO 第1週目でプラットフォームのデモを開始

 Taklimakan Network が、暗号通貨の教育・分析ツールのデモ版の提供を開始しました。新しいデモ版は、同社ウェブサイト taklimakan.networkで入手できます。ユーザーは、このデモ版で同社のプラットフォーム、ニュース、教育機能をプレビューし、このアプリによって、的確にそのニーズが満たされるように、開発者にフィードバックすることができます。

 このデモは、Taklimakan による上位 100 の暗号通貨インデックスである TN Crypto 100 の初公開など、プロジェクトの機能の概要を紹介します。TN Crypto 100 は、通常の時価総額メトリックスを基に、2週間おきに更新されます。パフォーマンスレポートは、アルファ、ベータ、決定係数(Rスクエア)、シャープ レシオなど、通常の指標を基に作成されているため、プラットフォームで使用される用語体系は、通常の市場で取引経験がある人なら誰にとってもなじみ深いものとなります。TN Crypto 100 は、単位あたりの取引量で選択される上位10の取引所を分析することによって生成されます。メトリックスは、2週ごとに調整され、TN Crypto 100 でレポートされた上位取引所の情報はできる限り最新のものに保たれます。プラットフォームは、暗号通貨がマーケット指標に対しどのように機能しているかをモニターし、ボラティリティやインデックスパフォーマンスなどを測定します。

 このいずれかが紛らわしいような場合、 Taklimakan の共同設立者である ラシッド ユサップ氏によると、より詳しく確認されるのが、このプラットフォームとなる可能性があるとのことです。プラットフォームは、あらゆる運用レベルの投資家のために、合理的な時間内にこれら複雑なトピックについてのリソースを提供します。
ユサップ氏によると、
「これからますます暗号通貨に興味を持つ人が増えることは間違いないでしょう。これに伴い、暗号通貨を購入する可能性のある人々にアピールする、様々なアプリが公開されると思われますが、それらは取引や取引の利用規約の確立に重点を置くアプリとなるでしょう。 」
「一方このプラットフォームは、投資初心者を金融アナリストや暗号通貨のメンターとともに積極的にひきつけ、暗号通貨に関心のあるすべての人の金融リテラシーのレベルを高めることで、他のアプリよりさらに上を目指すものなのです。」とのこと。
「私たちは、世界を変えるブロックチェーンと暗号通貨の無限の可能性を心から信じています。プラットフォーム上での教育と有意義な協力を通じて、暗号通貨とブロックチェーンをメインストリームに導くための重要な役割を果たしたいと考えています。」

 つまり、このプラットフォームの目的は、あらゆるレベルのユーザーの関心と専門知識を、そのエコシステムに集約して相互作用させるということです。例えば、主流取引でのいわゆる「カウチポテト」戦略は、積極的に市場で活動することに特に関心のない人々に主に推奨されます。この戦略の重要な点は、 経験の浅い投資家であっても、リスクを緩和してインデックスにその作業を委ねながら、中程度ではあるものの合理的な利益を得られることです。これは、投資家から最低限のアクションのみを求める、受動的な戦略と言えるでしょう。あなたのファンドや債券の動向が主要インデックスと連動している限り、このアプローチは適切に機能します。Taklimakan Network の TN Crypto 100 は、通常の分析を基にした各種暗号通貨トレードにおけるパフォーマンスの集計と分析ばかりでなく、最小金額表示単位より良好に機能することにも注力し、暗号通貨の領域でこの戦略に倣います。もちろん、よりアクティブなトレーダー体験、より高いボラティリティと可能性、より多くの収益を目標とすることは言うまでもありません。Taklimakan の重要なポイントは、暗号通貨トレードに関心があるすべての人を惹きつける便利なツールであるということです。このプロジェクトには、アルファ、ベータ、シャープ レシオでタイムリーにフィードバックが可能な、あらゆるレベルの活発な投資家が関与します。主流取引で使用されるこれらのインジケータは、全般的なインデックス、ボラティリティ、リスクに対するリターンについての市場パフォーマンスをそれぞれ計測します。プラットフォームでの相互作用機能を活用して、ユーザーは、他のユーザーやエキスパートの所有するメトリックスやクラウドソース型の知識を基に、自分のリスク受容度を調整することができます。

 これは、ユーザー間で知識を交換するために構築された民主主義的なシステムであり、学習と貢献の両方に役立つスペースとなります。エキスパートの分析や洞察への一般ユーザーによるアクセス、専門的なアカウントホルダーが、独自のメーリングリストを作成し、分析レポートや各種取引シグナルを一般ユーザーに発信することができるプロレベルなど、プラットフォームにはいくつかのサブスクリプションレベルがあります。

 Taklimakan Network プラットフォームは、そのユーティリティトークンによって運営され、プラットフォームで専門知識の共有に貢献するエキスパートには、 アプリ内でTKLN トークンの形態での報酬が支払われます。 現在行われている同社の ICO は、2018年6月9日まで続きます。今週トークンを購入すると、30% のボーナスを獲得できます。詳細情報は、taklimakan.ioをご覧ください。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:Native Video Boxはビデオ配信サプライチェーンに変革をもたらし、観客にも大好評となるでしょう


Native Video Boxはビデオ配信サプライチェーンに変革をもたらし、観客にも大好評となるでしょう

ウェブサイトから収益を得るためには、マネージャー(NVB用語では「パブリッシャー」)が広告費を獲得する必要があり、多くの場合関連性の高い魅力的な動画コンテンツをホスティングすることが最も効果的です。しかしこれはまた、ウェブ管理者がブイロガーやデジタルビデオスタジオと接触するために、様々なブローカーや他の仲介業者に対処する必要があることを意味します。昨年だけで70億ドル以上の収入が詐欺により失われたとの推計があります。 Native Video Box (NVB)は、ブロックチェーンソリューションを開発し、これによりサプライチェーンの過密と不正行為を最小限に抑えると主張しています。私たちは最近、NVB創業者兼CEOのAlexander Shishow氏(以下AS)と、NVBのマーケティング責任者であるNikki Stewart氏(以下NS)とのインタビューを行い、彼らのプラットフォームについてさらに詳しく尋ねてみました。

Native Video Boxの特徴について教えていただけますか?

AS: NVBは基本的に、分散型のビデオ配信プラットフォームです。これはブロックチェーン技術に基づいており、簡単なウィジェットを介してディープマシンラーニング(深層機械学習)を行い、関連するライセンスされたビデオコンテンツをウェブサイトに配信します。ウィジェットと共に、NVBはクリップに埋め込まれたビデオ広告によりこれらの動画視聴を収益化します。

プラットフォームは正確にはどのように機能するのでしょうか?

AS: NVBに登録したのち、ウェブサイトのオーナーまたはパブリッシャーはウィジェットを自身のサイトに簡単にインストールできます。(すべてのパブリッシャーが当社のポリシーを満たすための申し込み手続きがあります。)当社のAIアルゴリズムは、ページのテキストコンテンツを分析し、主要トピックとサブトピックを判別します。NVBプラットフォームはその後、自動的に自身のビデオコンテンツストレージからクリップを選択し、カスタマイズされた関連ビデオをサイトで配信します。これはユーザー側には広告ではなく、ネイティブコンテンツとして認識されます。実質的に、当社AIは状況に応じてビデオコンテンツを推奨するサービスです。たとえば、ケーキを焼く方法のビデオ、旅行に関するビデオ、または家のリフォームに関するビデオなどを作成すると、当社のプラットフォームにより、これらのコンテンツは自動的に関連するウェブサイトに表示されます。

そして広告主は広告料を支払い、ユーザーに対し本編再生前にストリーム内でコンテンツを表示することが出来ます。広告主は、いくつかのエコシステムを通じてビデオ広告枠に入札することが出来ます。Googleのような大規模プラットフォームにも使われ、良く知られているのは、Real Time Bidding (RTB) です。しばらく前から使われており、マーケターが理想的なコンテンツや視聴者の紹介に入札できるオークションシステムの一種です。

御社の最大の特徴は何ですか?

AS: おそらく、私たちの最も重要な特徴は、実際に貴重なコンテンツを作成し、配信する人々に対し報酬を与えられる能力だと思います。ビデオ広告は年間136億ドル規模の産業ですが、その価値を生み出す人々はしばしばその対価を得ていません。広告料の支払いが詐欺や仲介業者により失われるのではなく、当社のプラットフォームでは収益の最大75%をビデオ制作者とウェブサイト所有者でシェアすることが出来ます。これは私たちのネットワークに急激な本質的成長をもたらし、最高のプラットフォームとライセンス化されたビデオコンテンツを呼び込み、広告主にとって非常に魅力的なプラットフォームになることを意味します。

NS: 私は間違いなく、開発チームと顧問委員会を最高の特徴として挙げたいと思います。Alexanderはアドテクの経歴を持ち、機械学習で10年以上の経験があります。彼はこの業界を内外にわたり知っています。私たちのリードテクニカル商品開発チーム全体が、RTBとアドテクに関する豊富な経験と知識を持っており、チームの一部メンバーはブロックチェーン技術の先駆者です。彼らはこの業界が必要としているものを理解し、画期的なプラットフォームを開発するスキルを持っています。私たちの顧問委員会は、Andrew Playford、Yaacov Bitton、Mike Raitsyn、Alexander Miheevを含め、暗号世界と広告システムプログラムの有力者たちでもあります。私たちはフィンテックとICO、ビジネス開発全般の専門家たちによって十分にサポートされています。

ブロックチェーン技術はどのように国際的なビデオ広告エコシステムを改善するのでしょう?

AS: ブロックチェーンは、デジタルビデオ広告のエコシステム全体をより速く、より透明性高く、安全に、低コストにします。例えば、当社のプラットフォームは複数通貨の環境の問題を解消します。なぜなら、すべての取引は当社のNVBトークンを使って決済され、最大でコストを30%削減できるからです。実際に、ブロックチェーンでは、追加のホスティングや事務処理のコストが無いため、すべての決済コストは急激に低下します。また、当社では分散型のコンテンツストレージシステムを作成するアイデアを研究中であり、ウェブマスターはビデオ広告を表示するだけでなく、分散型ストレージからも収入を得ることが出来ます。

NS: このテクノロジーにより、私たちのプラットフォームは他者の主要デジタルビデオ配信プラットフォームから一線を画しています。例えば、YouTubeのようなサイトも同様に広告で収益を得ていますが、コンテンツ制作者にとって報酬システムは不明瞭なものです。ブロックチェーン技術により、NVBは物理的に、ビュー数によるボーナス分配の条件を一方的に変更することはできません。私たちのシステムはスマートコントラクトを使用しており、そのため広告主、サイト、コンテンツ所有者のすべての取引は完璧に安全です。基本的に、その構造はオープンで透明です。もし望めば誰でもスマートコントラクトの内容を見て、何が記録されているか確認できます。しかし個人情報は明示的な許可なしに一切利用出来ず、収集も保存も出来ません。

企業として、御社が達成したい目標は何でしょうか?

NS: NVBは非常に詳細な目標と開発プランを持っており、公開する予定です。私たちの最大の目的は、プロジェクトの規模を拡大することです。当社はすでに約1,000のウェブサイトと契約しており、1億2,000万広告ビューを生み出しています。これらは5月の終わりまでにはプラットフォームに接続されるでしょう。私たちは来年、この時期までに少なくとも12,000サイトと、10億広告ビューに拡大することを目標としています。私たちはパブリッシャーのネットワークを発展させ、コンテンツ制作者をプラットフォームに引き寄せることに、直ちに取り組んでいきます。

AS: また、私たちは大手グローバル企業のRTBとプラットフォームを統合することを目指しています。これはNVBの成長のカギを握っており、これにより仲介業者の必要性を減らし、ビデオコンテンツ制作者やパブリッシャーの需要を増やすことができます。先ほど申し上げた通り、私たちは分散型ビデオストレージネットワークを構築する予定で、これにはビデオを保存し、配信する独自のシステムが必要になります。私たちの究極の目的は、使いやすい、便利なプラットフォームを提供することであり、これによりネットワークのすべての関係者に価値を提供できます。そのため、当社の短期的目標の多くには、プラットフォームとユーザーインターフェイスを洗練し、改良することが含まれます。

御社の今後の計画は何でしょうか?

NS: 私たちは2018年4月15日にICOを完了します。そしてコンテンツのターゲティングと配信を調整するために、技術の改良作業を完了させる予定です。私たちの第一の目標は、ビデオコンテンツをホストする準備が出来ている、高品質のコンテンツを持つ配信者を呼び込み、売り込んでいくことです。さらに、ビデオパブリッシャーとプロデューサーのネットワークの開発も計画しています。NVBは、ビデオコンテンツ制作者のコミュニティを作る予定であり、これにより、最終的には独自の、分散型ビデオメディアサービスになっていきます。短期的には、米国、欧州、アジアの一部など英語圏市場に焦点を当てていきますが、長期的には他言語の市場も導入していきます。

ICOに関して言えば、御社はICOBoxと提携しました。彼らはその過程を通じて御社にアドバイスをしています。彼らとの協力はどのような経験でしょうか?

AS: Mike RaitsynとICOBoxの他のメンバーとの協力は刺激的なものとなっています。彼らは私たちに対して辛抱強く、大切にしてくれました。各部門の専門家たちが独自のビジョンを提供し、私たちのためにあらゆる努力を払い、最高のマーケティングツールと素材、法的および技術的アドバイスを与えてくれました。また、彼ら独自のICOSトークン所有者によって当社が選ばれ、独自のICOSスワップに参加出来たことで、さらに多くのトークン所有者と連絡を取ることが出来ました。もちろん、Mikeは信頼できる顧問であり、活力を与えてくれる人物です。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:KYC/AMLコンプライアンスを簡略化するICOBoxのICOSID — ICO実施とトークン購入がさらに容易に


KYC/AMLコンプライアンスを簡略化するICOBoxのICOSID — ICO実施とトークン購入がさらに容易に

 先月、ICOBox の新しい帳簿作成機能がローンチされました。ICOSID として知られるこの機能は、ユーザー認証とID製品のワンストップソリューションであり、ユーザーセキュリティを強化するうえに、主要な法域における顧客確認(KYC)と資金洗浄対策(AML)の法的要件を満たすことができます。ICOBoxプラットフォームを利用するICOは、ホワイトリストに登録された購入者により合理的な体験を提供できるようになり、ICOBox上に構築されたICOに対して一つ一つユニークなログインIDとパスワードを作成する必要がなくなります。

 トークンの購入を希望するユーザーは身元確認プロセスを一度行うだけで済みます。ICOSIDを持つユーザーは同プラットフォーム全体で認証済み顧客として認識され、どんなICOプロジェクトにもすぐに参加し、順番待ちリストに対するアクセスを瞬時に得ることができます。ICOSIDがあれば、ICOBoxマルチプラットフォームインターフェースを介して、メールアドレスとログインID一つで様々なICOのトークンを購入することが可能です。

同プラットフォームのユーザーは132カ国のKYCとAMLの法的要件を満たしているため、ICOBoxの帳簿作成プラットフォームを使用してICOを実施する企業は安心して事業に取り組むことができます。また、ICOSIDで認証された購入者はシームレスな体験を求めている可能性が高く、これはICOBox Storeプラットフォームを使うICOは、より多くの潜在顧客を惹きつけられる可能性が高いということです。これにより、ICOキャンペーンにおけるコンバージョン率を高め、顧客ロイヤルティの全体的なレベルを向上できます。

 もちろん、個人情報の受け渡しは繊細で、かつ軽々しく扱われるべきではありません。そのため、ICOSIDはIDセキュリティを最優先するよう開発されました。個人情報書類およびデータは暗号化され、許可を経てのみアクセスできる安全なクラウドに保管されます。当該情報は、ICOやその他サードパーティなどと共有されることはありません。顧客のプロフィールには、単に「認証済み」、「認証確認中」、または「未認証」とタグ付けされます。 ICOSIDは何百もの登録データベースおよびデータソースに対して認証アクセスを持っており、ID確認が必要とされる場合にはこれらのソースから最新の情報を抽出できます。同プラットフォームは、様々な確認において合致率を最大化するため複数のサプライヤを集約し、またすべての情報は、高度なセキュリティとアクセス制限を設けるデータセンターに保管されます。

 ICOSIDの完全なる実装は、次の6週間に渡って実行されます。投資家の法的および適格性確認機能とICOS ID大規模統合は、4月中旬に運用を開始する予定です。取引所およびサードパーティサービスとの完全なる統合は、5月末に完了します。

 ICOBoxは、ICOを実施したいと考える企業に対してグローバルにSaaSソリューションを提供しています。同社は、マーケティング、法務、テクノロジーなどにおいてICOをサポートする専門家を100名以上揃えたチームを持ちます。ICOBoxは昨年だけでもブロックチェーン企業30社をサポートし、3億ドル以上を調達しました。

 トークン購入を考える方、ならびにICOを実施したいと考える法人の方は、ICODSIDのさらなる詳細を icosid.com にてご参照ください。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:暗号通貨市場を先導するMediChain


暗号通貨市場を先導するMediChain — 高まるユーティリティトークンの関心

市場の不確実性や、ビットコインなどの従来的なセキュリティトークンの投機的売買などが原因で継続を見せる暗号市場の変動性を背に、医療ビッグデータプラットフォームのMediChainのようなユーティリティトークンがさらなる注目を集めています。希少性や時価総額といった基本的なトークンの特長に加え、有益かつ需要の高いサービスに直接結び付いているという本質的価値をユーティリティトークンは持ちます。これらのサービスにアクセスするには、ブロックチェーンベースのプラットフォームにてユーティリティトークンを利用することが前提条件となっています。

MediChainはそのプラットフォームを用いて、電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)の業界に改革をもたらそうと試みます。同プラットフォームを利用すると、患者は自身のデータを管理することが可能になり、また、医療提供者はエラーを減らすことでサービスの質を向上。さらに、電子健康記録および電子カルテの安全性を高め、病気の治療法における発見を促進することができます。加えて、MediChainプラットフォームは社会的利益だけではなく、大きな収入源を生む可能性もあります。2018年、Consumer Survey on Digital Health(デジタルヘルスに関する消費者調査)の一部として、アクセンチュア社の委託により7カ国で実施された最新の調査によると、医療関係者や保険会社と個人のデータを共有してもいいと考える消費者は増加しており、また健康をモニターできる個人ガジェットの使用に対しても消費者の姿勢は開放的になっているとされます。

MediChainのブロックチェーン上に作成されたクラウドコンプライアンスにより、患者はどこからでも医療データを保存でき、どの情報を医療提供者や医師と共有するかを決定できます。さらに、医療記録はプラットフォーム上で匿名化され、鍵データはオフチェーンに保管されます。MediChain CEOのマーク・ベイカー医師は、これらの記録は様々なプレイヤーにとって興味深いビッグデータを構成すると語ります。「例えば、調査や新薬の試験を行う際に、弊社のビッグデータは製薬会社にとって魅力的です。保険会社が望むのは、当然のことながら、最新の医療の動向を把握することです。また、ヘルスケアのモバイルアプリ市場も成長を見せています。そのため、弊社はヘルスケアガジェットや端末のソフトウェア開発企業や製造会社もターゲットにしています」

MediChainプラットフォームにアクセスするには、無作為な患者のデータブロックの価値を示すMediChainユーティリティトークンの使用が必須です。一つ一つの医療データには、恣意的な値がMCUで付与されます。このMCUは米ドルでの医療相談価格と同等です。現在、MCUトークンは同社のICOにて販売されています。

ベイカー医師はトークン購入を考える人々に対して、さらに良いニュースを明らかにしました。「現在予想される収入源に加え、弊社はテキサス州のSwisher Memorial Healthcare Systemと提携を結びました。またテクノロジーソリューションプロバイダのCerner、Swiss SOS Registry、そしてオーストラリアの科学研究機関であるCSIROなどといった企業や組織からも関心を集めています」

MediChainのICOは2018年3月1日に開始され、2018年4月30日に終了予定です。

MediChain ICOページはこちら

Medichain公式はこちら

ICOMarket whatch

Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:ICOで成功を収めたSocialMedia.Market、今秋のプラットフォーム完全ローンチに向け準備を進める


ICOで成功を収めたSocialMedia.Market、今秋のプラットフォーム完全ローンチに向け準備を進める

ソーシャルメディアのインフルエンサーと広告主を繋ぐ初のブロックチェーンマーケットプレイスであるSocialMedia.Market(SM.M)は、1万3946ETH相当(約650万ドル)のトークンを売り上げ、3月16日にICOを終えました。
そのうち75%を売り上げたのは、アジア市場でした。 SMTトークンは特に日本で人気を集め、全体の70%が日本で購入されました。

SM.Mにとっての次なるステップは、3月29日に予定される購入者へのSMTトークン配布、最少でも2つから5つのトークン取引所への上場です。また、SM.Mは有力な広告主、インフルエンサー、ブロックチェーンサービスと戦略的なパートナーシップを確立していく予定です。今後のSocialMedia.Marketの展開には、分析ツールと動画コンテンツのレビュー機能を提供するNative Video Box(nvb.digital)との戦略的パートナーシップも含まれ、SM.Mのパートナーブランドと相性よく調和するでしょう。加えてTaklimakan Network (taklimakan.io) もSM.Mと緊密に連携し、ブロックチェーン業界における共同開発を行う意向を示しています。Taklimakanは、自社のブランド確立を目的としてSocialMedia.Marketのプラットフォームを使用する予定です。

SocialMedia.Marketは、TechCrunchのKeith Teare氏や株式会社バリューブレインの小野たつなり氏などを含む優れた顧問を迎え、豪華なアドバイザリーボードを形成しています。顧問の一人であるSonic Foundry社のAndrew Playford氏は、SM.MのICOを次のように称賛しています。「今回行われたSM.MのICOは素晴らしい結果に終わりましたが、何の驚きもありません。なぜならSM.Mは、マーケティングという観点において現在最も重要なブロックチェーンプロジェクトの一つだからです」また同氏は次のように述べます。「インフルエンサーマーケティングは、近年、その素晴らしい潜在力を見せています。ブロックチェーンベースのマーケットプレイスを開発することで、同分野で障壁となっているいくつかの大きな問題に対処できます。このプロジェクトは、もっと多くのブランドやインフルエンサーにとって利益をもたらすことになる、というのが私の予想です。SM.Mが、マーケティングというこのカテゴリーを再定義する存在に進化することを楽しみにしています」

SocialMedia.MarketのICOは、ICOBoxの監修のもとに実施されました。ICOBoxは、SaaS ICOソリューションの世界トッププロバイダであり、トークンオファリングの過程において、技術、法律、およびマーケティングのアドバイスを行います。ICOBoxで国際的PRとビジネスアナリティクスチーフを務めるDima Zaitsev氏は、SocialMedia.MarketのICO成功に対して祝杯の言葉を述べています。「SM.Mは、インフルエンサーマーケティングの分野で従事する人たちにとって不可欠なプラットフォームです。だからこそ、このプロジェクトはそのコミュニティによって強く支援されたのです」と同氏は語ります。「彼らの熱心な取り組みと専門知識のおかげで、ICO期間中にSocialMedia.Marketのチームは素晴らしい結果を残せたのです!我々は引き続きコミュニティと協力し合えることを喜ばしく思っており、また、同プラットフォームは将来的に成功を収めると信じています」。

SM.Mは、従来の広告は押し付けがましいと感じる視聴者が多いことを認識するブランドやインフルエンサー向けのソリューションとして開発されました。同プラットフォームは、特定の広告キャンペーンに対するインフルエンサーマーケティングの作品、実行、および分析の検索に焦点を当てた、自動化かつ一体化型のソリューションを提供します。SocialMedia.Market の詳細については socialmedia.market をご覧ください。

ICOMarket whatch

Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:Taklimakan Network、暗号通貨を広く浸透させるべくLinker Coinとコラボレーション


Taklimakan Network、暗号通貨を広く浸透させるべくLinker Coinとコラボレーション

 アマチュアの投資家を暗号通貨のエキスパートと繋げるブロックチェーンの金融および教育ツール、Taklimakan Networkは、3月30日(現地時間)、 Linker Coinと了解覚書(MOU)を締結しました。Linker Coinは複数の通貨を取り扱う取引所で、分かりやすい暗号通貨取引を提供しています。今回の了解覚書は、両社間にR&Dコラボレーション(協同的な調査および開発)のフレームワークを設けるため作成されました。

 この戦略的パートナーシップは当然であると言えます。なぜなら両社は、暗号通貨の技術を分かりやすく説明し、かつ誰もがその情報にアクセスできるようにすることで、暗号通貨を広く普及させるという共通の目的を持っているからです。Taklimakan Networkのプラットフォームは、個人の知識レベルにかかわらず、どんな投資家やトレーダー、暗号通貨の熱狂的ファンでも使用できる教育リソースとして開発されました。同社の目標は、人々の金融リテラシーや投資ツールに関する知識を向上させ、また、アナリストや暗号通貨コンサルタント、個人の投資家などを繋いで、同市場を一般に広めることです。Taklimakanプラットフォームのウェブおよびモバイルアプリでは、モデレーターが管理するニュースアグリゲーターや、同社の分析サービスを利用でき、加えてユーザーはクラウド上で行われる予測に参加できます。これらはすべて、暗号通貨の購入やトレードの際に、十分な情報を得た上での決定を行う上で役立ちます。

 ここでブロックチェーン通貨の取引におけるLinker Coinの専門性が発揮されます。例えば、十分な分析を行って暗号通貨の購入に興味を持ったとしても、一つの取引所ではすべてのトレードを行うことが困難な場合があります。さらに、eゲーミング、デジタル健康アプリ、その他ユーティリティプラットフォームなどを提供する暗号技術ベースの企業は、独自のユーティリティトークンを用いてユーザーに報酬を付与します。しかし、これらのトークンは、その隔離されたエコシステムの外では流動性や利便性に欠けることもしばしばです。Linkerプラットフォームは、暗号通貨、金融、eコマース市場を基盤とした多様な経済ネットワークとLinker Coinの間で内部的な取引をできるようにしたシステムの集合体です。Linker Coinは、誰もがニーズに合わせて通貨を自由に交換できる取引所だと考えていいでしょう。

 Taklimakan Networkの共同創設者兼CEOであるRashid Yussup氏は、暗号通貨の黎明期から投資を行なっていたブロックチェーン愛好家です。Rashid氏は自身の経験から、初心者はもちろん、従来的なトレーディングにおいて経験豊富な人にとっても暗号通貨がいかに不透明で理解し難いかを把握しています。同氏と共同創設者は、大きな可能性を秘めたこの新市場で取引や投資を行うために、明確な情報が得られる場が求められていることに気がつきました。「私たちは新規参加者が取引のトランザクションにおいて選択を間違うことなく、また不正サービスによる詐欺を防ぐこと特に目的として、Taklimakan Networkプラットフォームを作成しました」と同氏は語ります。「私たちの目標は、取引の経験にかかわらず、誰もが金融リテラシーとスキルを向上させて、暗号通貨市場で利益を得られるようにすることです。だからこそ、Linker Coinとの戦略的パートナーシップは非常に重要なのです。これより私たちは、同社のチームと共同で調査および開発を進めていきます。また、弊社の専門的なツールも、トレーダーや投資家らにさらなる柔軟性を提供するべくプラットフォームを構築する上で、Linker Coinにとって不可欠なものになるでしょう」

 Taklimakan NetworkのパブリックICOは2018年4月9日に開始され、6月9日まで継続予定です。同社のイーサリアムERC20標準TKLNトークンは、1枚当たり0.05米国ドルで販売され、まとめ買いには6つのボーナスレベルが設定されています。Taklimakan Networkの詳細については、taklimakan.io のホームページをご覧ください。

またLinker Coinの詳細については、www.linkercoin.com をご覧ください。

ICOMarket whatch

Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

ICOマーケットウォッチ:ICOBoxとBidiPassの提携により、シームレスで安全な取引をどこでも容易に


ICOBoxとBidiPassの提携により、シームレスで安全な取引をどこでも容易に

物理的およびデジタル取引用の安全なブロックチェーンベースの個人認証システムプロバイダであるBidiPassは、ICO向けSaaSソリューションのトッププロバイダであるICOBoxと提携しました。

これはプラットフォームに登録する消費者と金融機関が得る恩恵以外に、プロジェクトの財政面にも大きな意義をもたらします。Research and Marketsが2017年に発行した報告書によると、世界のモバイルマネー市場だけでも年平均38%以上の成長が見込まれ、2025年までに4,000億ドルを超える規模となる模様です。ICOBoxはBidiPassに包括的な技術、法務、マーケティングサービスを提供する予定です。

デジタル技術が進化するにつれて、顧客は自分たちの日々のニーズが即座に満たされることを期待します。これには、世界中のどこにいても、携帯電話、時計、タブレット、あるいはデスクトップコンピュータなど、あらゆるデジタルデバイスを使用して、自分の資金にアクセスする機能が含まれます。同時に、安全で信頼性の高いシステムも必要とされます。これにより、無数のクレジットカードやデビットカードを持ち運ぶ必要なく、関連するパスワードを覚えることもなく、資金を引き出し支払いを行うことができます。そのため、システムは個人情報と資産の両方を保護する必要があります。

残念なことに、大部分の銀行やその他金融機関はそのニーズを満たしておらず、これは部分的には1998年の世界的な金融危機以後、政府や当局によって課された資本移動の制限を含む追加の規制に起因します。さらに、多くの銀行は煩雑でサイバー攻撃を受けやすい旧来のシステム上で動作しています。2017年7月には、イタリア最大の銀行UniCreditがハッキング被害を受け、400,000件のデータが盗まれたとされています。一方、2017年12月に英国バーミンガム大学の研究者は独自のツールを使用し、数々の銀行が提供するバンキングアプリ内に、ハッカーがオンラインユーザーに簡単になりすませる深刻な脆弱性を発見しました。銀行や情報技術部門の著名な専門家で構成されたBidiPassチームは、これらの問題に対する答えを見つけたと考えています。

BidiPassプラットフォームは、取引におけるすべての当事者に対するソリューションを提供します。顧客に対しては認証を即座に行い、金融サービス提供者には新規顧客と潜在的な収益機会を提供します。このソリューションはBidiPassエコシステム全体で使用される、クイックレスポンスコード(QRコード)と、独自のトークンBidicoin(BDP)から構成されます。

銀行や金融アプリケーションは、BidiPassが提供する多数のオンラインおよびオフラインアプリケーションのごく一部にすぎません。ブロックチェーンベースのBidiPassプラットフォームは、デジタルID認証システムBidiKeyを通じて個人情報盗難のリスクを最小限に抑えます。モバイルユーザーは、暗号化データを含む独自の2次元コードを受信し、暗号化されたセッション鍵としてユーザーのサービスプロバイダを認証します。ユーザーのモバイルデバイスは、コード画像をキャプチャし、それを文字コードに変換します。モバイル機器個人認証のための同社独自の技術は、世界中での使用に向け特許を取得しています。この特許の潜在的価値は、権威ある特許および知的財産権会社Clarke & Modet, Co. によって数百万ドルと評価されています。

BidiPassのFernando Albarrán社長は、今や消費者が主導権を握っていると述べています。

「BidiPassは、シンプルかつ迅速に行われるシームレスで安全な金融取引を容易にします。同時に、すべてのプラットフォーム上の顧客は、1つのアプリケーションであらゆるデータを管理し、BidiPassネットワークに加わるすべての団体において自身のデジタルパスポートを使用できます。当社の洗練された技術を使用することで、金融機関は柔軟性を高め、従来のシステムに手を加えることなく新しい収益源の入手を可能とします。」新たなパートナーシップについて、彼はこう述べています。「BidiPassはプロジェクトを次のレベルに進める方法について、ICOBoxのICO専門家チームから助言を受け、前へ進むことを楽しみにしています。」
「私たちはお客様が神様と呼ばれるプロジェクトで働くのが好きなのです。」ICOBox共同創設者Nick Evdokimovはこう述べています。「消費者は金融取引を行う簡単で安全な方法を求めています。ブロックチェーンが提供する利便性は消費者に評価されており、BidiPassはこの技術の力を利用して彼らの望むものを提供しています。」

ICOMarket whatch

Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

欧州: 活況を呈する新ブロックチェーン環境、大小問わず企業を受け入れ


欧州: 活況を呈する新ブロックチェーン環境、大小問わず企業を受け入れ

最先端のデジタル通貨や仮想通貨がが世界各地で発展を続ける中、各国政府はこの新技術を理解し、活用する方法を模索している。フィンテックによるイノベーションは大きな利点を約束する一方で、法定通貨を取り巻く従来の構造を脅かし、将来的には貨幣の役割を取って代わる可能性すらある。

そのため、世界の中央銀行は、自国の通貨を大きなリスクに晒さずに、経済活力と競争力を促進する根本的に新しい金融と規制インフラを構築しなくてはいけないという難しい立場に立たされている、。各国規制当局は、完璧なバランスの確立に尽力しているが、多くは悪戦苦闘している。各国の反応は様々だ。中国や韓国などの一部の国は、イニシャルコインオファリングを完全に禁止するとの決定を下した。一方、これを新しいチャンスと捉えて多大な関心を寄せる国もあり、極端なケースでは仮想通貨を完全に受け入れる国も存在する。

とりわけ、世界の地域の中でも新しいデジタル通貨や仮想通貨を最も好意的に扱うのは、古き良きヨーロッパだ。2008年の金融危機で受けた大きな痛手を回復すべく、かつてないほどの固い決意を示している。その目的を達成するため、欧州規制当局は新興フィンテック産業の発展を促し、その経済的利益を地域にもたらすべく、法整備に迅速に着手した。欧州連合(EU)の指導者らは、情報の透明性と市場データ共有という点において、彼らが持つ理想の形とブロックチェーンが完璧に一致することを認識。それは、この新しい部門が特に歓迎される理由だ。
すでに欧州議会は行政執行機関に対して独自のブロックチェーンを構築するよう指示しており、今や欧州の各国は新しい投資を促進するインフラを整備するため、それぞれのアプローチを開拓中だ。

ジブラルタル、ドイツ、スイス、スペインは早期採用、支持を表明している。最近、スペインの国会議員らはブロックチェーンに対する投資を行うためのヨーロッパで最も安全なインフラの構築に取り組んでおり、ブロックチェーン企業を地元市場に誘致するためのさまざまな税制優遇措置を提供する法律を策定中であると発表された。ブルームバーグによると、スペインのTeodoro Garcia Egae議員は、同国政府は特に金融、教育、医療に関するプロジェクトに焦点を当てたブロックチェーン企業の誘致に狙いを定めている、と述べたという。同氏はまた、特別な規制を策定中であるとの見解を示した。その規制が実現すれば、スペインは、スタートアップ企業や大手企業がICOを行う場所として有力な候補地となるだろう。

他の欧州諸国と同様に、スイスは、差し当たってデジタル通貨と仮想通貨に対する特別な規制は敷かないとしている。同国政府は、慎重ながらも楽観的かつ歓迎的なアプローチを取り、その結果、クリプトバレー協会(Crypto Valley Association: スイス政府の支援を得て設立された、世界有数のブロックチェーンと暗号技術のエコシステムを構築する独立非営利団体)
)のような先進的機関が先導し、盛んに成長するブロックチェーンの環境が誕生した。当協会にはすでにKPMG、PwC、UBS、トムソン・ロイターなどの国際的巨大企業が参加している。

クリプトバレー協会の最新メンバーであり、通信業界初のブロックチェーン企業であるBubbleToneの創設者兼CEO、Yury Morozov氏は次のように話した。同協会は企業が新しいブロックチェーン技術をスイス経済とインフラに組み込む支援を行う、極めて重要な仕事をしていると考えています。また、私たちはブロックチェーンの専門知識を一般に広め、特に通信業界においてブロックチェーンにより最高のソリューションへの移行を支援したいと考えています」

そうとは言え、誰もがヨーロッパの流れに加わる準備が出来ているわけではない。Native Video Box(NVB)の専門家と顧問は、会社の登記場所を決定する際に、いくつかの選択肢を検討した。NVBチームは、ロシアと米国で豊富な経験を積んできたものの、これらの国々は真っ先に選択肢から外された。「すべての兆候は、米国における暗号通貨の完全な規制が差し迫っていることを示しています」NVB創設者兼CEOのAlexander Shishow氏はそう述べる。「すでに数百万ドル規模のICOが有価証券とみなされ、裁判所によってICOが中止された例もあります」一方ロシアは、これとは対照的に、この分野における一貫した法的構造を形成するには、まだ時間がかかる。ヨーロッパを検討するにあたり、当プロジェクトは英国とスイスの両方を検討していたが、仮想通貨トレーダーの匿名性が排除されるとの不満を聞きつけ、英国への接近は避けた。スイスはより詳しい調査の対象にはなったものの、最終的には除外された。その理由は、一般データ保護規則(GDPR)にある。「スイスの良識を信じてはいますが、この規制は時限爆弾です」とShishow氏は述べる。「最終的に、古くから頼りにしているオフショアに決定しました。私たちは有利なビジネス環境を持つセイシェルを選びました。いつでもセイシェルから移転することは出来ますが、その逆は難しいかもしれません」とShishow氏は結論づけた。

ブロックチェーンの最も熱心で影響力のあるサポーターの一人、Keith Teare氏は、Techcrunchをはじめとする、数多くの成功したシリコンバレーおよび国際プロジェクトの創設者であり、最近終了したCrypteriumトークンセールを含む、現在進行中の、または過去に開催された複数のICOでアドバイザーを務める。Shishow氏とは逆に、彼はスイスの努力を熱烈に歓迎している。「イニシャルコインオファリングのクリアで透明性と信頼性の高いインフラは、非常に多くのニーズがあります。ICOは、新興企業や既存の企業が革新的な製品とサービスを市場にもたらすための素晴らしい方法です。この重要なツールをハイテク企業が容易に利用できるようにしてくれたスイス政府に称賛を送りたいのです」

Teare氏のこの感想には、彼の同業者仲間であり、世界有数のSaaS ICOソリューションプロバイダであるICOBoxを含む、数多くのブロックチェーンプロジェクトの顧問および共同創設者である、Nick Evdokimov氏も賛同を示す。「政府が主導するこのような取り組みは非常に価値が高いものです。これらは、国家が世界市場で確固たる競争優位性を得るための最も強力な方法の一つです。しかも迅速で、多くの資金を費やすこともありません。これこそ、国家とブロックチェーンコミュニティの双方にとってウィンウィンと呼ぶべきものです」

仮想通貨の時価総額は、近い将来数千億ドルにも達するとの予測を受け、世界各国の規制当局は、いくぶん慎重ながらも、同産業に関心があると伝えている。しかし、果たして多くの選択肢はあるのだろうか?分散型台帳としての性質上、ブロックチェーンは至るところに存在し、いくぶんかつかみどころがない。賢者であれば理解しているように、倒せなければ、加わるしかない。このような合理的な姿勢が根付いていく様が見えるのは、喜ばしいことだ。

ICOMarket whatch

Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

 

1 2 3