マイニングラボ:データセンターでマイニング始めました。

DC50tiラック

先日やっとデータセンターの工事が終わったので、マイニングの機械達をデータセンターに運んできました。
今までは専用の場所がなかったので、とりあえずラックに入れてましたが、今回はマイニング用にスペースを確保してきました。※下の写真は今までのマシンです。
DC稼働中

電源は200V対応のものにしてますので、200Vでの運用になります。

DC電源

bitmainのASICも一つ電源が足りてなくて動かせなかったものが、200Vのおかげで電源ひとつで動かせるようになりました。追加で動かしたものはBCHをマイニングしてみます。棚を忘れたので仮置きしてます。
DCASIC


DC50tiラック
とりあえず、50tiを13枚差しにしたものを6段積んだラックを置きましたがまだまだスペースありそうですね。
現在のマシン情報:GTX1050tiの100枚分、ASIC6台分、今までマイニングしてきた機械のGPU約40枚分

ざっとある分だけでもすごい電気代になりそうですね。部屋の中のマシンを運んで行けば家の中が片付くでしょうか。

電気代や騒音の関係で、家の中でマイニングするには、限界があると思います。
今後は、マイニングしていて困っている方向けに余った場所をお貸しできたらと思っております。その分電気確保しないといけないですが。。。

マイニングリグは掃除してますか??


先日リグが止まっていたので、再起動する前に一旦マシンを掃除しました。

とはいっても忙しさを理由に最近は手入れをさぼっていたのですが。。

GTX1070ですが、ものすごく汚いですね。

とりあえず取れる埃は専用ブラシや綿棒を使って取り除き、エアダスターで埃を吹き飛ばしていくのですが、

全部掃除しているとエアダスターが意外と早くなくなってしまいます。

機械の故障、火事の原因、効率の低下につながるのでこまめにマシンは掃除しましょう!!

ポータブルハードディスクでSTORJをファーミングしてみた。


昨年9月から『STORJ』のファーミングをしているのですが、現在毎月およそ3,000円のSTORJが入ってきてます。

STORJのファーミングの方法についてはこちらからどうぞ

STORJでストレージ貸出をしてみよう!①

今まではSSD、HDDやSSHDを基本にしてつないできましたが、今回はポータブルHDDを使ってみようと思います。

今回はWDの1TBを用意してみました。(※ダメだったときにただの保存用になってもいいように。)

フォーマットの必要もなく電源もいらないので、パソコンにただつなぐだけで認識しました。

GPUとは大違いなくらい簡単です。

後は、『STORJ SHARE』のアプリから、IPの固定をして、ポートを解放した後にウォレットの設定
、貸出容量の設定、ポート入力、ホストアドレスの入力を行うとものの10分程度でファーミングの設定が終わりました。

1時間もしないうちにすぐにシェアも出たので次からは、ポータブルHDDでファーミングを試して行こうかと思います。
(※再起動した際にそのまま認識するかがまだ不明です。)

STORJについて

GPU100枚分マイニングリグ組み立てました。


最近GPUが高くて、困っております彫電さんです。

先日1月に注文していたパーツがそろったので、さっそくリグを組み立てました。

スペックは以下の内容です。

マザーボード ASRock『H110 PRO BTC+』
CPU Intel『Celeron』
メモリ CRUCIAL『DDR4-2400-4GB』
GPU GTX1050ti-4GB×13枚
電源 coolermaster『V750』×2台

OSはlinuxでストレージは一つにする予定です。

今回はGPUは枚数が手に入るもの、予算、価格等を考慮してGTX1050tiにしました。

ケースは普通のラックに穴をあけてネジで固定し1枚の板に13枚差しのマシンを1台で作りました。

実際に稼働のテストはこれからになりますが、今回組んだリグは全部で17,000solのパワーになります。

1月頃に比べると価値が半分になって回収が少し難しくはなっておりますが、今週これを空調完備されたデータセンターに運ぶ予定なのでどのくらいの収益を出していくか楽しみです。

ZCLハードフォークで大暴落


先日、ZCL(Zclasicc)がハードフォークをしてBTCP(ビットコインプライベート)が誕生しました。

BTCP(公式)

アルゴリズムは、『Equihash』なのでGPUでマイニング可能なようです。

早速suprnova.ccの中にマイニングプールができてました。

自分が見つけてないだけかもですが、まだ、上場していない?ようですが、これからどこかに上場していくのでしょうか。

とりあえず今までZCLをマイニングしていたGPUはZECに戻して、1台だけ『BTCP』をマイニングしてみようかと思います。

ZCLは暴落前にほとんど売り払っていたので上場しなくても大きな損にはならずに済みました。

いまではZCLは1,000円くらいまで落ち込んでいるので10分の1以下の価値になっているようです。

bitmainのantminerT9+の検証

antminerT9+

先日、Bitmain社のASICが在庫があったので2台だけ購入してみました。

Bitmain

当時の価格は約2000USDでしたが今だいぶ安くなってるみたいですね。

antminerT9+

ワット数を確認せずに電源も2個購入したのですが、後でよく見ると、100Vでつなぐときには電源が2つ無いと動かないようです。

対応しているアルゴリズムは、『SHA256d』なのでマイニングできる通貨はBTC,BCHなどです。

最近でてきた、ライトコインキャッシュ(LCC)もマイニング可能なようです。

購入した後でわかったのですが、いくつか問題点があります。

まず、音がすごい。家でGPUをつなげてマイニングするものと比べると、天と地くらいの差があります。

慣れても我慢できない音が鳴ります。迷わずデータセンター送りにします。

次に、先ほど述べた電源についてです。

200Vでつないだ場合は、電源は1台でよいのですが、100Vでつなぐ場合は2台必要なようです。

自分の環境をよく確認してから購入しましょう。

後は、回収までが長い。

ASICのイメージは特定のアルゴリズムに特化しマイニング専用機器ということでGPUなどより良い回収率を持っているイメージでしたが、計算して分かったのですが、電力もかなり使うので、回収が大変です。

自宅で回したら、音はうるさい、回収はできない、電源が多く必要などデメリットがとても多く有ります。

なので、ASICを購入する際はみなさん自分の環境を改めて確認する必要がありますのでお気を付け下さい。

現在データセンターにマイニング専用スペースを確保中です。

ælf(ELF)をエアドロップでGET!!


最近よくエアドロップの文字をツイッター上で見るのですが、持ってるだけでトークンをもらえるので仮想通貨やマイニングに詳しくない人にはリスクなくトークンをもらえるよい機会かと思います。

waves等も持ってるだけでいくつかのトークンももらえます。※ウォレットに入れないとだめですが。

その中で、ツイッター等でフォローしたり、いいねを押したり、リツイートするだけでもらえる通貨があるようです。

バイナンスにも上場しているELFです。良かったら皆さんもこの際試してみてください。
実際に昨日登録して1日で0.4ELFもらえました。


ELFに登録しよう。

まずは、ELFのエアドロップ用のURLにアクセスしましょう。

ELFエアドロップアクセスすると下記画面が表示されます。

メールアドレス、パスワード、パスワード確認用、紹介コードを記入して私はロボットではありませんにチェックをしてSUBMITをクリックしましょう。
※紹介用コードなしで登録を試みたのですが登録できませんでした。


登録したら上記のような確認メールが届きますので、リンクをクリックしましょう。その後、ログインしたら登録完了です。


ELFでポイントを稼いでトークンをもらおう

ログインすると以下の画面が表示されます。

基本的に自分がSNS等で拡散したりすることで得られる『Assignment Points』と紹介者のSNS拡散などで得られる『Influence Points』の二つになります。
何をするかは簡単です。テレグラム、github、ツイッターのつなぎこみやフォロー、ツイッターでのリツイート、いいね、リプライ等を行うとそれぞれに応じたポイントをもらえます。
そのポイントが全体のポイントの何パーセントになったかで、1日に1回報酬が支払われます。全体の報酬は1000ELF/日で紹介での報酬は500ELF/1日になります。
リセットの時間は日本時間で14時です。


ELFは広告などのうちの12パーセントをこのMarketing/AirDropに費やす予定で、3年以内に終了する予定だそうです。
ポイントが決まっていて全体の報酬額も決まっているので参加はなるべく早い方が多くの割合をもらえるでしょう。


ELFエアドロップを紹介しよう

管理画面の『Influence Points』をクリックすると、画面の右側に、『Copy the inzitation link』と青文字で書かれたテキストがあるのでそこをクリックしましょう。


すると以下のような自分の紹介用URLが表示されますのでツイッターなどで拡散して知り合いなどに登録してもらいましょう。

ウォレットの登録も必要なので忘れずに行っておきましょう。
後は、毎日フォローしたりつぶやいたりすることでトークンがもらえます。がんばってみてください。初日の報酬は100円程度でした。


以下のページも参考にしてください。
マイイーサウォレット(MEW)の使い方

バイナンス(Binance)日本語対応の取引所、登録(出金上限アップ)、使い方について

マイニングマシンをデータセンターに運びました。


おはようございます。ほりでんさん@マイニングラボです。

先日、データセンターにマイニングのマシンを設置しようとの事で、マイニング用のフレームを購入して、設置を行いました。

映っているマザーボードは『msiのZ370 PC PRO』(intel第8世代)ですが、このマザーボードはそもそも同時に4枚しかPCIEが使えません。なのでマイニングには不向きなので、使わないようにしましょう。

組み立てた後に、GPUを追加するため、『ASUS Z370-A』(intel第8世代)のマザーボードに変更しました。

こちらは、PCIEが7個あるので初めから7個のGPUを動かすことができます。

マザーボードASUSPRIMEZ370-A『ASUS Z370-A』(intel第8世代)

最近はなかなかグラフィックボードの在庫がなくなってきているので、メーカーなどはバラバラですが、GTX1070、1070ti、1080tiを中心に7枚設置をしてデータセンターに運びました。

マイニングリグデータセンター

奥に小さく見えるのがGTX1050tiです。こちらは補助電源がいらないためあと1枚等や電源買い替えるのがというときに重宝します。

GTX1050ti『msiGTX1050ti』

こんな感じでラックに収まりそうなので、今あるリグを全部載せ替えていきます。

データセンターに置くことで電気代を抑えて、温度管理も行えるので、マシンの持ちもよくなるはずです。

リモート設定して、いつでも起動できるようにして、これから3台組み立てます。

ちなみにフレームはオリジナルで作ろうかと思ってますが、今回は間に合わなかったので、ツクモさんで買ってきました。⇒⇒⇒ツクモ福岡店

ほりでんさん@マイニングラボ

zclassic(ジークラッシック)をマイニングしてみよう。


ほりでんさん@マイニングラボです。

GPUを分散させて、年末から色々なコインをマイニングするようにしました。

その中で注目していたのが、ZEC(ジーキャッシュ)と同じアルゴリズムのEquihash系のコインです。

普段suprnovaのプールをよく使うのですが、そこには、ZCASH、ZENCash、ZCLASSIC、komodo、Bitcoinz、HUSHなどがあります。

今回はその中でZCLASSIC(ジークラシック)のマイニングをやってみました。

まだ、パソコンを用意していない方はこちらを参考にパソコンをそろえてください。

マイニングを始めてみよう!


ZCLのsurnova.ccのマイニングプールに登録しよう。

パソコンを組み立てたらまずは、suprnova.ccに登録しましょう。
ZCLpooltop
https://suprnova.cc/

ZCLマイニングプール(suprnova)
サイトにアクセスしたら、右上の『guest』から『sign Up』をクリックしてアカウントを作りましょう。
ZCLpool登録

  • Username
  • Password
  • Email
  • PIN
  • I Accept・・・
  • 私はロボットではありません

に記入、チェックしたら『REGISTER』をクリックしましょう。
zclpoolhelp
その後『HELP』の『Getting Started』をクリックしましょう。こちらにマイニングまでのスタートガイドが載ってます。
ZCLマイニングスタートガイド


マイニングのワーカーを設定しよう

スタートガイドを確認したらまずはワーカーを作成しましょう。

マイアカウントのマイワーカーをクリックしましょう。

ここでワーカーネームとワーカーパスワードを記入してワーカーを作成します。
ここで記入したワーカーネームとパスワードが後程のbatファイルに必要になるので覚えておきましょう。


マイニングソフトのダウンロード

ワーカーの作成が終わったら次にマイニングソフトをダウンロードしましょう。
RADEONとNvidiaで使うソフトが違ってきます。
『Ggetting Started』にいくつかソフトがございますが、私はこちらのソフトを使ってます。
RADEON系:Claymore’s ZCash/BTG AMD GPU Miner
Nvidia系:EWBF’s CUDA Zcash miner

ダウンロードしてソフトを展開したら、マイナーのフォルダにbatファイルを作成します。
ファイル名は自分が分かれば何でもよいですが、『Startzcl.bat』等にするとよいかと思います。それぞれのファイル内容です。
Claymore’s ZCash/BTG AMD GPU Miner:
『ZecMiner64.exe -zpool zcl.suprnova.cc:4042 -zwal YourUsername.YourWorker -zpsw YourWorkerPass』
EWBF’s CUDA Zcash miner:
『miner.exe –server zcl.suprnova.cc –user YourUsername.YourWorker –pass x –port 4042』
ここまで設定できたらbatファイルをダブルクリックしたらマイニングスタートします。


受取のウォレットアドレスの設定

マイアカウントのエディットアカウントから登録できます。
paymentアドレス登録

zclassic公式
取引所は、ビットレックス、クリプトピア、トレードサトシ、c-cexで取引できるようです。
こちらからアドレスを取得してマイアカウントに登録したら自動的にたまったら送金されるようになります。
※一部登録制限などがあります。

先月とくらべたら倍以上になってますので、今後も用注目ですね。

よく使うマイニングプールの紹介


個人がパソコンを使ってマイニングをする時にマイニングプールを使って行うことが多いと思いますが、通貨によって変えたり、パワーや手数料によって変えたりすることがあるかと思います。
どこを使ったらいいのかと迷ったりする時にここに載せているマイニングプールを参考にしてみてください。

マイニングプール

suprnova

私が良く使うのがsuprnova.ccです。

こちらは、コインの種類も多くサイトは重いことがありますがマイニングは問題なく動いてます。ユーザー登録をしてユーザーネームやワーカーネームを設定するタイプのプールです。
現在は以下のコインがマイニングできます。

  • Bitcoin Cash(BCH)
  • Bitcoin Gold(BTG)
  • Vertcoin(VTC)
  • MUNCoin(MUN)
  • ZCoin(XZC)
  • ZERO(ZEO)
  • Polytimos(Poly)
  • Electroneum(ETN)
  • Straks(STAK)
  • SmartCash(SMART)
  • Minexcoin(MNX)
  • ZCLASSIC(ZCL)
  • ZENCash(ZEN)
  • ZCASH(ZEC)
  • BitcoinZ(BTCZ)
  • BitSend(BSD)
  • Bitcore(BTX)
  • Einsteinium(EMC2)
  • Komodo(KMD)
  • ZDASH(ZDASH)
  • DashCoin(Dash)
  • Lbry.io Credits(LBC)
  • Ethereum(ETH)
  • UBIQ(UBQ)
  • Decred(DCR)
  • Chaincoin(CHC)
  • Siberian Chervonets(SIB)
  • EuropeCoin V3(ERC)
  • MonaCoin(MONA)
  • GroestlCoin(GRS)
  • Digibyte(DGB)
  • GameCredits(GAME)
  • StartCoin(Start)
  • FlorinCoin(FLO)
  • Litecoin(LTC)

miningpoolhub

musicoin等をマイニングする時に使うのがこのプールminingpoolhubです。

suprnovaと比べたら結構同じものがリストされていますが、Musicoinをマイニングする時に大体こちらを使ってます。あとは現在Zcoinのマイニングも行ってます。イーサリアムのデュアルマイニングする時のSiacoin(SC)はこちらのプールが使いやすかったです。
このプールもsuprnovaと同様に会員登録が必要なプールになってます。


マイナーゲート(minergate)

慣れない人向けのマイニングプールの代表がマイナーゲート(minergate)でしょう。
私はMonero(XMR)をマイニングする際にXDNのデュアルマイニングで利用しています。(少し手数料が高いですが。)

こちらは、Crypto Nightのアルゴリズムの通貨が非常に多くリストされてますのでそちらをマイニングする際はこのプールを選んだらいいと思います。
アンドロイドでアプリが出ているのでアンドロイドでのマイニングも可能です。


フライプール(flypool)とイーサマイン(ethermine)

こちらは、会員登録が必要ないプールになってます。
ZECとETHとETCがリストされており、それぞれのウォレットがユーザーのアカウントの代わりになります。
flypool

ethermine

どちらもパワーが強いので安定的にマイニングできるので長く使う分には良いプールです。
Zcashをマイニングする時はこちらのプールをよく使ってます。


LAPool

こちらは最近はやりのBitzenyのマイニングの際に使用してます。LAPool
リストが特殊なのでそれ以外には使っていません。

他のプールと違い日本語でお問合せができるので困ったときは非常に助かります。

1 2 3