PR:e -ChatのICOが最終ラウンドに入ります。


真実の探求者、地方分権の安定した信者、このニュースはあなたのためです! ブロックチェーンに基づく最初の革新的なメッセンジャーは、ICOの第3ラウンドを実行しています。 e-Chatチームは、ソーシャルインタラクションと金融取引の機能を1つのdappにまとめることができました。最高レベルの暗号化と安全なプロトコルにより、あらゆる種類の干渉や詐欺から安全に保護されます。 e-Chat暗号トークレットはメッセージングプラットフォームに統合されており、通信プロセスの途中で友人や愛する人にお金を送ることができます。さらに、クリプトライクの革新的なオプションによって導入されたニュースフィードで、オンラインで支払いを行い、友人の投稿をサポートすることができます。

e-chatICO第3ラウンド

1月初めから、スタートアップは第3回ICO第3回目を迎え、第3ステージは2018年1月22日から1月31日まで続きます。

e-Chat(イーチャット)によって発行されたトークンを購入することにより、ICOに参加しますe-Chatメッセンジャーを手に入れ、収集した資金を使って機能強化し、既に機能しているe-Chatの最初の分散型メッセンジャーに新しい機能を導入することで、プロジェクトが浮き出るのを助けます。 1つのECHT、e-Chatトークンの価格は$ 1.20です!これは、ICOのこの段階で提供される割引が20%であることを意味します。次の第4回目と第5回目のe-Chat ICOの第3ラウンドは、それに応じて1 ECHTの価格が1.275ドルと1.35ドルと不利になります。また、ICOが終了するとすぐに価格がさらに上昇することは明らかです。今すぐe-Chatに投資するチャンスをお見逃しないでください!

Google PlayまたはApp Storeでアプリケーションをダウンロードできます。
高度に熟練したe-Chatの国際的な管理チームは、さまざまな会議やブロックチェーン会議に参加し続けています。彼らは積極的にe-Chat(イーチャット)についての言葉を広めています。それらのすべては、ブロックチェーンの開発、財務、マーケティング、ビジネス分析などで経験豊富で高度に熟練した専門家です。
e-Chatニュースフィードに従って、すべてのe-Chatニュースと投資のマイルストーンを知ることができます。

※原文そのまま


Unit 25A,
Wing Hing Commercial Building,
139 Wing Lok Street,
Sheung Wan, Hong Kong
+8 (528) 009-06441 – Hong Kong
https://investors.echat.io

【第2弾:今後の予定編】海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー


開設6ヶ月で月500万PVまでに成長したモンスター級の仮想通貨情報サイト、見どころは海外ニュースをいち早く日本語化して配信、またブロックチェーン企業インタビューなど情報発信や毎月のイベント情報も充実しています。

配信元のURL

【第2弾:今後の予定編】海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー
記事の配信元
仮想通貨のニュースサイト CoinPost
急成長を遂げるBinance、2018年はさらなる事業に挑戦
Binanceは2018年までには最も高い取引量を誇るプラットフォームを目指しています。対応言語、オフィスの数、チームも増やしていくそうです。今後、仮想通貨界でのキープレイヤーとなるでしょう。
Binanceが日本にて取引所を作る予定を発表
日本の環境を高く評価し、日本に仮想通貨取引所を作る予定を発表しました。binance.jpの誕生が今後ありえるかもしれません。(日本円↔ビットコイン)

今回はBinanceバイナンス(Binance)インタビュー記事第二弾です!

Binance取引所の今後の予定、目標についてインタビューしてきました。

他の海外の取引所が日本の市場にも参入することを示唆したコメントもあります。今後の海外取引所のビジネスはどのように進んで行くのか、日本仮想通貨取引所と比較してみてはいかがでしょうか?


Binanceの今後の展開/質疑応答内容まとめ


Q9.Binanceはボーダレス取引所だと思うのですが、今回日本に来た理由、日本支社を作る理由を教えてください。

Ted氏

Binanceがボーダレス取引所であることに間違いはありません。

Binanceは世界的な大企業のように日本や各国へ進出していきたいと考えています。

将来的なゴールとしては発展途上国、それぞれの国、地域(特に中都市)にBinanceチームが存在するまでに成長したいと思っています。

東京を選んだ理由は我々の歴史・背景が関係しています。CZを含むたくさんの創業者が日本で長い時間を過ごしたことがある上、日本の仮想通貨の法は世界的にも透明性があり、優れているのが大きいです。

また東京にいるインターナショナルな人材を生かしたいとも思っています。

Q10.チームメンバーは何人いるのでしょうか?

CZ氏

東京のオフィスには12名、世界的では合計98人います。

Q11.複数の言語を使ってサイトを運営している理由を教えてください。

Ted氏

私たちは“最先端のローカリゼーション”に力を入れています。

かつて、企業は商品やウェブサイトを通して顧客に足を運んでもらい、顧客は企業のルールに従うことが当たり前でした。

私たちは変革的なフィンテック/ ブロックチェーン企業・ブランドを目指します。

それを目指すためには、世界中の文化や国に繋がる必要があると考えます。したがってウェブサイト上に母国語があるという単純なコンセプトですが、それをとても重要視しています。

現在は日本語、英語、中国語、韓国語、ロシア語、スペイン語、フランス語に対応していて、いずれは全世界の言語に対応したいと思っています。

それはもちろんグーグル翻訳のようなレベルではなく、母国語に匹敵するものです。

実はウェブサイトに載せる言語が正しいかどうかをコミュニティに確認してもらっています。

世界のユーザーを尊敬することを大切にしているので、言語化に力を入れているのです。

CZ氏

日本という国が経済的にとても大きな国になると思ってます。今、とても良い意味で世界が狭くなっています。

日本のマーケットに根付くには日本語だけではなく、その言語を話すカスタマーサポートチームが必要です。

現在は日本国内の企業と商談中で、これを現実化させようとしている段階にあります。

最後に、日本は私たちにとってとても大事なマーケットです。私たちは日本のユーザーが好きですし、彼らもBinanceを気に入ってくれています。

日本は世界的にも仮想通貨に対して法的にフレンドリーなので、いずれ世界を先導する市場に成長するでしょう。これらの点を含めて日本にオフィスを作ることに決めました。

Q12.仮想通貨交換事業者の登録が完了した、たくさんの日本取引所がありますが、Binanceと日本取引所の違いを教えてください。Binanceは今後、日本の取引所として登録していくのでしょうか?

CZ氏

日本の登録取引所との違いは、円と仮想通貨の交換を行わない点です(法定通貨の取引をしない)。

私たちは仮想通貨だけの取引に対応しているため、仮想通貨に馴染んだコアな方々に向けた取引所なのです。

日本の取引所は円の取引に対応しているため、より仮想通貨初心者向けです。

プロダクト面を話すと、日本国内の取引所のプロダクトと違い、ほぼ全ての機器に対応しています。iOS、アンドロイド、PCなどです。

多国語のカスタマーサポートを提供するため、我々のターゲットはとても国際的だと言えるでしょう。

企業文化面を話すと、国内ではGMOなどの大手企業がバックアップしている取引所が存在します。

仮想通貨界では大きいチームですが、国内企業と比べるとBinanceチームは小さい方かもしれません。しかしチームが小さいからこそ適応力があります。

登録に関して言えば、日本のパートナーさんと協力してbinance.jpのような形で将来国内市場に適応していきます(日本円↔ビットコイン)。

Q13.Binance コイン(BNB token)とはどのようなコインなのでしょうか?

CZ氏

Binanceコインはユーティリティトークンです。Binanceコインを使いBinance.com上で発生する手数料を払うことができます。

今ならBinanceコインを使うと50%のディスカウントを得ることがきます!

二つ目の機能としては今後のイニシアティブの助長する役割を果たします。従来では異なる仮想通貨間取引(代表例:イーサリアム↔ビットコイン)の提供をしてきましたが、近日新しくBNBコインを使った取引が可能になりました。

多数のユーザーがディスカウントのためにBNBの保持を推薦している上、BNBを使った取引は手数料が発生しません。

さらにCZは毎四半期の経営成績を発表しています。私たちは利益の25%を使いBNB購入し消費しています。

つまり総供給は時間とともに減少するように設計されているため、BNBの潜在価値はプラスになるのです。

最後に、今後BNBの新しい利用法を模索しています。現時点でたくさんのパートナーと商談をしていて、彼らのプラットフォームにBNBを載せることにすごく興味を持っています。

一例では、バーチャルギフトの支払い、弊社Launchpadを使ってICOをする際(イーサやBTCではなく)BNBを使った投資ができる機能を開発中です。

個人的な意見を言うとBNBはとても優位な投資です!

Q14.2018年、それ以降のBinanceの目標は何でしょうか?

CZ氏

シンプルに仮想通貨界でBESTな取引所になりたいです。

世界で一番フレンドリーで、安全で、安定し、信頼される取引所を目指しています。そしてLaunchpadは最も公正でスムーズなICOプラットフォームに、Labは最もいい事業を選択し、その事業の成長に貢献できるようにします。

つまり仮想通貨界でキープレイヤーとなるわけです。

短期的な目標として、2018年までにもっとも取引量を誇るプラットフォームを目指します。対応言語を増やし、オフィスの数、チームも増やします。

NGO Binanceというボランティア団体がいて、約30ヶ国の場所で団体が活動しています。彼らの団体もいずれは正式なチームとして一員にしたいと思っています。

この成長軌道にスムーズにのり、成長をし続けることが2018年の目標です。

Q15.Binanceが今後行おうとしているプロジェクトはありますか? 

CZ氏

今この場では詳しく説明はできませんが、現在開発中のプロジェクトはたくさん存在します。

今後PCの方で多数のアップデートがあるでしょう。どの競争者にもない新しい機能を追加する予定です。アンドロイドのアプリやiOSのアップデートも近日行われる予定です。楽しみにしていてください。

【第1弾:紹介編】海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー


開設6ヶ月で月500万PVまでに成長したモンスター級の仮想通貨情報サイト、見どころは海外ニュースをいち早く日本語化して配信、またブロックチェーン企業インタビューなど情報発信や毎月のイベント情報も充実しています。

配信元のURL

【第1弾:紹介編】海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー
記事の配信元
仮想通貨のニュースサイト CoinPost
CoinPostが仮想通貨取引所Binanceに独占インタビューを実施
2017年7月に設立後、1日の取引高が世界ベスト5入りするまでの急成長を遂げた仮想通貨取引所です。9月には日本語対応を開始し、日本支社も設立しています。
全3回のインタビュー記事を公開予定
かなり長時間のインタビューとなりましたので、3回に分けてお届け致します。

2017年7月に設立し、9月に日本語対応、そして日本支社を設立中の香港の仮想通貨取引所「Binance」は、1日の取引高が世界ベスト5入りする程までに急成長を遂げ、世界の取引所の中でも大手と言えるほどの規模を誇っています。

取り扱い通貨数は現在(※11月27日)79種類と非常に多く、設立から4ヶ月とは思えないほど通貨を続々と上場させています。

また、新たに上場する通貨をユーザーの投票で決定するという非常に画期的な取り組みを行っています。

そして最近では、様々なビットコインの分裂に対応し続けていることが話題になっています。

10月24日のBitcoin Gold、11月24日のBitcoin Diamondと続けて対応し、付与することを発表していたため、日本人投資家の中でもBinanceにビットコインを保管していた方々が多くいるでしょう。

取引手数料に関しても0.1%とかなり安いです。

更には、独自通貨であるBNB(Binance)トークンを使って取引することで50%OFFの0.05%となります。

日本では海外取引所といえばBittrexやPoloniexが馴染み深いと思われます。

しかし、それぞれの手数料を見てみると、Poloniexは0.15%~0.25%、Bittrexは0.25%なので、Binanceの方が安いです。

今後も注目度が高まっていくと思われるBinanceに、CoinPostが独占インタビューを行いました。かなり長時間のインタビューとなりましたので、全3回構成となっています。

インタビュー動画についても公開許可を頂きましたので、Part.3 記事内でまとめて全編公開致します。

公開許可をして頂いたBinance社及び長時間のインタビューにご協力頂いたChangPeng Zhao氏(写真左)、Ted氏(写真右)に御礼申し上げます。

Binance公式サイトはこちら


質疑応答内容まとめ


Q1.お二人の自己紹介をお願いします。

CZ氏

私の名前はChangPeng Zhaoです。仮想通貨界ではCZと呼ばれています。

仮想通貨界に入る前はBloomberg NY支社で働き、その後会社を設立し8年間働きました。

2013年にBlockchain.info社に入社した事をきっかけに仮想通貨業界に入りました。

Blockchain.infoではNicholas Cary氏などと一緒に仕事をしました。

一年後その会社を去り、OkCoin(中国大手取引所)で仕事をした後、再び独立をし交換システムの会社を立ち上げ、それが今のBinanceに発展しました。

Ted氏

私の名前はTedです。友人はテディと呼んだりもします。

私は常にビジネスとテクノロジーに熱心で、米国コーネル大学でコンピューターサイエンス学修士を得ました。

卒業後15年間はインターナショナルマーケティング・ブランディング組織に携わり、多種のテクノロジーの変化や部門の経験をしています。

2002年にはASUS PC部門で働き、その後モビリティ部門に異動しました。

Binance社に加わる前は、ヨーロッパのクラウド・Big Data・ハードウェア・ストレージを販売する企業でEMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)地域を管理していました。

ある日CZからの一本の電話があり、彼のブロックチェーンに対する情熱に惹かれて、この世界に入りました。

BinanceではHead of International Markets部門を指揮しています。

この部門はリサーチチームとInternational Expansion(インターナショナル拡大)チームに分かれています。

大きく貢献できることに期待しています。

ずっとテックの世界に興味があり、15年前にアメリカのコーネル大学でcomputer science 学部を卒業、15年間自分で事業をしたり2000年にはASOSで働いていたりしていました。

ヨーロッパでcloudデータの会社の経験があって、2017年CZから電話あり、彼のブロックチェーンに対する情熱に惹かれて、この世界に入りました。

Q2.バイナンスとはどういった会社ですか?また、Binance の企業理念を教えてください。

CZ氏

Binanceは仮想通貨交換プラットフォームです。

我々のビジネスは一種の仮想通貨と他の仮想通貨を交換するサービスを提供することです。

仮想通貨に限定するのではなく仮想資産、すなわちトークンやコインなどの資産であれば取引が可能です。

取引所以外にも事業を拡大していて、現時点では取引所の他にBinance Launchpad(ICOプラットフォーム)、Binance Lab(テクノロジーインキュベーター)があります。

現在Binanceのエコシステムはこの3つによって成り立ちます。

企業理念:我々は“全ての物”がトークン化できると信じています。

国、州、企業、チーム、人、すべてのものがトークン化されます。

トークン化されるということは全てに価値がなければならず、そこには取引所として大きなビジネスチャンスがあると思っています。

Q3.バイナンスは香港が本社の取引所で間違いないでしょうか?

CZ氏

元々事業を立ち上げた時はBinance社の登録は香港でスタートさせたのですが、今はカマルアイランド(Cayman Island)に本社を移そうとしています。

Q4.中国から規制が香港まで影響することを懸念しています。

本社が今まで香港にあったということで、Binance に関して安全面を加味し取引所を使わなかった方々がいるのも事実です。

バイナンス取引所を使う安全面を教えていただいてもよろしいでしょうか?

また、香港と中国の政治の違いについてもお話して頂けますと助かります。

CZ氏

香港と中国の関係はとても面白いです。

中国の規制や政治ルールは香港本土には影響されません。

なので、今回中国の政府からのICO規制などもありましたが、バイナンスは香港を本社としていましたので、今回は規制の対象にはなりませんでした

それにより事業を停止する必要がなく、続けてサービスの提供ができています。

ですので安全に取引をすることができます。

さらに今後はカマルアイランドに本社を移すので、もし香港の規制が厳重になったとしてその影響を受ける事はないでしょう。

Q5.新しい通貨を上場する際にどのように上場する通貨を選んでいるのでしょうか?

Ted氏

“通貨”といっても現状では不換紙幣は取扱対象外になりますが、多くの“コイン”を上場しています。

新しい仮想通貨を選ぶ時はとても丁寧に選んでいます。そしてそのプロセスはとても複雑です。

そのプロセスは従来の投資銀行が上場するときと同じく、とても時間が掛かります。

さらに銀行の住宅ローンや負債部門といい勝負をしています。

バイナンスでは多方面からそのコインが最適なのかを調査するプロのリサーチチームがいます。

そのチームは、 どのコインが長期的にバイナンスコミュニティの良い投資になるかを研究します。

上場コインを選択する際のフィロソフィーとして、すべてのトークンとコインを長期的な投資としてみています。

その条件として、1つ目はコンセプト(コインを支える裏にはどのような研究チームがいるのか)2つ目=ブロダクトそのもの。

プロダクトで何を達成しようとしているのかというのをみます。

他に多くの条件が存在しますが、それらを私たちは“Trade Secret”と呼びます。

Binanceにとって“Trade Secret”はすごく大事な条件で、なぜならこれがコミュニティに安心に使ってもらうための条件だからです。

Q6.バイナンスではユーザーからの投票システムをしていますが、どういった意図のもと投票システムを開始したのでしょうか? 

CZ氏

上場するコインを選択する際はBinanceリサーチチームが時間を掛けて多方面から慎重に調査しますが、ユーザーがなにを求めているかも重要視しています

毎月ユーザーに上場コインの投票をしてもらいます。

もともと投票システムが始まったのはユーザーからのアイデアでした。

1回目ではスラックチャネルの当時のメンバーに『20票を得たコインを上場します』と投げかけたところ、98人だったメンバーが一日で500人にまで増えたのです。

その語、目標投票数が100に増え、それは簡単に達成しました。

ある日、クリスBHKという方から、いいアイデアなので毎月行うべきという提案があり、今の様な形になりました。

もちろん選択する際に調査をします。

Q7.他のプラットフォームや企業とコラボレーション企画を始めたのはどのような意図のもと始めたのでしょうか?(例:Binanceは日本国内の取引所「QUONIEX」と提携している)

CZ氏

仮想通貨市場自体はまだまだ新しい市場です。

競争することも大事だと思いますが、今後さらに仮想通貨市場を大きくするために私たちは一緒に支え合うことが大事だと思います。

もちろん競争は存在しますが、現段階では協力が大事だと思います。

Q8.私たちが取引所を利用する際に一番怖い点は、取引所がハッキング被害に遭うということで、これは取引所も一番警戒すべき点であると思います。

また、一度に取引が集中してしまった場合、取引所がシャットダウンしてしまうこともあります。

このような場合、対処はどのように行っているのでしょうか?

CZ氏

セキュリティーに関していえば、一日中話すことができます。

まず物理的セキュリティ、ネットワークセキュリティ、そしてビジネスセキュリティ(ビジネスパーソネル)などの形成があります。

我々はセキュリティを保証するために、非常に深い部分まで調査をします、なぜなら安全面は最優先だからです。

この世界で働き始めて20年が達ち、従来の金融界の経験も豊富なので、この面に関しては自信があります。

さらに言えば、安全面を確実に保証するために、ビジネスが遅延するほど時間を掛けているほどです。

取引量に関して話すと、システムエンジニアの方が対応しています。

Binanceは世界最大の取引プラットフォームになることが目標で、今日の取引量を千倍に増やします。

したがって元々一度に多量の取引ができるようにシステムの設計がされています。

例を出すと、現在我々のシステムは毎秒5GBのデータを放出しています。

DDoSのサイバー攻撃は通常、5~10、大きければ100~600GBの規模ですが、我々のシステムは毎秒5GBのデータを放出しているため、全く問題なく利用できるでしょう。

PR:IQeonで自分の知性を使用してお金を稼ぐことができます


プリセールが2日で開始する!

IQeon はエストニアからの有望なスタートアップである。この国は、巧みなソフトウェア開発者だけでなく、さまざまな分野で積極的に使用されている世界的に人気のある製品で有名です。ちょうど今ゲーム分野の時間が来ました。IQeonチームはゲーミングで暗号通貨を使用している分野で働いているパイオニアです。
スタートアップのCEO、ヴァディム・ドヴグチツによると、「すべてのユーザーにゲームでの成果を収益化できるようにする」はスタートアップのモットーです。ゲーミング業界は、1000億ドルを超える膨大な資金回転数と、月間アクティブユーザーの膨大な数を誇っています。現時点では、このすべての可能性は、ゲーム開発者やアプリケーションベンダーを含む非常に狭い企業グループによって使用されています。IQeonは、ゲーム業界に革命を起こし、平均的なユーザーに知性で獲得できる機会を提供するエコシステムです。これは、ゲームの段階が成功して通過するか、PvP紛争で勝利した場合に明らかになります。

iqeonトップ画像


開発者のメリット

  • オープンSDK
  • オープンAPI
  • 小額手数料
  • 各ベットから手数料を受け取る

ユーザーのメリット

  • 1つのゲームで受け取った金額は、別のゲームで使用することができます。
  • ゲームの成果は容易にIQN、IQeonの暗号通貨、で収益化されます。
  • IQeonウォレットには組み込みの交換機能があります。
  • IQNは簡単に不換紙幣に交換します。
  • さらに、すべてのオンラインゲームは、オープンAPIを利用してプラットフォームに接続することができます。

したがって、ユーザーは試合の終了後に自動的に勝利するために紛争を締結することができます。この機能は、ブロックチェーンおよびスマートコントラクト技術によってサポートされています。

プラットフォームの高いレベルのソフトウェア開発とファーストクラスの技術の使用により、IQeonのエコシステムは積極的に発展しており、さまざまなゲームやプレイヤー間のPvP紛争の焦点になっています。IQeon PvPプラットフォームは、ゲーム界や世界的な投資家から大きな関心を集めています。チームはブロックチェーンカンファレンスや様々なCryptoevents(CryptoFest、CryptoBazar、ICO RoadShow)に参加しました。このプロジェクトの代表者は、ブロックチェーン技術を利用する暗号ウォレットを実装し、、ユーザーアカウントとの接続を積極的に展開しています。すべてのイベントで、プロジェクトは非常に暖かく迎えて、プラットフォームの積極的な投資サポートに反映されました。 プラットフォームトークンの主要なプリセールは12月16日から12月23日まで実施され、IQNの完全販売のために事前に閉鎖された。

IQeonゲームのエコシステムへの投資の関心が高まって成長したことで、チームは1月8日から2018年1月15日までIQNの追加販売を計画しました。ETHとBTCは支払いのために受け入れられます。 IQNはイーサリアムブロックチェーンでリリースされ、多くのプラットフォームやプロジェクトとの互換性を保証するERC20規格をサポートしています。 1 ETHの価格は550 IQNで、これは正式なICO期間中よりも高いです。 チームをサポートし、ゲームの世界をより良く変える手助けをしてください。


Tartu mnt 83-205, Tallinn,
Estonia, Harju maakond,
10115
support@iqeon.io
marketing@iqeon.io
IQeon公式

IQeonICO情報ページ


※注意※
このリリースは広告です。ここに書いてある内容に限らず、ICOに関しての投資責任等は当HPは負いません。内容に関する質問等は直接ICOの発行会社に問い合わせしていただくようよろしくお願いします。
またICOに参加する際は必ずこちらをお読みいただいた上で寄付等の判断をよろしくお願いいたします。
→ICOについて

PR:現在特許出願中のブロックチェーン活用リクルーティングプラットフォームHireMatchが東京でMEETUP開催!



2月15日までICO開催中のHireMacthがミートアップを開催決定。

ICOプロジェクトに興味ある方への情報提供とスタートアップのCEOとの交流会となっています。

ICOに参加したいが判断材料を集めたい方はぜひICO主催者と直接意見交換が可能なミートアップを一度体験してはいかがでしょうか。

ミートアップの主催者はICO主催者であるHireMacthです。

This meetup will be served mostly in English, but translation will be provided for those who speak only Japanese.

現在特許出願中のブロックチェーン活用リクルーティングプラットフォームHireMatchのミートアップ開催!

多忙のためアメリカからの直接来日が難しいということでしたが、Webカメラで直接リアルタイムなinteractionが可能なプログラムにしました。


【日時】2018年1月18日(木) 19時(18時半受付開始)〜21時

【場所】Alternative Cafe&Bar VANDALISM渋谷

(オルタナライブ カフェアンドバー ヴァンダリズムシブヤ)
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町26-9太田ビルB1F(渋谷駅1分)

〜 プログラム  Program 〜

1. HireMatchのCEO(Armando Pantoja)、コアメンバーによるビジネス紹介(30分: 英語、通訳なし)
2. HireMatchへの全体質問コーナー(30分: 通訳あり)
3. Networking time (1時間: ビデオを通して、どなたでも自由にCEOやコアメンバーと直接コミュニケーションしていただけます。英語が苦手な方は通訳もあります。参加者同士でネットワーキングしていただいても構いません)

ミートアップ予約登録はこちら

**参加は無料です
**簡単なスナック、飲み物が提供されます

+++++++++++++++++++++++++++++

HireMatch is developing an innovative patent pending recruiting platform with blockchain technology.

【Time and Date】7PM – 9PM January 18 (Thu)

【Place】Alternative Cafe&Bar VANDALISM Shibuya

B1F, Ohta Bldg. 26-9, Utagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0042
(Only 1min. from Shibuya station)

〜 Program 〜

1. Business introduction by HireMatch CEO (Armando Pantoja), core members (30 minutes: English, no interpreter)
2. Q&A from participants to HireMatch (30 minutes: with interpreter)
3. Networking time (1 hour: Anyone can freely communicate directly with CEO and core members through video, those who are not good at English have interpreters, networking between participants is OK)

**Participation is free
** Snacks and drinks will be served

クリプトコインポータルHireMacthページはこちら

~ HireMatchとは? ~

HireMatchは、従来のリクルーターやヘッドハンターに頼らない、特許出願中の分散型リクルーティングプラットフォームです。

HireMatchのネットワーク上でユーザーエージェントを採用することにより、P2P分散型求人市場がユーザーエージェントに対して、応募者を提出し検証するインセンティブとして当社のトークンが使用されます。

”HireMatchは、現在の求人市場の質を世界的に向上し、ジョブボード全体の費用を削減し、求職者の質を高め、人々のコミュニティを築くことにより、人材業界にメスを入れ、革命をもたらすことを使命としています。
当社の「HIRE」トークンを使うことで、求人市場の民主化を推進します。 このプラットフォームの利用・実装により、エージェントは「HIRE」トークンの形式で報酬を受け取り、人々に活力を与え、大規模なコーポレート・ジョブボードから遠ざけます。
当社の最終的な目標は、ビットコインなどの仮想通貨と直接競合することではなく、ジョブボードや人材業界が今直面している問題に対するソリューションやサポートを提供することです。”
(ホワイトペーパーより)

HP(日本語): https://www.hirematch.io/ja/
Whitepaper(英語): https://www.hirematch.io/ja/docs/hirematch-whitepaper.pdf

HireMatch has a mission to revolutionize and disrupt the job marketplace by improving the current job marketplace quality worldwide, reduce the costs across the board, increase employee quality and create a community of people. Via the (HIRE) Token, they will implement a democratization of the job market. By using and implementing this platform, agents will receive rewards in the form of (HIRE) tokens, giving power back to the people and away from large corporate job boards. Their ultimate goal isn’t to compete directly with other cryptocurrencies, such as Bitcoin, but rather to provide a solution and support for the current woes in the job board and recruitment marketplace.

企画代行 菊池智子

※注意※
このリリースは広告です。ここに書いてある内容に限らず、ICOに関しての投資責任等は当HPは負いません。内容に関する質問等は直接ICOの発行会社に問い合わせしていただくようよろしくお願いします。
またICOに参加する際は必ずこちらをお読みいただいた上で寄付等の判断をよろしくお願いいたします。

→ICOについて

PR:Deveryプロトコルを使用した安全な製品認証がICO


オープンソースDeveryプロトコルによるイーサリアムブロックチェーン上での半永久的マーキングを利用した正規品認証と偽物防止システム



Devery.ioはEthereumネットワーク上での稼働/追跡を可能な分散型認証プラットフォームであるDeveryプロト コルを開発しています。このプロトコルの利用により、製造業、ブランドショップ、小売業その他業者が、 オンラインで販売、発行、取引した一切の製品、サービス、ネット上で販売したデジタル商品に対して固有 の署名を割り当てることができるようになります。固有の署名はEthereumネットワーク上に保管され、コンテキスチュアルデータ(場所、日付、製造業者/ 製造拠点、認証当事者を含む)により検索することができます。認証は物理的な商品やサービスだけでなく、デジタルの商品やサービスの信頼性や真正性(例:証明書や課程)に至るまで利用が可能です。

このプロトコルはDeveryエコシステムのベースレイヤーです。アプリケーションのビルドレベルの認証サービスにとどまらず、既存のイーコマースショップ、アプリケーション、サービスとの統合も可能です。第三者による認証サービスにより、特に服飾アパレル産業、テクノロジー、食品マーケット、原材料、教育、その他デジタル上の商品やサービスの取引といった商業マーケットにおいて市場の競争を促進することにつながります。 利用するトークンはエントリー・バリフィケーション・エンジン (EVE)と呼ばれ、これがプロトコルに力を与えるエンジンになります。EVEトークンはプロトコル上の固有の署名とコンテクスチュアルデータの生成に必要になります。Deveryのプロトコル上で開発したアプリケーションではユーザーはEVEトークンを使用する必要があり、認証サービスの手数料としてオーナーが受け取ることになります。

プロトコルはオープンソースですので、どんな開発者でもDeveryプロトコルを使用して認証アプリを開発することができます。この特徴によりDevery.ioが同市場の競合に対して差別化ができている部分であります。Deveryプロトコル・エコシステムを有効にするには、イーサリアムブロックチェーン上でブランドに署名を付けるための100万トークンがトークンセールス中に発行されます。お客様が署名された商品を認識することは無料です。

クラウドセールスは2018年1月12日に開催されます。詳細情報はDevery.ioにてご確認することができます。ホワイトペーパーやホワイトリストへのサインアップなどもこちらからお願いいたします。

ご質問等ございましたら、LINEよりお応え致しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
公式ホームページ:Devery.io
LINEリンク:Devery Community JP

※注意※
このリリースは広告です。ここに書いてある内容に限らず、ICOに関しての投資責任等は当HPは負いません。内容に関する質問等は直接ICOの発行会社に問い合わせしていただくようよろしくお願いします。
またICOに参加する際は必ずこちらをお読みいただいた上で寄付等の判断をよろしくお願いいたします。

ICOについて

世界初?!Zaif取引所、仮想通貨漫才のYouTubeチャンネル配信を開始!?


仮想通貨取引所を運営するZaifは12月16日仮想通貨漫才チャンネルを開設!したそうです。

以下テックビューロニュースリリース

この度、弊社テックビューロならびにZaifは、キングオブコント2017で優勝し、10代目キングとしてますますご活躍中のお笑いコンビかまいたち様とタッグを組み、よしもとクリエイティブ・エージェンシー様とともに「かまいたち×Zaif」として仮想通貨お笑い動画を制作、本日よりYouTubeにて配信を開始いたしました。

配信スケジュール

●新作動画掲載日時:2017年12月16日(土)〜2018年1月20日(土)まで毎週土曜日早朝にアップ
●動画本数・掲載回数:毎週2本ずつ新作動画を掲載、計6回12本を予定
●配信期間:2017年12月16日(土)より一年間YouTubeに掲載
●配信終了予定日:2018年12月15日(土)まで

仮想通貨の世界を題材とした、本格的で最先端な「仮想通貨お笑い」の誕生です。
初めての方でも楽しんでいただける仮想通貨お笑いを目指し、制作しております。

この機会にお見逃しのないよう、ぜひご覧くださいませ。

YouTube Zaifチャンネル

「かまいたち×Zaif」の仮想通貨お笑い動画

ICOソリューションと仮想通貨取引所を提供するテックビューロが新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達


日本初の、銀行からの直接投資を受けた仮想通貨・ブロックチェーン企業に

テックビューロ株式会社

ICOソリューション「COMSA」、ビットコイン取引所「Zaif」、及びブロックチェーン製品「mijin」を提供するテックビューロ株式会社は、この度、株式会社新生銀行及び株式会社オウケイウェイヴを引受先とする、8,750万円の資金調達を実施しました。これにより、創業以来の累積資金調達額は25.2億円となります。

報道関係者各位

ICOソリューション「COMSA」、ビットコイン取引所「Zaif」、及びブロックチェーン製品「mijin」を提供するテックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、この度、株式会社新生銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:工藤 英之、以下「新生銀行」)及び株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任、以下「オウケイウェイヴ」)を引受先とする、8,750万円の資金調達を実施しました。これにより、創業以来の累積資金調達額は25.2億円となります。

背景
テックビューロでは、2015年春からビットコイン取引所「Zaif」(実際には2014年4月から運営していた現存する日本最古のビットコイン取引所を買収・改修)、同年秋からはプライベート・ブロックチェーン製品「mijin」と、業界内でも先駆けて最先端のブロックチェーン関連サービスを提供して参りました。

2016年には企業のトークン発行支援サービス「Zaica」を発表し、「Zaif」をトークンも取引可能な仮想通貨取引所へと進化させたほか、同年秋には世界でも先進的な、テレビ番組と連動したエンターテイメント系のICO「BitGirls(ビットガールズ)」を実施しました。

そして2017年8月3日、本格的な総合ブロックチェーンソリューションとして、企業がブロックチェーン技術の導入とICOとを同時に実施できる「COMSA」を発表し、10月2日から実施されている自社ICOのトークンセールでは、開始から25日間で100億円以上の売上を上げています。

外部には2年以上にわたって共有されていなかったビジョンが、提供中の全てのサービスと製品をまとめた総合ソリューションである「COMSA」構想として公表された中、テックビューロでは企業としての体制拡大及び既存製品の開発販売、そして保有技術・サービスと金融サービスとの融合加速を目的として、今回の銀行を引受先とする資金調達を実施するに至りました。

引受先
テックビューロは、先日の株式会社ジャフコとインフォテリア株式会社からの約16億円の増資に続いて、シリーズBラウンドの一環として、第三者割当により以下の2社を引受先とする総額8,750万円の資金調達を実施いたしました。
新生銀行:5,250万円
オウケイウェイヴ:3,500万円(シリーズAに続いて二度目)
これにより、創業以来の累積資金調達額は25.2億円となります。

資金調達の目的
本件の調達による資金の使途は主に以下の通りです:
経営基盤の拡充と人員の増強
「Zaif」取引所のインフラとサービスの拡充
「mijin」クラウド型BaaSサービス「CloudChain(クラウドチェーン)」の整備
世界における「mijin」ライセンスとクラウドチェーンの販売体制の拡充
米国拠点の拡大と、欧州、アジア拠点の設置
新規事業投資とM&A
既存金融サービスと保有技術・サービスとの融合

なお、10月2日から実施されており、100億円以上を売り上げているICOにおきましては、COMSAのホワイトペーパーに記されております通り、COMSA自体のシステム開発、それに対応するための既存サービスの拡張、及びそれらに関するサービス運営の資金を調達する予定です。

テックビューロ代表の朝山 貴生は、「ICOやブロックチェーン技術は、長年培われてきた既存の金融インフラと相反するものと受け止められがちですが、それらは『既存勢力を破壊する魔物』ではなく、先行利益が甚大である『他を凌駕するためのツール』です。今回、ICOを実施し、仮想通貨関連サービスを提供している我々に銀行が国内でも初となる直接投資をして下さったという事実が、テックビューロのソリューションが『排除すべき競合』ではなく、皆様にとって『併用して活用すべき武器』であることの何よりの証明となるでしょう。」と述べています。

■ICOとは
ICOとは「Initial Coin Offering」の略であり、電子トークンを発行して売り出すことによって資金を調達するための手法を指します。しかし、実質的には株式などのエクイティを譲渡するのではなく、購入型のクラウドファンディングと同様に単にトークン販売を行うものであり、厳密に言えば「資金調達」の手法ではなく「仮想通貨の発行販売手法」となります。購入する側も、実際にはプロジェクトに投資をする「投資家」ではなく、「トークン購入者」となります。これらトークンは、仮想通貨取引所での取り扱いなどを通して一般に流通すると「仮想通貨」となります。

■「テックビューロ株式会社」について( Webサイト http://techbureau.jp/
テックビューロは、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。「mijin」と「Zaif」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

■「COMSA」について( Webサイト http://comsa.io/
「COMSA」は、トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

■「mijin」について( Webサイト http://mijin.io/
「mijin」は、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアです。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境が構築できる他、実質的なゼロダウンタイム環境を実現します。「mijin」は「NEM」のコア開発者がテックビューロに合流して開発した、金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで、幅広くご利用頂ける、「NEMプロトコル」を採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品です。

■「Zaif」について( Webサイト http://zaif.jp/
「Zaif」は、テックビューロが取り扱うビットコイン、暗号通貨関連サービスの総合ブランド名です。皆様の「財布’(財布ダッシュ)」、「第二の財布」となりたいという思いからそう名付けられました。取引所の他、定期積み立てサービスや決済サービスも提供しております。

※ 本文中の商品名は、テックビューロの商標または登録商標です。