News:ツバイスペース、ブロックチェーン活用した賃貸不動産管理システム提供開始


ツバイスペース、ブロックチェーン活用した賃貸不動産管理システム提供開始

 

不動産関連アプリケーション開発運営会社のZWEISPACE JAPAN
(ツバイスペース、東京都千代田区)は
4月20日、ブロックチェーンを活用した賃貸不動産管理システムの提供を開始した。
特許取得済み。
今後、各不動産会社パートナーと連携してサービス認知を拡大していく。

続きはこちら→→→S-housing

News:EV充電網に「世界初」高速ブロックチェーン 中部電ら


EV充電網に「世界初」高速ブロックチェーン 中部電ら

 

中部電力など3社が、電気自動車(EV)の充電網にブロックチェーン(BC)を
高速に使える新技術を適用し、実証実験を実施した。
データの記録に時間がかかるBCの課題を解決して、EV充電網の利便性を高められる。

続きはこちら→→→Nikkeibp

News:仮想通貨のマネロン防止、新たな規制策検討


仮想通貨のマネロン防止、新たな規制策検討

 

台湾政府は、資金洗浄(マネーロンダリング)防止の対象に仮想通貨を含める方向で、
新たな規制策の検討に入った。法務部(法務省)が中心となり、
仮想通貨の管理メカニズムの導入を視野に入れる。
アジア太平洋マネーロンダリング対策グループ(APG)が報告を取りまとめる今年11…

続きはこちら→→→Nna

News:Omise、仮想通貨取引所事業参入に向け子会社を設立へ


Omise、仮想通貨取引所事業参入に向け子会社を設立へ

 

バンコクや東京を拠点に、決済ソリューションを提供する Omise や
トークンエコノミーを中心としたイニシアティブである OmiseGo(OMG)を擁する Omise Holdings は
22日、仮想通貨取引所事業を運営する子会社を設立すると発表した。
子会社の社名、拠点、取扱通貨の種類などについては明らかにされていない。

続きはこちら→→→Thebridge

News:仮想通貨がピンチ? 「育成」から「規制」へ 金融行政を転換か


仮想通貨がピンチ? 「育成」から「規制」へ 金融行政を転換か

 

仮想通貨交換業の「コインチェック」による580億円の仮想通貨流出事件はあったものの、
引き続き仮想通貨熱は冷めることがない。
しかし、仮想通貨はその最大の特長である
「匿名性」について、ピンチを迎えつつある。

続きはこちら→→→Jcast

News:JPモルガン、ブロックチェーンの「クォーラム」のテストを実施


JPモルガン、ブロックチェーンの「クォーラム」のテストを実施

 

JPモルガン・チェース、カナダ・ナショナル銀行などは、
金融商品をより効率的に発行できるようになるクォーラム・ブロックチェーン・プラットフォームの
テストを実施した。ロイターが20日に報じた。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:仮想通貨Centraの創立者、3200万ドルを調達したICO詐欺で告発される


仮想通貨Centraの創立者、3200万ドルを調達したICO詐欺で告発される

 

米国政府は、仮想通貨ICO詐欺を厳重に取締る約束を果たしている。
金曜日(米国時間4/20)SEC(証券取引委員会)は、
Centra Tech Inc.の第3の共同ファウンダーであるRaymond Trapaniを告発した。

続きはこちら→→→Techcrunch

News:仮想通貨の新団体23日に発足 再発防止、利用者保護へ独自ルール


仮想通貨の新団体23日に発足 再発防止、利用者保護へ独自ルール

 

仮想通貨交換業者16社による新たな自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」が
23日に発足する。交換業者コインチェック(東京)が、
今年1月に巨額の仮想通貨を流出させた問題を受け、
再発防止策と利用者保護に向けた自主規制づくりに乗り出す。

続きはこちら→→→Sankeibiz

News:仮想通貨「億り人」の所得税率は45% 利益1億円以上の人は青ざめる


仮想通貨「億り人」の所得税率は45%
利益1億円以上の人は青ざめる

 

仮想通貨で利益が年20万超えると納税の義務が生じる
2017年はビットコインをはじめとする仮想通貨取引に挑戦する人が増加した年だった。
17年だけ見ても数ある仮想通貨の大半が値上がりし、
少なからず利益を上げた人も多かっただろう。

続きはこちら→→→President

1 2 3 32