News:米Yコンビネーター、中国支社のCEOにブロックチェーン支持者を迎える


米Yコンビネーター、中国支社のCEOにブロックチェーン支持者を迎える

 

米国の代表的なスタートアップ養成機関「Yコンビネーター」(YC)は14日、新たに立ち上げる中国支社のCEOに中国ネット検索最大手・百度(バイドゥ)元COOでブロックチェーン支持者のチー・リュー氏を迎えると発表した。世界第1位と第2の経済大国がタッグを組んでブロックチェーン関連のスタートアップを輩出する日は近いかもしれない。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

News:世界最大級の仮想通貨取引所BINANCE、ブロックチェーンの学習サービスを提供開始


世界最大級の仮想通貨取引所BINANCE、ブロックチェーンの学習サービスを提供開始

 

世界最大級の取引高を誇る仮想通貨取引所BINANCE(以下、BINANCE)が8月14日、ブロックチェーンや暗号学を動画や記事によって無料で学べるサービス「Binance Academy」のベータ版を配信開始した。香港発祥のBINANCEは、現在はマルタ共和国に拠点を構える新興の取引所だ。、2017年7月14日に設立されたBINANCEは、2017年12月17日には、1日あたりの取り扱い通貨の取引高で世界一位になった。BINANCEの代表であるZhao Changpeng氏は、2013年にビットコインの保管や取引履歴を知ることのできるBlockchain.infoの運営に携わり、中国の取引所OKcoinの共同設立者としての経歴もある。

続きはこちら→→→ Hedgeguide

News:モントリオール銀行が債券取引のためのブロックチェーンベースのパイロットを開始


モントリオール銀行が債券取引のためのブロックチェーンベースのパイロットを開始

 

トロント – モントリオール銀行の資本市場部門は、カナダドル建ての債務取引でブロックチェーンを使用するパイロットを成功裏に開始したと発表した。BMOキャピタル・マーケッツは、確定利付発行取引では、銀行を発行者として、オンタリオ教員年金制度を1億5千万ドルの1年変動金利預金の買い手として含めたとしている。同銀行は、パイロット取引は、カナダの証券保管庫を通じた伝統的な発行として予約されていたが、ブロックチェーンプラットフォームに反映されていると述べている。

参考→→→ Business.financialpost

News:英国企業の6割がクリプトジャック・マルウェアの攻撃を経験


英国企業の6割がクリプトジャック・マルウェアの攻撃を経験

 

英国企業の59%は、これまでにクリプトジャック・マルウェアの影響を受けたことがあり、うち約半数が先月起こっている。報道メディアのインターネット・オブ・ビジネスが15日、シトリックス社による委託調査結果を引用して伝えた。インターネット・オブ・ビジネスによれば、ソフトウェア会社シトリックスが委託し、ワンポール社が実施したこの調査は、社員数が250人以上いる英国企業の、750人のIT担当幹部を対象に、クリプトジャッキングによる攻撃の経験をたずねた。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

News:サウジアラビアは明らかに:暗号通貨取引は不正


サウジアラビアは明らかに:暗号通貨取引は不正

 

サウジアラビアの規制当局は、このような活動がサウジアラビア王国内で厳格に禁止されていることを強調し、暗号侵害取引に関する立場を明確にする声明を発表した。規制当局は、不正取引防止のための意識のための上級委員会が発行したこの声明では、Bitcoinを含む暗号通貨を保持、取引、または使用することは違法であると強調している。委員会は、Bitcoinsを含むがこれに限定されないバーチャル通貨が王国では違法であり、当事者や個人にそのような行為を許可されていないことを明言した。

参考→→→ Sludgefeed

News:日本発の仮想通貨「モナコイン」グッズの海外販売


日本発の仮想通貨「モナコイン」グッズの海外販売

 

プラモデル・自転車部品等の製造・販売を行う「キムラプロワークス」は、日本発の仮想通貨「モナコイン」グッズの海外販売を、世界135ヶ国に販売実績を持つ越境ECモール「ZENMARKETPLACE」でスタートします。「モナコイン」をモチーフとした日本製メダルのほか、「モナコイン」を擬人化した「モナコインちゃん」のステッカーやキーホルダーを販売

続きはこちら→→→ Straightpress

News:米ビットコイン投資家が”SIMカードジャックの対策不足”でAT&T社を訴訟


米ビットコイン投資家が””SIMカードジャックの対策不足””でAT&T社を訴訟

 

携帯電話のデータ保護に過失があったために、ハッカーに仮想通貨2,400万ドル相当(27億円)を盗まれたとしてAT&Tが訴えられています。SIMカードは、スマートフォンなどの携帯端末で音声やデータ通信を行うために使用します。近年、特に米国でSIMカードが知らぬ間に更新されて、乗っ取られてしまう「SIMカードジャック」の被害が増えています。

続きはこちら→→→ Cointyo

News:ベネズエラ、給料やサービスの計算単位として仮想通貨ペトロ使用へ


ベネズエラ、給料やサービスの計算単位として仮想通貨ペトロ使用へ

 

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領が、国内の計算単位として、石油を裏付けとした国営仮想通貨ペトロを使用すると発表した。ABCインターナショナルが14日伝えた。マドゥロ大統領はテレビ演説で、国営石油会社PDVSAが計算単位としてペトロを使用すると発表した。さらに、同国政府はペトロにペッグされた新しい給料制度と商品・サービスの価格設定制度を導入する。マドゥロ大統領は次のように発言した。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

News:韓国BC協会、仮想通貨交換の利益を阻害する政府案に反対


韓国BC協会、仮想通貨交換の利益を阻害する政府案に反対

 

韓国の複数のブロックチェーン(BC)協会が、産業革新を阻害する恐れのある政府案に反対している。
これらの団体は、韓国中小ベンチャー企業部により13日に公表された既存のベンチャービジネス法の改正案について反対している。この改正案が施行された場合、仮想通貨交換事業は中小企業やベンチャー企業のカテゴリから除外されるため、エンターテイメントやギャンブル事業となってしまう恐れがあるとのことだ。

続きはこちら→→→ Morningstar

News:仮想通貨詐欺の被害額は約2億5000万円=露セキュリティ大手の第2四半期レポート


仮想通貨詐欺の被害額は約2億5000万円=露セキュリティ大手の第2四半期レポート

 

ロシアのサイバーセキュリティ大手カスペルスキー・ラボズによると、今年4-6月期の発生した仮想通貨関連の詐欺による被害額は230万ドル(約2億5000万円)だった。仮想通貨関連の詐欺に関しては対応が遅いとしてツイッターが非難の対象となっていて、一部のビットコイン利用者は中央管理者のいないSNSマストドンに移動し始めている。とりわけ、カスペルスキーが注目したのは「仮想通貨の無料配布」をうたったフィッシング詐欺。サイバー犯罪者は、人気通貨の無料配布でネット利用者を騙して重要な個人情報を盗むという。またカスペルスキーは、最近のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の初期のフェーズにおいて、投資家にトークンを買い占めさせる行為も発生していると報告した。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

1 2 3 264