News:DRAM、仮想通貨需要停滞


DRAM、仮想通貨需要停滞

 

半導体メモリーの代表品種、DRAMの7~9月の大口価格は下落基調となりそうだ。次世代通信規格「5G」の
本格的な商用化が迫る中、データセンターのサーバー向け製品の引き合いは米中を中心にいまだ強い。一方で、DRAM市況を
支えていた仮想通貨の採掘(マイニング)需要が、代表的な仮想通貨相場の下落を受けて停滞。DRAMメーカー各社による量産も好調だ。

続きはこちら→→→日本経済新聞

News:仮想通貨、「インサイダー取引」禁止 自主規制案


仮想通貨、「インサイダー取引」禁止 自主規制案

 

無秩序だった仮想通貨業界が取引や内部管理の透明性向上に乗り出す。仮想通貨の業界団体、日本仮想通貨交換業協会
(JVCEA、奥山泰全会長)が18日までに自主規制ルール案をまとめた。仮想通貨交換会社の役職員に対し事前に入手した情報を
基にした取引を禁じることなどが柱。金融商品取引法上のインサイダー規制とは異なるが、業界として拘束力ある規則づくりを目指す。

続きはこちら→→→日本経済新聞

News:警察は、Bitcoin取引を通じて暗いWeb市場のベンダを追跡
Police Track Down Dark Web Market Vendor Through Bitcoin Transactions


警察は、Bitcoin取引を通じて暗いWeb市場のベンダを追跡
Police Track Down Dark Web Market Vendor Through Bitcoin Transactions

 

ダークウェブのドラッグ・ディーラー、ギャル・ヴァレリウスは、ドリーム・マーケットで彼の「ヒル・モンスター」に
出てきたチップ・ジャーを手に入れずに捕まった。警察は彼のビットコイン取引を通じて彼を追跡し、彼がワールドビアードと
口ひげ選手権に向かう途中で彼を逮捕した。
Dark web drug dealer Gal Vallerius was caught after failing to set up his tip jar on the Dream Market where
he went by “”OxyMonster.””Police managed to track him through his bitcoin transactions and
arrested him while he was on his way to the World Beard and Mustache Championship.

続きはこちら→→→Cryptoglobe

News:Bitcoinを搭載した最初のコーヒーマシン
The first coffee machine powered by Bitcoin


Bitcoinを搭載した最初のコーヒーマシン
The first coffee machine powered by Bitcoin

 

Bitcoinは、地方分権とブロックチェーン技術のために、「人民の通貨」として賞賛されることがよくあります。Bitcoinは現在、
人々の日常生活に浸透しています。最初のBitcoin-poweredコーヒーマシンが利用可能になったようです。革新的な技術の創造者は
ブラジルの起業家であるRicardo Reisです。Bitcoin-Coffeeマシンの背後にある考え方は、Bitcoinが実際にコーヒーを作るなど、
さまざまなことを行うようにプログラムできるお金として実際に使用できることを示すことです。マシンには、
コーヒーを作る必要があるときに使用される特別なQRコードがあります。その後、ユーザーはコーヒーマシンに接続された財布に
Bitcoinをある程度入金する必要があります。全体のプロセスは、ユーザーの電話とBitcoinの支払いによって行われます。
Bitcoin is often hailed as the “people’s currency”, because of its decentralization and blockchain technology.
Bitcoin is now entering people’s everyday lives, it seems, as the first bitcoin-powered coffee machine is now available.
The creator of the innovative technology is Ricardo Reis, an entrepreneur from Brazil.
The idea behind the Bitcoin-coffee machine is to show that Bitcoin can actually be used as money that
can be programmed to do different things, for example, make coffee.
The machine has a special QR code that is used when someone needs to make their coffee.
Then, users must deposit some amount of Bitcoin in the wallet connected to the coffee machine.
The whole process is done through the user’s phone and Bitcoin payment.

続きはこちら→→→Leaprate

News:バーチャルリアリティーで土地投資が流行


バーチャルリアリティーで土地投資が流行

 

世界中で今土地バブルが隆盛だという。ただし実際の土地ではない。バーチャルリアリティー(VR)の中に存在する
ジェネシス・シティの中での話だ。ジェネシス・シティはおよそ米国のワシントンDC程度の広さで、運営するデセントラランド社
によると「世界初のユーザーによる3Dバーチャル・プラットホーム」だという。このジェネシス・シティの土地が100平米単位に
売りに出されているだが、最高値は20万ドルという高額だ。

続きはこちら→→→Wedge

News:中国Cheetah Mobile、ブロックチェーン技術を採用し利用者に報酬を払うAIスピーカー「小豹AI音箱」を発表


中国Cheetah Mobile、ブロックチェーン技術を採用し利用者に報酬を払うAIスピーカー「小豹AI音箱」を発表

 

この製品の面白い点は、ブロックチェーン技術を活用した報酬プログラムが用意されることにある。「AI-Chain Reword Program」
と呼ぶプランが用意されており、AIスピーカーをオンラインにする、AIスピーカーと会話する、AIのデータ生成に協力する、
パーソナライズされたデータを共有するなど、AIの進化に関わるユーザー行動に応じて「AI粒子」という独自ポイントがもらえるようになっている。

続きはこちら→→→Robotstart

News:仮想通貨相場が低調でもパニック不要 「クジラ」、「先物」、「価格操作」、「規制」などを専門家が分析


仮想通貨相場が低調でもパニック不要 「クジラ」、「先物」、「価格操作」、「規制」などを専門家が分析

 

先週の仮想通貨市場は低調な水準で推移して、ビットコイン及び他の主要仮想通貨の価格にとってあまり明るい兆しは
見えていない。過去に何度かあった時より価格の変動幅は急激ではないものの、今年の仮想通貨はめぐる一般的な市場心理は
ほとんどの間ネガティブだ。依然として、ビットコインは価格変動の大きい資産なのだ。 10日に始まった暴落から、SECによる
イーサリアムは証券とは見なさないという発表で一時的な落ち着きを取り戻すまで、相場は値動きの大きな展開を続けている。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:SECの”仮想通貨皇帝”シュシェパニャク氏を恐れなくても良い理由とは


SECの”仮想通貨皇帝”シュシェパニャク氏を恐れなくても良い理由とは

 

米国証券取引委員会(SEC)に新たにデジタル資産を管轄するための要職が設置されてバレリー・シュシェパニャク氏が
就任したのは、仮想通貨業界にとって良いニュースだろうか、悪いニュースだろうか?これは、仮想通貨コミュニティーが
先週ずっと考えてきた問題だ。 シュシェパニャク氏の正式な役職名は「コーポレートファイナンス部門アソシエートディレクター
兼ビル・ヒンマン部門長付けデジタル資産及びイノベーション担当上級顧問」。メディアはさっそくこの長ったらしい
役職名を縮めて、仮想通貨皇帝、仮想通貨保安官、仮想通貨長官、仮想通貨クォーターバックなどと呼んでいる。
それらの呼び名は全て、SECがブロックチェーン分野に対して持つ非常に広範囲な権限が、今後は1人の人物に統合されるという
事実を示している。規制当局と業界の間の調整役を務める頼りになる役職と担当者が誕生したのだ。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:仮想通貨長者 海外移住で“税逃れ”目論むも通用せず


仮想通貨長者 海外移住で“税逃れ”目論むも通用せず

 

それでも仮想通貨トレーダーの中には、「日本で高い税金を払いたくないからと、昨年、税率が低い
東南アジアに移住した仲間もいる」と、ある“億り人”が明かす。だが、そんな“税逃れ”も通用しなくなっているようだ。
「外国の金融機関などを利用した国際的な脱税や租税回避への対処を目的とした『共通報告基準(CRS)』があるため、
海外に資金を逃がしたとしても容易に捕捉できる。また国税は2~3年は泳がせてから税務調査に入るので、
忘れた頃に税金の督促や税務調査が来て、重い追徴課税対象になるかもしれない」(国税OBの税理士)

続きはこちら→→→Moneypost

News:仮想通貨イーサリアム上のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」配信開始のお知らせ


仮想通貨イーサリアム上のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」配信開始のお知らせ

 

「くりぷ豚」は、ユーザーが豚のキャラクター「くりぷトン」をコレクションし、交配させ新種を誕生させたり、
ユーザー間での取引が可能なゲームです。最大の特長はDapps(※1)にてゲームを構築している点で、仮想通貨のイーサリアム上の
ブロックチェーンを使ったオンラインゲームとなります。登場する「くりぷトン」は、組合せにより3京6,000兆通りにものぼり、
高いコレクション性を誇ります。くりぷ豚はスマートフォン・PC向けサービスとなり、Android向けアプリとウェブ版のリリースとなります。

続きはこちら→→→Prtimes

1 2 3 146