News:リップルとXRPの違い


リップルとXRPの違い

 

2017年にXRPの価格が急騰したことで注目を集めたリップルだが、上記でも記されているように、「リップル=XRP」ではない。リップルは送金システムを提供している会社であり、XRPはリップルのシステム内で使用される通貨である。最近話題となっている証券問題については、XRPは完全に独立した独自通貨であることからも証券ではないという声も多いが、550億XRPがエスクローであるとは言え、大半のXRPを保有している点について強い集中度を示唆していると主張している人も少なくない

続きはこちら→→→Apptimes

News:ブロックチェーン登記無料オプション付きの、日本の法人登記の世界最安サービス。


ブロックチェーン登記無料オプション付きの、日本の法人登記の世界最安サービス。

 

ブロックチェーン技術と不動産テック、双方の分野のリーディングカンパニーであるZWEISPACE JAPAN(ツバイスペース・ジャパン)は、同社特許取得済みの不動産ブロックチェーンを活用した、ブロックチェーン登記と、既存の登記事務とを並列した、サービスを開始した。 ツバイスペースは、既に、ブロックチェーンを不動産業界へ活用した先進事例として、不動産登記、不動産売買管理システムの提供を2018年4月より開始しており、法人登記についてもサービスを開始していた。

続きはこちら→→→Jiji

News:ビットコインETFに関する一般人からのコメント SECが受け付け開始


ビットコインETFに関する一般人からのコメント SECが受け付け開始

 

米国証券取引委員会(SEC)が、ビットコインETFに関する一般コメントの受け付けを始めた。米国市民が対象というがオンラインや手紙でコメントできるようになっているため、ビットコインETFについて日本人の意見も届けることはできるようだ。SECは、シカゴオプション取引所(CBOE)からビットコインETF(上場投資信託)を証券として扱うように申請があったことを受けてコメントの受け付けを開始。イーサリアム ・ワールド・ニュースによると、米国の政府機関は、国の行く末に影響を与える全ての事柄について市民の意見を聞く義務があり、議会を通して聞くか、直接聞くか、選択肢があるという。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:FINRA、加盟企業に対し仮想通貨関連の活動内容を調査


FINRA、加盟企業に対し仮想通貨関連の活動内容を調査

 

ブローカーディーラー会社向けの米国の自主規制機関である金融業規制機構(FINRA)は6日、加盟企業に対して仮想通貨に関連した活動内容の詳細を提出するよう要求した。「2019年7月31日まで、当局またはその関係者・関連会社は、開示されていない仮想通貨に関連する活動を行っているかどうかを伝える必要があり、規制コーディネーターの情報を常に最新の状態に保つ努力をする必要がある。」

続きはこちら→→→Apptimes

News:リップルが今、直面する最も大きなリスクは規制


リップルが今、直面する最も大きなリスクは規制

 

米リップル社の副社長アシーシ・バーラ氏が、ペンシルベニア大学主催のイベント「フィンテックによるデジタル時代の創造的破壊」の中で、同社が発行する仮想通貨リップル(XRP)が現在直面している最も大きなリスクは規制であると発言した。

続きはこちら→→→Minkabu

News:リップルがフェイスブック元幹部を雇用 国際送金ビジネスの追い風になるか


リップルがフェイスブック元幹部を雇用 国際送金ビジネスの追い風になるか

 

仮想通貨の時価総額で3番手のリップルが11日、フェイスブックの元幹部であるカヒーナ・ヴァン・ダイク氏をビジネス・コーポレーション部門に迎えると発表した。新たな国際送金システムの構築を目指すリップルにとって追い風になるか注目だ。ダイク氏は、フェイスブックのほかマスターカードにも所属したことがあり、合わせて20年以上フィンテックと金融分野で経験を積んだという。フェイスブックでは、新たな支払い手段や金融サービスの開発に従事し、シティバンクやペイパル、ビザカード、ウエスタンユニオンなど名だたる金融企業とパートナーシップを組み、50カ国以上に対して金融サービスの提供を行ってきたという。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:“マイニング用電源”とは一体どういう存在なのか


“マイニング用電源”とは一体どういう存在なのか

 

マイニング電源の特徴は、ビデオカードの複数挿しに対応できる1,000W超の出力や、最大出力上限に近いところで使い続けても安定動作する信頼性。ただし、高負荷をかけ続けるため、故障するのは当然という考えも見て取れる。PX-1200Rの保証期間は通常運用で3年だがマイニング用途では保証外、GP1350-FM Gold (1250W)v2では1年と短く、今時のPC電源とはだいぶ事情が異なる。冷却性能は重視されている一方で、静音性はそこまで考慮されていない。

続きはこちら→→→Pc.watch

News:EUから新たな仮想通貨の規制


EUから新たな仮想通貨の規制

 

7月9日にEUによるマネーロンダリングの対策が施行されました。新しい規制はデジタル通貨によるマネーロンダリングやテロ資金の調達を目的にしたプリペイカードの利用や、仮想通貨の取引所の利用などを阻止する内容で、厳しい透明性が求められるようになります。この規制によりECBなど監督者との間で情報交換や協力関係に関してさらに進展させるように求めています。欧州委員会は、仮想通貨の違法な使用を確実に予防するために、関係当局が監視するようにするべきだとしています。

続きはこちら→→→Fx-rashinban

News:電気通信業界のブロックチェーン市場規模、5年で20倍以上拡大


電気通信業界のブロックチェーン市場規模、5年で20倍以上拡大

 

電気通信業界におけるブロックチェーン市場は今後5年間でほぼ10億ドル(約1100億円)に到達するというレポートが発表された。マーケットウォッチが11日に報じた。このレポートによると、電気通信業界におけるブロックチェーンは、ネットワーク運用を支援するOSSと顧客管理などを支援するBSSに対するサポートの増加やセキュリティーに対する意識の高まりなどの要因によって拡大する見込み。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:HTCの「ブロックチェーン端末」は本物


HTCの「ブロックチェーン端末」は本物

 

HTCはまだ消えていない。とはいうものの、今はこれまでになくそれに近い状態で、従業員数は全世界で5000人を切っている——2013年には1万9000人だった。しかし、こうした「市場競争や製品の多様化、価格、棚卸評価損」といったマイナス材料にもかかわらず、同社は前進を続けている。同社の掲げる「スマートフォン端末のイノベーションのリーダー」いう主張には議論の余地があるとしても、この台湾メーカーは魅力的ギミックを作ることは避けて通ることがない。今年発表されたExodusがその期待に答えている。「世界初の本格的ブロックチェーン電話」は未だ謎に包まれているが、今週香港で行われたRISEカンファレンスで同社が重要の詳細を披露した。

続きはこちら→→→Techcrunch

1 137 138 139 140 141 334