News:マレーシアが韓国と提携、シャリア法に適合したブロックチェーンの開発へ


マレーシアが韓国と提携、シャリア法に適合したブロックチェーンの開発へ

 

韓国のブロックチェーン研究所インキュブロック(IncuBlock)は、シャリア法が許容するブロックチェーン
技術開発に向け、マレーシア政府諮問委員会と覚書を交わした。現地報道機関ITワールド18日に報じた。ブロックチェーン技術は
これまでにもハラル・フードの追跡に使われた。英国に本社を置くハラル・トレイル(HALAL TRAIL)がブロックチェーンを使い、
家畜や生鮮食品などハラル・フードの流通経路を農場から食卓まで追跡し始めた。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:韓国の仮想通貨交換所で35億円盗難


韓国の仮想通貨交換所で35億円盗難

 

韓国の大手仮想通貨交換所ビッサムは20日午前、約350億ウォン(約34億6千万円)規模の仮想通貨が
19日夜から20日未明にかけて盗難にあったと発表した。詳しい原因は明らかになっていない。顧客被害分は同社が
補塡(ほてん)するほか、顧客の通貨について盗難防止措置を取ったとしている。同取引所は、安全が確認されるまで
当分の間、入出金手続きを停止するという。

続きはこちら→→→朝日新聞

News:仮想通貨とブロックチェーンのオンライン講座 UCバークレーが「全ての人」を対象に来月開始


仮想通貨とブロックチェーンのオンライン講座 UCバークレーが「全ての人」を対象に来月開始

 

米国の名門大学カリフォルニア大学バークレー校が、来月よりオンラインで仮想通貨とブロックチェーンの教育講座を
始める。技術者だけに限らずブロックチェーンをキャリアに生かしたいと考える「すべての人」が対象となっていて、
オンライン講座を通して世界中の人々に仮想通貨とブロックチェーンの基礎を学ぶ機会を提供する。 
この講座は、「ビットコインと仮想通貨」と「ブロックチェーン技術」という2つのコースで構成されていて修了までに
3ヶ月かかる。1週間における授業や勉強時間の目安は
3~5時間。授業料は、全体を通して178.20ドル(約19500円)だ。コースの終わりには修了証も発行される。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:BTCのライトニングネットワーク上で「ポケモン」をプレイ、「Poketoshi」が登場


BTCのライトニングネットワーク上で「ポケモン」をプレイ、「Poketoshi」が登場

 

ポルトガル人ソフトウェアエンジニアのジョアン・アルメイダ氏が、ライトニングネットワーク上で、任天堂の人気ゲーム
「ポケットモンスター」がプレイできるプラットフォーム「Poketoshi」を製作した。ネクストウェブが19日に報じている。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:副業、男性は株式や仮想通貨に投資、女性はクリエイティブに稼ぐ


副業、男性は株式や仮想通貨に投資、女性はクリエイティブに稼ぐ  

 

男性と女性とで、手がける「副業」の内容に、傾向の違いがあることがわかった。
インテージリサーチ(東京都東久留米市)が16~79歳の職に就く男女1万1217人を対象に「副業に関する意識調査」
(2018年3月23~26日)を実施。6月18日に発表した。
男性は株式や外国為替証拠金(FX)取引、不動産などへの投資、女性はアンケートモニターやレビューの投稿、
ハンドメイドの商品づくりなど、クリエイティブな仕事への関心が高い。

続きはこちら→→→Jcast

News:フェイクニュースを見破るChrome拡張機能が登場…ブロックチェーン技術で報酬型に


フェイクニュースを見破るChrome拡張機能が登場…ブロックチェーン技術で報酬型に

 

ブロックチェーン技術を活用した、フェイクニュースをフィルタリングするWebブラウザ拡張機能が登場した。
同プログラムの開発企業・eyeoは将来的に、フェイクニュースに関する正確なフィードバックを提供したユーザーが、仮想通貨で
インセンティブを受けとることができるようサービスを進化させる計画だ。eyeoは、「Trusted News」という名称の
Chrome拡張機能ベータ版をリリースした。現在、英語で書かれたコンテンツのみをサポートしている。同機能は、
ニュースコンテンツが「信頼できるか否か、ラベルで表示する。
ラベルには、「信頼できる」「不明」「釣り記事」「風刺」などの項目が含まれる。

続きはこちら→→→Roboteer

News:カンボジア:「免許を取得せずに仮想通貨を取り扱うことは違法」、当局が声明


カンボジア:「免許を取得せずに仮想通貨を取り扱うことは違法」、当局が声明

 

カンボジアで関係当局から免許を取得せずに仮想通貨を取り扱うことは違法であるとの公式声明が、6月19日に発表された。
カンボジア国立銀行 (NBC)、カンボジア証券取引委員会 (SECC) 、国家警察による共同声明は、当初5月11日に起草され、
現在は、NBCのウェブサイトで一般に公開されている。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:仮想通貨規制を巡る論点は?米規制当局元トップらから意見聴取


仮想通貨規制を巡る論点は?米規制当局元トップらから意見聴取

 

金融庁の仮想通貨交換業に関する研究会が15日に開かれた。4回目となる会合では、米規制当局の元トップや
リップルの規制問題担当者らから意見を聴取。仮想通貨取引所のビジネスモデルの在り方や投資家保護など、
今後の規制となるべき点が議論された。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:ブロックチェーン関連の授業が大学でブームになりそうな理由


ブロックチェーン関連の授業が大学でブームになりそうな理由

 

時価総額で世界3番目の暗号通貨であるリップルは、ブロックチェーンや暗号通貨、決済処理などの技術の研究を促進するため、
世界各国の大学に5000万ドルの資金を寄付すると発表。「University Blockchain Research Initiative」というこの取り組みでは、
プリンストンやMIT、インド工科大学ボンベイ校、高麗大学、ロンドン大学など17の大学と協力する。すでにスタンフォード大や
オックスフォード大などでは、ブロックチェーン・暗号通貨の分野に関連するコースやプログラムを提供している。

続きはこちら→→→Wirelesswire

News:シンガポールのHuobi(火幣)、自社をブロックチェーン上に移行させる大胆な動き


シンガポールのHuobi(火幣)、自社をブロックチェーン上に移行させる大胆な動き

 

仮想通貨取引企業の Huobi(火幣) は、自社全体をブロックチェーン上に移行させる計画を公表した。同社は、
分散型金融インフラストラクチャーの「リーダー」の1つとなることを目指している。同社のグローバルエコシステム基金
Huobi Eco(火幣全球生態基金)の部長 Gordon Chen 氏は、この移行作業は推定18ヶ月かけて段階的に行われる予定だと
Tech in Asia に語った。

続きはこちら→→→Thebridge

1 194 195 196 197 198 346