News:ブロックチェーン仮想空間プロジェクト「ANGELIUM(エンジェリウム)」急成長のアジア市場でまもなく始動


ブロックチェーン仮想空間プロジェクト「ANGELIUM(エンジェリウム)」急成長のアジア市場でまもなく始動

 

米ロサンゼルスを拠点にブロックチェーン事業を展開するNO BORDERS社がリリースする、仮想空間プロジェクト「ANGELIUM(エンジェリウム)」が、アジア7カ国にわたるプロジェクト発表カンファレンスツアーを盛況のうちに終え、東京にて9月28日と29日の2日間にわたって開催される国内最大規模のブロックチェーンカンファレンス「TEAMZブロックチェーンサミット」に出展・登壇する。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

News:愛を“可視化”し”富”が増える…ブロックチェーン時代の結婚・恋愛のカタチ


愛を“可視化”し”富”が増える…ブロックチェーン時代の結婚・恋愛のカタチ

 

ビットコインなど仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーンを、結婚という領域に応用しようという動きが世界各国で活発になりつつある。14年10月、David MondrusさんとJoyce Bayotookさんは、世界で初めて「ブロックチェーン婚」を果たしたカップルとなった。舞台となったのは、米フロリダ州オーランドのディズニーワールドで行われたブロックチェーンイベント。ビットコインブロックチェーン上に婚姻情報を記録したふたりは、次のようなメッセージをともに添えた。「For better or worse,’til death do us part, because the blockchain is forever」

続きはこちら→→→ Roboteer

News:オーストラリア規制当局 ICOと仮想通貨ファンドについて警告


オーストラリア規制当局 ICOと仮想通貨ファンドについて警告

 

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)が20日、「誤解を招きやすい」イニシャル・パブリック・オファリング(ICO)と仮想通貨ファンドについて個人投資家に警告を発した。ASICは今月初めにもICOなどへの規制強化を発表している。ASICの文書によると、ASICは今年の4月以降で5件のICOの資金調達を阻止。投資家保護が十分行われていなかったことことが理由だという。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

News:仮想通貨の不正流出、「甚だ遺憾」金融相


仮想通貨の不正流出、「甚だ遺憾」金融相

 

麻生太郎金融相は21日の閣議後の記者会見で、仮想通貨交換会社テックビューロ(大阪市)から約67億円の仮想通貨が不正アクセスで流出したことについて「甚だ遺憾だ」と述べた。「システムとガバナンス(企業統治)に問題がある」とも指摘。20日に始めた立ち入り検査などで「実態を把握し直し、利用者保護で必要な行政対応をしていく」と語った。

続きはこちら→→→ 日本経済新聞

News:仮想通貨のマネロン対策 10月に世界的な基準が決定か


仮想通貨のマネロン対策 10月に世界的な基準が決定か

 

マネロンやテロ資金対策などで国際的な協力を推進する金融活動作業部会(FATF)が、仮想通貨におけるアンチマネーロンダリング(AML)の世界的な枠組み創設に向けて動いていると19日のフィナンシャル・タイムズが報じた。仮想通貨に対する規制を各国が模索する中、国際的な基準が打ち立てられるのか注目だ。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

News:選挙にはブロックチェーンより「紙」が有効——MIT教授が断言


選挙にはブロックチェーンより「紙」が有効——MIT教授が断言

 

投票を電子化する動きが進みつつあるが、現在のシステムでは投票結果を簡単に改ざんされてしまう恐れがある。ミシガン大学のハルダーマン教授は実際に使われている投票機械を持ち出して、改ざんされる様子を披露。MITのリベスト教授とともに電子投票の問題点を語った。

続きはこちら→→→ Technologyreview

News:ロシア大手銀「仮想通貨に強い興味」非公式会合でビットフライヤーなどに相談か


ロシア大手銀「仮想通貨に強い興味」非公式会合でビットフライヤーなどに相談か

 

ロシアの複数の大手銀行が仮想通貨とブロックチェーンに強い興味を示していることが、モスクワ証券取引所で非公開で行われた会合で明らかになった。19日付のロシアのニュースサイトRBCが報じた。この会合には、日本の規制担当者やビットフライヤーなども参加していたと報じられており、日本の経験を海外に伝える場になったという。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

News:Zaif不正流出、仮想通貨業者の目算狂う


Zaif不正流出、仮想通貨業者の目算狂う

 

同庁は、今回の事件で損害を受けた顧客への補償が、示された計画通りに実行可能か、厳しくチェックしていく方針だ。<崩れた事業拡大への夢>「年内には登録再開第1弾が出るのではないか」――。Zaifでのハッキング被害が発生する直前、ある仮想通貨交換業者はこう語り、今年の年末にかけて広告宣伝を積極化し、事業拡大につなげたいと話していた。金融庁は2017年12月を最後に新規登録を認めていないが、ここに来て新規登録を希望する事業者に対し、審査に必要な調査書類を配布。その第1回締め切りが9月末となっていたことで、年内に登録再開するとの思惑が浮上した。

続きはこちら→→→ Reuters

News:仮想通貨取引所クラーケン NYの規制当局に反論


仮想通貨取引所クラーケン NYの規制当局に反論

 

NY州の規制当局から名指しして批判された米国の仮想通貨取引所クラーケンが反撃に乗り出した。仮想通貨取引所のバイナンス、Gate.io、クラーケンがニューヨーク州の規制に違反してる可能性があるなどとニューヨーク州司法長官事務所(OAG)が指摘したレポートについて、米国の仮想通貨取引所クラーケンが反論。とりわけ調査に協力しなかったとして「対応が恐ろしい」と名指しされたクラーケンは、レポートはフェアじゃないとし、次のように述べた。

続きはこちら→→→ Cointelegraph

News:クロスキャット、社内仮想コイン運用開始 ブロックチェーン活用


クロスキャット、社内仮想コイン運用開始 ブロックチェーン活用

 

クロスキャットはブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用した社内仮想コイン「いいネコイン」の運用を始めた。社内ブログ「クロストーク」上で発信内容を閲覧した社員が「いいね!」のボタンを押すと、投稿した社員との間で、仮想コインを独自の配分でやりとりできる仕組みをシステム化した。

続きはこちら→→→ 日刊工業新聞

1 2 3 4 338