News:国連のプロジェクトサービス担当部局、IOTAと協力してブロックチェーンを使命として「迅速化」する UN’s Project Services Arm Partners With IOTA to ‘Expedite’ its Mission With Blockchain


国連のプロジェクトサービス担当部局、IOTAと協力してブロックチェーンの使命として「迅速化」する UN’s Project Services Arm Partners With IOTA to ‘Expedite’ its Mission With Blockchain

 

国連はで「覚書」を締結しblockchainプラットフォームIOTA技術は効率を高めることができる方法を模索するために、
両当事者が確認 5月22日。
UNOPS(United Nations Office for Project Services)のパートナーシップに関するプレスリリースでは、
ブロックチェーンを使用して仲介者を削減することに重点を置いていると述べました。
The United Nations signed a “memorandum of understanding” with blockchain platform IOTA to explore
how the technology can increase efficiency, the two parties confirmed May 22.
In a press release about the partnership,
which features the United Nations Office for Project Services (UNOPS),
the organization said the focus was on cutting intermediaries using blockchain.

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:暗号通貨の短縮URL使った暗号通貨マイニングに注意


暗号通貨の短縮URL使った暗号通貨マイニングに注意

 

Coinhiveが提供する短縮URLを悪用して暗号通貨マイニングを行うWebサイトが増加傾向にあると伝えた。
そのWebサイトでは、アクセスしてきたユーザーのプロセッサを使って
暗号通貨マイニングが実施される仕組みになっている。

続きはこちら→→→Mynavi

News:「bitFlyer」を装うフィッシング – アカウント情報や仮想通貨を詐取


「bitFlyer」を装うフィッシング – アカウント情報や仮想通貨を詐取

 

仮想通貨取引所の「bitFlyer」を装い、アカウント情報や仮想通貨をだまし取ろうとするフィッシング攻撃が発生している。
フィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシングメールは、
「スマート認証」「安全確認」「重要なお知らせ」など複数の件名で送信。

続きはこちら→→→Security-next

News:bitFlyer、競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」を開催、賞金はビットコイン、上位3名には「内定確約パス」を


bitFlyer、競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」を開催、賞金はビットコイン、上位3名には「内定確約パス」を

 

「codeFlyer」は、プログラミングの正確性、アルゴリズムの構築力、
スピードを競う競技プログラミングコンテスト。予選・本選の2部構成で、予選はオンラインで参加できる。
また、本選は同社のオフィスがある東京ミッドタウンで6月30日に開催される。
 予選・本選ともにAtCoderのオンラインシステム「AtCoder」を利用し、
本選上位5名には最高賞金10万円を現金またはビットコインで授与する。

続きはこちら→→→Codezine

News:NY、ブロックチェーンに焦り 「金融の街」守れるか


NY、ブロックチェーンに焦り 「金融の街」守れるか 

 

ニューヨーク市が仮想通貨などに使われる暗号技術、
ブロックチェーン(分散型台帳)関連企業の誘致に力を入れている。
法律家や女性向けのブロックチェーンに関するセミナーや仮想通貨のマイニング(採掘)に特化したイベントなど、
市内各地で20以上の催し物が開かれたが、金融の街を脅かす新技術への焦りもにじむ…

続きはこちら→→→日本経済新聞

News:マイニングの利益を最大に!ビデオカード設定を変更してお得に使おう


マイニングの利益を最大に!ビデオカード設定を変更してお得に使おう

 

しかし、電気代が利益率に影響する仮想通貨マイニングでは、
ビデオカードをできるだけ電力効率の高い状態で利用したい。 
そこで今回は、ビデオカード用のユーティリティ「MSI Afterburner」を使い、
簡単にビデオカードの電力効率を改善、利益を最大化する方法を紹介しよう

続きはこちら→→→Akiba-pc

News:仮想通貨イーサリアム「24歳の天才」を支える日本人2名


仮想通貨イーサリアム「24歳の天才」を支える日本人2名

 

仮想通貨、そしてパブリック型ブロックチェーン(分散型台帳)基盤として知られる「イーサリアム」。
共同創設者ヴィタリック・ブテリンらが目指す、仮想通貨の枠を超えた「新しい富のかたち」とは─。
ECFのコアメンバーは世界各地に散らばるが、ここで重要な役割を果たす日本人たちが居る。
米国の仮想通貨取引所「クラケン」を経て、イーサリアム財団のエグゼクティブディレクターに就任した宮口。
そして、タイのバンコクを本拠に決済プラットフォームを展開する「Omise(オミセ)ホールディングス」創業者の長谷川潤だ。

続きはこちら→→→Forbesjapan

News:マーケットプレイヤーはブロックチェーンを利用した株式交換に直面  Market Players Envision Stock Exchange Powered by Blockchain


マーケットプレイヤーはブロックチェーンを利用した株式交換に直面  Market Players Envision Stock Exchange Powered by Blockchain

 

今週、カナダのTMXグループの支援を受けた米国のオプション取引所は、
オンライン小売業のOverstock.comと提携して、本質的にデジタル版の株式である
「セキュリティー・トークン」のための最初の規制された取引所を作成すると述べた。
セキュリティトークンは、ビットコインの背後にあるテクノロジであるブロックチェーンを使用して、
所有者から所有者への共有の転送を管理します。
多くのICOで販売されているトークンとは異なり、それらは証券取引委員会の規則に準拠するように設計されています。
This week, a U.S. options exchange backed by Canada’s TMX Group said it would team up with online retailer Overstock.
com to create the first regulated exchange for “security tokens,”
which are essentially digital versions of stocks.
Security tokens use blockchain, the technology behind bitcoin,
to manage the transfer of the shares from one owner to another.
Unlike the tokens sold in many ICOs, they are designed to be compliant with Securities and
Exchange Commission rules.

続きはこちら→→→Wsj

1 2 3 4 5 86