News:イーサ財団のルービン氏「私たちは分散型統治の世界に向かっている」


イーサ財団のルービン氏「私たちは分散型統治の世界に向かっている」

 

仮想通貨業界の大物たちが、7月11日に香港で開催されたRiseカンファレンスで、仮想通貨がグローバル経済にもたらす主な影響について、意見を戦わせた。このパネルディスカッションには、イーサリアム財団のジョセフ・ルービン共同創業者、仮想通貨マーチャントバンク「ギャラクシーデジタル」のマイク・ノボグラッツCEO、Crypto.comのクリス・マルサレクCEO、TenXのジュリアン・ホス氏、及びウォールストリートジャーナルのコラムニストであるジャッキー・ウォン氏が参加した。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:サウジアラビアが政府へのブロックチェーン導入目指す、現地企業とIBMが共同開発へ


サウジアラビアが政府へのブロックチェーン導入目指す、現地企業とIBMが共同開発へ

 

サウジアラビアのリヤド・ミュニシパリティ社はIBMと提携し、ブロックチェーン上で政府のサービスと取引を効率化するための戦略を共同開発する。報道メディアのITP.netが11日に伝えた  この動きは、サウジ政府の公式な決定に従ったものだ。サウジ政府が進める「サウジビジョン2030」計画の一環として、地方自治体の市民サービスの質向上と、優れた技術のサービスへの統合に取り組む。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:AIベンチャーのオルツ、分散ストレージ活用の個人データ格納サービス


AIベンチャーのオルツ、分散ストレージ活用の個人データ格納サービス

 

今回開発した「al+ stack(オルツ・スタック)」は、個人のテキストや画像などのデータを暗号化して分散ストレージに格納するサービス。データの信ぴょう性を担保するためにブロックチェーンを応用した。
 利用者は秘密鍵でデータへのアクセスが可能。企

続きはこちら→→→Nikkeibp

News:韓国の物流大手ロッテ・グローバル、運輸業界向けブロックチェーン連盟に加盟


韓国の物流大手ロッテ・グローバル、運輸業界向けブロックチェーン連盟に加盟

 

大手物流・運送企業である韓国のロッテ・グローバル・ロジスティクスが、運輸業界向けブロックチェーン連盟(BiTA)に加盟した。フレイトウェーブスが9日に報じた。BiTAは17年、運輸・物流業界でのブロックチェーン・アプリケーションの開発と普及、そして同技術の採用に関する業界標準の確立のために組織された。同連盟はブロックチェーンを基盤としたサプライチェーン向けの専用プロトコルである「オリジントレイル」を使用し、加盟企業は約400社だ。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:ビットコインの暗号技術は無敵ではない


ビットコインの暗号技術は無敵ではない

 

ブロックチェーンのキーワードはハッシュ化されていても逆変換できる。7月5日に開催のサイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム設立記念特別セミナーで、慶応義塾大学教授の武藤佳恭氏がデモンストレーションしてみせた。武藤氏はビットコインをはじめとしたブロックチェーンの暗号技術に使われるハッシュ関数SHA-256を使い、英字による1つのキーワードをハッシュ化。その後外部のWebサービスを使い、わずか0.025秒で元のキーワードに変換してみせた。武藤氏によればハッシュはすでにデータベース化されていて、キーワードが2つでも数秒から数十秒以内に逆変換されてしまう。

続きはこちら→→→Ascii

News:Augur(REP)、メインネットに移行へ


Augur(REP)、メインネットに移行へ

 

Augurは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用したプロジェクトで、ブロックチェーン技術を利用した完全にオープンソースかつ分散型の予測市場プラットフォームである。仮想通貨で公平なギャンブルを実現させることを目的としてできたプロジェクトで、未来を予測し、それが的中するかどうかにお金を賭け、予測した結果が正しければお金を得ることができるというものだ。

続きはこちら→→→Apptimes

News:韓国、仮想通貨とブロックチェーンに関する新規制を議論へ


韓国、仮想通貨とブロックチェーンに関する新規制を議論へ

 

韓国の議員らは仮想通貨、ICO、ブロックチェーン技術に関する規制を発展させる草案を発表した。コリア・タイムズが11日に伝えた。13日〜26日に開かれる臨時国会で、議員らは新たな法律の草案を提示すると見られている。コリア・タイムズによると、最大野党の自由韓国党のソン・ヒキョン党首は、マネーロンダリングやサイバー犯罪、個人情報流出を防止するため、仮想通貨取引プラットフォームの規制を呼びかけている。

続きはこちら→→→Cointelegraph

News:仮想通貨巡る犯罪がトランプ政権の新作業部会の焦点に


仮想通貨巡る犯罪がトランプ政権の新作業部会の焦点に

 

トランプ米政権は、消費者を詐欺から守るための新たな作業部会を設置するのに際し、極めて人気の高い仮想通貨市場が国民にとって最大の脅威の一つに浮上してきていることを明確にした。作業部会設置に関する大統領令はトランプ大統領が署名し、11日に発表された。取り組みの焦点にはマネーロンダリング(資金洗浄)や高齢者を狙った投資スキームいった従来型の犯罪と並んで仮想通貨に絡む詐欺が盛り込まれた。仮想通貨を巡る米政権の懸念があらためて示された形だ。

続きはこちら→→→Bloomberg

News:仮想通貨交換業を手掛ける真意、マネーフォワード


仮想通貨交換業を手掛ける真意、マネーフォワード

 

年内をめどに仮想通貨交換所の開設を目指すつもりだ。正直に言えば、いつ登録が可能かどうかは不透明な部分もある。それまでにいくつかの取り組みに着手する。最初に手掛けるのは家計簿管理サービスのマネーフォワードと、他社の仮想通貨交換所とのデータ連携だ。マネーフォワードでは銀行やクレジットカードなど2600以上のサービスの利用履歴や残高の連携が可能で、既にbitFlyer、Zaif、Coincheckの3つの交換所の保有残高や取引履歴の管理機能をAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)連携で実現している。これを2018年6月中をめどに約20の交換所まで拡大する予定だ。これによって、仮想通貨取引ユーザーのほぼ全てをカバーしたい。APIを公開していない交換所に関しては、スクレイピング技術で情報を自動取得してマネーフォワードで管理できるようにする。

続きはこちら→→→Nikkeibp

News:サンタンデール銀行、証券取引でのブロックチェーンの可能性を調査


サンタンデール銀行、証券取引でのブロックチェーンの可能性を調査

 

スペインのサンタンデール銀行が、ブロックチェーンが証券取引に変革をもたらす可能性を探るために研究チームを立ち上げたことを発表した。11日付けのプレスリリースで発表した。サンタンデール銀行は、金融分野でのブロックチェーン導入に積極的な銀行だ。
新たに立ち上げた「デジタル投資バンキング」チームは、同銀行のブロックチェーン研究所で現在責任者を務めるジョン・ウィーラン氏が指揮をとり、「債券資本市場やデリバティブ、その他の商品でのトークン化証券の利用について調査する」という。

続きはこちら→→→Cointelegraph

1 65 66 67 68 69 264