週間ICO:2017年12月3日~10日


どうも!ゴリラです。

先週3日から9日までのICO開催は21件(プレ含む)
100MUSD以上調達しているものは7件です。
21件開催中7件が1MUSD以上を調達しまたプレの中にも1MUSD以上調達しているものもありそうです。


FLIP6,247.35 ETH2,700,000USD

FLIPページ


INS48,000ETH 21,000,000USD


INSページ


Fundcru 1,700,000USD

Fundcruページ


Rentberry 4,000,000USD

Rentberryページ


SophiaTX10,000,000USD

SophiaTXページ


Trade.io 13,000,000USD

Trade.ioページ


Swissborg  12,000,000USD

Swissborgページ


MVI最高調達額は21,000,000USDのINSです。
公式WEBからのデータ80%と言うところからの算出のためなんともいえないですがうち4件が10,000,000USD以上を集めています。

年末に掛けてICOの数が減ってますね。年明けからはまた数は増えていくんだと思います。

まだまだICOは世界中で膨らんでいくと思いますが最近新しく仮想通貨投資を始められた方が一段と増えているようなので
再度注意事項→ICOとは

金融庁からもICOに関する注意喚起→注意喚起by金融庁

詐欺なども多いためよく読んでICOに参加検討されてください。現場からは以上です。

週刊ICO11月26日~12月3日まで


どうもゴリラです。

先週11月26日から12月3日までのICOで開催は51件、1,000,000USD以上を集めたICOは14件です。

最高調達金額はBANKERAの31,000,000EUROです。


Canya3,100,000USD

Canyaページ


CoinLoan 1,267,951USD

CoinLoanページ


BANKERA 31.484.091EURO

BANKERAページ


VLB 4800 ETH raised 2,000,000USD

VLBページ


AMLT by Coinfirm Raised: 4343.31 ETH 2,000,000USD

AMLT by Coinfirmページ


BANKEX $27,781,230 USD

BANKEXページ


Commerceblock 7,000,000USD

Commerceblockページ


JIBREL NETWORK HPから積算、高くて7,000,000USDほど

JIBREL NETWORKページ


Storiqa 4,200,000USD

Storiqaページ


Descrow 1,270,000USD

Descrowページ


KYC 5,200,000USD

KYCページ


Investy 1,100,000USD

Investyページ


Zenprotocol 12,000,000USD

Zenprotocolページ


Universal-brand 2,276,785USD

Universal-brandページ


また調べきれなかったもので多分ミリオンいっているだろうと予想されるものは以下2つです。

Hdac

Hdacページ

韓国ヒュンダイ財閥創業者の孫がHdacのFounderに就いています。そのためヒュンダイと強固な関係であることは間違いなくパートナーにもヒュンダイグループが名を連ねています。
どこまで集めるか分かりませんが、詐欺とは無関係であることは事実にしろその後上場して上げるか下げるかは未知数であることと
HPを見る限り投資額が分からないまたは分かりにくくなっているので判断のしようが無い点です。
ちなみにソフトキャップは6000BTCです。

他にも1ミリオン集めていそうなICOはありますが数字を公式が発表していないためここには記載しません。

現場からは以上です。

ICO:ファミリーポイント FamilyPoints


プレ 12月1日
ICO 12月10日~12月31日
FamilyPointsは、親がベイビーとマタニティ製品を購入し、プラットフォーム内で使うポイントを得ることができる最初のスケーラブルなブロックチェーン制御のプラットフォームです。サービスには、専門家相談、教育ビデオコンテンツ、語学レッスン、ベビーシッターサービスなどが含まれます。時間の経過とともに、プラットフォームには銀行、保険、旅行やレジャーなどのサービスが含まれるようになります。参加するには、ユーザーがFamilyPointsプラットフォームでアカウントを作成します。登録時に、システムは、すべての顧客データを分散データベースに保存し、ユーザーのポイントを保管し、他の当事者との対話を可能にするユーザー・プロファイルと個別化ウォレットを作成します。
ファミリーポイントプラットフォームは、お客様がマザーとベビーの製品を購入し、ポイントを獲得して支払うことができるウェブサイトです。 ポイントは、購入から顧客へ、またはプラットフォーム内での顧客活動に基づく報酬(例えば、コンテンツを残したり、自分のコンテンツにアップボートを受け取るなど)になります。顧客は、プラットフォーム教育サービスを購入し、他の顧客の製品レビューをアップボードすることによって、プラットフォーム内でポイントを使うことができます。伝統的なプランとファミリーポイントの両方のシナリオでのショッピングの第1段階は同じです。お客様は、異なるカテゴリ、ブランド、レビュー、および評価をブラウズして、おもちゃなどの商品を購入するプラットフォームにログインします。
公式WEB https://familypoints.io/

ティッカー FPT

ブロックチェーン イーサリアム

総発行 225,000,000

募集枚数 146,25,000

レート 1 FPT = 0.1 USD

ハードキャップ 12,500,000 USD

ホワイトペーパー 

ICO:フードコインエコシステム FOODCOIN ECOSYSTEM


TGE 12月12日
食料・農業ビジネスのグローバルブロックチェーンエコシステム
FoodCoinエコシステムは、アクティブ1000 EcoFarmsプラットフォームの経験に基づいて食品や農産物の世界市場を構築するために設計されたブロックチェーンエコシステムです。FoodCoinエコシステムはEthereum技術に基づいています。
農家、農業機械製造業者、農産物加工業者、食品メーカー、カフェ、レストラン、食品配送サービス、食品や関連製品の生産者、消費者が取引を減らすために、さまざまなFoodCoinエコシステムコンポーネントツールを使用すると考えており、コストを削減し、効率を高め、食品システムを最適化します。
食品エコシステムに含まれるツールには、次の5つがあります。
・スマートウォレット
・デジタルIDサービス
・製品原点認証
・暗号支払い処理
・ユーザーのためのカスタマイズ可能なプラットフォーム
1000EcoFarmsは、自然食品のためのグローバルなビジネス対消費者およびビジネス対ビジネスのオンライン市場です。
このプラットホームは、数百人の小規模農家および食品生産者のためのマーケティング、注文および支払い処理サービス、ならびに個々の農家、食品購入クラブおよび共同作業のための広範な追加機能を提供します。 世界中の消費者や中小企業は、このプラットフォームを使用して、栽培者や生産者と直接つながり、新鮮な自然食品を購入しています。

公式WEB https://www.foodcoin.io/

ティッカー FDC

ブロックチェーン イーサリアム

総発行 ?

募集枚数 ?

レート 1 ETH = 100 FDC

ホワイトペーパー 

週刊ICO11月19日~25日


11月第4週目のICOは38件開催

1件VCによる買収 1件開催終了です。


SMSchain  5,000,000USDVCによる買収

SMSchainページ


AIDcoin  3,864,479USD

AIDcoinページ


CrowdWiz 5,764,174USD

CrowdWizページ


Hero   3,460,000USD

Heroページ


NAGA  10,965,320USD

NAGAページ


CyberMiles 38,700,000USD  84,146.5727ETHハードキャップ到達

CyberMilesページ


SportyFi  1,560,519USD

SportyFiページ


STEX 1,550,000USD  3374.39ETH

STEXページ


Ethlend 14,000,000USD

Ethlendページ


Linker Coin 3,000,000USD  6,726.29 ETH

Linker Coinページ


Pangea by Bitnation調達額詳細は分からずプレセールにて3,000,000USDを調達現在セール中

Pangea by Bitnationページ


以上11件がミリオン以上となります。調査しきれてないものもあるかもしれません、また公式HPの表示をもとに調査しています。

NAGAはドイツ証券取引所に上場しているフィンテック企業。→会社概要

Heroは企業ではありませんがソフトバンクベンチャーのコンテストに入賞?していたそうで先日までHPにソフトバンクとアリババのロゴが入ってました。ICO始まってから覗いてみると消えてます。
提携したわけでは無かったようですね。

SMSChainはVCに買収されたようです。

ゴリラの印象ですがICOでの資金調達はまだまだ衰えを見せてないというか企業系が本気出してきてるんじゃないかとおもわれます。
ゆえに上場しているトークンは同じようなプロジェクトでもマーケティング力、開発力、資金力 を持っている企業につぶされる危険性があるという事は考えておいたほうがいいかもしれません。

現場から以上です.

ICO:エーアールエヌエーパナセア ARNA Panacea


プレ 883.323 USD 調達
ICO 12月15日~2月10日
ブロックチェーン&ARNAトークンを搭載したバイオテック分散ソリューションです
ARNA Panaceaは、臨床試験データの処理だけでなく、臨床試験に関わるすべてのタイプの市場参加者、および最終的なバイオテク製品の顧客(患者)への直接販売のための研究開発段階および市場における研究者のサポートを可能にするプラットフォームです。
ARNA Genomicsは、ブロックチェーン・エコシステムARNA Panaceaを用いた腫瘍学的疾患の早期発見のための市場開発手法の研究開発に着手した革新的なバイオテクノロジー企業です。ARNA BCは、高精度の乳癌の早期発見のための最初のテスト開発製品です。
癌と戦うためのバイオテクノロジー技術が、ブロックチェーン技術を使って大衆市場に投入されるようになりました。私たちの市場は巨大です。
研究の証拠としてパブリック・ブロックチェーンARNA Panaceaに格納されたデータは、エビデンス・ベースの基礎になります。
ARNA Panaceaユースケース:
・ブロックチェーンのエコシステムで暗号化された鍵を使用して安全な形式で「科学的研究」を行う、保護された研究としての機能。
・利用可能なデータを分析するために必要な機能を備えた、オープンなAPIインターフェイスを介して蓄積された情報の配列へのグローバルなアクセスのためのビッグデータビッグデータ。
・癌の診断と治療の情報方法を収集、保存、分析するための単一のブロックチェーンプラットフォームのエコシステム。
・新しいがん治療法を開発するための「パターン」を探すためにAIを接続する可能にするスマートブロックチェーン。
・患者、研究者、規制当局、CRO、製薬会社、診療所のエコシステム内での相互作用による使用が可能なARNAトークン。
トークンの役割:ARNA BCテスト購入、ARNA Panaceaデータアクセス、R&D報酬

公式WEB https://token.arnagenomics.com/

ティッカー ARNA

ブロックチェーン イーサリアム

総発行 1,000,000,000

募集枚数 500,000,000

レート 1 ARNA = 0.000266 ETH

ソフトキャップ 3,333 ETH

ホワイトペーパー 

週刊ICO11月13日~19日まで


どうも先週の11月13日から19日までのICOは

67件リストしているうち延期中止不明が20件  プレ、ICO共に開催が48件 です。

1MUSD以上集めているプロジェクトは14件

Cointed 1,100,000USD

Cointedページ


etherecash 17,000,000USD

etherecashページ


Finom 36,701,006USD

Finomページ


Nitro 1,800,000USD

Nitroページ


Simpletoken  7,200,000USD

Simpletokenページ


Worldwide Asset eXchange  44,000,000USDover

Worldwide Asset eXchangeページ


Goal Bonanza  7,382,357USD

Goal Bonanzaページ 


Genaro Network  7,700,000USD

Genaro Networkページ


neufund 6,000,000USD

neufundページ


Spectre 9,128,730USD

Spectreページ


coinlancer 11,391,284USD

coinlancerページ


presaerch 12,000,000USDover

presaerchページ


Dmarket 15,239,937USD

Dmarketページ


tokenBOX 1,672,810USD

tokenBOXページ


です!!ホントかよ!!!!に尽きますね。公式HPからの算出です。

各プロジェクトを見ていくとよく広告で見るよね。なら集まってると言われたら分かりますがSNSなどで情報が更新されていないものが100ミリオン集めているとは思えないです。

独自の集め方をしている。となるとセミナー系なんでしょうか?それとも格別なプロジェクトなんでしょうか。

ちなみにゴリラがしれーっと注目していたプロジェクトAMMBERがICO前にVCに食べられたみたいで寂しいです。

現場から以上です。

週刊ICO11月6日〜11月12日


どうもゴリラです。

先週11月5日から12日までのICOは

47件中、延期、中止、不明 17件 プレ開催13件 ICO開催17件

1MUSD以上調達中は8件


Cashaa セール枚数からの推定6MUSD

Cashaaページ


FidentiaX  1,100,000USD

FidentiaX ページ


QASH by QUOINE 公式WEBよりの算出で105,000,000USD

QASH by QUOINEページ


Leverj 15,000,000USD

Leverjページ


Storm 19,000,000USD

Stormページ


DAO PlayMarket 2.0 1,000,000USD

DAO PlayMarket 2.0ページ


Starbase 8,500,000USD

Starbaseページ

MVIはQUOINEの105,000,000USDです。

あとSENSEが数字追えず。presaleの枚数をみると多分ミリオンいってるんじゃないかなと思います(エアドロップの可能性ありなので精査が必要)。
ICOでは300,000USDくらい?

2Xやイーサリアムフォークの影響で延期すると言っているものやととりあえずやってみようと思ったけどやはりやめます。みたいなものが多かったです。
きになるところでQUOINEが105MUSDで集まるところには集まると言ったところでしょうか、でも5000人で105億集めるってすさまじいですね。

他にこれと言って目新しいものは他にはないです。がだんだん日本発のICOが出てきています。中には、ん?と思うものがありますので参加する場合はチームメンバーの背景、ホワイトペーパー、事業形態などをよく読んで判断されてください。

現場から以上です。


週刊ICO 2017年10月22日から29日


どうも

2017年10月22日から29日までのICO概況です。

43件リスト中、延期が11件、プレ終了2件、開催中29件と開催終了してるかも1件
です。

1,000,000USD以上調達中が

Privatix

Privatixページ

1,700,000USD


Flixxo

Flixxoページ

2,500,000USD


Qchain

Qchainページ

XQC,EQC計2,000,000USD


Cappasity

Cappasityページ

VCとあわせて3,000,000USD


Global Jobcoin by Jobstoday

Global Jobcoin by Jobstodayページ

4,600,000USD


Datum Network

Datum Networkページ

3,900,000USD


Xenio

Xenioページ

2,800,000USD


Ripio Credit Network

Ripio Credit Networkページ

推定75,000,000USDハードキャップ到達?ホワイトリスト形式で入札が出来ない状況です。


SINERGIA BLOCKCHAIN

SINERGIA BLOCKCHAINページ

推定です。6.000.986SNG〔レート換算約7,000,000USD〕を集めたそうですがなんともいえない。


また追えてない部分で見つけたら追記していきます。

MVIはRipioネットワークの推定75,000,000USDです。

全体的に細ってきてますね。それでも注目されているICOはかなり集めてるみたいです。

でも今はビットコイン様とキャッシュご子息の動向見てるほうが楽しいですね。イーサリアムもフォークするみたいで

ICO対フォークコイン構図ですかね。フォークもICOも取引所次第。

どちらもなくなることは無いでしょうがフォークはどちらかと言うとアップデートからの意見の食い違いの発生ですがどんどん利益追求型フォークの匂いがしてならないですね。

ICOもプロジェクト推進のための資金調達からお金集めありきのICOとなっていってなかなか混沌が続きそうです。

ICOは国で規制することは出来るでしょうがフォークコインに関しての規制ってできるのかな。問題山積みの暗号通貨界、楽しいですね。

現場から以上です。

こここ

ICO:エラチェーンErachain 注意


11月1日~TBA

Erachainの環境は、現代の要求に応えるために作られています。プラットフォームは、企業のICOを立ち上げるか、または参加させるために、検証されたユーザーと投資パーティーに基づいています。法的に拘束力のある契約を発行して署名したり、アンケートを作成したり、調査や調査を行ったりすることができます。そのすべてがブロックチェーン技術に格納されます。
Erachainプロトコル:Erachainは完全に開発されたプラットフォームで、デフォルトでは暗号化のオプションで復号化されます。明確な検証システムのおかげで、トランザクションを作成して文書を作成して交換する安全で安全な方法が得られました。このプラットフォームは、日常のユーザー、企業、さらには政府によって使用されます。
Erachain燃料:このシステムは、お互いの価格に影響を与えない2つの異なるコインセットに基づいています。そのうちの1つはERAと呼ばれ、もう1つはCOMPUです。COMPUは取引手数料としてのみ使用され、偽造できる唯一のものです。最適化されたコーディングの結果として、トランザクションはこれまで以上に安価で高速になります。
クラウドファンディング:あなたの会社に資金を提供し、わずか3回のクリックでErachainプラットフォームでICOを上げる。
ERA交換:有形物、資産、為替コインを売買することができます。
法的拘束力のある契約:暗号化された機能や解読された機能を持つ検証済みのシステムを通じて、ビジネスアソシエイツとの契約書の送受信。
企業を簡単に管理する:数回のクリックだけで、組織内のユーザーと通信することができます。文書を送信し、アンケートを作成し、投票する。
偽造者になる:Erachainの最適化されたコードは、特別な装置を必要とせずに偽造者になることを可能にします。あなたのコンピュータ上でプラットフォームが起動されるとすぐに、自動的にブロックが生成され、コミュニティがサポートされます。
お金を節約する:Erachainプラットフォーム上の2つの異なるコインのサポートとリーンコーディングにより、トランザクションのコストが削減されます。

公式WEB http://erachain.org/

ティッカー ERA

ブロックチェーン オリジナル

総発行 10,000,000

募集枚数 ?

レート ?

ツイッターアカウント凍結

1 2 3 4 5