分散型取引所(DEX)ってなに?


取引所シリーズ第二弾。

今回はDEX(Decentralized Exchange)分散型仮想通貨取引所についてです。

分散型取引所????

そもそもなんなんすか分散型ってw

その前に取引所の仕組みを….。

日本の証券取引所の仕組みは、

日本証券取引所グループ(JPX)という上場株式会社(上場企業だったのか!?て思う人も多い)によって運営されている東京証券取引所が各証券会社(野村証券、大和証券、楽天証券など)から受ける売買注文を一括集中させて大量の需給を統合させ、株式の流動性を高めるとともに公正な価格形成を図る役割を担っています。

一方仮想通貨取引の方法は多岐にわたり、本来の個人同士のビットコインのやり取り(相対取引)から現行の販売所(事業体から買う、売る)、仮想通貨取引所など様々な方法で売買ができます。
また証券取引所JPXのように一括管理運営している事業体が存在しないためBTC/JPYでも各取引所で価格差が生じており、その価格差を利用したアービトラージといった手法を使った利ざや取りができるようになっています。

アービトラージをしないゴリラはできれば協会さまでJPXみたいなものを作って欲しいと願っています。
そのような機関が需給の高い日本だけでもあればビットコインの無駄な乱高下が無く価格安定化につながり、決済サービスとしての頭角を現してくれると思ってます。

 

 

従来の証券会社や仮想通貨取引所は運営元が管理しているため収益拡大のための手数料を支払ったり取引所に自分の資産を預けて管理してもらう必要があります。

 

証券取引の場合、現物取引確定後数営業日で、投資家本人へ証券の所有権が移ります。

もしもハッカーが侵入して証券をハッカーの元に移転しようとしても取引上はただのデータな為、所有権を移すことができず、JPX管轄内でしか取引ができないので取引を行える個人データベースから追跡が可能な点、取引の制限や規制、監査するセーフティネットが数重にも敷いてある点などからハッカーにとって資産を盗むメリットが少なくなります。むしろないです。

 

仮想通貨取引所の場合、一括管理するJPXみたいなものが存在せず仮想通貨そのものが現物資産であり所有権を主張できるそのものであり、売買注文が成立した時に資産移転を自社で管理しセキュリティの向上や個人所有資産の管理などの責務が一層強いられることなります。

また盗みにくるハッカーは仮想通貨の性質である信頼がなくても資産の移転ができることや匿名通貨を使用して移転ができる資金洗浄を武器に

取引所のセキュリティの甘いところには世界中からハッキングを行いやすくなります。

 

そのため取引所は預けられた資産を管理しなければならず、各社セキュリティに対する努力を強いられていて24時間365日の取引や保守管理など証券会社よりも非常に大変なとことを仮想通貨取引所がやっていることに気づきます。

 

 

その大変な作業やセキュリティなど取引所で運営する様々な問題を解決するために存在するのがDEXです。

 

DEXはDecentralized Exchange分散型取引所の略でP2Pで維持し運営元がいなくても(実質運営元がいる場合があるが各個人の資産にアクセスできない)仮想通貨の取引をできるプラットフォームです。

 

通貨を売るその時点までその通貨は個人の管理下、主に個人の所有するウォレット(基本的にDEXアプリケーション内のウォレット)にあります。

 

そのため取引所の破綻や保管されている大量の仮想通貨の盗難などのハッキングによるカウンターパーティリスクを防ぐことができます。

しかし逆に言うと各個人に責任が及ぶので秘密鍵などの管理などすべての責任が個人に転嫁されることに気をつけてください。

 

証券取引所のように誰が注文を出しているかわからない、市場操作のような不透明な取引ができなくなります。

DEXでは取引記録はブロックチェーンに記録されるため誰でもアカウント上の資産や注文履歴、取引記録などを閲覧することができます。

 

簡単に言えば相対取引ができるウォレットと言えばわかりやすいかもしれません。

 

今回はそのDEXを紹介していきます。

基本的に同じブロックチェーンプラットフォームでDEXを作っているところが多いです。

 

イーサデルタEther Delta

イーサリアムブロックチェーン上でのトークンはすべてここでETH比で取引可能。またトークン対トークンでの取引も可能になっている。

 

オープンレジャーOpenledger DEX

BTSブロックチェーン上の通貨やSmartcoin(USDやJPYにペッグしたBitUSDやBitJPY、ETHやBTCにペッグしたOpenETH、OpenBTC)で売買ができる一番有名なDEXと言えばここです。

 

カウンターパーティDEXCounterparty DEX

カウンターパーティで作ったトークンをXCPで取引できます。

CounterWallet

インディスクエアindie Squere Wallet

BoO

などスマホでDLしてDEXを利用できる便利さが人気で有名ブロガーがブログ内でトークンなども発行して配っています。当HPでの計画中のトークンもここで発行しました。ホワイトペーパー準備中。

rerapepeやmemorychain、bitgirls、STRJ、そしてカウンターパーティで独自発行したトークンや通貨もここで取引できます。

 

WavesplatformDEX

ここ最近存在感ををつけてきているWavesplatformのDEXです。

ビットコインや為替などもWAVESで変換し取引可能。

トークン発行、wallet機能にDEXをつけた便利なウォレットです。

またDEXで取引する場合同じ名前の通貨(偽物トークン)が流通するため注意が必要になります。

TIDEX(一般の取引所とDEXを組み合わせる予定の取引所)

 

Nxt Asset Exchange

NXTトークンのDEXです。ほとんど取引されてません。

 

OMNI DEX

OMNIブロックチェーンのDEXここもほとんど取引されてません。

 

Bitsquare

出来高はまだまだ少ないですが固有のブロックチェーンにとらわれずに通貨種類も多い、法定通貨ともトレードできる、これこそ仮想通貨取引所の将来像といったところでしょうか。

 

各取引所DEXページにて詳細を記載しております。

 

以上有名どころのDEXを集めてみました。注意点として、まだまだ取引環境が整っていないのが現状です。アプリケーションが重くて立ち上がらなかったり、システムに弱いところがあったりします。なので必ず各DEXではバックアップを忘れずに行ってください。

一般的な仮想通貨取引所に比べて流動性はまだまだいまいち以下ですが昨今のICOの乱立で取引所がリストできなくなってきている状況で各ブロックチェーンでのDEXはこれから重要な役割を果たしていくことが想定されます。

デュアル2段階認証で故障紛失からコードを守れ?


どうも、ゴリラっていうよりはでおなじみのゴリラです。

みなさん2段階認証を設定してたスマホ落としたり故障したりしたことありませんか?

そんな時は取引所サポートに連絡するなどをしなくてはなりません。

バックアップキーなどの記録はもちろんなんですが

もっと手軽に2段階認証のバックアップする方法があるようなんです。

使わないスマホやipadありますよね

 

2段階認証のアプリをDLしてください。

そして2段階認証を取る時に自分お手持ち用と複数台にQRコードを読み込んでください。

そうすると。同じ6桁のコードが生成されるはずです。

 

これで1つスマホをなくしたり故障しても大丈夫!!

 

ぜひおためしあれ!!でもちゃんとバックアップコードを記録してください。

 

情報元はこちらの方ツイッター以外でもお世話になっている方です。

経験なので説得力があります。

めちゃくちゃ便利!

 

おしまいける

その取引所大丈夫?後編


で今回は一体海外の取引所って一体どんなものがあるの?と思ってる方いっぱいいると思うので一旦主要な取引所を調べました。

 

OKcoin OKEX
2013年設立 運営会社OKcoin 会社情報詳細 国 中国
中国北京に本社を置き香港に拠点を置く中国3大取引所の一つ。USAの著名投資家から10MUSD以上を調達し設立された取引所であるが2017年2月中国当局の規制が入ったばかりでカントリーリスクも視野に入れる必要あり、しかし日本の取引所ビットポイントとの提携などグローバルに活動の意欲を見せている部分も目立つ。

OKEXページ

 

Huobi
2013年設立 運営会社 北京火币天下网络技术有限公司 会社情報詳細 国 中国
こちらも中国北京に本社を置く中国3台取引所「OKCoin」「Huobi」「BTCChina」のうちの一つこちらも先日OKcoin、同様規制が入り出金ができない事態が起こった。

Huobiページ

 

BTCChina&BTCC
2011年設立 運営会社 上海萨图西网络有限公司  会社情報詳細 国 中国
こちらも中国3大取引所BTCChinaのグローバル取引所として上海に拠点を置く取引所マイニングプールなども保有する。やはり再三にわたる中国当局の規制には何度も泣かされている。

BTCCページ

 

Bitstamp
2011年設立 運営会社 Bitstamp Limited 会社情報詳細 国イギリス

最近でも昔からの名残でBITSTAMPがどうしたなどと言われることはありますが今現在日本でも利用している人は少ないんではないでしょうか。従業員がフィッシング詐欺にあって19000BTCが盗まれる?こともあったそうな→コインテレグラフ

登録からのID提出などかなり大変なので紹介だけしときます。

Bitstampページ

 

coinbase&GDAX

2012年設立 運営会社coinbase,Inc. 会社情報詳細 国 USA
親であるcoinbaseの取引所部門をリブランドしグローバル取引所GDAXとして運営。投資家が銀行やNY証券取引所であったことからアメリカで正式にライセンスを受けた取引所となった。また2015年アメリカで初めてビットコインデビットカードShift Cardを発行した会社でもある。
その後2017年1月NY州のビットライセンスを取得している。勿論日本の市場参入にも気合を入れている模様。本日2度目の登場参照ビットコインニュースさまさま

coinbase&GDAXページ

 

上記5件の取引所は

カントリーリスクや登録からのID提出などかなり大変なのでアカウントを作りませんでした。

紹介だけしときます。

 

 

そして今回海外取引所にリストアップした8個の取引所です。

 

 

エントリーNo1 BITFINEX
2013年設立 運営会社 iFinex Inc. 会社情報詳細 国 香港

ビットフィネックスページ
2016年あのMTGOXの再来とも言われるほどとてつもない金額約119,756BTC当時レート換算71億円(今では気持ちのいいホワイトペーパーを作ってICOすれば一発回収できそう)をハッキングされ盗難された過去を持つ『やけんいうたやろう、仮想通貨取引なんか胡散臭いことせんどきい』の取引所です。今はBFXコインとなる社債のようなものを発行し被害者に向け堅実に被害額の返還を行っている模様。
参照記事お世話になりますBTCN 2FA3種類あり。

印象

やはりハッキング事件の影響もありセキュリティに関しかなりシビアです。ログインのときからセキュリティの細かい設定までゴリラの中では一番セキュリティの高い取引所なんかなと思います。

 

 

 

 

エントリーNo2  POLONIEX
2014年設立 運営会社 Poloniex,LLC 会社情報詳細 国 USA

ポロニエックスページ
当HPでも紹介している海外取引所です取り扱い銘柄も多く取引高も高いのが特徴ですが近年の日本の仮想通貨取引の活発化に伴って繁栄を築いた感もあるような無いような。

印象

使っている取引所の中では自動ログアウトや同じIPでもつなげているデバイス以外からのログインが行われた場合自動的にログアウトされたり送金に確認メールがきたり、個人的に気に入っています。サービスの対応や通貨が無くなったとの情報も散見します。取引したらすぐ自分のウォレットに出金してください。

 

 

 

エントリーNo3 kraken
2011年設立 運営会社 Payward, Inc.会社情報詳細 国 USA

krakenページ

MtGOXの破産手続き支援会社に選ばれ各メディアでも評価が高くコインテレグラフのExchange Awardsで金賞を取る(スコアは、安全性、セキュリティ、ユーザビリティ、サポート、注文タイプ、および料金に関して業界で最高らしい)など輝かしい信頼を手に2014年日本に子会社を設立、日本でも取引所申請を出していると思われる海外取引所。

印象

コールドウォレットでの格納やメールの暗号化などの部分では信頼はできるのかなと。SBIが去年運営元に出資してるのもあったり、MTGOXの後処理したりとkraken自体に怪しい問題は無いように思えます。

 

 

 

 

エントリーNo4  BITTREX
2014年設立 運営会社 Bittrex, LLC 会社情報詳細 国 USA

BITTREXページ
当HPでも紹介している取引所去年の秋ごろにアカウントパスワードをリセットされた事件が記憶に新しい。→参照いつもお世話になってますCCMその前にも2段階認証をされてないとハックされるのはチョコチョコあるみたいです。

印象

個人的に好きな取引所2って感じです。話題性のあるコインからクソコインまで取り扱っています。

ログイン後すぐに送金できなかったり送金のときは確認の2段階認証があったり一定時間で自動ログアウトしたりめんどくさがりのゴリラでも使いやすいです。

 

 

 

 

エントリーNo5    CRYPTOPIA
2014年設立 運営会社 Cryptopia Limited 会社情報詳細 国 ニュージーランド

CRYPTOPIAページ

運営元がはっきりしている取引所では1番多いの種類を扱う取引所だと思います。

印象

ログイン失敗した場合メールが来るのですがログイン履歴が無いもしくは分かりにくい。自動ログアウトをしないとログインしたまま?だからちょっと怖いです。

 

 

※ここから以下は運営元が不明もしくは調べ切れなかったので現段階では非推奨とします。

 

エントリーNo6  Yobit 
2014年設立(ドメイン設定) その他不明(ドメイン設定者はロシアのホスティングプロバイダー)ドメインサーバーはサンフランシスコに設定。
これがでてきただけで超ヤバ目。運営会社等々不明(探せなかっただけかも。申し訳ないす)

yobitページ

印象

運営元が分からない怪しい取引所NO1じゃないでしょうか、使うことはお勧めしません、手動ログアウト必須。しょうがなく取引する場合はすぐに自分のウォレットに移動。

 

 

 

 

エントリーNo7  Liqui
2016年設立 運営会社 Liqui Trade, Inc(登記見つけられず) 会社情報詳細調べきれず。国 ウクライナ
6人で運営している個人事業主団体という印象。ICOをした銘柄をいち早く上場させる勢いを感じさせながらもサポートの対応が悪いとの情報もちらほら。

liquiページ

印象

ログイン確認メールが着たり他の取引所と変わらないサービスですが運営元の会社登記がいまいち分からないのと去年設立のため不安な一面も。

 

 

 

 

エントリーNo8 HITBTC 
2013年設立 運営会社 HIT Solution Inc. 会社情報詳細出てこないHITBTC Incと掲載されたメディアもあり本当にINC(登記した法人)なのか不明 国 デンマーク説エストニア説
USAの取引所TERAexchange?との提携もありウィジェットやICOの先物など幅広く銘柄を取り扱っている。この記事を書く発端にもなった取引所。

HitBTCページ

印象

概要を調べて納得です。メディアでも結構取り上げられてますがゴリラのようにログインしてもメール来ない、違うIPからのログインでもメール来ない。手動ログアウト必須です。

 

 

以上皆さんの取引ライフの指標にしていただくために

13件の取引所ページを作成しました。

リストはこちら

 

 

 

その取引所大丈夫?前編


どもーーどもども現実ではゴリラって言うよりもでお馴染みのゴリラです!!

いやあホントビックリしましたよ。

これ、HITBTCという海外の仮想通貨取引所のゴリラのアカウントのログイン履歴です。

 

ゴリラ以外に2箇所からログインされてます。

大阪と台湾からです。

たった1週間のうちに自分以外の2箇所からログインされてます。

2段階認証をしたと思ってたんですが

違うんですね、 HITBTCは2段階認証設定をした後ログインの2段階認証を有効にしないといけないんですね。

にしてもですよ。多いなこれは。2種類のログインIPが検出されてます。

ゴリラIPは頭文字119です。

そしてハッキング一つは台湾、IP頭文字が103です。これは確信犯ですね。完全にやってます。

もう一つの大阪からのIP頭文字162です。自分がログインした後速攻でログインされてます。

 

長くても誤差1分。これは自動的にログインされるように設定されているとしか思えない。でもログインされない時間帯もあるんですよね。2段階認証設定をログイン有効にしてからは必ず1回は認証失敗してます。これは新手のハッキングなのか?システム上の不具合?

 

強制ログアウトしているにもかかわらずページを閉じて開いてもログインされたままになっています。2段階認証を有効にした後でもです。

 

1satも入れて無いんでいいんですが。2段階認証は絶対必要だということですね。

あ〜怖い。

 

自分がちゃんと2段階認証を確認設定してないのが悪いというのはもちろんわかっています。

 

日本では2段階認証なんかしたことないけどってわかります。でも日本の取引所でも2段階認証は必ずやってください。

それでも絶対のセキュリティではないということも覚えておいたほうがいいです。

で、ですね。

ゴリラもいろんな取引所使ってますが取引所選ぶ基準って皆さん何ですか?

 

取引量が多い?取り扱い銘柄の種類の量?セキュリティ?

 

日本の取引所は現在国の事業者認定を受けようとしている業者はいくつもあります。

 

ちなみに日本の取引所は平成29年度5月31日時点で登録業者なしです→

※ただし、資金決済に関する法律の一部改正に伴う経過措置により、平成29年4月1日より前に、現に仮想通貨交換業を行っていた者は、平成29年4月1日から起算して6月間は、新資金決済法第六十三条の二の規定にかかわらず、当該仮想通貨交換業を行うことができることとされています。

 

ということで今、取引を行っている日本の仮想通貨取引業者は申請中だと思います。

 

ちなみに海外取引所でも日本の行政機関に申請を出さないと日本で運営したら規制の対象なんですよね。

 

申請してる海外取引所はいくつあるんでしょうか、今は日本の仮想通貨市場は世界でもトップクラスなので当然申請を出してくるところもあると思います。

 

どんなことを登録業者は守らなきゃいけないの?って方はこちら↓

ビットコインニュース→仮想通貨交換業者の登録規制にかかる内閣府令の公表について

 

にて分かりやすく説明されてるので是非チェックを

 

 

でもね、でもね、海外取引所を使ってない人って少なくないと思うんですよね。

 

後編へ続く。

 

 

スキャんでる?スキャんでない?


第2回、ゴリラ’s eye

どもー!どもども、現実ではゴリラっていうより、でおなじみのゴリラです。

詐欺コインって何?

って思いませんか?

騙されてお金がなくなったならわかります。

でもICOやセミナーで勧められた仮想通貨って購入したあと開発してるしてないの判断もなかなか難しい。

ICO情報にも書いてますが ある程度こんな仮想通貨は詐欺だろうと過去の情報から推定しているのですが結局のところ金をできるだけ集めて資金が思った以上に集まったから最強エンジニア集めて本当に作っちゃおうぜってことは少なくともあると思うんですよ。実現性は別として。

ICOやセミナーをやるくらいだからブロックチェーンや暗号通貨関連に少なからず知識持っているはずなので資金あるし資金集めて儲かったしなんかコンセプトずれてるけど簡単なやつ開発したら儲かるんじゃね?通貨価格も上がってキャピタルゲインもいただき!みたいな。

そこで巷に溢れる詐欺の見分け方や詐欺を題材にしている記事サイトをいくつか集めてみました。

ぜひ

今後の投資の参考にしていただければと思います。

 

ICOとSCAMSの評価方法

グーグルクローム翻訳機能使ってください。かなり鋭い分析をするDAN氏。

 

ビットコイン研究所ブログ 詐欺コインの見分け方

このブログの著者の大石氏は大多数のリップラー(リップルXRP信者)に嫌われながらもごもっともな解説をしてくれるひと。

 

<潜入取材>仮想通貨詐欺の実態
とってもやさしいです。
詐欺コインの実体験はよくある話ですが、ビットコインや仮想通貨を知っているうえでの視点がすごく面白いです。

 

CARDANO、ADAでわかる詐欺暗号通貨の見分け方
はい、もうADAとか言ちゃってます。
※ゴリラはCARDANOやADAを詐欺と言っていません。記事が言っているだけです。

 

 

そして最後にこちら我らがSCAMキラー聖タヌ神様のブログ逆襲のタヌ神
scammerと遊ぶ会
圧倒的SCAMコインを嫌い相手が誰だろうとスキャムと判断したらコテンパンに叩き、戦い続ける唯一無二の神、神の中の神。ツイッターでも容赦ないです。

 

ビットプロパティというところがあるのですね。ふむふむ。そして先日のこと。

 

 

買ったんですね。ふむふむ。買ったんですね、

買ったんかあああああああい!!!!!!(しかもフェーズ1で!!!)

 

まあ要するに詐欺コインかどうかは別として背景にそっちの関係が見えなければホワイトペーパーに書いてある事業やコンセプトなどがおもしろかったり実現性が高いんじゃないかと思えばどんなにSCAMを見てきた神でも買ってしまうってことですね。

だからこそICOやセミナーに注意しましょう。

 

そんな渦中のエタニティは現在ICO中で約41億円を調達中!!

 

エタニティのICO参加方法はこちら(外部リンククリプトカレンシーマガジンより)

 

 

 

第一回、ゴリラ’seye。


ゴリラ目線でお勧めサイトや動画などばんばん紹介していくゴリラ!!

 

 

 

第一回はお勧め動画です。

Koji Higashi氏の動画ビットコイナー養成所シリーズ!!

ビットコイン投資、仮想通貨投資を始めた方には是非見てほしい動画シリーズです。

そして

ニュースじゃ教えてくれない仮想通貨の世界シリーズ!!!

世界の仮想通貨事情をリポートしたリ調査した内容でワイドショー的な内容になっています。

最後に

ビットコイナー反省会シリーズ!!!

暗号通貨、仮想通貨業界の有名人がそろって朝まで生討論みたいな内容になっています。

難しい用語やスラングが飛び交うので最初は何言ってるかわからないですが聞いていく度にだんだん言ってる意味が分かるようになっていく内容です。

他にもいろいろな為になる動画を配信しているみたいです。

こちらがその人がやってるチャンネルとブログです。要チェックや!!

ビットコイナー反省会
https://www.youtube.com/channel/UCRP9Ij6gL9IViB7MS3Ez9aw/feed

ビットコインダンジョン
http://coinandpeace.hatenablog.com/

それでは第二回をお楽しみに!!!

1 4 5 6