AD: キャパシティ Cappasity


Cappasity Airdrop

スケジュール 2月22日〜
参加方法 1、Cappasityトークンセールアカウントを作成します:こちらから
2、CAPPトークンを保持している場所にERC-20ウォレットアドレスを入力します(トークンプレセールに参加している場合は、同じウォレットアドレスにする必要があります)。
3、下記の各日付の前に、希望する数のCAPPトークンをウォレットアドレスに入金してください。
4、下記の各日付のボーナス%に等しいウォレットアドレスのCAPPトークンを送信します。
・4月12日: + あなたが保有するCAPPトークン総額の7%
・5月12日: + あなたが保有するCAPPトークン総額の6%
・6月12日: + あなたが保有するCAPPトークン総額の5%
・7月12日: + あなたが保有するCAPPトークン総額の4%
・8月12日: + あなたが保有するCAPPトークン総額の3%

Cappasity 販売スケジュール

販売スケジュール1 フェーズ1  9月27日〜10月26日
販売スケジュール2 フェーズ2  プレ  2月22日〜3月22日
販売スケジュール3 ICO  3月22日〜4月19日

Cappasity 概要


私たちのビジョンは、AR/VR体験を広めることです。
Cappasityは、新しい協力モデルの確立を通じて、AR/VRサービスの世界的なエコシステムを導入しています。このモデルでは、ユーザーと開発者は、3Dオブジェクトの作成と配信が容易になり、企業は幅広い3Dコンテンツにアクセスできます。
私たちが影響を与えた最初の業界は、電子商取引です。Cappasityの前に、3D画像の作成は時間がかかり、複雑で大規模なカタログには適用できませんでした。現在、当社のソフトウェアはオンライン小売業や主要な電子商取引プラットフォームで広く使用されています。我々の次のステップは、AR/VRブレークスルーの端に立つ産業のための前進を提供することです。
拡張されたバーチャルリアリティ AR/VRは、多くの業界でビジネスの状況を変える破壊的なイノベーションになる可能性があります。しかしながら、3Dコンテンツの欠如は、AR/VRの大規模な拡張を妨げる制約要因です。
したがって、AR/VR革命の次の波は、コンテンツ制作者が協力して新しいエコシステムに貢献することによって推進されます。
実際のオブジェクトの3Dモデリングを全員に公開するAR/VRエコシステムにより、創造的なコンテンツの需要に対応します。エコシステムプラットフォームを介して利用可能なAR/VRツールキットは、3D画像を任意のカメラで構築し、3Dコンテンツベースに提出することを可能にします。コンテンツベースは、電子商取引、ビデオゲーム、エンターテイメント業界における無限のビジネスケースにアクセスできるようになります。
Cappasityはブロックチェーンインフラを活用して3Dコンテンツを制作、レンタル、販売する最初のプラットフォームです。このアプローチは、分散化されたトラストレスな著作権の保存と創造的なコンテンツの交換を保証します。スマートコントラクトプロトコルとイーサリアムブロックチェーンに基づいて、当社の分散プラットフォームは、ユーザーが著作権を保護し、転送できるように設計されています。
エコシステムの参加者はコンテンツメーカーに3Dモデルの使用権またはレンタル権を支払います。AR/VR/3Dコンテンツマーケットプレイスとそのモバイルアプリケーションは、3DモデルのポートフォリオのデモンストレーションやAR/VRアプリケーションへの統合など、3Dアーティストが自社製品の作成、レンタル、販売を個人的な目的で使用するよう促します。
さらに、プラットフォームはAPIとSDKを提供し、当社の技術とコミュニティが開発したツールをサービスとアプリケーションとして実装します。有望なAR/VRソフトウェアソリューションを提供するアクティブコミュニティメンバーおよび開発者をサポートするために、ユーザーとThe Cappasity Innovation Fundの報酬基金を確立します。
ARは、現代のeコマースやモバイルコマースの主要な構成要素となる可能性を秘めています。シティ・バンクの調査によると、ARコマースは2035年までにオンライン小売りの25%を占め、1兆3000億ドルに相当すると予測されています。それにもかかわらず、コンソール&モバイルゲーム、テーマパーク&アミューズメント、メディア&広告、スポーツ、音楽、自動車、教育、医療&ヘルスケア、産業用、工場操作など、AR / VR技術を使用できる分野は数多くあります。
Our vision is to make AR/VR experiences widespread.
Cappasity introduce a global ecosystem of AR/VR services through the establishment of a new cooperative model. In this model users and developers benefit from easy 3D object creation and delivery while businesses get access to a broad range of 3D content.
The first industry we brought an impact to is e-commerce. Before Cappasity, 3D image creation was time-consuming, complicated and not applicable to large catalogs. Now our software is widely used among online retailers and major e commerce platforms. Our next step is to provide an impulse forward for the industries standing on the edge of an AR/VR breakthrough.
Augmented and virtual realities [AR/VR] have the potential to become a disruptive innovation that will change the business landscape across many industries. However, the lack of 3D content is a constraining factor that prevents the AR/VR’s massive expansion.
So, the next wave of the AR/VR revolution will be driven by the content creators working together and contributing to the new ecosystem.
We’ll address the creative content demand with an AR/VR ecosystem that makes 3D modelling of real objects open to everyone. The AR/VR tool kits available via the ecosystem platform will allow 3D images to be built with any camera and to be submitted to the 3D content base. The content base will be accessible for endless business cases in the e-commerce, video games and entertainment industries.
Cappasity is the first platform that leverages blockchain infrastructure to create, rent and sell 3D content. This approach ensures decentralized and trustless copyrights storage and exchange of creative content. Based on smart contract protocols and Ethereum blockchain, our decentralized platform is designed to empower users to protect and transfer their copyrights.
Ecosystem participants will pay content makers for the right to use or rent their 3D models. The AR/VR/3D content marketplace and its mobile app will encourage 3D artists to create, rent and sell their products or to use them for personal purposes like demonstrating a 3D models portfolio or integrating them to AR/VR applications.
Furthermore, the platform will provide with API and SDK to implement our technologies and community-developed tools as services and applications. In order to support active community members and developers with promising AR/VR software solutions, we will establish The Reward Fund for users and The Cappasity Innovation Fund.
AR has the full potential to be a major constituent element of contemporary ecommerce and mobile commerce. According to Citi Bank research, AR commerce is expected to represent 25% of online retailing by 2035 which would equate to $1,3 trillion. Nevertheless, there are many more fields that can use AR/VR technologies including: Console & Mobile gaming, Theme park & Amusement, Media & Advertising, Sports, Music, Automotive, Education, Medical & Healthcare, Industrial use, Factory operation.

Cappasity について

公式URL https://ico.cappasity.com/
シンボルティッカー CAPP
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム(ERC20)
参加出来る通貨 BTC、ETH
総発行枚数 1,000,000,000
売り出し枚数 700,000,000
為替レート 1 CAPP = 0.15 USD
ハードキャップ 20,000,000 USD
ソフトキャップ
情報提供元 コインテレグラフ

One comment

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。