ICO:マネートークン MoneyToken


MoneyToken 販売スケジュール

販売スケジュール1 ICO  5月2日〜6月6日
販売スケジュール2
販売スケジュール3

MoneyToken 概要


個々の貸し手と借り手との間で暗号解読バックアップされた貸出を中間的に試みるプラットフォームは、通常、顧客に適切なリスク管理のサービスを提供することができません。担保の価格変動は、借り手と貸し手の両方にとって負担となるリスクを生じさせます。
他の端では、ほとんどの確立された貸出チャネルは、担保としての暗号通貨のような揮発性資産を全く受け入れたくないでしょう。
MoneyTokenはこれらの問題を解決し、クライアントのリスクを管理し、暗号通貨を保証金として使用して安定した貸出モデルを作成することを目指しています。当社のモデルは、ブロックチェーン技術のセキュリティと透明性に基づいて、新しいクレジット市場を構築しながら、クレジットへのアクセスを容易にすることを目的としています。
市場のこの段階では、暗号通貨資産がさまざまな金融商品の特性を獲得していることがわかります。私たちは、暗号通貨をその性質とアルゴリズムで分けることができ、投資資産と支払い手段に変換します。
投資資産は長期的には揮発性で魅力的であり、為替レートやその他のタイプの収益(例えば、立証証明アルゴリズム、利子率など)の差異を稼ぐために作られています。
支払いの暗号通貨は、為替レートの安定性を支えるために作られています。通常、彼らは自主規制メカニズム、鉱業の規制や新しいコインの放出を規制するユニークなアルゴリズムを組み込んでいます。
問題は、たとえ新機能的暗号通貨が数百万の資本金を持っていても、既存の金融システムが資産として認識していない可能性があるということです。たとえ政府レベルで暗号通貨が一定の地位を持っていても、暗号システムやその貸出サービスは暗号通貨ビジネスやその資産保有者のために閉鎖されます。
大多数の銀行では、担保としての暗号通貨を利用した採掘農場の開発のためのローンを取得することは不可能です。
現行の担保ローン制度の銀行および貸出機関の主な機能の1つは、債務不履行のリスクを最小限に抑えるために、借り手の資産および事業に価値を割り当てることです。二次的ではあるが非常に重要な機能(しばしば他の機関に委任される)は、資産、個人および事業の検証です。資産の実現。債務と会費の徴収が含まれます。
これらの機能はブロックチェーンに基づくクレジットシステムでは必須ではありません。担保資産の価値はいつでも公開され、クレジット条件は透明で固定されています。取引とスマートコントラクトの完了を保証するリンクの他に仲介業者は必要ありません。
暗号通貨経済の状況下では、銀行や契約参加者の能力はスマートコントラクトによって簡単に解消され、ローンのコストが下がり、最終的にすべての当事者に融資条件が透過的になります。
Platforms that attempt to intermediate cryptocurrency-backed loans between individual lenders and borrowers usually fail to provide the service of proper risk management to their clients; price volatility of the collateral creates a burdensome risk to both the borrower and lender.
At the other end of the spectrum, most established lending channels are unwilling to accept volatile assets such as cryptocurrency as collateral at all.
MoneyToken aims to resolve these issues, managing clients’ risks and creating a stable lending model using cryptocurrencies as a security deposit. Our model aims to facilitate access to credit while building a new credit market – loans backed by crypto collateral, based on the security and transparency of blockchain technology.
At this stage of the market’s development, we see that cryptocurrency assets have gained the characteristics of various financial instruments. We can divide cryptocurrencies by their qualities and algorithms; into investment assets and means of payment.
Investment assets are volatile and compelling for the long term, made to earn on the dierence between rates of exchange or getting other types of earnings, such as from proof-of-stake algorithms, rate in interest and so on.
Payment cryptocurrencies are created to support the stability of the rate of exchange – they usually are embedded with a self-regulation mechanism, a unique algorithm to regulate the diculty of mining or the release of new coins.
The problem is that, even if the new functional cryptocurrency has a capitalization of several million, it’s probably not recognized by the pre-existing fiat financial system as an asset. Even if on the governmental level the cryptocurrency has a certain status, the banking system and its loan services are closed for the cryptocurrency business or the holders of such an asset.
In the majority of banks, it’s impossible to acquire a loan for the development of a mining farm using cryptocurrency as collateral.
We see that one of the main functions of banks and lending institutions in the current fiat system of loans secured by collateral is assigning value to the assets and businesses of borrowers to minimize the risks of default on debt. A secondary, but still very important, function (often delegated to other institutions) is the verification of assets, individuals and businesses; the realization of assets; and the collection of debts and dues.
None of these functions are essential in a blockchain-based credit system, in which the value of the collateral asset at any moment is public and the credit terms are transparent and fixed in a smart contract; no intermediaries are needed besides the link ensuring the completion of the transaction and the smart contract.
Under the conditions of a cryptocurrency economy, banks and contract participants’ competencies can easily be eliminated by smart contracts, the cost of a loan lowered and the conditions of applying for a loan can finally be made transparent to all parties.

MoneyToken について

公式URL https://moneytoken.com/
シンボルティッカー IMT
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム(ERC20)
参加出来る通貨 BTC、ETH、BCH、LTC、NEM
総発行枚数 22,490,000,000
売り出し枚数 8,400,000,000
為替レート 1 IMT = 0.005 USD
ハードキャップ 35,000,000 USD
ソフトキャップ 3,000,000 USD
情報提供元 トークンマーケット

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。