ICO: リプエックス RepuX


RepuX スケジュール

販売スケジュール1 プレ 2月6日~
販売スケジュール2 ICO  3月6日〜
販売スケジュール3

RepuX 概要


企業はシステムにテラバイトのデータを保存しており、これを使用することは、ビジネス上の意思決定やビジネス効率の向上において問題があります。開発者は機械学習や人工知能ソリューションを開発するためのデータが不足しています。この切断内には多くの価値が閉じ込められています。
RepuXはプロトコルレベルのフレームワークであり、さまざまな種類の企業データとユーザーデータを異なるパーティー間で収益化し交換することができます。 RepuXは、IPFS、Sia、Ethereum / EOSなどの複数の最先端の分散テクノロジーを組み合わせ、カスタムハイスループットブロックチェーンへのアップグレードを可能にし、データと情報のための高度に分散した市場を創造します。
APIを使用することで、特定のニッチに合うように第三者がこれらのマーケットプレイスを開発できるようになります。RepuXは、プロトコル内のピア間で直接的に価値とデータの転送を行うことにより、現在の市場には存在しない過剰なユーザーおよび企業の集計データに対するさまざまなB2B(ビジネス間)データ共有の可能性を実現します。 RepuXトークンによる直接的で迅速な価値移転は、複数の業界にまたがる仲介者および仲介者の必要性を排除します。大規模なデータとAIが大規模な集約データに依存するようになるにつれて、RepuXはこれを利用して、それぞれの分野で革新を推進していきます。
オプションで、各エンティティと各トランザクションの後ろに評価を割り当て、Oracleシステムによって検証することで、プロトコル内の整合性を保証し、アクターが購入しているデータの存在だけでなく品質にも大きな自信を持たせることができます。 RepuXでは、ユーザーデータに価値をもたらすことを願っています。
デベロッパーは企業データへのアクセスをリアルタイムで安全に購入して受け取ることができ、分散アプリケーションを作成することができます。これは、似ている会社とデータタイプの間を、安定したAPIで利用できます。データをプレビューしたり、購読したり、特定の企業や業界全体を選択することもできます。その後、それらのアプリケーション、アルゴリズムをRepuXで一覧表示し、RepuXトークンを持つ企業に売却することができます。データアクセスにはさまざまな権限が関連付けられており、開発者/企業はコミュニティを保護するために一定期間の取引で評価を上げることができます。
Enterprises have terabytes of data stored within their systems and have trouble using this for better business decision making or improved business efficiencies.
Developers lack data to develop machine learning and artificial intelligence solutions and most importantly enterprise customers to sell back to. There’s a lot of value trapped within this disconnect.
RepuX is a protocol level framework upon which various types of corporate and user data can be monetized and exchanged between different parties. Combining multiple cutting edge decentralized technologies such as IPFS, Sia and Ethereum/EOS, along with a possible upgrade to a custom high-throughput block-chain, RepuX allows the creation of a highly decentralized marketplace for data and information.
An API will enable these marketplaces to be developed by 3rd parties to suit their specific niche. By conducting value and data transfers directly between peers in the protocol, RepuX allows the creation of various B2B (business to business) data sharing possibilities for excess user and corporate aggregate data, that does not exist in the current market. This direct and rapid value transfer through the RepuX token will eliminate the need for middlemen and intermediaries across multiple industries. With machine learning, big data and AI becoming more reliant on large-scale aggregate data, RepuX is well poised to take advantage of this and drive innovation in these respective fields.
By optionally allocating a reputation behind each entity and each transaction, and verified by an oracle system, we can ensure an integrity within the protocol and allow actors greater confidence in not only the presence but also quality of the data they are purchasing. With the RepuX, we hope to bring back value to user data.
Developers would be able to purchase and receive access to company data securely in real time to create decentralised applications.
This would be available in a restful api across similar company and data types.
They can preview the data, subscribe to it and even choose specific companies or across the industry. Afterwards, their applications, algorithms can then be listed with RepuX and sold back to companies with RepuX Tokens. Data access will have different permissions associated with it and developers/companies can develop a reputation over a period of transactions to safeguard the community.

RepuX について

公式URL https://repux.io/
シンボルティッカー REPUX
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム
参加出来る通貨 ETH、BTC、USD
総発行枚数 500,000,000
売り出し枚数 250,000,000
為替レート 1 REPUX = 0.20 USD
ハードキャップ 33,100,000 USD
ミニマムキャップ 1,000,000 USD

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。