ICO:スマーターコントラクト SmarterContract


SmarterContract 販売スケジュール

販売スケジュール1 プレ  4月3日〜4月30日
販売スケジュール2 ICO  4月30日〜5月24日
販売スケジュール3

SmarterContract 概要

ブロックチェーンによる紛争解決のためのプラットフォーム
スマートコントラクトの潜在的な利点は、紛争解決のコストや不履行のリスクなどの契約取引コストを削減できることです。多くの種類のマルチサイドプラットフォームは、その利点を達成するためにスマートコントラクトを使用して動作します。これらのプラットフォームの存在には、プラットフォーム上の紛争を解決する人間の第三者(SmarterContractなど)が必要です。コンピュータコードは紛争を解決することはできません。
SmarterContractは、高価な伝統的な司法制度にアクセスすることなく、スマートコントラクトの紛争を解決することを可能にします。具体的には、契約変数(例えば、要求されたサービスが実行されたか否か)の価値に関する争いがある場合、SmarterContractのプロセスはその価値の専門家の決定をスマートコントラクトに提供します。oraclesは、スマートコントラクトを公開データのストリームにフィードするので、SmarterContractは紛争を解決する専門家の判断でスマートコントラクトをします。
まず、SmarterContractはスマートコントラクトの実施に関連する事実について当事者間の合意を仲介しようとします。第二に、すべての紛争事実について、当事者は事実を決定する専門家と情報を共有します。第3に、決定された事実はスマートコントラクトに送られ、それに基づいて結果が生成されます。
SmarterContractはスマートコントラクトを強制します。他のプラットフォームは、伝統的な司法制度とは異なり、英語の契約を強制しています。すると、英語の契約を強制するコストと不確実性が発生します。
他のプラットフォームでは、英語の契約の解釈に法律が適用されます。法律は複雑で曖昧で主観的です。文化によって異なります。先例に依存しています。法律は、casual (e.g. the law of common sense)またはrigorous (e.g. English common law)のいずれかとすることができます。どちらの場合でも、英語の契約の合法的な結果であると信じていることについて人間が主観的に判断できるようにすると、人間の解釈のコストが高くなるばかりでなく、当事者が意図した通りに契約が解釈されるかどうかの不確実性も増します。
スマートコントラクトの実施のメリット:
スマートコントラクトの解釈は、コンピュータコードによって管理されるため、より確実で低コストになる可能性があります。人間と比較して、コンピュータは低コストであり、より特定の結果を生む。つまり、スマートコントラクトはコンピュータコードによって管理されていますが、事実の決定(例えば、完了した作業の割合)は人間によって行われ、スマートコントラクトに供給されなければなりません。ポイントは、(a)人間が法を解釈する必要性を避け、(b)人間の関与の範囲を最小限にすることである。これによりコストが削減され、確実性が向上します。
1.専門家は、紛争のある契約変数の値を決定するだけで、完全なスマートコントラクトを仲裁するのに必要な時間を費やしません。
2.紛争解決手数料は、専門家と共有するテキストおよびコードの文字数に基づいています。したがって、簡単な紛争は非常に低コストです。
以下の側面は、自律分散的に行われます。
・紛争の専門家の割り当て。
・二重盲検査読プロセスを通じて行われる専門家の評価。
・紛争解決サービスの価格。
・紛争処理プロセスが壊れていて、ゼロから再開する必要があるかどうかの判断。
・システムの他のすべての側面は、プラットフォームに加わる専門家の選択を除いて、集中管理機能なしで動作します。専門家が最初の手動スクリーニングプロセスをパスしてプラットフォームに加わると、一元化されたアクションはそれらが紛争に割り当てられるのを防ぐことができません。
A potential benefit of smart contracts is that they can reduce contract transaction costs, such as the cost of dispute resolution and risk of non-performance. Many types of multisided platforms will operate using smart contracts to achieve that benefit. These platforms’ existence requires that they have a human third-party, such as Smarter Contract, that resolves the disputes on their platforms. Computer code cannot resolve disputes.
Smarter Contract allows any smart contract dispute to be resolved without accessing the costly traditional judicial system. Specifically, if there is a dispute over the value of a contract variable (e.g. whether a service was performed as requested), then the Smarter Contract process provides an expert determination of that value to the smart contract. As oracles feed smart contracts with streams of public data, so does Smarter Contract feed smart contracts with expert determinations of fact that resolve disputes.
First, Smarter Contract attempts to broker an agreement among the parties on the facts pertinent to enforcement of their smart contract. Second, for all disputed facts, the parties share information with experts, who make a determination on the facts. Third, the determined facts are sent to the smart contract, which generates an outcome based on them.
Smarter Contract enforces smart contracts. Other platforms enforce English-language contracts, which is what the traditional judicial system does.
Cost and Uncertainty of Enforcing English-Language Contracts.
On other platforms, the interpretation of English-language contracts is governed by law. Law is complex, vague, and subjective; varies from culture to culture; and depends on precedent. Law can either be casual (e.g. the law of common sense) or rigorous (e.g. English common law). In either case, if we allow humans to make a subjective judgment about what they believe is a lawful outcome of an English-language contract, we not only incur the high COST of human interpretation, but we also increase the UNCERTAINTY about whether the contract will be interpreted the way its parties intended.
Benefit of Enforcing Smart Contracts.
The interpretation of smart contracts can be more certain and lower cost because it is governed by computer code. Compared to humans, computers are lower cost and produce more certain outcomes. That said, although smart contracts are governed by computer code, determinations of fact (e.g. percent of work completed) must be made by humans and fed into smart contracts. The point is that Smarter Contract (a) avoids the need for humans to interpret law and (b) minimizes the scope of human involvement. That reduces cost and increase certainty.
1.Experts only determine the values of contract variables that are in dispute and do not spend the time required to arbitrate the full smart contract.
2.The dispute resolution fee is based on the number of characters of text and code shared with the experts. Simple disputes are therefore very low cost.
The following aspects are conducted in an autonomous, decentralized manner:
・Assignment of experts to disputes.
・Evaluation of experts, which is done through a double-blind peer-review process.
・Pricing of dispute resolution services.
・Determination of whether a dispute resolution process was corrupted and needs to be re-started from scratch.
・Every other aspect of the system operates without centralized governance, except for the selection of experts who join the platform. Once experts pass an initial, manual screening process and join the platform, no centralized action can prevent them from being assigned to disputes.

SmarterContract について

公式URL https://www.smartercontracttoken.com/
シンボルティッカー SMTR
ホワイトペーパー Whitepaper
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム(ERC20)
参加出来る通貨 ETH
総発行枚数 100,000,000
売り出し枚数
為替レート
ハードキャップ 5,000,000 USD
ソフトキャップ
情報提供元 コインスケジュール

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。