オントロジー(Ontology)



オントロジー(Ontology)


オントロジー(Ontology)は、仮想通貨NEOを運営するネオ協議会が実施する「Onchain」によって作られた既存のネットワークの問題を解決する「次世代のプラットフォーム」です。
2018年3月にNEOを保有している方向けにエアドロップ(無料配布)されました。
ベースにNEOを使用して開発されているためトランザクション速度が高く、トップクラスの処理性能を誇ります。
オントロジーは、完全な取引システムとスマートコントラクトを搭載した高性能なパブリックブロックチェーンを提供します。


オントロジー(Ontology)概要

名称 Ontology(オントロジー)
通貨単位 ONT/ONG(GASの役割))
公開日時 2018年3月)
アルゴリズム BFT(NEOで採用されている))
ブロック生成速度 約15秒)
ウェブサイト オントロジー
White Paper 概要ホワイトペーパー
テクニカルホワイトペーパー
エコシステムホワイトペーパー
Twitter ツイッター
Telegram テレグラム
DISCORD ディスコード
取引所 Binance(バイナンス)
Huobi(フォビ)
OKEx(オーケーイーエックス)
etc
ソースコード GitHub
総発行枚数 1,000,000,000 ONT
現流通枚数 151.292.175 ONT


1.オントロジー(Ontology)とは

オントロジーは、2018年3月に仮想通貨NEOからAir Dropされた仮想通貨で通貨単位はONTです。
Neoのスマートコントラクト、「NeoContract」を使用しており、プロジェクトごとにNEP5トークンを作成することが可能。NEOとはパートナーシップという形をとっています。

NEOは、イーサリアムと同様のスマートコントラクト技術を持つプラットフォームです。
しかし、イーサリアムとは異なり、開発におけるプログラミング言語を数多くサポートしています。
イーサリアムでは、Solidityという開発者に馴染みのないプログラミング言語を使用しなくてはいけません。それに対し、NEOではJavaやPythonなどのメジャーなプログラミング言語を使用することができます。

このNEOの流れをくむ仮想通貨として、オントロジーが開発されています。そのためオントロジーのネットワークや開発環境は、NEOのそれらを踏襲しており、NEOのサポートもある為、オントロジーは高い技術環境と信用度で注目を集めています。

オントロジーのベースであるNEOには、スマートコントラクト技術や高い処理速度が備わっています。
NEOの強みを引き継ぎながら、さらに機能を追加することで、オントロジーはより実用性の高いプラットフォームに近づいています。

NEOとオントロジーの役割

オントロジーとNEOのは、実社会の経済に役立たせるためにブロックチェーンやさまざまな技術を使って、幅広いエコシステムを構築するとしています。
そして、オントロジーはブロックチェーン技術と実世界とのギャップを少しでもなくしNEOと協力。
NEOが技術面でのインフラ(基盤)を提供し、オントロジーはそれに沿った企業(団体)を対象とした顧客向けのサービスを展開します。

オントロジーは、開発しやすいプログラミング言語を採用したNEOベースに開発されているため、開発のしやすさや柔軟性に富んでいます。
NEOはイーサリアムと同じく、分散型のアプリケーションやソフトウェアを構築できるプラットフォームであり、イーサリアム以上に簡単に分散型アプリ(DApp)などを作ることができると言われています。
一方で、オントロジーは社会的な信用面に重点を置き、今のブロックチェーン技術をどうやって現代社会に信頼させ、浸透させるかという点に重視しています。


2.オントロジー(Ontology)のココが凄い1

様々な情報を管理できるプラットフォーム

オントロジーは、分散型身元認証システム、分散型 データ交換、分散型データコラボレーション、分散 型プロシージャプロトコル、分散型コミュニティ、 分散型認証、業界固有のモジュールを 組み合わせたブロックチェーン/分散型元帳ネットワ ークです。これにより、クロスチェーン、クロスシ ステム、クロスインダストリー、クロスアプリケー ション、およびクロスデバイスであるP2P信頼ネッ トワークのインフラストラクチャが構築されます。


3.オントロジー(Ontology)のココが凄い2

オントロジーは、社会インフラをサポートすることを期待されているプラットフォームです。
前述の通り、オントロジーは、NEOをベースに開発された仮想通貨です。
そのため、NEOのスマートコントラクト技術を継承しています。
この技術により、契約や業務執行にかかるコストや手間の削減が期待されています。
例えば金融業界は、これまでに築き上げられた巨大なシステムの上に成り立っています。
それは社会制度だけでなく、中央機関や金融機関による取引者への信頼性保証などによるものです。
金融業界は、契約や制度に基づいて確実に処理することが強く求められる世界です。そのため、スマートコントラクト技術の導入による高い効果が期待されます。
とくに、取引成立後の定形処理(ポストトレード)は、スマートコントラクトとの相性がいいと考えられます。
しかし、これまでのスマートコントラクト技術では、金融業界への導入は厳しいと評価されてきました。
スマートコントラクト技術を導入していたイーサリアムなどは、技術的な不安もあり、実用に耐えられないと考えられていました。
しかし、オントロジーのベースであるNEOは、実績と高い信用度を誇っています。そして、オントロジーではさらに社会インフラでの実用に耐えうるよう、機能追加などをしています。
今後、金融業界問わず、様々な分野でスマートコントラクトの活用が見込まれています。
そのスマートコントラクト技術を導入しているプラットフォームの中で、オントロジーは実用化に向けて着々と歩みを進めています。


4.オントロジー(Ontology)のココが凄い3

プラットフォーム上で多くのアプリケーションを同時に処理するためには、高い処理能力が必要です。
オントロジーのベースであるNEOは、高い処理能力を実現。
NEOは、1秒あたり1,000件以上のトランザクション処理が可能です。一方、同じスマートコントラクト技術を導入しているイーサリアムでは、トランザクション処理は1秒あたり約15件となります。
さらに、取引量が増えるにつれて承認にかかる時間が伸びていきます。このように比較すると、NEOの高い処理能力が際立ちます。
NEOの処理速度が速いのは、コンセンサスアルゴリズムであるDBFTを採用しているからです。
コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンにどのブロックを追加するかを決めるためのルールのことです。
DBFTとは、ブロックの妥当性を投票して決定するコンセンサスアルゴリズムです。
NEO保有者がブロックチェーンの帳簿係を選び、その中から選ばれた1人がブロックを生成し、それ以外の人がブロックの妥当性を投票して決定する、というルールです。
このルールにより、NEOは高い処理能力を実現しています。
当然、このアルゴリズムはオントロジーにも継承されています。そのため、オントロジーは、実用化レベルの処理速度を誇る仮想通貨リップル(XRP)に匹敵するほどの高い処理能力を有しています。
そのため、ビットコインなどで頻繁に起こる送金やトランザクション処理の遅延は、オントロジーはほぼ起こらないと予想されています。


5.オントロジー(Ontology)の可能性

オントロジーではデータが分散化されているため、集中化されたデータベースを必要としません。
そのぶん、各データの転送はすべて当事者からの承認を経て行われることになっています。
プライバシー保護が確実に行われるということです。
また、スマートコントラクト(契約機能)の性質も持ち合わせているので、産業での契約・商品の追跡や管理・品質管理など一連を行うことができます。
産業はもちろん、医療にも利用されます。
医師や病院・患者さんが利用すれば、薬のデータや既往歴といったことはもちろん、企業側(製薬会社)が処方薬を患者さんに販売することもできます。
患者側からは、医師や病院に関する資格情報などを確認することもできます。
そして、コンテンツを作成するにあたっての問題も解消してくれます。

さまざまな分野で利用できるオントロジーは、すでに多くの提携。
・ベンチャーキャピタル企業の「Accomplice」
・シンガポールの企業「Tembusu Partners」
・中国最大手EC「アリババ」

アメリカ・ワシントンで行われた「テクノロジーと未来の経済に関する会議2018」に、オントロジーはマイクロソフトやIOTA(アイオータ)といったスポンサーと名前を並べました。また、IBMや富士通が参加するHyperledgerプロジェクトでも中国のブロックチェーンプロジェクトとして初めて参加しています。


6.用語

Nep5

NEOをベースに作られたトークンで、対応するウォレットなど、ユーザーが使いやすいようにするための「規格」のこと です。
イーサリアムでいう「ERC20」に該当します。

Red Pulse(レッドパルス/RPX)
➤次世代インテリジェンスとコンテンツエコシステム
DeepBrain Chain (ディープブレインチェーン/DBC)
➤AIコンピューティングプラットフォーム
Zeepin(ズィーピン/ZPT)
➤分散クリエイティブエコノミ
QLINK(クリンク/QLC)
➤Wi-fiシェアリングサービス
Trinity Network Credit(トリニティ/TNC)
➤オフチェーンのスケーリングスキーム

などがNep5に属します。

分散型トラストネットワーク

トラストは信用を意味します。
このトラストネットワークは今の社会の信頼関係のことで、現状の信用関係は、膨大な書類と個人の知名度、会社の知名度などで成り立ってます。
正しいかどうかを証明するためには、今までは企業や個人のあらゆる努力が必要でしたが、ブロックチェーンによる分散型のトラストネットワークを導入することで、面倒な信頼関係の育成を行うことなく、データとして信頼性を確立することができます。
同プラットフォームのトラストフレークワークでは、ユーザーがこの信頼性を完備したIDを作ることができます。

ONT ID

IoTデバイス(インターネットのもの)や携帯電話などの物理的なものだけでなく、人、企業などの法人もエンティティとして対象にできる検証サービスです。ネットワーク内の登録されたIDは分散型であり、同時にプライバシー保護の役割も果たします。
例えば、一度ブロックチェーン上に自分のIDを登録すると、同じくID登録された病院や薬局などと、互いに毎回信頼情報を与えることなく信頼関係を築くことができます。

HydraDAO

オントロジーでは、オンデマンドシステムの管理と予測に、外部データを含めることができる「HydraDAO」という独自のOracleサービスも開発しています。これは天気などの外環境の情報をスマートコントラクトに組み込んでプログラムを動かすためのものです。
同じシステムでは、Augurなどがすでに市場に出回っていますが、用途としては主にカジノやスポーツ競技で賭けるブックメーカーなどでの使用が想定されています。

ONGトークン

ONGトークンは、イーサリアムでいうガス(手数料)の役割を果たします。
また、ONGトークンはNEOと同じように期間ごとに生成され、GASのように配当形式でもらえます。よってオントロジーには「ONT Token」と「ONG Token」が存在します。

DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerance)

DBFTは大規模なノードの参加を達成するためのシステムで、民主的な方法によって、最大多数のノードにとって利益となるような取引の記録を行うことができる手法です。また、NEOの場合は、PoWやPoSと異なり、トークン保有者の全員が報酬を受け取ることができます。