アイオータ(IOTA)




アイオータ(IOTA)

有向非循環グラフ(DAG)をプロトコルとして使用したTangleと呼ばれるブロックチェーンを一般化したもので逆にいうとブロックチェーンはDAGの特別なものだそうです。

ブロックチェーンのようにブロックを生成する時間の必要性をなくし、ネットワーク上のトランザクションの数が増えるにつれトランザクションの承認がより迅速になります。またそれだけでなく承認時間に影響を及ぼすTangleの形態やノードの位置にも取引を迅速に行う要因があります。

Tangle(直訳でもつれ)はメッシュ状に編成されたノードによるネットワークに維持された中央管理に頼らない、分散化されている公的元帳です。(対してブロックチェーンはトランザクションの情報をブロックに入れ直線上に繋げた分散化された元帳)


↑緑がコンセンサスがとれた取引です赤が成立はしているが不完全な取引、グレーは確認されていない取引です。

トランザクション(取引)を有効にするには送信側はTangleネットワーク上で2つの他の取引を確認する必要があります。直接過去の他の取引を確認するだけで今行われようとしている取引が有効かどうかをPoWによって間接的に正しいかどうか判断します。それをランダムに選ばれた取引データを2つずつ選び承認していくことを繰り返すことでグレー色の取引は緑色の取引との繋がりを間接的に証明できその取引が正しいかを判断し緑に移行します。

そのためブロックチェーンでは取引を行なった送受信者とその取引の有効性を証明する承認者(マイナー)が存在するのに対しTangleネットワークは役割が分かれておらず、トランザクションの証明に過去にトランザクション(取引)を発生させた自分や他のトランザクション(取引)が承認作業をおこなっていることになります(そのため送金手数料が無料)。

またTangleネットワークはメッシュ上に並列化されているため送信される取引が多いほど次の取引の承認作業が容易に行われるようになりネットワーク上で捌く取引の量も比例して大きくなります。そのためスケーラビリティの問題は存在せずブロックチェーンがユーザー数の増加に比例して取引の負荷がかかっていくのに対しTangleはユーザー数の増加に反比例するように取引の負荷が軽減されていきます。

このことにより承認するための作業容量が減るため計算能力の低いIOTデバイスでも決済作業が容易に行えるようになります。

以下ブロックチェーン VS Tangle、IOTと暗号通貨

 

IOTAは開発が活発に行われているようです。
詳しくはこちらのページ にて詳しい情報が掲載されています。→レオンハルトジャパン

公式HP https://iota.org/
ウォレット(wallet) https://github.com/iotaledger/wallet/releases
ティッカー(通貨単位) IOTA
取引承認システム PoW Proof of Work(プルーフオブワーク)
インセンティブ 送金手数料無料
総発行枚数 2,700,000,000,000,000枚(2,700兆)

主な取引所
BITFINEX