ICOマーケットウォッチ:ICOで成功を収めたSocialMedia.Market、今秋のプラットフォーム完全ローンチに向け準備を進める


ICOで成功を収めたSocialMedia.Market、今秋のプラットフォーム完全ローンチに向け準備を進める

ソーシャルメディアのインフルエンサーと広告主を繋ぐ初のブロックチェーンマーケットプレイスであるSocialMedia.Market(SM.M)は、1万3946ETH相当(約650万ドル)のトークンを売り上げ、3月16日にICOを終えました。
そのうち75%を売り上げたのは、アジア市場でした。 SMTトークンは特に日本で人気を集め、全体の70%が日本で購入されました。

SM.Mにとっての次なるステップは、3月29日に予定される購入者へのSMTトークン配布、最少でも2つから5つのトークン取引所への上場です。また、SM.Mは有力な広告主、インフルエンサー、ブロックチェーンサービスと戦略的なパートナーシップを確立していく予定です。今後のSocialMedia.Marketの展開には、分析ツールと動画コンテンツのレビュー機能を提供するNative Video Box(nvb.digital)との戦略的パートナーシップも含まれ、SM.Mのパートナーブランドと相性よく調和するでしょう。加えてTaklimakan Network (taklimakan.io) もSM.Mと緊密に連携し、ブロックチェーン業界における共同開発を行う意向を示しています。Taklimakanは、自社のブランド確立を目的としてSocialMedia.Marketのプラットフォームを使用する予定です。

SocialMedia.Marketは、TechCrunchのKeith Teare氏や株式会社バリューブレインの小野たつなり氏などを含む優れた顧問を迎え、豪華なアドバイザリーボードを形成しています。顧問の一人であるSonic Foundry社のAndrew Playford氏は、SM.MのICOを次のように称賛しています。「今回行われたSM.MのICOは素晴らしい結果に終わりましたが、何の驚きもありません。なぜならSM.Mは、マーケティングという観点において現在最も重要なブロックチェーンプロジェクトの一つだからです」また同氏は次のように述べます。「インフルエンサーマーケティングは、近年、その素晴らしい潜在力を見せています。ブロックチェーンベースのマーケットプレイスを開発することで、同分野で障壁となっているいくつかの大きな問題に対処できます。このプロジェクトは、もっと多くのブランドやインフルエンサーにとって利益をもたらすことになる、というのが私の予想です。SM.Mが、マーケティングというこのカテゴリーを再定義する存在に進化することを楽しみにしています」

SocialMedia.MarketのICOは、ICOBoxの監修のもとに実施されました。ICOBoxは、SaaS ICOソリューションの世界トッププロバイダであり、トークンオファリングの過程において、技術、法律、およびマーケティングのアドバイスを行います。ICOBoxで国際的PRとビジネスアナリティクスチーフを務めるDima Zaitsev氏は、SocialMedia.MarketのICO成功に対して祝杯の言葉を述べています。「SM.Mは、インフルエンサーマーケティングの分野で従事する人たちにとって不可欠なプラットフォームです。だからこそ、このプロジェクトはそのコミュニティによって強く支援されたのです」と同氏は語ります。「彼らの熱心な取り組みと専門知識のおかげで、ICO期間中にSocialMedia.Marketのチームは素晴らしい結果を残せたのです!我々は引き続きコミュニティと協力し合えることを喜ばしく思っており、また、同プラットフォームは将来的に成功を収めると信じています」。

SM.Mは、従来の広告は押し付けがましいと感じる視聴者が多いことを認識するブランドやインフルエンサー向けのソリューションとして開発されました。同プラットフォームは、特定の広告キャンペーンに対するインフルエンサーマーケティングの作品、実行、および分析の検索に焦点を当てた、自動化かつ一体化型のソリューションを提供します。SocialMedia.Market の詳細については socialmedia.market をご覧ください。

ICOMarket whatch

Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。