ICOマーケットウォッチ:Befund のICOセールは今週まで


Befund のICOセールは今週まで

 分散型暗号通貨ポートフォリオサービスプラットフォームBefundのICOセールが、今週いっぱいで終了します。今年年末の大手取引所への上場前に、BFDTトークンの購入を検討中の方には、今週が最後のチャンスとなります。昨今の暗号通貨とブロックチェーン技術への大きな関心の高まりや市場参入者の拡大を目の当たりにして、Befundの創設者は、暗号通貨のポートフォリオ管理者や一般投資家のためのデジタルインフラストラクチャに、大きな「空白」があることに気づきました。このインスピレーションが、暗号通貨ポートフォリオ取引の国際的な「ホームベース」となる理想的なツール、つまり同社のプラットフォーム開発の原動力となりました。Befundが構築したテクニカルツールとサービスは、円滑にブロックチェーン技術と連動し、同時に専門的なコーダーから従来の金融投資家まで、誰にとってもわかりやすくユーザーフレンドリーな環境を継承しています。また、ポートフォリオマネージャーが専門的にキュレーションした独自の暗号通貨ポートフォリオのトークンを発行できる点が、Befundの卓越性を表しています。

 Befundの最終目標は、単一の分散型で標準化されたエコシステムプラットフォームとなり、暗号通貨ポートフォリオ、そのマネージャー、および急速に拡大する暗号通貨とトークンホルダーの基盤からのニーズを満たすことです。暗号通貨取引の未来をけん引し開拓するあらゆるツールのニーズの把握とともに、Befundは、プラットフォームが既存の国際的な法的枠組みに完全に準拠することを証明するための積極的な措置を講じています。独自のBFDChainを基にして、開発者とポートフォリオマネージャーは、 トークンホルダーと一般投資家のために独自の分散型アプリケーション (DApps) を作成することができます。Befundは、ROIレポート、完全なスマートコントラクトの統合、KYC/AMLサービスなど、様々なSaaSソリューションを企業に提供します。

 Befundは、優れたポートフォリオマネージャーによる資産ポートフォリオの管理のために、安全で堅牢、そして民主的なブロックチェーンプラットフォームの基礎を築きました。これにより、初心者はファンドマネージャーのガイダンスにアクセスし、取引から当て推量を除外することが可能になります。

 Befundの今後の計画とフレームワークの検討において、同社の海外事業部門ダイレクター、カリル リン氏は次のように語ります。「今日の暗号通貨市場は、関連ツールやデジタルインフラストラクチャーの開発を上回る成長をみせています。私たちは、投資初心者のためのファンド管理リソースが不足していると考えています。トークン化されたファンドは、市場参加者間に信頼関係と絆を築くのに役立つでしょう。私たちの直近の目標は、既存の技術的な問題を解決し、このプロセスを加速させることです。Befundが、規模における複雑な要求を同時に満たせる、使いやすいプラットフォームとなることを最終目標としています。

 Befundのプラットフォームは、BFDTによって運営されます。このトークンは、今週末に終了する同社のICO経由でのみ購入が可能です。最大20億BFDTが発行され、ICO期間中に5億BFDTが販売されます。

 Befundの詳細は次のウェブサイトをご覧ください: https://befund.io

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。