ICOマーケットウォッチ:Bubbletone、100万米ドルでトークンホルダーのリスクヘッジ


Bubbletone、100万米ドルでトークンホルダーのリスクヘッジ


現在そのICO期間の終了を目前にした代替テレコムエコシステム、Bubbletoneは、トークン販売で派生する潜在的なリスクに対する保護を提供する、DeHedgeと提携しました。 両社は、100万米ドル相当のBubbletoneのUMT トークンに関する契約を締結しました。フィンテック企業がプロジェクトで100%のヘッジを提供するのは、暗号通貨史上初となります。このようなイニシアチブが、伝統的な金融市場の大口投資家に安心感を与え、暗号通貨業界での彼らのより活発な取引が促されることが期待されています。

Bubbletone (https://bubbletone.io) は、ブロックチェーンを使用して、モバイルネットワークのオペレーター、携帯電話ユーザー、およびサービスプロバイダーの直接的なやりとりを可能にします。 人気のローミングモバイルとメッセンジャーアプリは、旅行者がSIMカードを交換することなく、訪問国のローカル料金でネットワークに接続できるという、国際ローミングに替わる低コストでより価値あるソリューションを提供します。このコンセプトのテストは、ヨーロッパと米国ですでに進行中です。

 DeHedgeは、ブロックチェーンプロジェクトのための、初の分散型リスクヘッジプラットフォームです。同社は、ICOトークンや暗号通貨の購入において派生する特定のリスク、詐欺、プロジェクトの消滅に対する保証を提供します。

 つまりこれは、たとえICOが突然終了したり、消滅してしまったとしても、Bubbletoneのトークン購入者が保有するトークンの価値が、まったくのゼロになることはないということを意味します。DeHedgeは、このような損失の補填に取り組んでおり、ETHウォレットへの支払いはスマートコントラクトによって保証されます。

 Bubbletoneの創設者兼CEO、ユーリ モロゾフ氏は、この提携を同社のICOに対する信頼の投票とみなしています。「私たちはこの提携を未来への大きな第一歩と考えています。そしてDeHedgeの専門家による委員会にこのプロジェクトを非常に高く評価していただいたことを光栄に思います。」

 一方、DeHedgeのCEOであるミハイル チェルノフ氏は、消費者に極めて魅力的なサービスを提供するこのプロジェクトの潜在的な社会的価値と、プロジェクトが何らかの理由で消滅した場合に、DeHedgeが提供する消費者の利益の保護について言及しました。

 明らかに、これは最初期の段階として安全な方策と言えるでしょう。ICORatingは、BubbletoneのICOで提供されるユニバーサル モバイル トークン (UMT) を「ポジティブ」と評価し、TrackICO、ICObench、およびwiserICOも、同社を非常に高く格付けしました。

BubbletoneのICOは3月20日に、1ETH = 4,000UMTのトークン価格、ハードキャップ15,000,000米ドルで開始され、6月15日まで販売されます。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。