ICOマーケットウォッチ:Pavoの IoT とブロックチェーン技術は中国の野心的な農業目標達成にいかに貢献するか


Pavoの IoT とブロックチェーン技術は中国の野心的な農業目標達成にいかに貢献するか

 中国は、世界で最も急速に成長を続ける国のひとつです。1978年以来、農作物の収穫量を増加させ、農家や農村部の労働者の生活水準を向上させるための農業開発と改革の実現を目指しています。国連食糧農業機関(FAO)によると、中国は、穀物、綿、果物、野菜、肉、家禽、卵、漁業の生産において、世界でもトップの地位を占めており、目下の中国における最優先事項は、持続可能で気候変動からの影響に強い農業開発を促進していくことです。 農業セクターのIoT (モノのインターネット) とブロックチェーンソリューションである、Pavoのチームは、中国の最適な農業効率の達成と、それによる経済成長を促すために彼らが重要な役割を果たせる場は、ここにこそあると信じています。

 その他、同国の優先事項には、牧草地劣化の抑制、肥料や化学物質の使用の改善など、土地に生態学的圧力をかけることなく作物生産量を増やすだけでなく、農家や農場労働者の福祉を高めることも含まれています。これらの目標を達成するための最も良い方法は、伝統的な耕作方法に最新技術を組み込むことです。つまり、最も効果的な未来のAgTechは、 様々な栽培条件を予測し、それに合わせて調整できるツールを農業従事者に提供しながら、農家に何世代にもわたって伝えられている地元に根付いた知識を向上させていくということなのです。これが、Pavoの開発チームを動かしている哲学です。同社は、現代の農業従事者の特定のニーズに応えるプロダクトを最近導入しました。それはすでに米国でも展開され始めています。

 Pavoチームは、4年前厳しい気候変動による収穫減に苦しむトルコのヘーゼルナッツ農家を助けるためにこのIoTシステムを開発しました。このような経緯があるので、彼らは伝統的な耕作テクニックと最新技術との融合について深く理解しています。独自のソフトウェアは、それぞれのヘーゼルナッツの木の周辺環境への適応状況をモデリングすることで、その全収穫高を予測することができます。モデリングが、この予測と過去10年間に収集されたデータを比較する一方で、Pavoのシステムが現在の気象条件の予測を織り込みます。このようにメソッドを拡張することで、より高い収穫高を見込める最も有利な条件のパターンを特定することが可能になります。この技術は事実上あらゆる農作物に適用できます。同社のCEO兼共同創設者、アーハン カクマク氏は次のように説明します。「私たちのプラットフォームは、情報を記録して使用し、重要な作物の測定が最適な範囲内に収まるようにすることで、成長サイクル全体を最適化します。弊社のデータサイエンティストが行った予測モデリングは、例えば中国のような農業の中心地でPavoを導入することで、農作物の種類を問わず大幅に収穫高を向上させることが可能であることを示しています。

 Pavoは、ブロックチェーン技術と実証されたIoT技術を組み合わせることにより、AgTechエコシステムの最先端をリードし、農業規模の大小を問わず、信頼性があり堅牢なシステムをを提供します。マシンラーニングによるサービス管理ソリューションであるこのソフトウェアは、情報を収集し、生産者がいつでも世界中どこにいても、ウェブやモバイルベースのユーザーインターフェースを介して特定の生育条件をモニター、分析、最適化することを可能にします。Pavoにより、現場のニーズに沿った重要で不可欠な対策が可能になります。

 また、プラットフォームのブロックチェーンコンポーネントは、種子の選択から成長の最適化、理想的な出荷や保管条件、最終的な配達に至るまで、全工程を透過的に追跡することで、成長プロセス全体を管理します。

 中国は主要な国際農業機関と140か国を超える国々との農業的交流と協力関係の構築に尽力してきました。FAOは、これを中国農業のこれまでの成功要因のひとつとして挙げています。Pavoの技術は、世界中の農業従事者によるこのような協力関係を促進します。プラットフォームでは、生産者はリアルタイムでの生産業務の記録、監視、レポートの作成が可能です。一方、農家は作付けや農薬散布の記録、労働コストの記録などの業務を分析し、適切な出荷手順の確認が行えます。ブロックチェーン技術に固有の透明性により、保証された高品質の作物の生産者として、それぞれの農家が自己のブランド化を図ることが可能になります。

 中国は、環境への影響を緩和し、農家や農業労働者の収入を増加させながら、増加の一途をたどる人口への食糧供給の課題に立ち向かうグローバルリーダーとなることを目指します。Pavoのようなシステムにより、同国は世界的な協力関係構築に取り組みながら、不要な中間業者を排除し、ブロックチェーンのスマートコントラクト機能による迅速な支払いによって、これらの需要を満たすことが可能です。

 現在Pavoは、ICOのパブリックプレセールのフェーズにあり、このフェーズは2018年8月6日に終了します。また、PAVOコインの大口購入にはさまざまなボーナスが付与されます。メインセールは8月7日に開始され、9月15日に終了します。ボーナスの額は全期間を通して徐々に減額されます。
Pavoについての詳細情報は、pavocoin.comをご覧ください。

ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。