ICOマーケットウォッチ:Bubbletone Blockchain for Telecom創業者ユーリ・モロゾフ氏インタビュー


Bubbletone Blockchain for Telecom創業者ユーリ・モロゾフ氏インタビュー

  • 1)「私達はローミング市場に新しいゲームのルールを打ち立てたい」
  • 2)「ブロックチェーンのおかげで、私達はグローバルなテレコムのエコシステムを変えることができる」
  • 3)「私達は高額な国際ローミングを終わらせるブロックチェーンプラットフォームを構築している」
  • 4)「私達が高額なローミングに引導を渡す」

Bubbletone Blockchain for Telecom創業者のユーリ・モロゾフ氏がローミング市場の改革の可能性、海外旅行のためのモバイルコミュニケーションの構築そしてブロックチェーンによるパーソナルなクライアント認証の簡略化について語る。


あなたのプロジェクトがモバイルコミュニケーションの提供とローミングサービスに直接関連することから、私の最初の質問はプロジェクトそのものについてになります。外国に旅行する時、私達はいかに破産を回避しつつ接続を維持するかという問題に直面します。ローミング市場は今、構造的にどのようになっているのでしょうか?

今日、新規プレイヤーにとって国際ローミング市場への参入は時間の点でも、資金面でも非常に高くつくものです。さまざまなオペレーターのインフラに接続しローミングへの接続を確保するのに、数千万ドルと認可を得るための数年間が必要です。

別の言い方をすると、過度に高価かつ長引くプロセスであるということですか?

その通り。単に信号の送信を開始すればいいというものではありません。まず、ローミング・ハブ、市場のプレイヤーによって構成される国際アライアンスと合意に達する必要があります。許可を得た場合、各モバイルオペレーターと500以上の合意に達し一連の技術テストを実施しなければなりません…そして、最後に彼らはあなたに核心の質問を投げかけます―「ローミング市場に何人の顧客をもたらしますか?」結局、あなたが独占企業でも大手でもなければ、他国の各オペレーターに対し多数のユーザーの流入を保証することはまずできないでしょう。従って市場へのアクセスは得られず、あるいは国内のそれと比較して桁違いの法外な料金請求を設定されるでしょう。
全くはっきりしています。事実上のグローバルな独占…とは言ってもなぜローミングはこんなにも高いのでしょう?特に外国でのインターネット接続を例に取ると、世界中で年々インターネット利用料は安くなっていっているのに、ローミングは未だ高額のままです。

従来のモバイルオペレーターでは、ローミングは以下のような設定になっています―モバイル会社の海外提携オペレーターが海外音声コミュニケーションを提供し、一方インターネットは本国のオペレーターのアクセスポイントを経由します。モスクワから東京を経由してベルリンに飛ぶようなものです。巨額のお金と時間のコストを要するメガ・ループ。加入者がローミング中に利用するインターネットについても同じです―加入者の電話に達する前に本国のオペレーターを経由する同様のとてつもない「ループ」を形成します。だから現在私達はローミング中、最高品質のインターネット接続も、最大速度も得られていないのです。


それで、このシステムの代替としてあなたが提供するものとは?

ローミングのビジネスは30年以上変わっておらず、今に至るまで顧客とモバイル会社の両方にとって高価なものであり続けています。なので、私達のプロジェクトの主旨は高額な国際ローミングを終わりにする大規模インフラプラットフォームの構築なのです。高額なローミングに引導を渡します。私達のソリューションはユーザーとオペレーターを直接接続するブロックチェーンプラットフォームです。ブロックチェーンのおかげで、私達は数十年間当たり前に受け入れていたテレコムのエコシステムを劇的に変えることができます。私達はこの市場で新しいゲームのルールを打ち立て、全てのオペレーター向けに分散型で独立したインフラを提供します。


それは大胆な発言ですね。しかし、このコンセプトの実装をどのように思い描いていますか?

私達は既に、無線でSIMカードにモバイルプロファイルをロードする能力を持つプラットフォームを構築しました。これは、事実上各国の加入者が享受している価格と品質と同等の水準を保証するものです。これは別の国に到着した時、お店に行って現地のSIMカードを取得する必要がなくなる事を意味します。旅行前に私達の「Bubbletone」モバイルアプリにアクセスして任意のオペレーターのオファーと最適な料金請求プランを選び、その場で購入できます。このアプリはブロックチェーンプラットフォームに直接リンクされます。支払いはスマートコントラクトを通じ高速で行われます。これはオペレーターへの支払いと顧客へのサービス提供を保証する特別なアルゴリズムです。その結果、旅行者は実質上渡航先の現地加入者となり、現地の人々と同じ料金請求にてサービスを受けられます。それに加えて、私達の場合インターネット接続はゲストオペレーターを通じ直接提供されるので、旅行者は大幅に改善された品質を享受します。なお、Bubbletone アプリは現在既に、アップルとアンドロイドのスマートフォンからダウンロードとインストールが可能です。

ブロックチェーン上にプロジェクトを実装するという着想はどこから得たのですか?

私達と顧客に不便をもたらしているいくつものグローバルな要因のため、私達はこのアイデアを考え出しました。私達は長年テレコム事業に関わっていますが、「ビッグ・フォー」(ライター注:ロシアの通信会社MTS, Beeline, Megafon, Tele2を指す)と比べて私達は小さな会社なので、グローバルローミング市場への直接のアクセスは持っていませんでした。その結果、私達は協力関係にあるオペレーター、 MegafonとBeelineを通じて私達の加入者にローミングを開放しなければなりませんでした。問題は日常的に発生していました。

どのような困難があったのですか?

私達は提携パートナーよりも前にローミングの支払いに完全な責任を負い、顧客に代わって前もって全額の支払いを行っていました。しかし、時としてパートナーはオンライン請求を提供せず、数時間ないし数日もの遅延になったことがあります。この場合、私達は顧客が一定の残高に達した際接続を断つことを強いられ、当然苦情が発生しました。別の問題もありました―顧客がマイナスになった場合、彼らがローミングに使ったお金を回収するのは非常に困難でした。それが理由で私達はブロックチェーン技術を検討する事を決め、ほどなく大きな利点を見出したのです。

ブロックチェーンの前に利用したシステムと比較して、利点はどのようなものですか?

ブロックチェーンは、モバイルプロファイルを私達のプラットフォームに移転する際外国の会社と契約を締結する必要から私達を解放しました。今や、世界中のオペレーターにスマートコントラクト上でオファーを設定し、アプローチのあった顧客と直接対応する機会があります。もう一つ、顧客はローミングと比べて安い現地加入者と同水準の価格で同じ高品質のサービスを享受します。

認証プロセスは現在、どのように実装されていますか?

初回の接続時に、顧客の個人データは既に本国のオペレーターによって認証されています。加入者が直接別の国のオペレーターのサービスを購入したい時、彼/彼女の個人データはブロックチェーンを通じ、暗号化された形式で外国オペレーターに移転します。これが加入者の身元を確認するユニバーサルな方法になります。さらに、彼のデータは信頼性の高い形で保護されます。結果、もはやあなたは Bubbletone ブロックチェーン上でコミュニケーションのサービスを購入する際、複雑な身元認証プロセスを経る必要がなくなります。必要なのは、毎回新しい国を訪れる時、データの利用を確認することだけです。

事実上あなたは、長年存在してきた国際ローミング市場と市場のゲームのルールを破壊するわけですね。

ええ、Bubbletone Blockchain for Telecomはテレコムを分散化するグローバルな変化をもたらす「ディスラプト・テクノロジー」となりえます。

このプロジェクトからあなたが得る恩恵は明らかです。しかしモバイルオペレーターに対し、これまでの彼らの世界秩序を破壊するプロジェクトへの登録をどのように説得するのでしょうか?

とても単純なことです―このブロックチェーンプラットフォームを彼らにとって利益の上がるものにします。私達のプロジェクトは現在グローバルローミング市場のプレイヤーでない中小の会社が販売市場を大きく拡大するのを可能にします。彼らは旅行者へのコミュニケーションサービス提供において最大手オペレーターと対等に渡り合う能力を獲得します―旅行者にとって魅力的な現地料金請求で。事実上、私達は地域のモバイル市場をグローバルな水準に引き上げます。

大手プレイヤーはどうですか?

全てのオペレーターにとって疑いのない利点があります。ブロックチェーン上で、外国オペレーターのSIMカードのデータは暗号鍵の形式で無線で電話にロードされます。その結果、ゲストオペレーターはSIMカードそのものを発行する経費やコストなしに、自身のサービスを中間業者を介さず直接販売します。節減は見てはっきり分かるもので、これはサービスの最終価格を現地市場の価格より安く設定でき、すぐに顧客を惹き付けるであろう事を意味します。

何らかの形で、プロジェクトへのオペレーターの統合に対して支援を行うつもりですか?

もちろんです。まず、私達のプラットフォームはGithub(ライター注:各ITプロジェクトと共同開発をホスティングするウェブサイト)から無償でダウンロードできます。加えて、私達は皆のため、このプラットフォーム利用のための柔軟でシンプルなシステムを構築しました。また、私達自身が各モバイルコミュニケーションオペレーターに対し全てのスマートコントラクトのテンプレートを用意します。これら全ての要素が、オペレーターがほんの数日で私達のシステムに統合するのを可能にします。

一番最初に戻りましょう。そもそも会社はどのように始まったのですか?現在はどうなっていますか?

私達の企業グループは20年以上にわたってのテレコムのセクターで事業を行ってきました。1997年に従来型の電話で始めました。2002年に、Megafonと、固定とモバイルのネットワークを合流させる最初のプロジェクト(のひとつ)をローンチしました。そのすぐ後、Beelineとも協働を開始しました。私達のブランド、 Allo Incognito はハイテクのモバイルと固定回線のテレコムサービス、また新世代の法人やプライベートクライアント向けテレコムサービスも提供しています。今日、これはロシアで最大のバーチャルオペレーターとなり、私達の顧客基盤は20万人以上にのぼります。加えて、私達グループの一社はスコルコボ(イノベーションセンター)に入っており、そこで私達は電話にモバイルプロファイルをロードするプラットフォームを開発しています。

あなたは2018年3月にICOを計画しています。その理由は?

更なる開発とこのテレコム向けブロックチェーンプラットフォームを世界に展開するための資金を集めるためです。

調達額はどれくらいを予想していますか?

集まった合計額によって、私達は運用するプロダクトを特定の水準まで高める事ができるでしょう。例えば、私達が約5000万ドルを集めた場合、世界中のオンラインサービス提供者向けにサービス(エンタメコンテンツ、教育プログラム等)を全世界のモバイル加入者に販売する機会を開発、提供できるでしょう。結局彼らの身元情報は既に認証されており、現地のコミュニケーションオペレーターがプロダクトの販売を助けます。約1億ドルが集まった場合、私達はいわゆるグローバルモバイルプロファイルを登録することが可能になるでしょう。私達は電話内部のチップセットにSIMカードを配置し、私達のSIMプロファイルは既にモバイル機器にロードされているでしょう。

この技術ソリューションは何をもたらしますか?

このソリューションのおかげで、特定のモバイルコミュニケーションオペレーターに接続する必要はもはやなくなります―電話を買った後、あなたは即座に世界中のオペレーターのローカルプロファイルを選択できるようになります。

プロジェクトであなたはどの市場をターゲットにしていますか?

これについて少し前に言いましたが、もう一度申し上げると、各オペレーターは規模や現地市場のシェアとは関係なしに私達と接続します。私達のプロジェクトはグローバルで、制限はありません。私達の立ち位置はローミングから収益を得たいあらゆるプレイヤーのパートナーであり、今回の場合、彼らの顧客に向け最も高収益なソリューションを提供するものです。

Bubbletone Blockchain for TelecomのICOページはこちら

2 comments

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。