マイニングにかかる電気代について本気で考えてみました。


マイナー太郎さんのコミュニティで電気代の話題が良く上がるので、
自分のところの電気で本気で考えてみました。

ちなみに私の住んでいる地域は九州です。
現在の契約

項目 単価
基本料金(30A) 870円42銭
電力量1段階(0~120kwh) 17円13銭
電力量1段階(121~300kwh) 21円57銭
電力量1段階(301kwh~) 21円93銭

※電力会社やプランその他詳細については内緒です。

現在のリグ
マザーボード:GIGABYTE Z170X-UD3
CPU:CeleronG39002.8GHz
電源:ENERMAX 1000W Triathor
GPU:GIGABYTE RX570 4G gaming、MIS RX570 ARMOR 4G OC、玄人志向RX 580 RD-RX580-E8GB、RX470(バルク品)、MSI RX560 4G

を使って全体の電力が750Wとなってます。やはり、GTX1060等と比べると少し高めでしょうか。

なので月の電気料金を計算すると・・・
21.93円×0.75KW×24H×30日=11,842.2円となります。(※第3段階で計算)

今の相場からすると、一応プラスですね。一安心。

と思いきや、ちょっと待った!!!!!!

明細をよく見てみましょう。

上の料金以外に、燃料調整費、再エネ賦課金という項目があります。

・燃料調整費とは
燃料費調整制度は、事業者の効率化努力のおよばない燃料価格や為替レートの影響を外部化することにより、事業者の経営効率化の成果を明確にし、経済情勢の変化を出来る限り迅速に料金に反映させると同時に、事業者の経営環境の安定を図ることを目的とし、平成8年1月に導入されました。
平成28年4月以降は、旧一般電気事業者の小売部門(みなし小売電気事業者)の特定小売供給約款における契約種別ごとの料金に適用することとなっています。
⇒つまり、為替レート等によってプラスにもマイナスにもなるということです!6月~7月にかけての使用分は-1円41銭とマイナスですが、これがプラスになったらだいぶ電気料金も違ってきます!!!
プラスになってもよいように計算できてた方が良いですね。

・再エネ賦課金とは
国の法令に基づき再生可能エネルギーを用いて発電された電気について、一定の期間・価格で電気事業者(電力会社以外に新電力・特定電気事業者も含みます。)が買い取ることを義務付ける制度(以下「固定価格買取制度」といいます。)が始まりました。
今年は2.64円/kWh(低圧電力等の場合)ということで、電気料金に乗ってきます!恐ろしいですね。毎年高くなってますので来年も上がってくるでしょう。

ということで計算をし直します。

1kwhあたりの単価は、
21円93銭ー1円41銭+2円64銭=23円16銭

23.16円×0.75KW×24H×30日=12,506.4円となります。(※第3段階で計算)

664.2円も差が出てきました!!GPU5枚のリグでこのくらい差が出てきます。

みなさん電気料金を計算する時は気を付けて下さい!!

※燃料調整費の上がり下がりで潰れた電力会社もあるので、会社を選ぶときは慎重に選んでください。地域によって会社もプランも違います。

参考にしているサイトマイナー太郎ブログ

6 comments

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。