bitmainのantminerT9+の検証


先日、Bitmain社のASICが在庫があったので2台だけ購入してみました。

Bitmain

当時の価格は約2000USDでしたが今だいぶ安くなってるみたいですね。

antminerT9+

ワット数を確認せずに電源も2個購入したのですが、後でよく見ると、100Vでつなぐときには電源が2つ無いと動かないようです。

対応しているアルゴリズムは、『SHA256d』なのでマイニングできる通貨はBTC,BCHなどです。

最近でてきた、ライトコインキャッシュ(LCC)もマイニング可能なようです。

購入した後でわかったのですが、いくつか問題点があります。

まず、音がすごい。家でGPUをつなげてマイニングするものと比べると、天と地くらいの差があります。

慣れても我慢できない音が鳴ります。迷わずデータセンター送りにします。

次に、先ほど述べた電源についてです。

200Vでつないだ場合は、電源は1台でよいのですが、100Vでつなぐ場合は2台必要なようです。

自分の環境をよく確認してから購入しましょう。

後は、回収までが長い。

ASICのイメージは特定のアルゴリズムに特化しマイニング専用機器ということでGPUなどより良い回収率を持っているイメージでしたが、計算して分かったのですが、電力もかなり使うので、回収が大変です。

自宅で回したら、音はうるさい、回収はできない、電源が多く必要などデメリットがとても多く有ります。

なので、ASICを購入する際はみなさん自分の環境を改めて確認する必要がありますのでお気を付け下さい。

現在データセンターにマイニング専用スペースを確保中です。

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。