仮想通貨の発掘を狙う不審な通信を観測–警察庁が注意喚起


 

警察庁は3月12日、仮想通貨の発掘が目的と見られる不審な通信を1月から観測し続けていると発表し、注意喚起を行った。これらの通信は仮想通貨「Ethereum」を発掘するソフトウェア「Claymore」やAndroidの悪用を試みるという。

 Claymoreを狙う通信は、1月8日頃から増加した。Claymoreの管理ポートで使われるTCPの3333ポートに対してJSON-RPC経由でEthereumのアカウントリストを調査するアクセスが行われている。

続きはこちら→→→ZDNETJapan

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。