仮想通貨の「ダークサイド」,IMF専務理事が言及


国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事は13日、IMFのブログで、仮想通貨市場は従来の市場で適用される法律と同じ法律で規制しなければならないと述べた。

 「仮想通貨世界のダークサイドに対する取り組み」と題されたブログでは、冒頭で、ブロックチェーン技術を「金融以外の分野にも革命をもたらす、すばらしい技術の進歩だ」と称賛したが、規制機関は「有望な反面、危険もあるということを理解する」必要があると続けた。

 仮想通貨市場において利用者を保護するための規制の制定に向けた具体的な方法については、「火には火をもって戦うべき」だと述べ、その例として、分散型台帳技術(DLT)を用いて「デジタル署名と共に、検証された基本的な顧客情報のレジストリを作成すること」と、バイオメトリクス、人工知能、暗号理論を用いて、不審な取引をより迅速に検知することを挙げた。

続きはこちら→→→コインテレグラフ

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。