News:BTC4カ月ぶり安値圏、テキサス大論文が価格操作の可能性指摘


BTC4カ月ぶり安値圏、テキサス大論文が価格操作の可能性指摘

 

米国のThe University of Texas at Austin テキサス大、オースティン校が発表した学術研究論文で、
昨年12月のビットコイン価格の急伸は価格操作によるものだとの見解を発表したことがさらなる売り材料となった。

続きはこちら→→→Mag2

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。