米ワイオミング州、仮想通貨の新たな資産区分制定


米国ワイオミング州が、仮想通貨を「ユーティリティートークン」と定義する、新たな資産区分を制定した。フォーブス誌が13日に伝えた。

 コインテレグラフが先日伝えた通り、ワイオミング州議会は6日、仮想通貨を州証券規制の適用除外とする、下院法案70号を可決した。同法案は3月8日、マット・ミード州知事の署名により、法律として成立している。

 この新たな法律では、トークンの開発者や販売者は、いくつかの条件を満たす場合、州証券規制から除外される。具体的には、適用除外を受けるトークンの使用目的は、商品やサービスとの交換に限られ、投資用として売り出すことはできない。

続きはこちら→→→コインテレグラフジャパン

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。