韓国は新しい規制でICOを許可します。by KoreaTimes


金融当局に精通している情報源によると、blockchain技術をおし進めるために、国内投資家のために、ICO(Initial Coin Offering)をできるようにする計画を準備しています。

By Kim Yoo-chul記者

 「特定の条件が満たされたときに、ICOを韓国で許可する計画について、金融当局は、税務機関、司法省、および他の関連する官庁に話している」と、某メディア。計画が実施されれば、政府はICOを禁止した昨年9月と大きく逆転するだろう。暗号通貨は通貨、金融商品ではないと主張している。

 それにもかかわらず、行政当局はICOルールをまだ実施しておらず、企業にICO資金を返すよう強制していない。また、地元の投資家が国内で運営する外国のICOや暗号通貨取引所に資金を投入できるようにしています。
金融執行委員会(FSC)の暗号取引政策を監督する姜寧洙(カン・ヨンス)総裁は、国内の金融政策監督当局は、韓国のICOを国内投資家や企業に許可するかどうかはまだ決定していないと述べた。「FSCは第三者意見を認めているが、現時点で正式に言えることは何もない」と姜寧洙(カン・ヨンス)総裁は述べた。

 国の税務に精通している別の情報筋は、ICOを禁止する命令は、国が暗号通貨取引の法的根拠を修正した後にのみ逆転すると予想していると述べた。
「付加価値税の課税、譲渡税、または貿易の両方のさまざまなシナリオ、地方の暗号暗号交換による法人所得税の徴収、ライセンス付きの認可された取引の開始が議論されている」。
同氏は、ICOには地方銀行、司法と財務省、税務機関が透明性を持たせるべきだと付け加えた。これにより、政府はICOへの資本流入の履歴を追跡することができます。

 ICOは、スタートアップによって、ブロックチェーンテクノロジを介して機能するデジタル通貨で資金を調達するために使用されます。韓国では、銀行やベンチャーキャピタル企業(VC)に頼るのではなく、企業が直接投資家から資金を得ることができるように、ほとんどの書類作成を必要としないため、ICOを使用していた。
ICOの禁止措置が発表されたとき、シード資金を調達しようとしていた地元の新興企業は、海外で資金を調達すると言いました。ICOに関心を持つ投資家の数が大幅に増加しているという傾向があります。また、透明性が高まるにつれて、資金提供者はより多くの意思決定を行うことができます。一部のアナリストは、これが、企業が短期間でより大きな投資を獲得している理由だと指摘する。

 姜寧洙(カン・ヨンス)総裁は、国は暗号通貨を規制し、技術を阻害する計画はなく、市場を規制する方法を工夫していると述べた。
最近、国会で開催された業界フォーラムで、「はい、ブロックチェーン関連の技術を進め、暗号通貨取引を効果的に規制する方法について計画を立てなければなりません。」と述べた。

翻訳元 情報元  KoreaTime

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。