News:ヒップ・ホップと仮想通貨の不思議な関係、大麻解禁コインも


ヒップ・ホップと仮想通貨の不思議な関係、大麻解禁コインも

 

音楽業界ではストリーミングの利用者が急増するなかで、ジャンルとして急成長を遂げたのがヒップ・ホップだ。ヒップ・ホップのアーティストたちはテクノロジーを理解し、アルバムではなくプレイリストを押し出すことで、ストリーミングでの人気を拡大させた。

米国ではヒップ・ホップのアーティストが仮想通貨ビジネスに参入するケースも増加中だ。その一例にあげられるのが、伝説のラッパーとして知られるオール・ダーティー・バスタード(2004年没)の息子のヤング・ダーティー・バスタードだ。

続きはこちら→→→forbesjapan

<じっちゃんコメント>
アーティストは感覚つまり頭脳がとぎすまされているので、テクノロジーの理解が早く、利用もはやい 本質を掴む能力が高い特性があることでしょうか

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。