Topics:Blockstreamは「Week of LApps」と題してライトニングアプリケーションを紹介by coinjournal(翻訳記事)


Blockstreamは「Week of LApps」と題してライトニングアプリケーションを紹介

ここ数カ月間、Bitcoin Lightning Networkのさまざまなクライアントの開発に取り組んでいる3つの主要な開発チームからの最新情報やニュースで盛り上がりました。Lightning Labsから最近発表されたメインネットベータから、Elements Project Lightning Chargeサーバーとそれが構築されているc-lightningクライアントの機能のほんのひと握りを紹介するBlockstreamブログのエキサイティングなシリーズが、ここ数日間続きました。独立系の開発者であるNadav Ivgi氏は、いくつかのエキサイティングな使用事例をターゲットにLightningネットワークの双方向の決済チャネルとP2Pルーティングに自然にフィットするであろう、Lappsと称されるいくつかの素晴らしいLightningアプリケーションを作成しました。

Blockstreamの「Week of LApps」の最初のLAppはFileBazaarで、コンテンツクリエイターが簡単に作品へのアクセスを売却できるようにするために調整された簡単な電子商取引ソリューションを提供しています。 FileBazaarには、ビデオ、写真、文書などのさまざまなデジタル製品の代わりに、Lightningマイクロペイメントの受領を容易にするペイパービュー型システムがあります。 javascript LAppは、エンドユーザー向けの簡単なWebインターフェイスと、店舗所有者のための簡単なコンフィグレーション(設定)オプションを備えています。

WordPress(Automattic社より提供されているブログソフトウェア:ブログを作成・管理するためのソフトウェア)のためのLightning Publisherは、多くのサイト運営者が頼りにしてきた広告ベースの収益に頼ることなく、オンラインコンテンツの簡単で透明な収益化を可能にするという課題に取り組んでいます。 このLAppを使用すると、WordPressを使用しているサイト運営者は、サイト上ですべての記事やブログの投稿にアクセスする前に、Lightningネットワークのビットコインマイクロペイメントを要求することができ、いくつかの大規模な広告ネットワークのうちの1つの管理下でもっぱら収益を得ている多くのウェブベースのサイト運営者にとって素晴らしいソリューションをもたらすでしょう。

Nanotipは、ユーザーがLightningネットワーク経由でBitcoinチップを送信できるようにします。 チッピングは、コンテンツ作成者に感謝の気持ちをあらわす簡単な方法として、長年にわたってビットコインのひとつの一般的な使い方となっています。しかし、単一のBitcoinアドレスを ‘tip-jar’(チップ/Tipを入れるためのガラス瓶/Jar)として使用する従来の方法は、任意のアドレス再利用と同様に、プライバシーに関していくつかのマイナス面を持つ可能性があります。 Nanotipは、寄付ごとに独自のLightningインボイスを積極的に作成するLightning Chargeのビルトインチェックアウト機能を使用して、通常の静的Bitcoinチップアドレスを単純なtip-bot(TwitterなどのSNSや掲示板サイトのユーザー間で、暗号通貨を送金してくれるbotサービス全般を指す)に置き換え、複雑な両者の匿名を保護することにより、この問題に取り組んでいます。

Paypercall(Webやメディアに表記された電話番号に、ユーザーからの電話を着信させることによる着信課金広告ビジネス)は、APIコールを許可する前にマイクロペイメントを要求するための新しい技術を導入しているため、Lightningプロトコルのアプリケーションの特に興味深い例です。これは、さまざまな業界にわたるさまざまな分野の開発者にとって非常にエキサイティングで刺激的な見通しです。 これは、ますますプログラマティックでデータ駆動型な世界でインターネット上に無数のアプリケーションを持つことができる特に柔軟なツールに見えます。

Blockstreamの最新の話題はNanoPosです。 シンプルなLightning POSシステムで、固定価格のアイテムの対面販売に最適です。 Blockstreamの最初のLAppは、Web経由で膨大な数の店舗を作成および管理するために使用されるポピュラーなWooCommerceプラットフォーム用のLightning Gatewayを備えたeコマースの利用シーンに焦点を当てました。 NanoPosは、コーヒーショップや軽食店などのような、より簡単な固定価格の商品を提供する売主向けのより合理的なソリューションを提供します。

これまで、Blockstreamによって発表されたすべてのLAppは、ペイメントチャネル・プロトコルの増加とc- Lightning メインネットベータのアプローチを使用したLightning Networkの魅力的な機能で、開発者や技術者たちに将来性のある見通しを立てさせました。興味のあるウェブ開発者は、すべてのLAppsを試してLightning Network経由のBitcoinマイクロペイメントの将来性に触発されるよう、Elements Project Githubに飛び込んでみましょう!

参照元:https://coinjournal.net/blockstream-lightning-charge-lapps/

以下残り3つは次の通り

Ifpaytt – paypercallの拡張で、IFTTTを使用するWeb開発者がサービス利用の支払いを要求できる

Lightning Jukebox – Lightning Networkの古典的な技術を再考する楽しいデモ

WooCommerce Lightning Gateway – 在庫管理システムおよび注文追跡システムと統合された包括的な電子商取引アプリケーション

Blockstream「Weeks of Lapps

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。