2018年がアルトコイン元年になる理由と音楽系のコインを3つ紹介。


こんにちわ、こんばんわ。
草コイン?研究室の五月雨まくら(@samidare_makura)です!
このブログでは、「草コイン?」をテーマに記事を連載しています。

きっと、この記事が掲載される時には2018年を迎えていることでしょう。

2017年はみなさんにとって、どんな年でしたか?
良かった人も悪かった人も、2018年は平等に訪れます(名言っぽく)

そして、我らが仮想通貨について!
2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれ、億り人になる人も続出しましたね。
何とも羨ましい話です(遠い目)

ただ、五月雨が気になるのは「200万円を超えたビットコインに今から投資しますか?」ということです。
ビットフライヤーやコインチェックのTVCM、GMOのつり革広告などによって、仮想通貨及びビットコインの知名度は一般に浸透しました。
韓国では10人中3人のビジネスマンが仮想通貨投資をしているそうです。

彼らの考えていることをちょっと古典的ですが「AIDMA」モデルでトレースしましょう。

  • 1.Attention:仮想通貨のCMや広告を見た
  • 2.Interest:仮想通貨は儲かるらしい
  • 3.Desire:自分も儲かりたいと考える
  • 4.Memory:「仮想通貨 = 儲かる」
  • 5.Action:口座を開設して仮想通貨を買う

勿論、必ずしも仮想通貨に興味を持つ人が儲かりたいと考えているわけではないかと思いますが、あくまでも一般的な傾向について述べています。

そこで、新規参入者は考えます。
「仮想通貨で儲かるにはどうしたらいいか?」

そう考えた時に、ビットコインは彼らにとってすでに成熟し過ぎているのです。
ビットコインに投資しても価格が倍になる可能性が低いことは直感的にわかります。

そうすると、彼らは次にどのような行動をとるでしょうか?
それは、アルトコイン銘柄を購入することです。

200万円を超えるビットコインより数十円のネムに投資する方が、彼らの儲かりたいという欲求は満たされるのです。

そして、彼らがアルトコイントレードに慣れてくると考え始めることがあります。
それは、日本の取引所のアルトコイン銘柄が少なすぎることです。

彼らは仮想通貨で儲けるためにまだ誰も知らないようなお宝を探す感覚で、やがて海外の取引所に目を向けるようになります。
例えば、ユーザー数が猛スピードで伸びているBinance(バイナンス)などにです。

Binanceは、価格が1円以下のアルトコインがたくさんあります。
これは、新規参入者の欲求を満たすことに寄与します。

彼らが求めていることは、ちょっと儲けることではありません。
大きく儲けて、あわよくば億り人になることなのです。
そのために、彼らは魔界の中で夢を見続けます。

これが、新規参入者が草コイン?投資に流れるプロセスです。
そのため、2018年はアルトコイン元年になるでしょう。

近頃は著名ブロガーでも草コインを取り上げる人が増えてきました。
時代の流れは確実にアルトコインにきています。

ただ、草コインは発掘するのが割と大変ですよね^^;
ですので、五月雨はこのブログでコインを紹介し続けたいと思います。

さて、今回のテーマは音楽系のコインです!

1.Musicoin (MUSIC)

■Musicoin概要

Musicoin(MUSIC)は、PtoPのファイル・シェアリング・ネットワークに最新の暗号を組み合わせた音楽のリリースと消費のための分散型システムです。Musicoinは、アーティストがコンテンツを「coded contract」として、ブロックチェーン上に直接ライセンスを付与する仕組みです。「coded contract」は、印税の回収と配分を自動化して、アーティストの管理下におきます。リスナーは、PtoPネットワーク上に保存された音楽コンテンツのグローバルカタログにアクセスでき、トークンをアーティストに直接支払うことができます。Musicoinは、アーティストとリスナーが直接やり取りをする分散型で透明性の高いプラットフォームを提供することで、すべての利害関係者にとって、持続可能でボーダレスかつ公平な新世代の音楽の基盤を築くことを目的としています。

■五月雨まくらの一言コメント

アーティストとリスナーが第三者を介さず直接トークンの受け渡しをできるプラットフォームは、ブロックチェーンの長所を上手に生かしたビジネスモデルで、目新しくはないけれど実現すればユーザビリティの高いサービスになるのではないかと思いました。ティッカーも「MUSIC」とわかりやすいのがいいですね^^ BittrexとCryptopiaに上場しています。


2.Voice(VOISE)

■Voise概要

VOISEは、ブロックチェーンを利用した匿名の分散型プラットフォームです。VOISEは、アーティストがPtoP市場で仕事をマネタイズできることを目指しています。アーティストは、作品の価格を設定して、無料のサンプルトラックを公開して、リスナーからサポートを求めることができます。VOISEは、収益の100%をアーティストに提供します。そして、仮想通貨利用者だけではなく一般の消費者向けにもサービスが利用されるように、UI / UXが洗練されたプラットフォームを作成することを重要視しています。

■五月雨まくらの一言コメント

VoiseもモデルはMusicoinと似通っています。問題意識がアーティストよりなところが少し違います。そして、Voiseはしっかりとα版をリリースしています。プロダクトの開発が進まないプロジェクトも多い中、きちんと活動していることがわかります。そして、コミュニティもとても活発です。個人的にはオススメな通貨で、五月雨も投資をしています。


3.Viberate (VIB)

■Viberate概要

Viberateは、音楽のライヴ・イベントに焦点を当てたプロジェクトです。一言でいえば、ユーザーによって情報が追加されるキュレーションサイトとして機能しており、盛り上がりをみせています。気になるライヴ情報があれば、ティッカーであるVIBで購入することができます。さらに、情報を追加するインセンティブとしてVIBが機能します。既に多数のアーティストやライブハウスの情報が追加されています。日本のライブハウスも掲載されています。

■五月雨まくらの一言コメント

β版のWEBサイト(https://www.viberate.com/)がかなりイケてるだけではなく、ユーザーもかなり囲い込めているし、トークンを利用するインセンティブも十分に考えられています。今のところは大きな課題があまり思いつかないほど、構想がしっかりしています。ライヴ・イベント好きは要チェックです!

次回はどんなコインを取り上げようかな?
要望があればTwitter(@samidare_makura)までどうぞ!

あと、投資は自己責任でお願いします^^;;

フォローよろしくお願いします!

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。