クラーケン(kraken)口座開設、登録方法



Krakenは本社がアメリカのサンフランシスコにあるビットコインの取引所です。


『クラーケン(kraken)の登録方法』

Krakenで取引を始めるのは新規登録が必要になります。KrakenのWEBページにある新規登録にメールアドレス、ユーザー名とパスワードを入力してください。
クラーケン(kuraken)公式

新規登録が終わったら、登録したメールアドレスに登録の確認メールが届きます。本文にあるURLをクリックした時点で登録が完了になります。
次に取引ができるように認証申請をします。
クラーケン(Kraken)のWEBページの認証申請にチェックを入れると、認証レベルが色々でてきます。


・認証レベル0
入金、出金ができない
メールアドレスだけでできる口座で取引はできないが、チャートを見たり雰囲気を確認するには最適です。
・認証レベル1
取引可能だが、デジタル通貨のみ
仮想通貨のみ入出金可能で、氏名、居住国と電話番号の入力は必要ですが住所の入力と本人確認の提出は必要ありません。電場番号の入力の際最初に+81という国番号の次に最初のゼロをはぶいた番号になります。海外の会社ですが、全て日本語で入力できます。

・認証レベル2
本人確認や住所の入力が必要
認証レベル2~3となるにしたがって入金や出金の上限額があがっていきます。認証レベルで申請できるのは次のレベルまでです。一つずつ段階をあげていくようにしましょう。

レバレッジを利かせたり、現金の限度額が高くなるのが認証レベル3です。認証レベル4になると、自分で署名した申込書が必要となるのですが、3のレベルでほとんどの人が充分でしょう。

・認証レベル3
・口座開設目的(選択できるようになっています)
・職業
・本人確認をできる書類、運転免許証などをアップロード
・顔写真の画像をアップロード
・過去10年において海外の重要な公人でしたか(選択できるようになっています)

認証レベル3にもなると、顔写真や運転免許証をアップロードするなど必要な事が増えてきます。

認証レベル4
高額取引者が対象
全て必要なものを揃えたら、すぐに審査が始まります。メールにて認証レベルがあがりましたと通知がきます。認証レベル2に上がる時は2~3日かかる事が多い様です。さらに上のレベルの場合は1か月以上かかる事もあるので気長に待ちましょう。


『クラーケン(kraken)の取引方法(売買から送金入金)』

○日本円の入金方法
取引を始めるにはまず日本円で入金する必要があります。クラーケン(Kraken)のWEBページの入出金より日本円を選んで、記載されている口座に銀行から振込用紙を使って入金する必要があります。利用できる銀行は認証レベル3以上の日本の銀行のみです5,000円から入金する事ができます。

○日本円の出金方法
日本円で出金するには先に銀行口座を登録する必要があります。出金のページより通貨を選んで出金方法の中に口座追加があります。
銀行口座名とカウント名が同じでないと振り込まれないので気を付けてください。

○仮想通貨の出金方法
クラーケン(Kraken)のWEBサイト内の出金と書かれている所からデジタル通貨を選び、アドレスを追加してください。アドレスを入力する際に間違えない様お気を付けください。万が一間違ったアドレスに入金をしても、返金をする事はできません。
○注文オプション
Krakenでは以下の注文オプションがあります。
・売買するものを指定する
・金額、出来高を指定する
・価格に関する執行条件を指定する
○売買の仕方
KrakenのWEBサイトの注文フォームにある、「買う」もしくは「売る」をクリックしてから通貨ペアを選ぶ事ができます。購入の場合はアカウントに必要な金額が入金されている必要があります。(認証3でレバレッジを利用する時以外)

価格のチャートはTrading Viewのチャートを見るようになります。
以下のボタンが通過ペアボタンの横にあるのでクリックしてください。

○中級、上級者向けの注文方法

シンプルは成り行きと指値注文のみの売り買いですが、
中級、上級者向けの注文方法は以下の内容も可能です。

・中級者向け
注文を時間指定、レバレッジ、取引手数料の通貨指定が可能
・上級者向け
新規注文に対して、決算注文までパーセントで指値、逆指値を指定可能

○取引専用ツール
高性能チャートであるcryptowatchでの取引が可能です。


『取引の特徴』

1.取扱い通貨一覧
クラーケン(Kraken)が取り扱う通貨は以下になります。日本円とペアになるのはビットコイン(bitcoin)とイーサリアム(ethereum)だけです。※2017年11月現在
・ビットコイン(bitcoin)
・イーサリアム(ethereum)
・イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
・グノーシス(gnosis)
・ダッシュ(DASH)
・イコノミ(Iconomi)
・メロンポート(melonport)
・ライトコイン(litecoin)
・オウガー(Auger)
・モネロ(モネロ)
・リップル(ripple)
・ドージコイン(DOGECOIN)
・ステラ(stellar)
・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
・ジーキャッシュ(Zcash)
2.会員種別
会員の種別ですが、本人確認書類の内容により、認証レベルが5段階あります。レベルが高いト多くの本人確認書類が必要となりますが、入出金の限度額が多くなります。

3.アプリ対応
iOSのみで英語のアプリとなるのですが、使う言葉は決まってくるので慣れてくると使えます。チャートの閲覧をできるので、現在のトレードの動きを確認する事ができます。
また現在の注文履歴を確認する事も可能です。

4.レバレッジが最大5倍
レバレッジはFXでよく聞くワードなのですが、信用取引で少ない投資で大きい取引をできる事を言います。クラーケン(Kraken)はのレバレッジは最大5倍なので、投資額の5倍の取引ができるという事です。
ただトレード用チャートがないので、慣れている方でないと難しいでしょう。初心者には向かないでしょう。

5.セキュリティ
セキュリティレベルは相当高いといえます。ログイン、入金、出金、発注などの手続きをするには2段階認証が必要な事はもちろんの事、操作を少ししなければログアウトするなど安心して取引をする事ができます。
暗号通貨取引所としては、一度もハッキングを受けた事がないという厳重なセキュリティとなっています。トレードをするにあたり、一番心配な事はセキュリティ面なので安心して取引をする事ができます。

他にも全ての入金がゴールドウォレットという分離されたウォレットに移動し暗号化されます。またPGP/GPG暗号化など以上の事をふまえメディアからの常時安全だという評価を受けています。


クラーケン(Kraken)は上級者向け

Krakenは日本円とペアになるのはピットコインとイーサリアムだけですが、外貨預金だと取引できる仮想通貨の種類は多いので、詳しい方、慣れた方であれば幅広くトレードをする事ができます。

逆にいえば、初心者にとっては詳しく書かれていない事が多く、レバレッジもチャートがないので難しく難しい業者かもしれません。ある程度他で経験を積んで慣れてきて、もっと幅広くトレードをしたい方にはできる事が多いので魅力的です。

チャートはTrading Viewからの提供なので初心者の方でもわかいやすく、上級者にとっては色々なテクニカルがあり、物足りないという事はないでしょう。

セキュリティー面でも心配なく取引に集中していただく事ができます。

クラーケン(kuraken)公式