Zaif(ザイフ)・CMS(コムサ)トークンまとめ


国内の取引所Zaif(ザイフ)で扱われるCMS(コムサ)トークンに関するまとめです。



1.CMS(コムサ)トークン

CMS(コムサ)トークンは、国内の取引所であるZaif(ザイフ)を運営するテックビューロ社が打ち出したプロジェクト、COMSA(コムサ)で使用することができる通貨です。COMSA(コムサ)は、ICOプラットフォームとして機能することを目的としています。例えば、企業がICOによって資金を集めたいがノウハウがないという場合に、COMSA(コムサ)を利用すればワンストップで支援を受けることができます。ただ、COMSA自身もまだ開発段階であるため、CMS(コムサ)トークンを発行して、ICOを行い(2017年10月2日14:00 〜 2017年11月6日14:00)、109億円の資金調達を行いました。テックビューロ社によれば、「調達額の半数が海外からの資金」であり、海外からの注目も集めていることが明らかになります。それを裏付けるように、調達額は「2017年ICO世界調達額ランキング第6位」に輝きました。

COMSA(コムサ)のビジョンは、企業経済とブロックチェーンの架け橋となることです。企業側のメリットとしては、IPOによる資金調達よりもハードルが低い点が挙げられます。テックビューロ社がターゲットとしているのは、ブロックチェーンに詳しい企業というよりもブロックチェーンに対して知見を持っていない企業群になります。つまり、ブルーオーシャーン市場をターゲットとしているといえるでしょう。COMSA(コムサ)が初期に提供するサービスについては、ホワイトペーパーに記載がありました。

・ ブロックチェーン技術、特にトークンを用いたビジネスプランとサービスデザイン。
・既存ビジネスにおけるアセットのサイバースペース上でのトークン化。
・ICOとトークン化におけるリーガルサポート。
・他言語のホワイトペーパー作成。
・クラウドセールプラットフォームを用いたトークンの作成と販売。
・Zaif取引所でのマーケット提供。
・オンプレミスもしくはクラウドBaaS環境での、内部勘定システムのためのプライベートブロックチェーンmijinの提供。
・NEMパブリックブロックチェーン上で、法定通貨建てと主な暗号通貨建てでの商取引を可
能とする、ネットワークフィー委任サービスとペッグされたトークンの提供。
・NEMブロックチェーン上でのスマート・サイニング・コントラクトの開発。
・Ethereumブロックチェーン上でのスマート・コントラクトの開発。
(引用元:COMSAホワイトペーパー)

上記を見ればわかるように、企業がICOを実施するにあたって必要となる諸手続きをCOMSA(コムサ)はパッケージ化して提供することで、ビジョンを実現する狙いがあります。実際、テックビューロ社は、取引所Zaif(ザイフ)の運営によりパブリックブロックチェーンに関するノウハウは蓄積されており、また、「mijin(ミジン)」というサービスも運営していることで、プライベートブロックチェーンについての知見も深いため、競争優位性があります。COMSA(コムサ)がどこまで浸透するかまだまだ未知数ですが、掲げているテーマは壮大で先進的であるため、注目に値します。

ここで、ユーザーがCMS(コムサ)トークンを保有するインセンティブは何かということについて考えましょう。それは、COMSA(コムサ)プラットフォームでICOを実施するプロジェクトにおいて、CMS(コムサ)トークンを払い込み手段にすると5%の追加ボーナスが付与されることです。なお、CMS(コムサ)トークン保有者には、今後のICO案件において、クローズドプレセールへ招待される権限も与えられるというおまけ付きです。さらに、COMSA(コムサ)プロジェクト自体が、前述したように、とても画期的な内容であり、日本のICO界隈を牛耳っていく可能性が高いため、COMSA(コムサ)の実績が積み重なり、評判が高まるにつれて、COMSA(コムサ)で使用できるCMSトークンの価値も値上がりしていくことが想定されます。つまり、CMS(コムサ)トークンは投資対象としても魅力的な要素を持ち合わせています。例えば、CMS(コムサ)トークンがZaif(ザイフ)だけではなく海外の取引所にも上場するようなことになれば、その価値は高騰していくでしょう。


2.ERC20とMosaic(モザイク)

CMS(コムサ)トークンは、2017年11月30日にICO参加者へ配布されました。受け取り方はイーサリアム(Ethereum)ベースのERC20(CMS:ETH)とネム(NEM)ベースのMosaic(CMS:XEM)の2種類から選択することができます。半分をERC20(CMS:ETH)で受け取って、もう半分をMosaic(CMS:XEM)で受け取るといったことはできません。必ずどちらか1種類を選ばなくてはなりません。最初はどちらのトークンも1ドル(約110円)からスタートするため、差はありませんが、そこからは需要と供給のバランスによって価格が変動するため、価格差が生じると考えられます。

まず、ERC20について説明します。ERC20とは、一言でいえば、イーサリアムから生まれたトークンの規格名のことです。イーサリアムのブロックチェーンを利用してサービスを開発するとトークンが発行されます。それらトークンの規格の一つがERC20と呼ばれているのです。それでは、なぜERC20が支持されているのでしょうか。それは、ERC20という規格のトークンを利用することで、MEWなどのウォレット1種類でさまざまなトークンを保管することができるからです。ERCトークンがあれば、同じウォレットで複数のトークンをカバーできるので、イーサリアムのDapps(非中央集権アプリケーション)を皆が利用しやすくなるというメリットがあります。

次に、Mosaic(モザイク)について説明します。ネム(NEM)のプラットフォームを利用すると独自のトークンを作ることができます。換言すると、ネム(NEM)のブロックチェーン上に独自のトークンを作ることができます。そして、トークンの名称がNameSpace(ネームスペース)と呼ばれ、トークンの通貨単位のことをMosaic(モザイク)と呼ぶのです。ネームスペースは、ドメインのようなもので階層を持たせることができます。それに対してMosaic(モザイク)は、ファイルや画像などのコンテンツ部分にたとえられます。例えば、ネム(NEM)はネームスペースで、ゼム(XEM)はモザイクです。ネームスペースとモザイクは、”namespace:mosaic”のように表記されます。Mosaic(モザイク)は、それ自体が価値を持つ場合もありますし、Twitter上でチップを配布するなど、さまざまな使用用途が考えられます。

それでは、CMSトークンをERC20とMosaicのどちらで受け取れば良いのでしょうか?結論としては、どちらもイーサリアムとネムという信頼できる通貨をベースにしているため、大きな違いはないという意見が多数を占めているようです。Twitter上のアンケートでは、

と、どちらかに偏りはみられませんでした。Mosaicが若干多いのは、COMSA(コムサ)のICOに参加した層はネム(NEM)推しの人が多いと考えられるからです。また、ERC20を選ぶメリットとしては、海外取引所に上場される可能性がMosaicより高いという意見もあるようです。まとめると、イーサリアムとネムどちらが好みかで決めれば良いのではないでしょうか。なお、CMS(コムサ)トークンがZaifに上場するのは2017年12月4日と予定されています。


3.CMS(コムサ)トークン受取り方

Zaif公式にログインします。

管理画面上部にあるメニューバーから「入出金」を選択します。

♦︎ ERC20(CMS:ETH)の場合
“ERC20 Token”アイコンを選択します。そして、「ERC20入金用アドレスを取得」をクリックします。続く画面で、「ERC20入金用アドレスには通常のETHを送金しないでください。このボタンを押すとアドレスを表示します」と書かれているボタンを押下します。すると、入金用アドレスが表示されます。

COMSA公式にログインします。

管理画面左側にあるメニューから「トークン受取」を選択、次に「Zaif取引所で送金受取」タブをクリックします。セレクトボックスから「Zaif取引所 ERC20トークン で受取 [CMS:ETH]」を選んで、先ほどの入金用アドレスを入力します。そして、「設定」ボタンを押下して完了です。

♦︎ Mosaic(CMS:XEM)の場合

“Mosaic”アイコンを選択します。

「お客様固有のMOSAIC入金用メッセージは描きになります」の下に書かれているメッセージがCOMSA側で設定する受け取り先になります(赤枠で囲まれた部分)。「上のメッセージをコピー&ペーストして先に入力した後、ここをクリックして入金先アドレスを表示します」ボタンを押して表示されるアドレスはCOMSA側で設定しませんので、ご注意ください。

COMSA公式にログインします。

管理画面左側にあるメニューから「トークン受取」を選択、「Zaif取引所で送金受取」タブをクリックします。セレクトボックスから「Zaif取引所 Mosaic で受取[CMS:XEM]」を選んで、先ほどの入金用メッセージを入力します。そして、「設定」ボタンを押下すれば、完了です。

ザイフ(zaif)取引所の概要と口座開設方法