ビットコインを使おう!


ビットコインデビットカードをゲットしよう。

仮想通貨投資で仮想通貨が増えたら何ができるの?って思う方多いのかもしれません。

実際ビックカメラなどでもビットコイン決済が進んでいますがまだまだ規模が小さい状況です。

ビットコインや仮想通貨のまま決済して使っちゃえばいいじゃんということで仮想通貨デビットカードを紹介します。

いくつか仮想通貨デビットカードは登場していますが使用上限が決まっていることが多い

仮想通貨デビットカード、その中でも今一番気になっているものはこちら。

WIREXデビットカードです。

ビットコインをそのまま決済するにはまだシステムの導入が整っていないのが現状です。

そこでクレジットカード事業者を介してビットコイン決済を行うデビットカードの存在があります。わざわざ日本円に変えずにそのまま使うことができるんです。

しかも44種類の仮想通貨(アルトコインも使えるので非常に便利)対応で、アカウント登録は簡単です。

公式HPの無料で登録するをクリック。


Wirex登録について

上のバナーからサイトに移動して、サイト内の無料でサインアップをクリックします。日本語での対応になっているので簡単に登録可能です。

アカウントを作成ボタンを押すと登録メールアドレスに登録完了メールが届きます。

登録したメールアドレスに届いたメール本文のConfirm emailをクリックしたら登録完了です。


その後ダッシュボードからプラスチックカードまたはバーチャルカードの発行を済ませばデビットカードが使用可能になります。
電話番号の認証や個人認証などを行うことでATM引き出し限度額を上げることが可能です。これで稼いだBTCをカードで限度なく支払うことが可能になりました。


上は手数料と1日最大限度額です。
このwirexはショッピングなどのポスシステム決済の場合決済上限がないのが大きな特徴となります。

プラスティックカードの発行について
Wirexはバーチャルカード(カード情報だけでインターネット上やアプリ決済用)とプラスチックカードの両方を発行することができます。
プラスチックカードには発行手数料17ドル。DHL(エクスプレス、追跡可能配送)だと追加で50ドルかかります。(バーチャルカードは3ドル)

DHLを使う場合と使わない場合の手元に届くスピードを検証します。
まずビットコインを0.2BTCだけwirexに送信します。

2017年5月16日DHLを使わない17ドル決済での方法でプラスチックカードの登録しました。
6月6日配送日となってます。到着まで約20日です。

同日5月16日DHLでの配送申し込みを行い5月21日に配送予定となりました。約5日間で届くのでしょうか?
*後日ここに結果を報告します。


追記!!5月29日一枚目のカードが届きました!!

でも、ぜんぜんカードの色が違う!!思うてたんとちがう!!!!

なんとMychoiceというカード会社から届きました。詐欺られた!!!と思いながらもWIREXにログインしプラスティックカードをアクティベート。出来た!!!

注意!!アクティベートする際は下4桁のみと年月を記入します。16桁すべてを記入してもアクティベートできません。

またスマホアプリをDLして携帯での管理が可能です。

検証1

DHLでのエキスプレス配送は約2週間で手元に届くのか。

配送から7営業日でしょうかね。(実績値)

6月1日もう一枚のカードが届きました。
しかし不自然なものを発見、↑29日に到着した封筒には無かった追跡バーコードシール↑
29日到着した封筒はこちら

ということは追跡バーコードつきがDHL配送でバーコード無しがDHLなし配送という解釈になってしまいます。
DHL配送は50ドルを払い追跡可能ですが通常配送より2日遅いというなんとも不可思議な現象となりました。
そしてもし29日がエキスプレスDHL配送だったとしても2日しか変わらないのであれば日本在住の方はエクスプレス配送DHLをする必要は無いという結果ですね。
しかも追跡番号がDHL配送のカードが届いた日にEメールで送られてきました。日本在住であれば通常配送で問題無し(確信)

検証2
本当にカードは使えるのか?
せっかくなのでアルトコインで着金の速そうなRDDをbittrexから送金してみました。画像張るまでも無く簡単に即効で着金。

各wirexアカウントからカードアカウントに送金し両替。
29日到着分のカードはアクティベートしてすぐ使えるようになりました。プロフィール認証せずに
日本でショッピングができました。agoda(ネットのホテル予約)では使えませんでしたまた海外のホテルでも直接支払いはできました。
直接の支払いはOKみたいです。ネット決済はプロフィール認証が必要。
しかし
海外で29日発送分のカードを財布ごとスリにあうというとんでもない事態を引き起こしてしまいました。
バリ島のクタ、レギャン通りのホテル(ハーパークタホテルめちゃくちゃいい!!!)に滞在していたのですがホテル入り口に立っているセキュリティから外はスリが多いので気をつけてくださいと注意されたのですが入り口を出たところすぐにあるコンビ二の前を通るときにOH!!マッサー!マッサー!!、マッサー(スケベマッサージのこと)!!といい客引きらしき親父とガキんちょが両サイドから肩を組んできたので、自分はハイテンションで「NOサンキューNoサンキュー」といって二人を笑いながら引き剥がしました。そのまま素直に引きはがれてくれたのでオっ!?と思いながらも歩きながらなんか変な感じがしたんでお腹の前につけておいた肩掛けバッグを見るとファスナーが開いてたんです。ん!?と思って中に手を突っ込んだら無い、無い、ここにあった財布が無い!!!!!!(滞在残り3日分の金、全部入ってたんです。約5,6万円分、そして頼りにしてたWirexビットコインカード!!!)発狂でしたわ!

すぐにログインし、カードをブロック、その後ブロックを解除し、WirexのBTCアドレスに両替と送信をし、使われることがなく一安心。
こういう時アプリですぐに対応ができたので面倒な手続き踏まなくてよかったです。
スリにあった場所はこちら

だがしかし!!!!!
帰国後6月11日、遅く届いたDHLカードを使おうとアクティベートしビットコインをカードに送信両替までしたのですが、使えません。ガソリンスタンドやローソンでも決済ができませんでした。すぐに問い合わせをし、日本人の担当者と現在やりとり中。
プロフィール認証はしていなかったので現在認証中。さてこの決済できない原因はどこにあるのでしょうか、担当者さん早くメールちょうだい!!

6月14日追記
日本人担当者さんから連絡が来ました。
以下内容

『ご連絡をいただき、ありがとうございました。

アカウント認証が終わっていないお客さまの場合、カードのご利用(オンライン・オフライン・ATM・BTCへの両替すべてを含みます)が一生涯で800 USD, EUR, GBPという制限があります。

今回はこの限度額に抵触したため、カードの利用ができませんでした。

以下の記事をご覧の上、アカウント認証をご検討ください。』

了解しました!アカウント認証を申請中です。約2週間かかるみたいです。カードを注文するときにやっとくべきですね。失礼しました!!
認証完了するのを待つのでアール。
また何かwirexカードで起こったらここに書き込むことにします。

7月3日追記

上の画像を見てください。プロフィール3回拒否され結果的に認証されたので経緯を報告します。

 

1回目パスポートと住民票を提出→パスポートOK住民票NG

2回目ジャパンネット銀行の通知書NG

3回目電気代の請求書NG

もうわからんということでサポートに連絡、回答はこちら↓

翻訳が必要なんですね。そりゃそうだ。といことでサポートの言うとおり住民票に住民票、住所、名前、発行元、発効日の部分に手書きの翻訳を小さく切った紙に書き糊で張り1枚の画像になるようにスキャン!

3日で認証!!早い!!この一ヶ月一体何なんだwwww

 

これにてビットコインカード検証生活も終わりを告げました。

 

実践チュートリアルでした。

 

このWIREXカードには、Shapeshift が統合され、人気のあるオルトコインを使用して簡単に資金を追加できます。オルトコインはビットコインに換算されて即座にビットコイン ウォレットに表示されます。

他のアルトコインも送金可能なんです。
取扱い銘柄は以下になります。

BTCD BTS CLAM DASH DGB DOGE EMC ETH ETC FCT GNO GNT ICN LBC LSK LTC MAID MLN MONA MSC NBT NMC NVC NXT POT PPC REP RDD SDC SC SJCX START STEEM SNGLS USDT VOX VRC VTC WAVES GAME XCP XMR XRP ZECと44ものアルトコインで決済が可能になりました。

当HPからの申し込みでプラスチックカード発行手数料が25%割引になります!