ウォレット(wallet)


ウォレット(wallet)とは?

ビットコインなどの通貨はウォレットと呼ばれるその通貨専用のウォレット(財布、銀行口座のようなもの)が必要になります。
ウォレットには、デスクトップウォレット(PC上の財布)、ウェブウォレット(Web上の財布)、モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)、ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)、ハードウェアウォレット(専用財布端末)等色んな種類があります。
難しく言うとウォレットとは仮想通貨を保有を証明するアカウントです。簡単に言うと財布です。
本来、仮想通貨はウォレットに保存して自己責任で管理しないといけません。

自分の保有している仮想通貨を数十桁(仮想通貨の種類により異なる)の大小英数字の羅列(ウォレットアドレス)を各ウォレットにつくりそのウォレットアドレスに仮想通貨を保存します。

あなたが取引所などで仮想通貨を購入した瞬間にあなたの保有する仮想通貨を保管していることを証明するウォレットアドレスが生成(本当はアドレスを生成する作業をします)されています。

取引所に仮想通貨を置いている場合は取引所が管理しているウォレットの中に仮想通貨が保存されている状態となります。

取引所は、ホットウォレット(セキュリティーが一番甘いですがユーザーの出金支持などの要求に比較的早く答えることができます)でウェブウォレットに近い形とコールドウォレット(取引所が管理しているネットワークから切り離しているウォレットでセキュリティも高いがユーザーの要求に遅くなる)でハードウェアウォレットに近い形の2つの方法で管理している状態となります。

ちなみにコインチェックやマウントゴックスなどはホットウォレットから仮想通貨が盗まれています。

これは取引所を運営する上で非常に大きな問題で盗もうと思うハッカーなどは個人の保有するウォレットから盗むよりも大人数の保有する仮想通貨を一括管理している取引所から盗むほうが金額も大きく効率的です。

だから取引所に仮想通貨を保有した状態のままが個人のウェブウォレットで管理保有するよりもセキュリティの面で言うと一番危ないことがわかります。


ウォレットの種類

では個人で管理するウォレットは大きく分けて3種類あります。

1.ネットワーク上で管理するウェブウォレット。

メリット:ログインするだけで簡単に残高や出入金作業ができる。
デメリット:IDやログインパスワードをハックされるだけで保有する通貨が盗まれる危険性がある。
対処法(秘密鍵の保存とIDとログインパスワードの管理)

2.パソコンや携帯でアプリケーションをインストールして一時的にネットワークに繋げ管理するデスクトップウォレット、モバイルウォレット。

メリット:デバイス上にアプリをインストールしている状態なので通常はIDやパスワードでログインでき出入金作業ができる。秘密鍵や暗号化ファイルを併用するので本人(インストールしたり秘密鍵や暗号化ファイルを保存しているデバイス)以外からのアクセスができないようになっている。
デメリット:パソコンやデバイスをなくしたら復旧できなくなる。
対処法(秘密鍵を紙に書いたり暗号化ファイルを外付けデバイスなどで保存することで復旧が可能)

3.紙やUSBデバイスなどで秘密鍵を管理するペーパーウォレットやハードウェアウォレット。

上記のウォレットを併用して復活させたりする目的だったりそのもので保管でき出入金や残高確認などをする場合のみアプリやウェブウォレットに繋げる方法で管理する。
メリット:秘密鍵そのものを物理的に管理するため最高のセキュリティ環境。
デメリット:都度都度上記のウォレットやアプリに接続して管理しないといけない面倒くささがある。
対処法(お金を管理していると言う自覚)

ここではウェブウォレットからハードウェアウォレットまで様々な主要ウォレットを掲載しています。


ウォレット
ジャックス(Jaxx)
マイセリアム(Mycelium)
ブレッドウォレット(Breadwallet)
ブロックチェーンインフォ(blockchain.info)
Copay
ストロングコイン(StrongCoin)
コイノミ(Coinomi)
エクソダス(EXODUS)


ハードウェアウォレット
トレザー(Trezor)
レジャーナノ(Ledger Nano)