ブロックチェーンインフォ(blockchain.info)


オンラインで管理するビットコインなどを扱うウォレットとして、世界中で最も使われています。
日本語対応もしているので便利です。
本部をルクセンブルクまたロンドンとニューヨークに拠点を多く持つBLOCKCHAINという会社で開発をしております。

blockchain.info(ブロックチェーンインフォ)公式
■使い方
・対応OS
1. Windows
2. Mac
・ダウンロード

https://blockchain.info/ja/wallet/#/のページに右下に言語を選ぶ所があるので、
日本語(Japanese)を選びます。
一番下までスクロールしていくと、GET STARTED NOWと表示されているのでクリックします。

「ウォレットを作成」という画面になるので、Eメール、パスワードを入力し「利用規約を読了し、同意します」にチェックを入れて続行します。
ようこそ!という画面が出てくるので、ここから始める事ができます。

また登録したメールアドレスに確認のメールが届きますので、「はい、これは私のメールです」をクリックして設定完了です。


・送信方法
トップ画面の左上の送信ボタンがあるのでおすと、下のような画面になります。

Currencyで送信をする通貨を選んで、宛先にはこれから送る先のアドレスを入力します。右側のボタンを押すとQRコード読み込みもできます。宛先の直接入力は間違えても送金したものは戻ってこないと思ってください。QRコード読み取りをお勧めいたします。
最後に金額を設定し、続行をおします。

・受信
トップ画面の左上の受信ボタンがあるのでおすと、下のような画面になります。

アドレスとQRコードを確認する事ができます。QRコードはView QR Codeで表示されます。
これから送金をする方にこのアドレスもしくはQRコードを知らせると終了です。
なお受信用のアドレスは毎回変更される仕組みとなっています、これはプライバシーを守るためです。

また金額を前もって入力をしておいて、QRコードをカスタマイズする事もできます。

■保存できる通貨
・bitcoin
・Ether

■セキュリティ
Blockchainはウォレットの為鍵は自分で保管をする為、万が一blockchainがウイルスなどに襲われてもビットコインなどの財産がな事はありません。

またbitcoinとetherを相互に両替する事もできます。
これまでのbitcoin専門だったBlockchainにEthereumが加わりました。

■スマホアプリ版
Blockchain.infoにはスマホのアプリ版(Android、iOSに対応しています。)があり連動する事ができます。

iOS版

それではPC版と連動していきます。

まずはPC版で設定→ペアリングコードを表示すると進んでください。

設定画面

ペアリンコードを表示するをおすとQRコードがでてきます。PC版をこの状態にしておいて、スマホ版のアプリを開き私のウォレットにログインをおすとペアリングコードをスキャンがでてくるので、先ほどのPCのQRコードを読み取ります。

四桁の暗証番号を新規で入力して、もう一度確認の為入力したら同期が完了です。

■セキュリティ
Blockchain.infoではセキュリティがいくつかあります。トップページでセキュリティセンターをクリックしてください。

まずメールアドレスは上記でもう済んでいます。そしてバックアップフレーズをクリックすると以下の画面がでます。表示されるフレーズをメモするようにしてください。リカバリーシートは用意されているので印刷をする事ができます。

暗証番号をリンクさせる事ができます。

また2段階認証を有効にする事ができます。上の画像の2番、2段階認証を有効にするをクリックすると以下のような画面になります。モバイルデバイスでGoogle認証アプリから下の画像にでるQRコードをスキャンしてください。スキャンをすると6桁の数字がでるので、下の空白部分に入力して、2段階認証が終了です。

以上のようにスマホアプリを使うとタッチIDを使って指紋認証にて暗証番号の変わりにする事ができます。

■ウォレット以外の機能
・ブロックエクスプローラー
送金したのは良いけど相手に届いているか心配、相手が送ったと言っているのに自分のウォレットにはなかなか入金されないなどこういう時に便利なブロックエクスプローラーという機能がついています。

トップページの右上に検索窓があるので、そこに確認をしたいアドレスを貼り付けて検索をすると取引が成立していると確認、していないと未確認と表示されます。

・リサーチ
市場調査やブロックチェインの研究を行っています。

・チャート
市場価格の移り変わりやビットコインの総流通数など、はっきりとわかるグラフを提供しています。これまでの流れを確認するのにわかりやすいものばかりです。

チャートの表記は2017年1月からのものですが、全期間、30日、60日、180日、1年、2年と期間にわけて数値の変動を確認する事ができます。また7日間の平均などより詳しい数値、グラフを確認する事もできます。
1.ビットコインの総流通数
既に採掘されてきたビットコインの合計数
2017年に入ってもビットコインの取引量はずっと右肩あがりに増えている事がわかります。

2.市場価格(アメリカドル)
主要ビットコイン取引所間のアメリカドル換算平均市場価格
2017年11月21日現在、主要ビットコイン取引所間のアメリカドル換算平均市場価格は$8,082.37なのですが、2017年7月位から一気に上がっている事がわかります。一時的に大きく落ちる事はあるのですが、すぐに上がっていっています。

3.時価総額
循環におけるビットコイン供給の合計ドル値も主要ビットコイン取引所間のアメリカドル換算平均市場価格と比例して増えていっています。

4.アメリカドル為替の取引量
アメリカドル為替の取引量もグラフによって動きを確認する事ができます。

他にも平均ブロックサイズなどブロックの詳細を確認する事ができます。現在は1MBのブロック制限があります。

・API
ビットコイン開発者や事業主の為にAPIを提供しています。APIとはプログラミングをする時に使うルールのようなものです。APIがあるとプログラムを最初から作る事がなく開発が楽になります。

blockchain.info(ブロックチェーンインフォ)公式