エクソダス(EXODUS)ウォレット使い方


エクソダス(EXODUS)は、ブロックチェーン資産を保護し、管理し、交換することができるオールインワンアプリです。
2015年に創立したExodusという会社で開発されました。JP RichardsonとDaniel Castagonoliという二人の創立者がいます。

■使い方
・対応OS
Windows
Mac
LINUX

エクソダス(EXODUS)公式


・ダウンロードの仕方

EXODUSのホームページからダウンロードします。
右上にダウンロードを書いてある所をクリックしてください。
次に対応OSがWindows、Mac、LINUXとあるので選んでください。

この画面でどの通貨を合計どれくらい保持しているかを確認する事ができます。この画面一つでどの通貨をどれくらいの金額持っているかわかりやすいですし、割合も表示されます。色々な通貨を運用するとわかりづらくなるので、この画面はありがたいですね。

左下にあるsettingでリストする通貨を選ぶ事ができトップ画面に表示できます。

また下の画面では円の中はUSドルですが、日本円やほかの法定通貨に変更する事もできます。(setting)→(localization)→(JPY)と選択します。

画面のスキン(柄)を変更する事もできます。

・コインの送信

先ほどのトップの画面の左列にある「wallet」を選択し、これから送信するコインを選びいます。

これから送る通貨を選んでSENDを押して送信先のQRコードを読み取るか、アドレスを入力します。(アドレス直接入力はおすすめできません。間違えて送っても送信したコインは戻ってきません。)
数量を入力し、「SEND」を入力すると送信終了です。

アドレスの横の□をクリックすると、QRコードをスキャンできるようになります。

・コインの受け取り
仮想通貨のコインを受け取るためには、これから送信をする相手に自分のQRコードを読み取ってもらう必要があります。(アドレスを伝えてもOKですが、間違いやすのでおすすめはできません。)

・両替
BitcoinからEthereumなど両替をする事ができます。
Exchangeの画面からそれぞれこれからかえる通貨、受け取る通貨を選びます。

例えばビットコインが0.0002BTC分をイーサリアムに両替しようとすると、
その時のレートでイーサリアムの金額が表示されます。(この時は0.04309128ETHでした)
このレートでよければEXCHANGEを押します。

・保存できる仮想通貨
・Bitcoin
・Bitcoin Cash
・Ethereum
・Aragon
・Augur
・BAT
・Civic
・Dash
・Decred
・DistrictOx
・EOS
・Gnosis
・Golem
・Litecoin
・OmiseGo
・Qtum
・ETH Classic
・Fun Fair
・SALT

・セキュリティ
トップ画面の左側にあるBackupからバックアップを設定します。12個のフレーズをメモする事がセキュリティとなります。このメモが他の人にわたると、保管している通貨が盗むことができるので気をつけてください。
また2重のセキュリティとしてさらにパスワードを設定する事ができます。

・バックアップの設定
PCの不具合などで、EXODUSを使えなくなってしまった場合の事を考えバックアップは大切です。
トップ画面の左側にあるバックアップをクリックします。
するとパスワード入力画面になるので入力してください。


もう一度パスワード入力画面となります。

2度パスワードをおすと12個のフレーズがでてくるので、全てメモしてください。

最初に登録したEmailアドレスを入力します。

最後にバックアップが完成しましたという画面が表示されます。

エクソダス(EXODUS)公式