ジャックス(JAXX)ウォレットの使い方


ジャックス(JAXX)


仮想通貨を始めるにあたって不安な事は持っているビットコインなどをどう保管するかどうかです。取引所に保管する方法もあるのですが、ハッキングなどによりコインを失うこともあります。
パソコンやスマホを使って、自分で管理する事ができるのですがビットコイン以外にもイーサリアムなどを保持している人は大変なのではないでしょうか。

ジャックス(Jaxx)は、多くの種類の仮想通貨の受入や送信ができます。
またジャックス(Jaxx)は仮想通貨の種類だけでなく、iOS(iPhone)、Android、Windows、Macなど多くのOSやアプリで使う事ができるのも一つの魅力です。
(保存できる仮想通貨はOSによって違う場合があるので注意が必要です)
ジャックス(JAXX)公式


『ジャックス(JAXX)インストール方法』

・対応OS 
iOS、Android、Windows、Mac、Linux

・インストール方法
ここではiPhoneを使ってApple Storeからのダウンロードの方法をご紹介します。
App storeでjaxxと検索すれば以下のような画面になります。ここで入手をクリックしてダウンロードが終わるのを待ちます。

ダウンロードが終わり、カメラへのアクセスを許可すると、英語でジャックス(jaxx)に関する注意書きがでてくるので、continue→acceptをおしてください。するとcreat new wallet(新しいウォレット)を作成するを選択して、expressとcustomがあるのでexpressを選んでください。

CUSTOMを選ぶと使う予定の通貨などカスタマイズをする事ができるのですが、EXPRESSでもあとからカスタマイズする事ができます。

すると以下のように通貨を選ぶ事ができます。ここではビットコインを選びます。


ビットコイン(BTC)を選ぶと以下のような待機画面になるのでSKIPを押してください。


『送金、受取について』

・送金
仮想通貨を送信する時は、SENDというボタンを押すと以下のような画面になり、Receiving Addressの所に相手のアドレス、Amountに金額を入力してください。アドレスを間違えて送信するともうやり直す事はできないと考えてください。コピーして貼り付けた後にきちんと確認しましょう。
またもっと簡単な方法として、ReceiveとSendの間にあるマークをクリックして、送り先のQRコードをスキャンする事も出来ます。
間違え防止のためにこちらを使用するのもよいかと思います。

・受け取り
仮想通貨を受け取る場合は、先に送金をしてくれる人にウォレットのアドレスを、QRコードもしくはアドレスを伝えます。Receiveをクリックすると下の画面になるので送信後はここで確認をする事ができます。


受け取ったら以下のような画面になります。0.02BTC($136.26ドル)受け取ったことになります。


・同期する方法
Jaxxの魅力の一つとして、PCとiPhoneなど同期をする事ができます。外ではiPhone、自宅ではPCを使う方も多いでしょう。
まず設定ですが、PCからでもiPhoneからでもできます。どちらでやっても変わらないのでやりやすい方でお願いします。

1.右上の3本線の形のメニューをクリック→tool→Pair Devices→Pair from another Deviceとすすみます。
2.Pair/Restore Walletを選択し、カウントダウンが始まります。
3.UnderstandをクリックするとScan or Codeと表示されるので、下にあるカメラマークをクリックします。
4.この時点でPCでもJaxxを起動し、QRコードを表示します。QRコードの表示はtool→Backup Wallet→View Backup Phrase と進んでください。
5.PCのQRコードをスキャンして、iPhone側でNEXTをクリックすると終了です。


『保存できる仮想通貨』2017年11月時点

Jaxx(モバイル)で保存できる仮想通貨は以下のものになります。
・BTC-Bitcoin
・ETH-Ethereum
・DASH-Dash
・ETC-Ethereum Classic
・REP-Augur
・LTC-Litecoin
・ZEC-ZCash
・RSK-RSK Testnet
・DGE-Doge
・ICN-Iconomi
・GNT-Golem
・GNO-Gnosis
・DGD-DigixDAO
・BCAP-BlockchainCapital
・CVC-Civic
・STX-Stox
・POE-Poet
・MCI-Musiconomi
・QTUM-Qtum
・CFI-cofoundit
・ART-Maecenas
・PAY-TenX
・BAT-Basic Atttention Token
・RLC-iExec
・EDG-Edgeless

Jaxx(PC)で保存できる仮想通貨は以下のものになります。

・BTC-Bitcoin
・ETH-Ethereum
・BCH-Bitcoincash
・DSH-Dash
・ETC-Ethereum Classic
・REP-Augur
・LTC-Litecoin
・ZEC-ZCash
・RSK-RSK Testnet
・DGE-Doge
・ICN-Iconomi
・GNT-Golem
・GNO-Gnosis
・DGD-DigixDAO
・BCAP-BlockchainCapital
・CVC-Civic
・STX-Stox
・POE-Poet
・MCI-Musiconomi
・QTUM-Qtum
・CFI-cofoundit
・ART-Maecenas
・PAY-TenX
・BAT-Basic Atttention Token
・RLC-iExec
・EDG-Edgeless
・BTCt-Bitcoin Test
・ETHt-Ethereum Test
・MCO-Monaco
・BNT-Bancor
・ANT-Aragon
・TKN-TokenCard
・BCP-BCAP
・CVC-Civic
・EOS-EOS
・WNG-WINGS
・SNT-Status
・EDG-Edgeless
・MLN-Melon
・CFI-Cofound.it
・GUP-Matchpool
・SAN-Santiment
・SLT-Salt
・PAY-TenX
・DPP-DAPowerPlay
・ENJ-Enjin
・WRC-Worldcore
・1ST-FirstBlood
・CRB-Creditbit
・DPP-DAPowerPlay
・FUL-Fuel
・DRT-DomRaider
・AON-AION
・PPP-Paypie

また保存している仮想通貨をフィアット立てで表示する機能もあります。


『セキュリティ』

ジャックス(Jaxx)は初期設定では暗証番号を設定するようには言ってきません。
右上のクリックしてmenu→setting→Setup Security PINと進みます。

すると以下のように4桁の暗証番号を設定する事ができます。

また万が一の為にバックアップをとっておく方法があります。
メニュー(画面右上です、menu)→Tools→Display Backup Phrase→と進むと以下の画面になります。

12個の単語を設定し、メモとして保管しておきます。もしメモを無くしてしまう事があればもしスマホに故障などがありジャックス(Jaxx)を利用する事ができなくなった場合、資産は戻ってきませんという厳しい内容となっています。

Jaxxはユーザーの情報をもっていない為、バックアップする事ができません。全てユーザー自身が管理する必要があるのです。
ただ自分で管理する事のできる上記のようなシステムを提供してくれているので、あとは自己管理をしっかりしましょう。
難しいようですが、現金を落としたから銀行にどうにかして欲しいと言っているようなものです。保管方法も提供してくれていますし、決して難しい事ではないのです。仮想通貨を扱うにあたり、自己管理は必須となります。

ジャックス(JAXX)はDecentralというカナダのトロントにある会社で開発されました。DecentralのCEOであるAnthony Di lorioはイーサリアムのCofounderです。
ジャックス(JAXX)公式