マイセリアム(Mycelium)ウォレット使い方


マイセリアム、マイセリウム(Mycelium)は、ビッドコインを管理する事ができるウォレットアプリの中でも簡単に始める事のできるアプリです。2014年に「Best Mobile App」賞を受賞しており、しっかりとしたセキュリティを提供し安心して利用する事ができます。

マイセリアム(Mycelium)は、市場の中でも最も長く、広く使われているウォレット(wallet)の一つと言えるでしょう。今後はさらにレベルアップさせるために多くのサードパーティサービスのニーズにあうようなAPI、新しいPoSブロックチェーンなど、またお金の運用を個人金融、社会的相互作用という概念も考えてのさらに大きなUI/UXネットワークという新しい機会を作っています。
マイセリアム(Mycelium)「公式」


『マイセリアム(Mycelium)インストール方法』

・対応OS
Android、iOS
iOSは英語版しかありません。
Android版とiOS版は日本語と英語という言語が違うだけでなく、仕様が大分違います。

iOS用は
iOS8.0以降、iPhoneだけでなくiPadやiPod touchにも対応しています。
容量は4.4MBです。

・インストール方法
ここではiOSのインストールの方法をご紹介致します。 Apple storeからMyceliumと検索します。

「New Wallet」をクリックするとウォレットがすぐできるのですが、使用する前にバックアップをとり暗証番号などの設定をするようにしましょう。

設定をしておかないと、スマートフォンを紛失した時に、ビットコインを盗まれる事があるのです。そうならない様にしっかり準備をしましょう。
後からバックアップする事もできます。
Settings→Back up→Back up the walletから進む事ができます。

バックアップをするには以下の画面から入ります。Back up nowを選ぶと12個の単語がでてきますので、メモをしてください。このメモはなくさないように保管をお願いします。


バックアップが終わると、以下の画面になります。
あとでバックアップをするback up laterを押すと直接この画面にとびます。


Back up later (バックアップを後からする)を選んで、バックアップをする時は
上記の画面のsettingを選び、Back up the walletからバックアップする事ができます。


『送金、受取』

・送金
送り先のQRコードをもし受け取っていれば、Scan Addressをクリックし
Cameraのaccessを許可するとあとはスキャンするだけです。
もしくはアドレスをコピーしておいて、Recipient Addressの所でタップするとpasteという表示がでてくるので、そのままコピペできます。
直接アドレスを入力する事もできるのですが、間違えてしまうと一旦送ったビットコインは戻ってこないと考えてください。QRコードをもらうか、アドレスをコピーするのが安全です。

あとは金額、通貨(currency)を選びもう一度確認してからSendを押すだけです。

・受け取り
Receiveを押すと下の画面になります。これから送金をしてくれる相手に下のQRコードを送りましょう。金額を入力しておくと、QRコードに金額の情報を含める事ができます。
相手にアドレスを伝える事もできます。

また、マイセリアム(Mycelium)は、アカウントを複数作る事ができます。
アカウントの画面で、複数のアカウントを作る事ができます。右上のプラスを押すと簡単に新しいアカウントを作る事ができます、通貨をいくつか使い分けしたい人にとっては便利な機能です。


『保存できる仮想通貨』

保存する事のできる仮想通貨はビットコインのみです。


『セキュリティ』


マイセリアム(Mycelium)の主な機能として、コールドストレージ機能がありオフライン環境でウォレットを管理する事ができます。上の画像のようにbalance→cold storageと進みます。
Cold storageのボタンを押した後QRコードをスキャンする画面になります。ここでペーパーウォレットなどのQRコードを読み取ってください。このQRコードは秘密鍵となります。

秘密鍵を使いブロックチェーンにアクセスすることで、残高をマイセリアム(Mycelium)に落とし込む事ができます。
機能(setting)にあるcold storageからペーパーウォレットのQRコードを読み取るとマイセリアム(Mycelium)に残高が反映されます。ペーパーウォレットでは残高を証明する事はできません。

コールドストレージに保管をしておくと、オフラインの状態での保管となるのでハッキングによる不正送金や、盗まれる心配がなくなります。

他にも秘密鍵を使っているスマホの端末で保存する仕様となっています。ビットコインを送付する時に、秘密鍵を使って署名をする為秘密鍵がない限り自分で持っているビットコインを悪用される事はありません。
またこの秘密鍵は送付する相手にしか解読できないようになっている為第三者が見る事はできません。

また12個の単語をメモして置く事によりバックアップを取る事ができます。スマホが故障してしまうなど使えなくなってしまっても、新しい端末でこの12個の単語を入力する事によりまた同じ状態でマイセリアム(Mycelium)を使っていただく事ができます。

アカウントが同期されてから残高が更新されるまで少し時間がかかる時がありますが、お待ちください。


マイセリアム(Mycelium)は、サンフランシスコにあるMycelium Holdingという会社で開発されています。ビットコインを活用する企業の為のビジネスソリューションを用意しています。

マイセリアム(Mycelium)「公式」