Waves platform(beta) 登録と使い方


「Waves platform」は、オープンなブロックチェーン・プラットフォームです。

2017年12月13日にWaves platform パブリック・ベータ版がローンチされました。

waves platform パブリック・ベータ版は、ウォレット、分散型取引所(DEX)、独自トークン発行の機能が実装してあり、徹底的にUI/UXを意識した直感的に理解しやすいプラットフォームです。「誰でも簡単に独自トークンを作成することができる」ことを目指し、使いやすさを重点において実装されています。一部の専門知識を有するユーザーだけではなく、初心者にとってもわかりやすいものを目指しています。

ウォレットは通貨の送金・受取・管理を一括して行うことができます。また、DEXも実装されているので、通貨間の取引も可能です(基軸通貨はWavesかBTC)。更に独自のトークンを発行してそれをウォレットやDEXで管理・運用することが可能です。つまり、通貨・トークンへの機能がワンストップで提供されます。

ちなみに、分散型取引所(DEX)とは、
・ブロックチェーン上で取引を行うため改ざんされないこと
・ハッキングに対してのセキュリティ耐性が高いこと
・サーバーが落ちて、利用者の不利益を与える心配が無いこと
・取引所へ資金を送ったり引き出したりする必要がないこと
・取引所側による板操作を受けないこと
を特徴にした取引所です。

Waves platformは、「PoS : Proof-of-Stake」をコンセンサスアルゴリズムにしています。ブロックタイムは1分で、ブロック毎に100トランザクションを記録できます。ブロックを作成するプロセスは、フォージングあるいはステーキングと呼ばれています。Wavesトークンの供給量は、1億WAVESです。追加の予定はありません。フォージングによる報酬は、生成したブロックに含まれるトランザクションの手数料だけです。Waves platformを利用した有名な仮想通貨はMobileGoやインセント、ZrCoinなどです。これらはWaves platform上でICOやトークンの発行をしました。


1.waves platform (beta) 登録

まず、Waves Client公式にアクセスします。

waves platform 登録画面になります。

「スタートする(Get Started)」を押下します。

まず、アバターを選択します。後で変更できない点に注意です。アカウントのパスワードを2回入力した後「続ける(Continue)」をクリックします。

バックアップ画面です。

秘密のフレーズのバックアップをとりましょう。「今すぐバックアップする(Back Up Now)」をクリックします。

秘密のフレーズが表示されます。

15個のフレーズを必ず正しい順序で書き留めましょう。完了したら「書き留めました(I’ve written it down」を押下します。これは必ず無くさないようにしましょう。

確認画面です。

赤枠で囲まれた単語を先ほど書き留めた秘密のフレーズの順序通りに並べ替えましょう。先頭から正しい単語をクリックしていきます。完了したら「確認する(Confirm)」をクリックします。

すると次のポップアップが表示されます。

3つチェックできる欄があります。上から順に和訳すると、
・自分の資金が企業ではなく、このデバイスで安全に保持されていることを理解しています。
・このアプリが別のデバイスに移動された場合や削除された場合、自分のWavesはバックアップフレーズでしか復元できないことを理解しています。
・開発者に匿名の利用情報を送信することで、Wavesプラットフォームの改善を支援したいと思います
です。

3つの事項に同意できれば「確認と開始(Confirm and Begin)」ボタンを押下します。

2.waves ウォレット(wallet) 利用方法

ウォレットの資産(Assets)画面です。

Waves(ウェイブス), Bitcoin(ビットコイン), Etherium(イーサリアム)のチャートを日付別, 週別, 月別に確認することができます。

画面を下にスクロールしていきます。

Waves(ウェイブス), Bitcoin(ビットコイン), Etherium(イーサリアム), USD(米ドル), EURO(ユーロ), Litecoin(ライトコイン), Zcash(ジーキャッシュ)の残高が表示されます。

通貨を送金したい場合は「送る(Send)」ボタンを押下しましょう。

すると、次のポップアップが表示されます。

まず、送金したい通貨を選択します。次に、送信先アドレスを入力します。間違ったアドレスを指定すると通貨が紛失する恐れがありますので、必ず確認しましょう。そして、数量を入力した後に任意のメッセージを入力しましょう。完了したら「続ける(Continue)」を押下します。

通貨の受取をしたい場合は、「あなたのアドレス(Your Address)」をクリックしましょう。

ポップアップが表示されます

アドレスとQRコードが表示されていので、それを利用して受取をしましょう。なお、このアドレスはWavesかWavesトークンの受取しかできないので、他の通貨を送金しないように注意が必要です。

ポートフォリオ画面です。

所有している通貨の種類と数量を表示させることができます。それぞれの通貨の右にある「送る(Send)」を押せば、通貨を送金することができます。

取引(Transactions)画面です。

送金、受取、売買、リース、(トークン)発行履歴を見ることができます。

リース(Leasing)画面です。

リースとは、Wavesの保有残高をノードに貸し出すことでエアドロップを受け取ることができる仕組みのことです。Wavesをホールドしている方はぜひとも利用したいサービスです。「リースを始める(Start Lease)」をクリックします。

すると、次のポップアップ画面が表示されます。

残高と数量はわかると思いますがノードのアドレス(Recipient)とは一体何でしょう?それは、Wavesのリース(貸し出し)先のアドレスになります。Wavesのリース先は多くのノードから選択することができます。

Wavesnode.net / WavesGo / BearWaves / LeasingWaves / Wavesnode.com / Wavescommunitynode.com / Wavespool.net / POSpool.io / Waveslpos.com / Fountain Perpetua / Waves.lease / WavesOnline.net / CryptoScout.com / Indonesia Waves Node / WavesFullNode.com / Wavesmine.com / Your Friendly Node / Bluemagicwaves

とりあえずは、大手であるWavesnodeかWavesGoのどちらかにすればいいかと思います。

[Wavesnode.NET公式] [WAVESGO公式]

アドレスから公式ページに飛ぶと、アドレスを見つけることができます。そのアドレスを先ほどの画面の「ノードのアドレス」に入力しましょう。そして、「リースを始める(Start Lease)」ボタンを押下します。これでリースの手続きは完了です。


3.waves DEX利用方法

DEX取引画面です。

シンプルで見やすい画面です。それぞれの項目について順番に説明していきます。

通貨ペアを選択します。

左から、「通貨ペア」「価格」「変化率」です。通貨ペアをクリックすることで情報を切り替えることができます。WavesのDEXでは、Waves建てとBTC建てが選択できるようです。

チャートとMarket Depthです。

ローソク足は、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足を選択することができます。その他MACDやボリンジャーバンドなど、多種多様なインジケーターを設定可能です。画面下にはMarket Depthも表示されていて、買い注文と売り注文の勢いや板の厚さを確認することができます

取引板(Order Book)です。

左列は数量です、真ん中の列は気配値、右の列は総額になります。赤文字で書かれた数字が売り注文で、緑文字で書かれた数字が買い注文です。中央にある青い数字は、売りと買いの価格差であるスプレッドが表示されています。

画面右下にあるのが歩み値(Trade history)です。

左から「数量」「価格」「時刻」が表示されています。歩み値を読み込むことで、相場観を感じることができます。初めは畳まれてあるので、「Trade history」と書かれた欄の右側にある矢印ボタンを押下して表示します。

画面長にあるのが注文フォームです。これはドラッグ&ドロップで動かすことができます。

「売り(SELL)」と書かれた赤い枠をクリックすると売り注文フォームを、「買い(BUY)」と書かれた緑の枠をクリックすると買い注文フォームを表示させることができます。

注文方法は指値のみのようです。「数量(Amount)」と「価格(Limit price)」を入力して、売り注文あるいは買い注文のボタンをクリックします。後は取引が約定するのを待つのみですね。

4.独自トークンの発行

独自トークンの発行画面です。

① トークンの名前を入力します。名前の重複は問題ありません。
② トークンの説明文や参照URLなど、トークンの詳細を書き記します。発行後は変更不可です。
③ トークンの総供給量を入力します。「再発行可(re-issuable)」をtrueに設定すると、発行後にトークンを追加して供給できます。
④ トークンの分割時に使用可能な少数部の桁数を設定します。

試しにトークンを発行してみましょう。そのためには、1Waves必要です。

名前、説明、総供給量(再発行不可)、少数部の桁数の欄を適当に埋めて「続ける(Continue)」ボタンを押下します。

内容を確認するポップアップが表示されます。

内容に問題が無ければ、「確認(Confirm)」ボタンを押下します。

ポートフォリオ画面を見てみると…

発行した「sleep」トークンが表示されています。とても簡単にトークを作成することができました。

トークンの詳細を見てみましょう。

トークン発行画面で設定した通りの内容になっていることがわかりますね。これで、独自トークンの発行は完了です。