ビットフィネックス(BITFINEX)


2013年設立
運営会社:iFinex Inc.会社情報詳細
国:香港
公式HP:https://www.bitfinex.com/
2016年あのMTGOXの再来とも言われるほどとてつもない金額約119,756BTC当時レート換算71億円(今では気持ちのいいホワイトペーパーを作ってICOすれば一発回収できそう)をハッキングされ盗難された過去を持つ取引所です。
今はBFXコインなる社債のようなものを発行し被害者に向け堅実に被害額の返還を行っている模様です。セキュリティに関しても類を見ないほど気を使っている様子がいろんなところで見受けられます。BTC/USD取引だけに関しては今もトップランカーを走り続ける取引所となっています。

海外取引所は国内取引所と違い国や金融庁が管理していないため国内取引所とは違うリスクが存在します。
決して海外取引所の使用を勧めているものではございません。

 

ビットフィネックス取引所の登録方法はpoloniexビットレックスなどを使っていれば簡単にできると思いますので、

セキュリティなどの措置を紹介していきます。

 

 

ハッキング事件の影響か、セキュリティに対してかなりシビアに対応している印象があります。

この辺は他の海外取引所にも見受けられる機能だと思います。

いいなと思ったのはのはこちら。

出金先の限定が出来ます。設定で変えれるのならハッカーがログインして出金先を変えることができるやんってなりますが変更や解除を選択すると5日間のロックがかかります。スピード重視のハッカーにしたらたまらない機能ですね。

 

そしてこちらIPアドレスが違う場所からのログインが行われた場合24時間のロックや違うIPアドレスから出金を操作されるとメールが届いて確認を促す設定、出金の際の秘密の質問設定などがあります。

 

これら全ての設定を行うと面倒くさくなるかもしれませんが一度被害にあうとこんなもの当たり前でしょ、と思うくらい、しっかりしたセキュリティになっていると思います。

 

最後にステータスページがありサイトの状況を知ることができます。

 

ステータスページ

 

インシデントをタイムラインで見ることができます。

 

注意!!ビットフィネックス取引所では出金の際、ビットフィネックス独自の承認時間を設けており、多額の出金の際2段階認証や出金ホワイトリストの登録などをしていない場合、出金プロセスが遅くなります。
最大5日以上待たされることもありますしサポートに問い合わせをしないと対応しない場合もあります。

小技としては出金を少ない金額(ミスしてなくなってもいい金額)でまず試してから(相場が激しいため○○BTC以内とはいいがたいですが200万円くらいを数回に分けて)出金していくと数時間以内(それでも遅い)に出金プロセスが完了しトランザクションIDが発行され本来の出金プロセスに移ることができると思います。