コインリスト


Bitcoin(ビットコイン)
ビットコインとは、インターネット上で取引や通貨発行(「採掘(マイニング)」と呼ばれる。)が行われる「分散型仮想通貨」のことです。政府や中央銀行などの中央機関を介さず、また、P2Pネットワーク上で取引が行われるため、取引の仲介手数料が低く抑えられ、迅速に世界中のどこでもだれとでも取引を行うことができます。ビットコインの誕生とともにブロックチェーン技術が誕生しました。
Ripple(リップル)
リップル社によって開発された決済プロトコルです。分散型のシステムでありながらリップル社が多くのXRP(リップルネットワーク内の基軸通貨)を所有しており、実質的に中央集権的なコインです。そのためビットコインよりもコントロールしやすい点で、東南アジアなどの中央銀行、海外はもちろん国内61銀行が導入しています。(ripple conect)H30年8月現在
BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)
2017年8月1日、ビットコインのハードフォークによって「ビットコインキャッシュ(BCH)」が誕生しました。スケーラビリティ問題の解決策としてSegWitアクティベーションが検討されましたが、一部のマイニングプールが異議を唱え、結果としてハードフォークが行われました。
Ethereum(イーサリアム)
Ethereum(イーサリアム)プロジェクトにより開発が進められている分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称です。
NEM(ネム)
NEM(ネム)は、平等な分散型プラットフォームとして新たなデジタル通貨による経済圏を作り出すことを目標としています。独自通貨発行等の機能は、他のブロックチェーン通貨のものと同様ですが、PoIという独自のシステムやネットワークのセキュリティ保護に力を入れているのが特徴といえます。
Litecoin(ライトコイン)
ビットコインの次に開発された暗号通貨でビットコインのプログラムコードを基にしているため、システムは同じですが、ビットコインに比べて発行枚数は4倍承認速度も4倍となってます。数多くの取引所やお店が取り扱いしている通貨です。ビットコインが金ならライトコインが銀と言われているとかいないとか。
Dash(ダッシュ)
DASHはビットコインのソースコードを用いて改良されたdarkcoin(ダークコイン)から改名された仮想通貨です。ビットコインと比べて高い匿名性と素早い送金が特徴です。
Monero(モネロ)
Crypto Noteプロトコルを利用したより匿名性を高めたアルトコインです。おおまかにいうと取引の起点、宛先、金額を追跡不能なリング署名、ステルスアドレスという方法で匿名性を高めています。
また、ビットコインに比べて取引速度は5倍の2分で完了します。
Maid Safe Coin(メイド セイフ コイン)
次世代分散型インターネットを開発するプロジェクトで、開発、資金調達したイギリスの会社。Maid Safe Coin(メイド セイフ コイン)は個人間P2P方式で個人のコンピュータのリソース(容量、演算能力、帯域幅)などを提供し合いインターネットアクセスやデータ保存、アプリの使用することができる分散型インターネットプラットフォームです。
Auger(オウガー)
イーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクトプロジェクトの一つで予測や意思決定、情報の収集、集約する方法に革命を起こすことを目標に開発を行っており、未来に起こる予想に賭けることができる、胴元がいない運営を目指した分散型未来予想市場プラットフォームです。
Stellar(ステラ)
決済プロトコルであるリップルの開発メンバーが中心となって立ち上げたプロジェクトです。基本的な仕組みはリップルを基に作られており、立ち上げ当初はリップルコンセンサスそのものを利用していたのですが、新たにステラコンセンサスプロトコルを開発。以後承認システムはSCP(Stellar Consensus Protocol)を採用してます。
Factom(ファクトム)
文書や契約書をはじめとする電子データの記録、管理を第三者の依存なしに証明することができる、DAppsを開発、運営する会社である。Factom(ファクトム)はビットコイン2.0と言われるビットコインブロックチェーンに機能拡張(レイヤー)の概念を用いたプロジェクトです。
Iconomi(イコノミ)
イーサリアムスマートコントラクトプロジェクトの一つで分散型ファンド管理プラットフォームです。ICONOMIオープンファンドマネジメントプラットフォーム(OFM)と金融商品としてICONOMIコイントレードファンド(CTF),ICONOMIコインマネージドファンド(CMF)の2種類を組成しています。
Game Credits(ゲームクレジット)
Game Credits(ゲームクレジット)とはビットコインブロックチェーンを利用したゲーム専用の仮想通貨です。ゲーム上での決済をゲームクレジットで行いいろんなゲームでアイテムを購入できるような現金と両替可能な共通通貨としてのGAMEペイメントゲートウェイ、GAME経済圏を広げる計画で様々なゲームなどで実装が進んでいます。
Zcash(ジーキャッシュ)
第三者には取引が追跡できない完全な匿名性を実現した仮想通貨です。ビットコインは誰がいついくら送ったと言う情報をブロックチェーンに書き込むことで証明を行いマイナーによって承認され取引されるのに対しDashはコインジョインという方法で任意に集まった送信者がコインをミックスすることで送信者の匿名性をあげます。moneroはリング署名とワンタイムアドレスでの送金によって匿名性をあげます。Zcashはゼロ知識証明の技術を使います。
Omni(オムニ)
ビットコインのブロックチェーンを利用したトークン発行プラットフォームです。Omniのプラットフォームを利用したプロジェクトでmaid safeコインが有名。またファクトムやシナリオAMPもOmniのプラットフォームを利用して通貨を発行しています。
Steem(スチーム)
STEEMブロックチェーンを利用したにソーシャルメディアプラットフォームです。サーバーが機能しなくてもP2Pのブロックチェーンに記録しているため誰でもコンテンツを見ることができる。STEEM上にコンテンツやコメントを投稿し、投稿されたコンテンツやコメントに対し、視聴者が評価した場合その投票数に応じて報酬を得ることができます。
Synereo(シナリオ)
分散型SNSプロジェクト自分の情報は繋がっている人のみで共有することで中央管理されないP2P型のソーシャルネットワークサービスプロジェクトです。ブロックチェーン版フェイスブックと言われています。
Golem(ゴーレム)
golemは、余ったコンピュータの計算能力をP2Pで取引するイーサリアムスマートコントラクトを利用した分散型コンピューティングプラットフォームです。
Waves(ウェーブス)
wavesプラットフォームでブロックチェーン上に新規仮想通貨を発行することができます。メッセージ機能、分散型取引所、クラウドストレージ、投票システム、匿名送金などの色々な機能をカスタマイズできるトークンを発行します。
Mona Coin(モナコイン)
Mona Coin(モナコイン)は日本の巨大掲示板2ちゃんねるから生まれた日本初のブロックチェーン仮想通貨です。
Bit Shares(ビットシェアーズ)
ビジネスのための分散型金融ソリューションプラットフォームです。bitsharesのメインブロックチェーンを拡張しDAC(分散型自動化企業)の実現を目標としています。Cryptomex社が中心となって開発を行っていますが、bitsharesはDACであるためブロックチェーンの変更はビットシェアの株主であるBTSの所有者の承認が必要となります。
Nxt(ネクスト)
分散型ブッロックチェーンプラットフォームです。ビットコイン2.0と呼ばれるビットコインの通貨以外の機能を実装するビットコインの誕生の後様々な分散型プラットフォームがプロジェクトされたうちのひとつで、NXT独自のブロックチェーンを利用しています。
Counter Party(カウンターパーティー)
ビットコインブロックチェーンを利用した分散型ブロックチェーンプラットフォームです。ビットコインのブロックチェーンを使用するため毎回少量のビットコインやXCPを使います。イーサリアムのチューリング完全なプログラミング言語がカウンターパーティに導入されておりイーサリアム上のスマートコントラクトをそのままビットコインネットワーク上で実行することができます。
Storj CoinX(ストラジコインエックス)
分散型クラウドストレージサービスです。P2P方式の各ユーザーの余ったHDDストレージスペースを提供しあいファイルの保管をする。従来のクラウドストレージサービスよりも低コストで高セキュリティのサービスが実現できるとのことです。
Doge Coin(ドージコイン)
柴犬をモチーフにした仮想通貨です。おふざけ仮想通貨の一つです。Litecoinと仕組みが同じですが発行枚数に上限がないのが特徴です。
Stratis(ストラティス)
ビジネス向け、ブロックチェーンアプリケーション(DAPPS)開発プラットフォームであり、そのコンサルタント企業(Stratis Group)です。コンセプトはC#.NETでの開発によりビジネスオンライン上でブロックチェーンの開発、テスト、配置を、より簡単に、迅速に、安い価格で提供します。
Chronobank(クロノバンク)
オーストラリアのEDWAYグループ(人材派遣会社)が立ち上げたプロジェクトでありイーサリアムブロックチェーン上に作られたDAPPS(分散型アプリケーションプラットフォーム)です。NEMやWavesのブロックチェーンでも対応します。
Gnosis(グノーシス)
イーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型予測市場プラットフォームプロジェクトです。
Lisk(リスク)
分散型アプリケーションプラットフォームです。
DAppsを作成する場合基盤にサイドチェーンを利用します。
Wings DAO(ウィングスダオ)
予測市場を伴う分散型自治組織(DAO)プラットフォームです。
DAOプロジェクトの提案から提案されたDAOの成功するか否かを予測し、賭けることができその予測の評価の高さが報酬に反映されます。WingsDAOのスマートコントラクトはイーサリアムSolinity で書かれておりEVM(Ethereum Virtual Machine)イーサリアム仮想マシンとRootstockの両方を採用しています。
Melonport(メロンポート)
イーサリアムプラットフォーム上のデジタル資産管理のためのブロックチェーンプロトコルを提案します。参加者はオープンで競争力のある分散型の方法でデジタル資産管理戦略を設定、管理、投資することができます。CEOのMona El Isaは26歳でゴールドマンサックスの副社長を歴任した元スタートレーダーです。デジタル資産には3つのものがあります。
Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)
Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)とはイーサリアムをベースとして、イーサリアムよりも安全性を重視され、作られた通貨です。
Reddcoin(レッドコイン)
Litecoinをベースに作られたソーシャルネットワーク向けの仮想通貨です。Reddcoinは、暗号化の意識と経験を一般の人々にもたらすための方法として、ソーシャルネットワークを利用しています。
Expanse(エクスパンセ)
イーサリアムブロックチェーンの最初のフォーク(分岐)されたブロックチェーンプラットフォームです。ICOをせずにコミュニティーベースでの開発が原点となっています。Expanse(エクスパンセ)は、3次元DAOの仕組みで真の分権、自律分散化組織DAOの実現を維持しようとしています。
Musicoin(ミュージックコイン)
Musicoinはミュージシャンが自らのコンテンツを “ブロックチェーン”と呼ばれる分散データベースに直接 “コード化された契約”としてライセンス供与することを許可します。これらの契約は、ロイヤリティ支払いの回収と流通を自動化し、アーティスト自身の管理下にあります。
Siacoin(サイアコイン)
Siaは、ブロックチェイン技術を使ったP2Pとエンタープライズレベルの両方で既存のストレージソリューションと競合する分散型のクラウドストレージプラットフォームです。中央のプロバイダからストレージを借りる代わりに、Siaの同僚は互いにストレージを貸し出します。Siaは、当事者間で形成されたストレージ契約のみを保管し、契約条件を定めています。
IOTA(アイオータ)
有向非循環グラフ(DAG)をプロトコルとして使用したTangleと呼ばれるブロックチェーンを一般化したもので逆にいうとブロックチェーンはDAGの特別なものだそうです。ブロックチェーンのようにブロックを生成する時間の必要性をなくし、ネットワーク上のトランザクションの数が増えるにつれトランザクションの承認がより迅速になります。またそれだけでなく承認時間に影響を及ぼすTangleの形態やノードの位置にも取引を迅速に行う要因があります。
OmiseGo(オミセゴー)
OmiseGO は分散型取引所、流動性提供者メカニズム、クリアリングハウスメッセージングネット ワーク、そして資産を担保にしたブロックチェーンゲートウェイを構築しています。OmiseGO は単 一の当事者によって所有されていないく、むしろ、参加者の振舞いを規制する認証者達のオープンな分散型ネットワークです。
Santiment(サンティメント)
Santimentは、ブルームバーグとトムソン・ロイターが伝統的な金融市場で果たす役割を満たしたように、暗号通貨とブロックチェーンの分野で金融市場のデータとコンテンツのプラットフォームとして選ばれる予定です。
Neo(ネオ)
Neoは2014年にAntShares(ANS)として始まりました。Da HongfeiとErik Zhangによって設立されたAntSharesは、「中国初のブロックチェーンプラットフォーム」と呼ばれています。
Bancor(バンカー)
バンコール・プロトコル(Bancor Protocol)は、ETHを用いたICOで、開始3時間で167億円相当のETHを調達して、話題になりました。バンコール(bancor)は、1940年代始めに経済学者のケインズとシューマッハが草案した超国家的な通貨を元にアイディア化されています。
Binance Coin(バイナンスコイン)
Binance Coin(バイナンスコインは、海外の取引所バイナンス(Binance)が発行するトークンです。バイナンスは2018年1月現在、世界で最も勢いのある取引所の一つです。
Dragonchain(ドラゴンチェーン)
Dragonchain(ドラゴンチェーン)は元々、ディズニーのプライベート・ブロックチェーン・プラットフォームとして、2014年からシアトルのオフィスで開発されました。
Alis(アリス)
Alis(アリス)は日本初のブロックチェーンを利用したソーシャルメディアプラットフォームです。Alis(アリス)の目的は、人々が余計な広告やステルスマーケティングから解放され、信頼できる記事や人々を、いち早く見つけられるようなメディアを創造することです。
EOS(イオス)
EOS(イオス)は、分散型アプリケーションプラットフォームです。EOS(イオス)はDPOSというコンセンサスアルゴリズムを採用しています。DPOSでは、ブロック生成者がEOSトークン保有者(ユーザー)の投票によって選ばれる仕組みです。
VeChain(ヴェチェーン)
VeChainは、分散型ビジネスエコシステムを提供するBaaS(Backend as a Service)企業です。VeChainの目的は、VeChainネットワーク内において、さまざな事業体が信頼し合い、協調することで、効率的かつ低コストなソリューションを生み出すことをサポートすることです。
Status(ステータス)
Statusとは、オープンソースのメッセージングプラットフォームで、イーサリアムネットワーク上で動作する分散アプリケーション(DApps)と対話するように設計されたWeb3.0 ブラウザです。独自通貨は、Status Network Token(SNT)が発行されていて、さまざまな用途に使用できます。
Aeternity(エターニティ)
Aeternityは、現在のスマートコントラクトを実行するプラットフォームにおけるスケーラビリティの欠如や現実世界データへのアクセスが高コストであることに問題意識を抱えています。Aeternityは、それらの課題を解決することを目指しています。
KyberNetwork(カイバーネットワーク)
KyberNetwork(カイバーネットワーク)は、仮想通貨やデジタル資産(トークン) をトラストレスかつ分散的に、高い流動性で迅速に取引・交換することができる、世界初のオン・チェーンプロトコルです。Vitalik Buterin氏もアドバイザーとして名を連ねています。
Zilliqa(ジリカ)
Zilliqaはイーサリアムを使って発行されたERC20トークンです。通貨名は「ZIL」で、Zilliqaプラットフォーム内で使用されます。Zilliqaは2017年に公開されて、2017年12月から2018年1月にかけてICOのトークンセールが実施されました。
LoomNetwork(ルームネットワーク)
LoomNetwork(ルームネットワーク)とは、大規模なオンラインゲームやソーシャルアプリ向けの次世代ブロックチェーンプラットフォームのことです。ルームネットワークは、数百、数千のDAppsを自身のプロダクトで稼働させることを最終目標とし、プラットフォーム内で使われるLOOM tokenは、ルームネットワークが提供する全てのプロダクトやサービスに使用されます。
Caldano(カルダノ)
Caldano(カルダノ)は、オンラインカジノのプラットフォームとして発足されましたが、現在はEthereum(イーサリアム)のような多機能プラットフォームを目指して開発されています。Cardanoプラットフォーム上で利用される基軸通貨はADA(エーダ)と呼ばれていて、時価総額ランキングでも10位以内に収まるなど、人気の高いコインです。
Enigma(エニグマ)
Enigmaはマサチューセッツ工科大学(MIT)の出身者によって開発された仮想通貨およびブロックチェーンを利用した情報管理プラットフォームです。Coinbase、BitPay、Rippleなどの初期企業の多くに資金を提供したことでも有名な「DIGITAL CURRENCY GROUP」など、有力な組織が出資していることから、ICO実施時から注目を集めています。
Ontology(オントロジー)
Ontology(オントロジー)は、仮想通貨NEOを運営するネオ協議会が実施する「Onchain」によって作られた既存のネットワークの問題を解決する「次世代のプラットフォーム」です。
SingularityNET(シンギュラリティネット)
SingularityNETとは、AIに特化した分散型のオープンマーケットです。
複雑な仕事を一つのAIでは解決できない場合、AIが自分でできない部分を仮想通貨支払いで他のAIに外注し仕事を完結できるように、AI同士でサービスの連携を容易に実現できるようにしたネットワークの構築を目指しています。
0x(ゼロエックス)
0x(ゼロエックス)は、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されたトークンを取引する分散型取引所(DEX)のプロトコルで0xをプラットフォームとし、その上に様々なDEXアプリケーションを構築しようとしています。
Decred(ディークレッド)
Decredは「コインの保有者が運営方針を決めるべき」という理念の下、開発者が開発したシステムを導入するかどうか、ユーザーが決めることができます。
Tezos(テゾス)Tezosは、キャップのないトークンセールを介して開始された新しいブロックチェーンです。Ethereumと同様に、Tezosはチューリング完全なスマートコントラクトをサポートしています。しかし、それは、合意アルゴリズム、ガバナンスメカニズム、およびスマートコントラクトプログラミング言語の使用においてイーサリアムとは異なります。
Horizen(ホライゼン)
Horizen(ホライゼン)は2017年に公開された仮想通貨で、Zcashのフォークで誕生したZclassic(ジークラシック)をさらにハードフォークして生まれました。旧名はZen Cash(ゼンキャッシュ)ですが、2018年8月に通貨名をHorizen(ZEN)にリブランディングしています。ゼロ知識技術を使用した匿名性の強い通貨で、プライバシーの保護の対象範囲を広めた特徴的な機能を持った仮想通貨です。