ICOマーケットウォッチ:慢性疾患の効果的な管理が世界中の救命に貢献


慢性疾患の効果的な管理が世界中の救命に貢献

服薬アドヒアランス技術は、慢性疾患発生の抑制で英国の国民健康サービス (NHS) に貢献します

 最近の調査によると、心臓病、癌、糖尿病などの慢性疾患による死亡者数は、世界の全死亡者数の70%(4,000万人)を占め、驚くことに英国では90%を占めると報告されています。CuraizonのCEO、ニコラス ランブル氏が、これに影響を及ぼすファクターと、より多くの命を救うために国民保険サービスがこの問題にどのように対処できるかについて語ります。

 最新のBMJリサーチは、 世界中の成人のほぼ50%と5歳から17歳までの子供の約8%が、慢性的な疾患を持つと報告しています。医薬品は症状の緩和をもたらしますが、推定50%の人々がこのような疾病の長期治療にあたり、処方された薬を正しく服薬していないという事実があり、服薬の非アドヒアランスは世界中の多くの医療機関にとって大きな問題となっています。

 このような一般的でコストのかかる長期的な健康問題の大きな原因は、人口の高齢化と社会的行動の大きな変化によるものとみられています。世界保健機関(WHO)は、2020年までに慢性疾患の有病率が57%まで上昇すると予測しています。ただし、悲観的予測はそれだけではありません。インタラクションとパートナーシップの強化、規制上、立法上および財政上のアプローチ、より厳格なアカウンタビリティメカニズムなど、世界および国内では新しいアクションが出現しています。
デジタル化と技術の進歩は、非感染性疾患(NCD)への取り組みに新たな戦略を提供します。グローバルな技術の普及とその影響が、慢性疾患治療の需要増加に対処するための新しいモデルを出現させています。強化・標準化されたデータ分析は、予測医学、患者関係管理、ヘルスケアの管理、特定の治療法の有効性の測定などの分野で有効です。
データの量が増えるほど、健康科学における疾病の性質の正確な把握と、各患者に合わせた治療法の開発に役立ちます。このような新しい技術の使用は、予防的な健康対策と患者中心のケアをより重視したものとなります。

 医療システムに対する世界的なプレッシャーが高まるにつれて、国境を越えた協力も必要になるでしょう。このような協力関係は、政府とその医療機関の財政負担を相殺し、サービスの効率を高め、成果を向上させる機会を提供します。

 服薬アドヒアランス技術のパイオニアであるCuraizonは、世界中の医療システムを向上させる新しい独自のソリューションを開発しました。これらは、CuraServe、CuraView、CuraDataで構成されています。それでは、現場で実際に使用されている技術の一例を見てみましょう。

患者

 ジョンは最近食欲があるにもかかわらず体重が落ち、頻繁に喉が乾くようなので病院を訪れました。血液検査の後、彼は自分が二型糖尿病であり、定期的にインシュリンの投与が必要であることを知りました。 治療の一環として、ジョンはCuraServeに登録しました。
ジョンは、病院を後にするとすぐにCuraServeからサービスへの登録を確認する通知メールを受け取りました。現在ジョンは、投薬の時期を知らせてくれるメールを受信しています。また処方された頻度で投薬が行われているかどうかのモニタリングも行われています。

 CuraServeには、セーフティネットが内蔵されています。ジョンが服薬を忘れると、そのパートナー、または指定された人が通知を受け取ることも可能です。ジョンが指定された通りに服薬するたびに、Curaizonはジョンが選んだ慈善事業に少額の寄付をします。これはジョンが服薬のルールを守り健康を維持するための励みになります。

 このアドヒアランスデータは、ジョンの医療機関とCuraViewを通じて共有され、リアルタイムで彼のアドヒアランス率をモニターすることで、ジョンのアドヒアランス率が危険なレベルに達する前に対処することが可能になります。この迅速なプロバイダーへのフィードバックメカニズムにより、ジョンが最適な健康状態を維持するために、継続した治療の調整が可能になります。また、CuraServeのサポートは、ジョンの健康管理に他の家族を積極的に関与させます。これによりジョンは入院することなく健康状態を維持できる可能性が高まるので、そのパートナーや家族の安心感を高めることもできます。

 ジョンから収集されたデータは、彼と同じ立場の他の何十万人ものデータとともに、Curaizonの人工知能 (AI) とニューラルネットワークシステムによって分析されます。これらのツールは、行動モデリングと早期介入ツールを構築し、ジョンの治療に携わる人々によって使用されます。このデータのモデリングを通じて、Curaizonは最先端技術である患者のライフサイクルの高度な分析も行えるようになります。研究者から医療機関、製薬会社に至るまで、この豊かなデータの恩恵を享受することが可能です。
これらのデータストリームを民主化することにより、Curaizonは、そのユニークなデータを自由に利用可能にして、次世代の薬品と医療に情報を提供し貢献します。協力者は、データに関与する際、トークンで支払われる報酬を得るために各自をエコシステム追加し、コストを削減し、データセット全体の価値を高めながら、価格の上昇を通してトークン所有者に報酬を付与することができます。

研究者

 ニコール(MD/PhD)は、既存の医薬品の薬効を調査する研究者で、特定の患者グループに薬品が処方された場合の効果を研究しています。彼女は、何人の患者が、どのくらいの頻度で服用し、それが短期的および長期的な健康にどのように影響を与えるかがわかるデータを必要としています。
様々なデータオプションを検討した後、彼女はCuraDataを介したCuraizonが唯一求めているデータソースであると判断しました。 ニコールは、「古い」データを頼る必要がなく、患者の反応をリアルタイムで評価できることを知って喜んでいます。彼女は、Curaizonに連絡を取り、Curaトークンを使用してデータベースを検索できることを知りました。

 ニコールのリクエストは、Curaizonによって処理され、データ調査価格アルゴリズムについての説明が行われます。ニコールは、調査モデルを決定し、必要数のトークンを購入するために該当するプラットフォームに誘導されさます。ニコールは事前に合意されたデータアクセスの使用料を、このトークンを使って「清算」します。データの調査と分析を終了すると、ニコールの研究プロジェクトは完了です。この研究から得られた知見やデータは洞察に満ちており、CuraDataレポジトリへの価値ある追加データとなります。このためCuraizonでは、この新しくコンパイルされたデータを合意された数のトークンと交換することが可能になります。このトークンは、今後増加し続けるデータセットに、今後のプロジェクトでアクセスする際に使用できます。この際、CuraDataは、ニコールの研究で記録が使用された患者の選んだ慈善事業に寄付を行います。

医療機関

 数十億ものデータポイントを探り詳細なラーニング分析ツールを構築する一方で、Curaizonは、治療のバリューチェーン内の薬物集団、人口統計、およびその他の特定の問題に存在する、処方プラクティス、治療の最適化、多疾病罹患の効率化、レッドフラッグ問題などの概念をより良く伝えることができます。このデータと情報は、医療に大規模な効率化をもたらし、ケアの質を向上させ、廃棄物を削減する一方で治療効果を大幅に改善します。医療サービスに効果的なツールを提供することにより、Curaizonは患者や医療提供者が求めるサービスを提供することが可能です。

 ICOマーケットウォッチはICOBOXの提供でお送りしております。

ICOMarket whatch

ICOBOX
Writen by ICO BOX →ICOBOXJAPANテレグラムjoin←

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。