News:つくば市、ネット投票で支援事業選定 マイナンバー活用


つくば市、ネット投票で支援事業選定 マイナンバー活用

 

茨城県つくば市はブロックチェーン(分散型台帳)技術とマイナンバーカードを活用したインターネット投票を28日に実施する。まず、同市の支援事業を選ぶコンテストの審査で導入する。ブロックチェーンとマイナンバーカードを使ったネット投票は国内初の試みという。改ざんを防いだり、秘匿性を確保したりして適正かつ効率的な投票の実現を目指す。

続きはこちら→→→ 日本経済新聞

最新情報&掲示板

メールアドレスが公開されることはありません。